ワンピースの死亡キャラ・シーン最新一覧まとめ!復活の可能性も考察

公開日: 2021年8月12日 | 最終更新日: 2022年8月3日

 

漫画が100巻の大台に乗る【ワンピース】。

アニメも「ワノ国」に突入していて、盛り上がりを見せています!

連載が始まって20年近くが経過している作品ということもあり、多くのキャラたちが亡くなっています。

 

ワンピースで死亡するキャラたちの死に様は、記憶に残る名シーンとして有名です。

一体、どれほどのキャラが死亡しているのでしょうか?

さらに、どのようなエピソードがあるのか?

 

今回は【ワンピース】の死亡キャラについてお話します↓↓

この記事を見ることで分かること
  • 死亡キャラの一覧まとめ
  • キャラの死亡エピソード

※主要な人物のみに厳選していますので、ご了承下さい!

 

目次

死亡キャラ最新一覧まとめ!

 

冒頭で、死亡キャラについて触れました。

どれほどの人物が、どのような形で命を落としたのでしょうか?

以下、解説します↓↓

 

ポートガス・D・エース「火拳」

 

1人目は「ポートガス・D・エース」です。

  • 主人公のモンキー・D・ルフィ、革命軍のNo.2のサボの義兄
  • 海賊王ゴール・D・ロジャーの息子
  • 元・メラメラの実の能力者「火拳」

 

まずは、海賊として旅立ち「スペード海賊団」を結成します。

新世界で暴れまわっていましたが、四皇の一角を担う白ひげ海賊団船長「エドワード・ニューゲート」に敗北し、そのまま入団します。

その後、正式に2番隊隊長になりました。

 

ただ、仲間であるサッチを始末したティーチ黒ひげを追って、1人船から一時離脱。

その旅の途中でルフィと再会し、ビブルカードを渡しました。

 

しかし、ティーチを発見した際、戦闘になるも敗北してしまいます。

そして、大罪人としてインペルダウンへと収監。

海軍の手によって処刑されようというところで、助けに来た白ひげやルフィたちによって救出されました。

 

仲間と共闘しながら海軍を蹴散らすも、白ひげを馬鹿にする赤犬の挑発に乗ってしまいます。

苦戦しつつ逃走を続けていましたが、赤犬がルフィに狙いを定めたことで身を挺して守ろうとしました。

結果的に、重傷を負ったエースは死亡します。

 

ルフィや白ひげに、自分を愛してくれたお礼を伝える最期は感極まるシーンでした。

 

エドワード・ニューゲート「白ひげ」

 

2人目は白ひげこと、エドワード・ニューゲートです。

  • かつての海を知る元・四皇
  • ロジャーと旧友でワンピースについても知る人物
  • 元・グラグラの実の能力者

白ひげはロックス海賊団に属していました。

しかし、彼は元々家族を欲していたため、ロックス海賊団解散後は「白ひげ海賊団」を結成します。

そして海賊になり、奪った財宝を故郷の小さな村に送っていました。

彼は、愛情の証として団員のことを「息子」と呼びました。

そんな団員や傘下の海賊たちも、白ひげのことを「親父」と呼んで慕います。

 

ロジャーが亡くなった後は、実力や勢力等を加味し、海賊王に1番近い男と評されていました。

長年「最強の座」で居続け、エースが捕まった際には全軍総出で助けに行きます。

ただ、この頃には老齢もあり病を患っていました。

 

それでも白ひげは持てる力を振るい、傷を負いながらもルフィや団員たちと共にエースを助けます。

白ひげの強力な覇気や、地震を起こす能力など、その強さは頂上戦争でも群を抜いていました。

エースが命を落とした時には、息子を亡くしたことから我を忘れ、サカズキ相手に猛攻を仕掛け、後から現れたティーチにも攻撃を叩き込んだのです。

しかし隙が生まれてしまい、黒ひげ海賊団の一斉銃撃により、重症を負います。

死期を悟った白ひげは、ひとつなぎの大秘宝ワンピースは存在すると叫び、直立不動のまま男らしい最期を迎えたのでした。

 

 

ゴール・D・ロジャー「海賊王」

 

3人目は海賊王「ゴール・D・ロジャーゴールドロジャー」です。

  • 唯一の海賊王
  • エースの父親
  • 最果ての島「ラフテル」の名付け親

最初はレイリーと共に海に出て、それから「ロジャー海賊団」として名を馳せます。

ルフィの祖父で、海軍中将のガープとは何度も戦い合った仲です。

そのガープと協力してロックス海賊団を壊滅させたり、白ひげやシキを始めとした海賊たちと熾烈な戦いを繰り広げるなど、多くの伝説を残しました。

そして白ひげから光月おでんを引き抜き、彼の協力もあって、最果ての地であるラフテルに辿り着き、海賊王となります。

 

ロジャーは仲間思いで、団員たちから慕われるよき船長でした。

仲間を侮辱された時には、国の軍隊すら壊滅に追い込む苛烈さもありました。

 

海賊王になってからは、海軍に追われる日々が続きます。

そして、とうとうロジャー海賊団は解散となりました。

その後、ポートガス・D・ルージュと出会い、エースという小さな命がお腹の中に誕生します。

 

それから海軍に自首し、処刑される前にガープにエースの事を託しました。

最期は、生まれ故郷であるローグタウンで、ワンピースの存在を公言し処刑されたのです。

 

ゼファー「元・海軍大将」

 

4人目は「ゼファー」です。

  • 元・海軍大将
  • センゴクやガープと同期
  • 「劇場版FILM Zフィルム ゼット」に登場

ゼファーは、ロジャーたちと熾烈な戦いを繰り広げ、生き残り、海軍大将に就任します。

しかし、順風満帆とは行かず、海賊に家族を殺される事件が起きました。

この出来事から、後に大将になる「サカズキ」「クザン」「ボルサリーノ」といった若き海兵の育成を開始します。

 

そんなある日、ある海賊にアイン、ビーンズを除く教え子を始末され、ゼファー自身も右腕を失いました

そして、ゼファーは巨大な海楼石製のスマッシャーを右腕代わりに装着し、遊撃隊を結成して悪魔の実の能力者たちを次々と倒していきます。

 

しかし、教え子を始末した海賊が七武海になってしまいます。

ゼファーは海軍に失望し、他の教え子たちと共に脱退。

それからNEO海軍を結成し、名前もZにしました。

 

そして海賊を殲滅させるために、新世界の海を消滅させようと大破局噴火・グランリブートを引き起こそうとします。

そのためにダイナ岩を集め、準備をしつつ、立ち向かったルフィを1度打ち負かします。

 

その後、最終段階に来た際に、ルフィと一騎打ちをし、敗北しました。

さらに、そこに海軍もやって来たので、ゼファーはルフィたちを逃がします。

自分がした事の後始末をするかのように、海軍に立ち向かい、戦死しました。

 

くいな「ゾロの幼馴染」

 

5人目は「くいな」です。

  • ゾロの幼馴染
  • ゾロのライバルだった女の子

彼女は、東の海イーストブルーのシモツキ村の「一心道場」の師範コウシロウの一人娘です。

剣術の腕はかなりのもので、ゾロが2000回挑んでもくいなには1度も勝てませんでした。

 

真剣での勝負でも彼女はゾロに圧勝します。

しかしその後、性別の問題でコンプレックスを抱いている事をゾロに打ち明けました。

彼女を目標にしていたゾロは怒り、どちらが先に世界一の大剣豪になれるか約束をしたのです。

しかし、その翌日に階段から落ちて、命を落としました。

 

ヴィンスモーク・ソラ「サンジの母親」

 

6人目は「ヴィンスモーク・ソラ」です。

  • サンジの母親
  • ジェルマ66の総帥・ジャッジの妻

ソラは、孤独だったサンジの唯一の味方でした。

とても優しい性格で、サンジが作った美味しくない料理も「美味しい」と口にするほど。

 

ジャッジが子供たちを「心無い兵器」にしようとした際、反発します。

そして、子供たちの血統因子に影響を与える劇薬を服用。

結果、サンジだけが優しい心を持つ人間として生まれました。

 

そして劇薬の影響が体に出て、この世を去ったのです。

 

ベルメール「ナミの義理の母親」

 

7人目は「ベルメール」です。

  • 元・海兵
  • ナミとノジコの義理の母

ベルメールはある戦いで負傷し、生きる望みを失っていました。

そんな時、親を失った幼少期のノジコと赤ん坊のナミに出会います。

可愛い彼女たちのおかげで、生きる希望を見出したベルメールは、2人を連れて故郷のココヤシ村に戻ります。

裕福ではありませんでしたが、幸せな日々を送っていました。

 

そんな中、アーロンたち魚人が現れ、年貢を収めるように強要されます。

その際、ベルメールはしっかりと自分の分は収めますが、ナミとノジコの存在は隠していました

ただ、子ども同然に可愛がってきた2人が、いないものとして過ぎることがどうしても嫌で正直に告白します。

このお金は、ナミとノジコ2人の子どもの分であり、自分のはではない」と。

 

年貢が払えないと処刑が確定していたため、ベルメールはアーロンによって射殺されます。

最期「どんな事があっても、自分が生まれてきた世界を憎まないで」とナミやノジコに残した言葉は、グッとくるものがありました。

 

バンキーナ「ウソップの母親」

 

8人目は「バンキーナ」です。

  • ウソップの母親
  • 夫・ヤソップが海賊であることを誇りに思っている

 

バンキーナは、ずっと病気を患っていました。

幼いウソップは、父親が帰ってきたら治ると思っていたので、その時から「海賊が来たぞー!」と嘘をつくようになります。

しかし、その甲斐なくバンキーナは病死してしまいます。

 

死の間際、バンキーナの「あんたもお父さんのように勇敢な男になりなさい」という言葉を、ウソップは忘れませんでした。

ここから、ウソップには勇敢な海の戦士になるという野望ができたのです。

 

ドクター・ヒルルク「チョッパーの恩人」

 

9人目は「Dr.ドクターヒルルク」です。

  • ドラム王国のヤブ医者
  • チョッパーの恩人

 

ヒルルクは、ドラム王国のヤブ医者です。

なので、多くの者たちから嫌われてました。

ただ、心優しい人物だったので、そこまで毛嫌いされることはありませんでした。

 

そして、チョッパーと出会います。

ヒトヒトの実を食べたチョッパーは、トナカイなどの同族からも人間からも迫害されていました。

そこから、警戒心が強かったチョッパーを説得し保護すると、2人で一緒に住み始めます。

 

しかし、実はヒルルクは病を患っており、長くはありませんでした。

そんな状態で、ドラム王国に「」を咲かせようと、日々研究をします。

チョッパーがヒルルクのために間違えて取ってきたアミウダケ(毒)のスープも、その厚意を受け取り全て飲み干しました。

 

やがて体に限界に来たためDr.クレハに後を託して、依頼を受けたワポルの元へと向かいます。

しかし、それはワポルの罠でした。

病人がいると言われやって来たものの、実は誰も病気の人はいなかったのです。

 

それに安心しながら、最期は爆薬入りの酒を飲んで自爆しました。

毒死するとチョッパーのせいになるため、自ら命を絶つところが憎めないキャラでした。

 

ニコ・オルビア「ロビンの母親」

 

10人目は「ニコ・オルビア」です。

  • ロビンの母親
  • オハラの考古学者

 

オルビアは昔、まだ幼いロビンを残して歴史の本文ポーネグリフの研究のために、海に出ます。

ただ、そこで運悪く、海軍中将サウロ率いる軍船に捕まってしまいます。

そこで、禁忌とされていたポーネグリフの研究が、バレてしまいました。

 

世界政府は、オルビアの故郷・オハラにバスターコールを発動させるか否か、調査隊の派遣を決定。

しかし、あまりに強引で徹底した政府のやり方に疑問を感じたサウロの手引きにより脱獄させてもらいます。

そして、オハラへと戻りクローバー博士らに政府の人間が迫っていることを話します。

しかし、研究者たちは逃げ出すことはせず、隠し通すことを決めていました。

 

やがて、政府の調査隊・スパンダインらがオハラに到着します。

そこで、改めてポーネグリフの研究をしている事を暴かれ、ここでバスターコールが正式に発動。

 

オハラは、軍艦の集中砲火をくらいます。

その中でオリビアはロビンと再会し、彼女の成長を喜びつつ、生きるようにサウロに頼んで逃がしてもらいました。

そして、図書館に残って、重要な本を近くの湖の中に投げ捨てると、業火の中で命を落としました。

 

クローバー博士「オハラの考古学者」

 

11人目は「クローバー博士」です。

  • オハラの考古学者
  • ある王国の存在を、ハッキリと認識した数少ない人物の1人

 

考古学の権威で、日々ポーネグリフの研究を行っていました。

ロビンが、考古学の道へ進むきっかけを作った人物でもあります。

 

上記で解説した流れで、オルビアからポーネグリフの研究が政府にバレます。

その時、スパンダインが手にしていた電伝虫越しの「五老星」相手に、研究してきた仮説を述べました。

 

しかし、その仮説は政府からすれば不都合な事実でした。

決定打となる「ある王国の名」を口にする直前、五老星はクローバー博士を始末するように命じます。

そして、スパンダインの部下によりクローバー博士は銃で撃たれたのです。

 

最終的にバスターコールが発動され、まだ生きていたクローバー博士は、オルビアたちと共に本を湖へと投げ込みました。

そして、最期は燃えさかる図書館の中で、オルビアと同じ死に方を迎えます。

 

トムさん「フランキーの師匠/義理の父親」

 

12人目は「トムさん」です。

  • フランキーの師匠であり、義理の父親の人物
  • 造船会社トムズワーカーズの社長
  • 伝説の船大工

 

トムさんは、ウォーターセブンの船大工です。

大柄な体つきは、コンゴウフグの魚人ならではの体格です。

さらに、非常に豪快な性格で、フランキーやアイスバーグの師匠でもあります。

 

トムはかつて、宝樹アダムを使用してロジャーの船「オーロ・ジャクソン号」を造ったことで、罪に問われていました。

しかし、産業に革命を起こすであろう「海列車」の製作によって、その罪が帳消しになる寸前まで覆します。

 

ただ、それを面白く思わない諜報機関員スパンダムによって、罠にハメられることに。

古代兵器プルトンの設計図をトムが持っていると予想したスパンダムは、それを得ようと画策したのです。

 

フランキーが趣味でで造った船を使用して、部下に司法船を襲撃させます。

これにより、トムの罪が帳消しになる寸前で、新たな罪状が発生。

「海賊王の船を作った罪」

「司法船を襲撃した罪」

どう考えても覆らないと考えたトムは、前者を選択します。

 

そして、船を悪用されたフランキーのためにスパンダムを殴りました。

海列車を造った功績を、司法船を襲撃した罪にあてることで帳消しにします。

そして、ロジャーの船を造ったことを誇りに思いながら、最期は処刑されました。

 

ポートガス・D・ルージュ「エースの母親」

 

13人目は「ポートガス・D・ルージュ」です。

  • エースの母親
  • ロジャーの妻

 

ルージュは、ロジャーが海賊王になってから子供を宿しました。

海賊王の子を産むということは、彼女はどういうことなのか分かっていました。

通常、出産は10か月が目安とされていますが、なんと20か月もの間、生むことを耐えお腹の中にいさせたのです。

そうして、世間の目が落ち着いてから、無事出産することができますが、これまでの無理が祟ったせいで他界します。

 

生前、ルージュは「男の子だったらエース」「女の子だっらアン」と名付けることを決めていました。

そして、ここにエースが誕生日したのでした。

 

霜月康イエ「ワノ国・元大名」

 

14人目は「霜月康イエしもつきやすいえ」です。

  • ワノ国の元・大名
  • 光月おでんの良き理解者

 

康イエは、ワノ国の「白舞」を治める大名でした。

しかし、カイドウ率いる軍勢相手に立ち向かうも敗北。

その後、トの康とのやすと改名し、ひょうきんな性格で、貧しい人々を励ましたりしました。

 

そんな中、錦えもんの判じ絵が世間に露出してしまい、カイドウを討つための同志が捕まっているのを知ります。

トの康はこれを助けるために、大泥棒・丑三つ小僧として盗みをすることで、あえて捕まり磔の刑に処せられました。

 

そこで、仲間を助けるために「判じ絵は自分が書いた」と嘘を述べます。

さらに、判じ絵に描かれた集合場所を密かに仲間へ伝え、みんなに後を託してオロチ一派に処刑されました。

 

光月おでん「ワノ国・元大名」

 

15人目は「光月こうづきおでん」です。

  • ワノ国の元・大名
  • 白ひげ海賊団の元・船員
  • ロジャー海賊団の船員

 

おでんは、ワノ国の次期将軍候補でした。

ただ、たび重なる問題行動のせいで、当時の将軍・スキヤキから勘当されます。

 

その後、おでんは錦えもん傳ジローと共に仲間を集め、アシュラ童子を倒して九里の大名となります。

それから長年の夢だった外の世界を見るために、海へ出たのです。

白ひげ海賊団の船に乗り、その後にロジャー海賊団の船に乗り、ラフテルに到着。

 

その後、ワノ国に戻るとオロチが悪政を働いていることを知り、懲らしめようとします。

しかし、多くの民が捕まっており、助ける代わりにオロチとの約束により「裸踊り」をすることに。

ただ、オロチは約束を守りませんでした。

 

それがきっかけで、カイドウ率いる百獣海賊団と戦うことになります。

錦えもん達と共に戦い、カイドウに傷を与えるところまで奮戦しますが、負けてしまいます。

 

捕まった後「釜茹での刑」に処せられるも、おでんだけが入り、錦えもんたちは蓋に乗せると言う荒業でなんとか1時間耐えました。

しかし、それでもオロチはおでんを殺そうとします。

みんなが射殺されそうになったところを、おでんは盾となり銃弾を受けました。

最期は錦えもんたちを逃がして、そのまま命を落としたのです。

 

光月トキ「おでんの妻」

 

16人目は「光月こうづきトキ」です。

  • 光月おでんの妻
  • トキトキの実の能力者
  • 800年以上生きてきた人物

 

トキは、人や自分を未来へ送れる「トキトキの実」の能力者です。

一応ワノ国出身ですが、能力で何度も未来を移動しているからなのか、800年前くらい前から生存していました。

 

人攫いに襲われていた所をおでんに助けられ、共に白ひげ海賊団の船に乗ります。

おでんに惹かれて結婚し、モモの助日和を出産。

それからロジャー海賊団にも同行し、途中でワノ国に立ち寄ってから離脱しました。

 

おでんが帰ってきてからは、彼が死ぬまで献身的に支えました。

その後、「錦えもん」「カン十郎」「菊之丞」「雷ぞう」「モモの助」を未来に送り、日和を「河松」に預けます。

それから民衆に希望を遺して、百獣海賊団の銃弾を身に受けて命を落としたのです。

 

サッチ「元・白ひげ海賊団の4番隊隊長」

 

17人目は「サッチ」です。

  • 白ひげ海賊団の元・船員
  • 4番隊の隊長を務めた
  • ヤミヤミの実を入手した人物

 

サッチは、白ひげ海賊団の中でもエースと親しかった人物です。

料理人として腕を振るい、隊長としては自ら先頭を切って戦う勇敢な男です。

そして、ヤミヤミの実を入手しますが、食べようとはしませんでした。

 

逆に、その実を狙っていたティーチに始末されました

エースが、黒ひげを単独で追いかけるきっかけを作ったキャラですね。

 

フィッシャー・タイガー「タイヨウの海賊団・船長」

 

18人目は「フィッシャー・タイガー」です。

  • タイヨウの海賊団・船長
  • 魚人族
  • 奴隷解放の尽力者

 

フィッシャー・タイガーは、たいの魚人です。

元は海賊ではなく、冒険家でした。

 

タイガーは1度、天竜人の奴隷にされていた過去を持ちます。

その後は、何とか逃げ出しマリージョアで大暴れ。

ハンコックを始めとする、多くの奴隷たちを逃がすことに成功しました。

 

そして魚人島へと戻り、タイヨウの海賊団を結成して「ジンベエ」や「アーロン」らを率いて敵対する者を倒してきました。

ただ、敵を倒しはするも「始末はしない」と言うルールを儲けます。

 

そして奴隷だったコアラを保護し、彼女を故郷に送り届けました。

しかし、島民が通報したせいで海軍に包囲され、なんとか蹴散らしますが瀕死の重傷を負います。

出血によって輸血が必要な状態となりますが、タイガーと同じ血液型の魚人がいませんでした。

そこで、ジンベエらは人間の血で輸血をするように進言しますが、タイガーはこれを拒否します。

 

自分が奴隷だった過去をみんなに話し、この事実を漏らさないように頼みます。

最期は、人間との和平を次世代に託して命を落としました。

 

オトヒメ「リュウグウ王国の王妃」

 

19人目は「オトヒメ」です。

  • リュウグウ王国の元・王妃
  • ネプチューン王の妻
  • 金魚の魚人

 

オトヒメは、魚人島を治めるネプチューンの妻で、人間たちとの和平のために奔走します。

しかし誰にも理解されず、タイガーの死も絡んでいたことから、思うように進みませんでした。

 

そんな中、世界貴族であるミョスガルド聖の船が難破して魚人島にやって来て、魚人達は虐げられた恨みを晴らそうとします。

しかし、オトヒメはこれを許さず、彼を庇うように仲間たちを説得しました。

今度は、そんなミョスガルド聖がオトヒメに銃を向けますが、娘のしらほしのポセイドンの能力により海王類が出現。

これにミョスガルド聖は気絶し、治療を受けることで一命を取り留めました。

 

ミョスガルド聖を説得したオトヒメは、彼と共に地上に行き、世界貴族の署名への賛同書を手に入れます。

しかし、これに納得しないホーディが人間を買収して、オトヒメを銃で撃たせました。

オトヒメは何者かの仕業ということは見抜いていましたが「自分を始末した者への怒りを抱いてほしくない」と残された者たちへ願い、笑顔でこの世を去ったのです。

 

ビクトリア・シンドリー「ホグバックのゾンビ兵士」

 

20人目は「ビクトリア・シンドリー」です。

  • ホグバックのゾンビ兵士
  • 皿が嫌い

 

シンドリーは明るい性格で、元は舞台女優として活躍していました。

当時、有名な医者だったホグバックも彼女に惚れ、求愛しますがシンドリーには婚約者がいたのでフラれます。

その後、運悪く舞台から転落して命を落としたのです。

これにショックを受けたホグバックは、モリアと出会い、彼の能力と彼女の遺体を使って兵士ゾンビとして復活させました。

 

チョッパーとロビンと戦った際、彼女は生前の魂が抵抗しているのか「動けなくなる」と言う現象が起こります。

すぐさま動けるようになるも、ホグバックが瓦礫によって動けなくなった際、また動けなくなりました。

そして、チョッパーたちに対して、生前の舞台女優だった頃のような明るい笑みを浮かべます。

 

その後、モリアが島全体の影を集めた事で、再び命を落としました。

 

アブサロム「元スケスケの実の能力者」

 

21人目は「アブサロム」です。

  • ゲッコー・モリアの部下
  • スリラーバーク四怪人の一人
  • 元・スケスケの実の能力者

 

アブサロムは、ホグバックの手術で動物の一部を移植してもらい、強大な力を得た人物です。

さらに、体を透明化させたり、触れたモノを見えなくさせる「スケスケの実」の能力者でもありました。

 

スリラーバーグに来たナミを気に入り、花嫁にしようと計画するもサンジにやられます。

それでも諦めずに隙を見て、ナミを奪い返して改めて結婚式をしようとするも、ナミの攻撃を受けて倒されました。

 

スリラーバーク編の終了後は、ホグバックやモリアと共に密かに脱出。

その後はモリアを助けつつ「アブサ」と言う名の記者として活躍します。

そして、記事ネタのためか、黒ひげ海賊団の縄張りであるハチノスに侵入。

 

そこで、何らかの形で捕まって始末されます。

スケスケの実も奪われ、現在はシリュウが能力者となっていました。

 

ヴェルゴ「ドフラミンゴの相棒」

 

22人目は「ヴェルゴ」です。

  • ドフラミンゴの相棒
  • 海軍中将
  • 初代・コラソン

 

ヴェルゴは、ドフラミンゴの部下「相棒」と評されるほどの信頼を得ていました。

幼少期からドフラミンゴに仕え、スパイとして海軍に所属し中将の座まで登り詰めます。

 

情け容赦がない事から「鬼竹のヴェルゴ」と評されました。

強力な体術と覇気の使い手で、全身に武装色を纏わせて戦う姿は印象敵です。

 

パンクハザードでは、スモーカーとの戦いに勝利しますが、ローの能力によって体を切断・分解されて放置。

この時、パンクハザードには毒ガスが充満していたため、それにより命を落としました。

 

モネ「ドフラミンゴの配下」

 

23人目は「モネ」です。

  • ドフラミンゴの幹部
  • シーザー・クラウンの秘書&監視役
  • ユキユキの実の能力者

 

モネは、ドフラミンゴの配下で、ドンキホーテファミリーの幹部をしています。

雪を操る「ユキユキの実」の能力者でもあります。

 

さらに、ローの能力により鳥の「」と「」を装着。

これにより、ハーピィのような見た目となり飛ぶことも可能です。

状況によって戦い方を変えるため、戦う側はかなり厄介でしょう。

 

基本的にはクールですが、ドフラミンゴを崇拝しています。

たしぎとの戦いでは優位に立つも、ゾロの一撃によって敗れました。

 

その後は、ボロボロの身体を引きずりながら自爆装置がある部屋まで来て、ドフラミンゴの命令でスイッチを押そうとします。

しかし、シーザーが勘違いをしてモネを始末してしまいます。

シーザーがスモーカーのものだと勘違いしてナイフで刺したものが、実はローが入れ替えたモネの心臓でした。

そのせいで、彼女はスイッチを押す前に倒れたのです。

 

スカーレット王女「レベッカの母親」

 

24人目は「スカーレット王女」です。

  • ドレスローザの王女
  • レベッカの母親
  • キュロスの妻

 

スカーレットは、ドレスローザのリク王の娘です。

ドンキホーテファミリーのヴィオラの姉であり、レベッカの母親です。

 

キュロスと結婚しますが、最初は彼を毛嫌いしていました。

しかし、1度海賊に連れ去られたことがあり、キュロスに助けられてから心を許し、王女の座を捨てて彼と結婚。

その際、王女スカーレットは死んだことにし、人が寄り付かない場所に移り住んで、そこでレベッカを産みました。

 

ドフラミンゴ襲撃時は、キュロスに命じられて避難します。

しかし、シュガーのホビホビの能力でキュロスが玩具になってからは、彼の記憶を失いました。

 

残されたスカーレットは、レベッカのために食糧を得ようと出かけます。

その途中でディアマンテの銃撃を受け、玩具になったキュロスの腕の中で息を引き取りました。

 

ドンキホーテ・ロシナンテ「ローの恩人/ドフラミンゴの弟」

 

25人目は「ドンキホーテ・ロシナンテ」です。

  • トラファルガー・ローの恩人
  • ドフラミンゴの弟で、最高幹部コラソン
  • ナギナギの実の能力者

 

ロシナンテは、「海軍」に属していました。

センゴクの部下として、中佐の階級に就きます。

 

ドフラミンゴの弟でしたが、潜入捜査のためにドンキホーテファミリーに潜り込みます。

ドフラミンゴは「ある出来事によってロシナンテは喋れない」と勘違いしていましたが、実は普通に話せました。

ドンキホーテファミリーとのコミュニケーションは筆談で行ない、海軍への報告は電伝虫を使用します。

 

ローが「珀鉛病」を患っていることや、彼が「Dの一族」ということを知り、共に旅に出かけました。

そこで、あらゆる病院を回りますが、手がかりは得られませんでした。

ただ、病のせいで自暴自棄になっていたローは、自分のために必死になるロシナンテの行動を見て、心を開いていきます。

 

そして、ロシナンテは「オペオペの実」を手に入れ、ローに食べさせました。

これで、ローは病気を完治させることができます。

あとは、ローにドフラミンゴの情報を海軍に渡すよう頼みます。

 

しかし、ローが情報を渡した相手こそあのヴェルゴで、彼によって2人ともボロボロにされたのです。

スパイ行為がバレたことで、ロシナンテはせめてローだけでも助けようとします。

そして、ローを宝箱に隠し、ナギナギの能力で音を遮断させます。

最期は、ドフラミンゴの銃撃を受けて息を引き取りました。

 

マザーカルメル「ビッグマムが大好きなシスター」

 

26人目は「マザー・カルメル」です。

  • 聖母のフリをした孤児売り
  • ビッグマムが今でも忘れられない人物
  • ソルソルの実の能力者

 

カルメルはシスターをしており、巨人族を捕まえ処刑しようとしていた海軍を止めました。

それにより、巨人族に信頼されて、エルバフの外れに孤児を預かる「羊の家」を設立。

しっかり子供の面倒を見たり、体格が大きいビッグマムにも親身に接した事から「聖母」と評されます。

 

当時のシャーロット・リンリン(ビッグマム)が、大問題を起こして巨人族の怒りを買った際も、彼女を庇っていました。

そして、子供たちと別の場所に羊の家を再建し、暮らします。

 

しかし、カルメルの表の顔はシスターですが、その正体は世界政府や海軍に孤児を売りさばくブローカーでした。

巨人族を助けたのも、信頼を得るため海軍と演技をしており、ビッグマムを庇ったのも彼女の能力を見て高く売ろうとしていたから

カルメルはリンリンを売った時点で、ブローカーから足を洗おうとしていました。

 

リンリンが6歳になるお祝いの誕生日会で、カルメルは彼女のためにクロカンブッシュを用意します。

これに大喜びしたリンリンは、バクバクと全てをたいらげました。

しかし、食べ終わった時点でカルメルや子供たちがいなくなっていることに気付きます。

リンリンは、そのタイミングでソルソルの実の能力を宿していました。

 

実は、リンリンは食べる事に夢中で、知らないうちにカルメルや子供達まで食べていたのです。

こうして、カルメルは足を洗う直前に最期を迎えたのでした。

 

ペドロ「ネコマムシの兵隊・ガーディアンズの団長」

 

27人目は「ペドロ」です。

  • ネコマムシの部隊・ガーディアンズの団長
  • ジャガーのミンク族

 

ペドロは非常に義理堅い性格で、ネコマムシの旦那に忠誠を誓っています。

さらに戦闘力も高く、冷静に状況を見極める事も出来ます。

ビッグマムの部下・タマゴ男爵相手に互角に戦い、彼の片目を奪いました。

 

幼少期にロジャーに出会ったことがあり「いずれ来る出番を待て」と言われ、ずっと修行をしながら待っていました。

そしてポーネグリフを求めて旅立つも、世間知らずだったせいで賞金首となり「ノックス海賊団」を名乗ります。

その後、ペコムズ以外の者たちを帰して、自分とゼポだけで旅をしてビッグマムの領地のホールケーキアイランドに上陸。

 

そこで、タマゴ男爵と戦うも、兵力の差でゼポと共に捕まります。

そしてビッグマムによって100年分の寿命を抜かれることになり、ゼポは30年分で命を落としました。

ペドロは、左目を自らえぐり捨てたことで20年分がチャラになり、50年分で済むことになります。

さらには、ビッグマム海賊団でありながら、ペドロと同郷のペコムズが懇願したことで、辛くも生き長らえました。

 

それから月日が経ち、ルフィたちと共にサンジを連れ戻す旅に同行。

サンジを奪還し、ビッグマムたちの追撃を振り切るために残り、ペロスペローを道連れに自爆しました。

 

始末屋ボビン「ビッグマムの配下」

 

28人目は「ボビン」です。

  • ビッグマム海賊団の船員
  • 始末屋という異名を持つ
  • 懸賞金は1億550万ベリー

 

ボビンはビッグマムの配下で、相手に催眠術をかける能力を持っています。

サンジが無意識に作った弁当を食べようとしたら、彼に蹴られて逃走を許してしまいます。

しかし、その蹴りを意に介さず、すぐに追いかけました。

 

その途中で、ベッジたちによる銃撃を受け倒れました。

 

ヒグマ「山賊」

 

最後は「ヒグマ」です。

  • フーシャ村を拠点とする山賊
  • 挑発してきた幼いルフィを殺そうとした
  • シャンクスが腕を失うきっかけを作った人物

 

ヒグマは、フーシャ村を拠点にしている山賊です。

自分を見くびったり、馬鹿にする者を許さないプライドの高い性格の持ち主。

 

シャンクスのことも馬鹿にし、頭から酒をぶっかけます。

そんな自分に対して暴言を吐いた幼少期のルフィを捕まえ、始末しようとします。

 

しかし、シャンクスの手で部下を始末されため、ルフィを誘拐しつつ逃げ出して船に乗りました。

ルフィを海に落とし満足そうな笑みを浮かべますが、すぐさま近海の主に喰食われます。

これによりシャンクスも腕を失うこととなったので、作品に多大な影響を与えた人物の1人であることは間違いありません。

 

復活の可能性も考察

 

上記で、死亡キャラについて解説してきました。

では、逆に復活するキャラもいるのでしょうか?

過去に、死んだと思われたキャラが「生きていた」ということもありました。

革命軍のサボが良い例です。

さらに、直近ではワノ国のおでんも復活するという噂もあります。

 

では、ここからは死亡キャラが復活する可能性を考察します↓↓

 

復活する可能性があるキャラは「くいな」だけだと考察

まず、結論ですが上記で解説したキャラは、ある1人・・・・を除き復活しないと考えています。

その人物とは「くいな」です!

 

くいなは、女という性別にコンプレックスに感じていました。

大人になったら、男に腕力が敵わないことを知っていたからです。

そして、ゾロと「世界一の大剣豪」になる夢を約束し、その後死亡しました。

 

では、なぜくいなが復活する可能性があるのでしょうか?

それは、2つの違和感についてです↓↓

  1. 死亡した理由「階段から落ちた」
  2. 革命軍・イワンコフの存在

 

まずは、①の死亡した理由「階段から落ちた」についてです。

ワンピース世界において、唯一違和感の残る死に方ではないでしょうか?

実際に、くいなの葬儀も行なわれていたので、真実味はあります。

 

そこで②の「イワンコフ」の存在です。

実は、くいなの故郷「シモツキ村」には、物資調達のため1度だけ革命軍が訪れていました。

そのとき顔のでかい人間が目撃されていたのですが、それこそがイワンコフです。

 

そして、くいなの墓標の隣に注目して頂きたいのですが、もう1つの墓があります↓↓

 

墓には「イワ~~」という文字が彫り込まれています。

そこから導き出した結論はこうです↓↓

 

くいなの復活の考察

くいなの夢を叶えるために、父・コウシロウが知人のイワンコフに依頼。

ホルホルの実の能力によって、くいなの性別を男性に転換させる。

その事実を隠すために、嘘の死亡理由と葬儀を行なう。

女性のくいなをこの世から抹殺し、新たに男として世界一の剣豪を目指す

 

結論、くいなは男の剣豪としてどこかで生きている可能性がある

 

以上が、くいなが生きているという考察でした!

当たらずとも遠からずいったところでしょうか^ ^?

アニ木
アニ木
もし、くいなが生きていれば、ゾロと再会する日は近いかもしれませんね!

 

【ONE PIECE】死んだキャラまとめ

 

まとめ

死亡キャラまとめ↓↓

  •  ポートガス・D・エース「火拳」
  •  エドワード・ニューゲート「白ひげ」
  • ゴール・D・ロジャー「海賊王」
  • ゼファー「元・海軍大将」
  •  くいな「ゾロの幼馴染」
  • ヴィンスモーク・ソラ「サンジの母親」
  • ベルメール「ナミの義理の母親」
  • バンキーナ「ウソップの母親」
  •  ドクター・ヒルルク「チョッパーの恩人」
  •  ニコ・オルビア「ロビンの母親」
  •  クローバー博士「オハラの考古学者」
  • トムさん「フランキーの師匠/義理の父親」
  •  ポートガス・D・ルージュ「エースの母親」
  • 霜月康イエ「ワノ国・元大名」
  • 光月おでん「ワノ国・元大名」
  • 光月トキ「おでんの妻」
  • サッチ「元・白ひげ海賊団の4番隊隊長」
  • フィッシャー・タイガー「タイヨウの海賊団・船長」
  • オトヒメ「リュウグウ王国の王妃」
  •  ビクトリア・シンドリー「ホグバックのゾンビ兵士」
  •  アブサロム「元スケスケの実の能力者」
  •  ヴェルゴ「ドフラミンゴの相棒」
  •  モネ「ドフラミンゴの配下」
  •  スカーレット王女「レベッカの母親」
  • ドンキホーテ・ロシナンテ「ローの恩人/ドフラミンゴの弟」
  • マザーカルメル「ビッグマムが大好きなシスター」
  •  ペドロ「ネコマムシの兵隊・ガーディアンズの団長」
  •  始末屋ボビン「ビッグマムの配下」
  •  ヒグマ「山賊」

 

復活する可能性があるキャラ↓↓

  • 性別を変えることで、世界一の剣豪を目指す「くいな

 

以上、ワンピースの主要な死亡キャラでした!

長寿作品ということもあり、多くのキャラが命を落としていますね。

主要人物だけなので、細かい数も入れると計り知れません。。

 

 

ワンピース マンガ情報

最新刊「103巻」が発売中です!(2022年8月時点)

アニメでは見れないシーン・・・・・・・・・・・・なので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得情報を見る

 

 

✓こちらの記事も読まれています