ジョイボーイの正体は巨人族?マリージョアの国宝・麦わら帽子から考察

公開日: 2022年8月2日 | 最終更新日: 2022年8月4日

 

ワンピースの作中に重要な場面で名前が登場する「ジョイボーイ」。

ラフテルに「ひとつなぎの大秘宝」を残したり、プルトン、ウラヌス、ポセイドンを「古代兵器」と名付けたりと、物語中で数々の謎の最深部にいる人物です。

さらに、功績だけではなくジョイボーイ自身も謎に包まれた存在です。

そして一説によると、このジョイボーイの正体は「巨人族ではないか?」という話も聞きます。

この「ジョイボーイ」と呼ばれる人物とは一体何者なのか?

 

今回は、人物像や種族などが全く見えてこないジョイボーイを、これまでのキーワードや伏線からその正体に迫っていこうと思います↓↓

この記事を見て分かること
  • ジョイボーイの正体の考察
  • 巨人族説について
  • マリージョアの麦わら帽子との関係

ジョイボーイの正体は巨人族?

 

冒頭では、ジョイボーイの正体について触れました。

改めて、ジョイボーイは実は巨人族だったのではないか、という考察がされています。

ワンピース世界で巨人と聞くと「エルバフの戦士」やそスリラーバークで登場した「オーズ」というイメージがあります。

同様にジョイボーイも、古代巨人族という可能性もありそうです。

 

少しずつ情報が出てきていますが、まだまだ謎が多いジョイボーイについて、伏線を元に紐解いていきましょう↓↓

 

ジョイボーイはDの一族で巨人族という説がある

まず、ジョイボーイが「Dの一族」と深い関係性がある、もしくはDの一族であると思われるところが2点存在します↓↓

Dの一族との関係性
  1. 3つの古代兵器との関連
  2. Dの一族の死に際の「笑顔」

 

まず1点目に、3つの古代兵器との関係性です。

古代兵器に関する情報は、ポーネグリフに記されています。

さらに、空白の100年と古代兵器は密接な関係にある事が分かっています。

過去の描写から、空白の100年に「現世界政府」とかつて存在した「Dの一族の巨大な王国」の間で戦いが起こったことはほぼ間違いないでしょう。

その戦いでDの一族が使用したものこそ、古代兵器なのではないでしょうか?

 

そして、それらを正しく導いてくれる存在が現れるまで、危険な物を意味する「兵器」の名前をあえて付けたのではないかと考えます。

この空白の100年の戦いから考察すると、ジョイボーイは当時の人魚姫へ謝罪文を送っているので、やはり相手は現世界政府側ではないと考えられます!

ということは「ジョイボーイ=Dの一族」だったのではないでしょうか?

 

そして2点目に、これまでのDの一族の死に際です。

Dの一族はこれまで、ロジャー、サウロ、ルージュ、エースが亡くなっています。

この4人の共通点として、下記が挙げられます↓↓

Dの一族との関係性
  1. 死に際に「笑顔」で死んでいる点
  2. ジョイボーイの名前が「楽しい少年」と「笑顔」を連想させる点

 

ワノ国編で、カイドウがルフィに言い放ったセリフ「お前も…ジョイボーイにはなれなかったか…
と言っている描写があります。

そこで海に落ちていくルフィの顔は「笑顔」ではありませんでした。

これはやはり、ジョイボーイも死に際に「笑顔」で未来へ希望を託し、死んでいったのではないかと読み取る事ができます!

そして、ジョイボーイの名前が「楽しい少年」と「笑顔」を連想させる点についても「……楽しそうだな……窮地ほど笑い……笑う程に……!!……か」とカイドウが再び言うセリフがあります。

 

この通り「Dの一族 × 笑顔 = ジョイボーイ」という、3つの関係性は深い物だと考えられるでしょう。

これこそが、ジョイボーイが巨人族の証拠だと感じます。

 

マリージョアには国宝の巨大な麦わら帽子がある

 

世界会議編にて、謎の人物・イム様が登場したと同時に、巨大な麦わら帽子が登場しました。

聖地マリージョアに厳重に保管されており、冷凍保存までされているという徹底ぶりを見せます。

そして、この麦わら帽子こそジョイボーイの物だったのではないかと予想できます。

 

また、この麦わら帽子の大きさがイム様よりも格段に大きい事から、巨人族の物だったことも考えらるでしょう。

この巨大な麦わら帽子がジョイボーイの物であれば、やはり先ほどの説と通り巨人族なのではないでしょうか?

もし、この巨大な麦わら帽子がゾオン系の能力などを得て強大な力を持っているとすれば、冷凍保存されているのにも納得がいきますよね。

 

 

魚人島には規格外の大きさの「方舟ノア」が存在した

次に、ジョイボーイが謝罪文を送った魚人島には巨大な「方舟ノア」という舟が存在します。

この方舟は来たるべきその日が来るまで動かしてはならず「ジョイボーイとの約束が秘められた舟」である事が明らかとなっています。

この舟は、普通の人間が操縦するのには大きすぎます。

まともに操縦することができるのであれば、海王類を操る事ができる「しらほし姫」かオーズのような古代巨人族となりそうです。

ここからも、ジョイボーイの古代巨人族説は信憑性が増してきます。

 

マリージョアの大きさも巨人族サイズ

世界会議編にて描かれた、聖地マリージョア。

実はこのマリージョアは、各国の要人たちが集まるにはかなり大きく作られていました。

内部は、まさに巨人族が生活できるくらいの広さ大きさを誇っています。

これは、ただ政府の威厳を示すためにこの広さにしているのかもしれません。

 

しかし、全くジョイボーイとの関係性がない様にも思えません。

元々4つの海が別れる前に、ジョイボーイが住んでいた家を改築して「聖地マリージョア」として使用されているのでしょうか?

この空白の100年に関わってくると思われる描写に関しては、現時点では謎が多すぎて深く考察する事が難しいですね。

伏線がどう回収されるのか、本当に楽しみです!

 

青キジに氷漬けにされた「ハグワール・D・サウロ」も巨人族だった

さらに、ロビンの過去編に登場した元海軍本部中将・でハグワール・D・サウロ

サウロは、Dの一族の中でも初めての巨人族として描かれたキャラでした。

ですが、サウロ以降「D」の付く他種族が登場していないことから、巨人族とDの一族との間にも深い関係があると考えられます。

これは、Dの一族のトップであったジョイボーイが巨人族だった事を示唆しているのではないでしょうか?

さすがに、巨人族の血が流れていない親から巨人族の子が生まれてくることはありませんからね。。

 

またロビンを逃がす際に、青キジに氷漬けにされた技を覚えていますでしょうか?

実は、この技の名は「アイスタイム・カプセル」でした。

タイムカプセルと言えば、時が経ってから再び取り出すアレですよね!

これも、マリージョアの巨大な麦わら帽子と同じで「冷凍保存」されているとすれば、これから先、Dの巨人族であるサウロはキーマンとして、再登場する可能性が高いと考えられます!

これによって、ジョイボーイとの関係性も見えてくるかもしれません。

 

主人公・ルフィの技「ギア3」も部分的に巨人化ができる

ルフィの技の代表格に「ギア」と呼ばれるものがあります。

ルフィのギア一覧
  • ギア2(セカンド)

→血流を早めて身体能力を上げる

  • ギア3(サード)

→骨に空気を送り強度の高い大きな拳や足で攻撃

  • ギア4(フォース)

筋肉に空気を送り覇気と合わせて、ゴムの変幻自在のの動きで翻弄する

  • ギア5(覚醒)

→ヒトヒトの実 幻獣種 モデル ニカ

その中でも、「ギア3」の骨風船では「巨人族の腕」や「巨人族の足」など「巨人族」を題材にした技を繰り出しています。

これも、Dの一族であるルフィと巨人族の繋がりを示唆しているのではないかと考えられますね!

考えすぎかもしれませんが、考えすぎてもそれを大きく超えてくる尾田栄一郎先生の発想力には驚かされてばかりです!

 

「JOY=快」「BOY=童」からカイドウとの接点も見える

ワノ国編にて、ルフィと戦闘を繰り広げたカイドウ。

すでにカイドウは敗れ、彼がジョイボーイでないことは明らかになりました。

しかし、このカイドウとジョイボーイにも共通点が存在します。

 

これまでジョイボーイは巨人族、それも古代巨人族だったのではないかと考察してきました。

古代巨人族だったオーズの子孫・リトルオーズJrは少し小柄になっていました。

この事から「カイドウ」も古代巨人族の末裔なのではないかと思われる点が存在します。

 

まず1つ目は「人間離れした巨体」という点です。

巨人族にしては小柄すぎますが、人間の大きさからすれば、大きすぎるほどの巨体でしたよね。

これは、リトルオーズJrの様に古代巨人族の血が薄れていき、人間に近くなっていると考えれば納得できます。

娘であるヤマトは人間の血が濃く、ルフィ達と変わらない背丈をしていると考えられますよね!

 

2つ目は「特徴的な角」がある点です。

まず、人間で角が生えている人物はこれまで登場していません。

そして、このカイドウの角はオーズやリトルオーズJrと似ています。 

悪魔の実の影響で生えてきたとも考えられますが、娘のヤマトにも角が生えている点から、生まれた時からあるのではないでしょうか?

 

最後3つ目は「名前」です。

カイドウを漢字に直すと「快童」と書くことができます。

この「快童」を英語に直すと「JOYBOY快童」となる事と、カイドウもジョイボーイの存在を知っている事から、2人の関係性は色濃いでしょう。

 

ワノ国編が終了し、終章にてカイドウとジョイボーイの関係について語られるのを楽しみに待ちましょう!

 

【ワンピース】ジョイボーイの正体についてまとめ

 

まとめ

ジョイボーイの古代巨人族説について

  • ジョイボーイはDの一族で巨人族という説がある
  • マリージョアには国宝の巨大な麦わら帽子がある
  • 魚人島には規格外の大きさの「方舟ノア」が存在した
  • マリージョアの大きさも巨人族サイズ
  • 青キジに氷漬けにされた「ハグワール・D・サウロ」も巨人族だった
  • 主人公・ルフィの技「ギア3」も部分的に巨人化ができる
  • 「JOY=快」「BOY=童」からカイドウとの接点も見える

 

以上、ジョイボーイの巨人族説についてでした!

色々な考察をしてきましたが、巨人族もしくは古代巨人族である可能性は大いに有ると考えます。

まだまだ詳細は分かっていないので、確信にまで至りませんが、カイドウはジョイボーイに関してのキーマンになる事は間違いないです。

 

 

ワンピース マンガ情報

最新刊「103巻」が発売中です!(2022年8月時点)

アニメでは見れないシーン・・・・・・・・・・・・なので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得情報を見る

 

 

✓こちらの記事も読まれています