ワンピースのブルックはなぜ氷の技が出せる?黄泉の冷気の能力を解説

公開日: 2022年4月24日 | 最終更新日: 2022年8月3日

 

漫画もアニメも好調な「ワンピース」。

今回はルフィの仲間で音楽家兼剣士ブルックについて考察を行っていきます。

ブルックは“早斬り”を得意としていて、音楽で相手を眠らせる事も出来ますが、「冷気」も操る事が出来るのです。

なぜブルックは、冷気を纏った技を出せるのか、「黄泉の冷気」について、そしてブルックの能力を紹介していきます!

この記事を見て分かること
  • ブルックの“冷気の攻撃”の解説
  • ヨミヨミの実の“真の能力”
  • ブルックの「強さ」

ワンピースのブルックはなぜ氷の技が出せる?

 

それでは、ブルックがなぜ冷気を纏わせた技を出せるのかについて、説明していきます。

はたして、ブルックの技の正体とは??

 

使用する攻撃には「相手を凍らせる技」が存在する

 

先ほども触れましたが、ブルックには冷気を使った攻撃技が幾らかあります。

新魚人海賊団・ゼオに使用した斬撃。

そのダメージに相手が気付いた瞬間、なんと“血も凍る強烈な冷気”によって傷は凍て付き、砕け散ったのです。

この技こそ「掠り唄吹雪斬り」。

 

そして同じような攻撃方法の「絵描き唄一節斬り」と言う技を、ドンキホーテファミリーのジョーラに使用しました。

 

さらに、百獣海賊団のシープスヘッドに使用した“黄泉の冷気を纏わせた魂の喪剣”で相手の攻撃を凍らせて防ぐ魂のパラード

その技の派生でもある、地面を凍らせて相手を滑らせる「魂のパラード アイスバーン」という技もあります!

 

また、ビッグマム海賊団相手に使用した相手の頭上に飛び上がり、

“黄泉の冷気を纏わせた魂の喪剣”で斬り裂いて切り口を凍り付かせる「飛燕曲バンドゥロル」。

 

というように、ブルックは多彩な攻撃に“黄泉の冷気”を纏わせて戦っているのです!

 

ブルックは「ヨミヨミの実」の能力者でただの復活人間

 

上記で、ブルックの氷技について触れました。

しかし、実はブルックは元々「ヨミヨミの実」を食べただけの、ただの復活人間です。

ヨミヨミの実は、“一度死ななければ能力が発揮されない”とても異質な能力とされています。

死んだ後、魂を黄泉の世界から呼び戻し、元の自分の肉体に戻る事で復活できるという「2度の人生」が約束された能力です。

 

しかし、ブルックの場合は命を落とした場所である「魔の三角地帯」は深い霧で包まれた海域でした。

その霧のせいで、自分の肉体を見つけるのに1年かかり、自分の体は「白骨化」。

見つけた時には今の姿になっていたので、“喋って動けるガイコツ”が誕生したのです。

 

すでに能力を行使しているので、もうブルックはカナヅチであるデメリットだけが残っています。

ですが、ヨミヨミの実の真の能力が他にある事に気づいたのは2年間の修行の後でしたね!

 

 

相手が凍る理由は「黄泉の冷気」を纏っているから

 

ヨミヨミの実には、復活する以外にも別の効果が幾つかあります。

その内の1つは、先程話したブルックの技です。

そして、相手が凍る理由は「黄泉の冷気」を纏って攻撃しているからですよね!

2年の修業で強力になった剣技に加え、冷気を纏わせる事でその戦闘力は更に向上しました。

 

魂状態で壁の通り抜けや幽体離脱も可能

 

また、ヨミヨミの実の能力には「幽体離脱」する事ができる力もあります。

1度命を落として復活したブルックの魂は、限りなく実体に近い強力なエネルギーの塊となっています。

なので、幽体離脱も可能です。

ブルックの魂はエネルギーの塊なので、幽霊のように誰にも見えないわけじゃなく、誰でも見えるようになっています

 

しかし、幽霊のように触れる事ができないのは一緒なので、壁に邪魔される事なくすり抜ける事も可能です。

それに毒ガスの中でも移動できるので、生身で行くには危険な場所でも偵察する事ができます。

他にも監禁された際に、魂だけとなり仲間に助けを求める事もできるのです。

しかし、幽霊の姿とは言え、魂が強力なエネルギーとなっていて普通に見えているため、初めて見た人にバレたり、必要以上に驚かれてしまうのが欠点です。

 

氷や睡眠の能力はヨミヨミの実で得たもの

 

不死身人間の能力しかなかったブルックが、冷気や音楽で相手を睡眠状態にさせることができたのは、単なる演出とかではなく、しっかりと「ヨミヨミの実の力」です。

先ほどは冷気に関して解説をしたので、ここからは音楽や睡眠の能力について語ります。

 

ブルックは元々音楽家なので、演奏が得意です。

そしてその魂に直接的な効果を与え、相手の耳や心に響かせる事が可能です。

これにより、幻を見せることもできます。

それが分かっているブルックは、曲を弾いて相手を眠らせる技「眠り歌・フラン」。

相手をフェスティバルの夜に参加している幻覚を見せる「パーティーフェスティバル」を戦闘で使用。

これによって、戦闘を優位に進める事ができました。

 

それに魂に響かせる音楽なので、特定の悪魔の実対策としても有効です。

ビッグマムの「ソルソルの実」の能力で生み出されたチェス兵のような取ってつけた魂を持つ者ならば、彼の歌に耐えれず倒れてしまいます。

 

ただデメリットもあり、ルフィやチョッパーのように催眠に弱い人物も影響を受けてしまうことです。

ブルックは、このような能力を駆使して新世界の猛者と戦っています。

 

ホールケーキアイランド編では時間稼ぎとは言え、ビッグマム相手に大立ち回り。

ビッグマムが生み出したホーミーズゼウス、プロメテウス、ナポレオンを苦しめる活躍をしました。

 

しかし、まだまだ能力の解明がされていないので、詳しいことは不明なのが正直なところです。

ブルックが発言していた内容が真実かもしれませんし、ガイコツとして復活した事が、何か異例中の異例(例外)として、偶然得た産物の可能性もあります。

現在の情報だけでは、何とも言えませんね!

 

【ONE PIECE】ブルックの氷の技についてまとめ

 

まとめ
  • ブルックには相手を凍らせる技がある
  • 相手が凍るのは黄泉の冷気を纏っているから
  • 魂を扱う能力なのでどこにでも行ける
  • 氷や睡眠の能力の付与はヨミヨミの実の力が関与している可能性があるが、真相は不明

 

最初はただ復活しただけのヨミヨミの実でしたが、真相はまだ分かりません。

ですが、このような能力があるとは驚きましたね!

ワノ国編でも活躍するかもしれませんので、楽しみです^ ^

 

 

ワンピース マンガ情報

最新刊「103巻」が発売中です!(2022年8月時点)

アニメでは見れないシーン・・・・・・・・・・・・なので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得情報を見る

 

 

✓こちらの記事も読まれています