チョッパーの懸賞金が低い理由は?なぜ安いのか考察

公開日: 2022年7月21日 | 最終更新日: 2022年8月3日

 

ついに、単行本の巻数が「100巻」を超えた【ワンピース】。

原作の方でも四皇の一角、カイドウとビッグマムを堕とすことに成功した、麦わら&キッドー&ローたち。

結果的に、シャンクス、黒ひげ、バギーと共に、ルフィも四皇として君臨することになりましたね!

 

もう麦わらの一味は、ただの海賊団ではなく世界に名を轟かせるほどの影響力があります。

しかしそんな中、懸賞金がおかしいキャラが1人だけいます。

それは、わたあめ大好き「チョッパー」です!

 

こんなにも強い海賊団にいるにも関わらず、なぜ極端に懸賞金が低いのか?

今回は、チョッパーの懸賞金について考察していきます↓↓

この記事を見て分かること
  • チョッパーの懸賞金が低い理由の考察

チョッパーの懸賞金が低い理由は?

 

冒頭では、チョッパーの懸賞金について触れました。

現在、チョッパーの懸賞金は100ベリーと異常なほどに低くなっています。

※2022年8月時点

 

これは、海賊としてあまりにも低すぎる絶対です。

なぜ、ここまで安いのか?

早速ですが、考察していきたいと思います↓↓

 

チョッパーの懸賞金は現在「100ベリー」

先ほども触れましたが、チョッパーの懸賞金は最新情報で「100ベリー」となっています。

1ベリーが現実の何円かは分からないので、ワンピース世界で高いか低いかは分かりませんが、この低さは異常です。

おそらく「1ベリー=1円」でしょう。笑

 

麦わらの一味がいるのは、新世界です。

新世界と言えば、少なくとも5000万ベリーや億越えが常識レベルの海賊たちが集まっています。

四皇の幹部ならば5億〜10億ベリー。

四皇であれば40億ベリー前後が相場です。

 

実際、ルフィも四皇入りをした時には30億という値が付けられました。(キッド、ローも同額)

30億の懸賞金がかかった船長の一味にも関わらず、どうしてチョッパーだけ「100ベリー」なのか。。

 

麦わらの一味の中でもダントツで「1番低い」

それに、チョッパーは麦わらの一味の中でもダントツで懸賞金が低いです。

麦わらの一味の懸賞金
  1. ルフィ→30億

  2. ジンベエ→4億3800万

  3. サンジ→3億3000万

  4. ゾロ→3億2000万

  5. ウソップ→2億

  6. ロビン→1億3000万

  7. フランキー→9400万

  8. ブルック→8300万

  9. ナミ→6600万

  10. チョッパー→100

※ワノ国編が終了し、まだ未公表ながら仲間たちも間違いなく懸賞金が上がると予想

 

こんな風になって来ると、チョッパーの額は極端すぎるぐらい低いのが分かりますね。

 

 

元々最初は懸賞金すら付いていなかった

さらに、チョッパーは初登場時から懸賞金はついていませんでした。

ヒトヒトの実を食べた後は、人間から怪物扱いされますが、ただの能力者なだけで海賊ではなかったので当然かと思います。

 

その後、チョッパーはルフィ達の仲間になり、海賊として活動するも懸賞金はつきません。

当時はルフィの3000万ベリーが最高で、他の仲間たちもチョッパーと同じで懸賞金はナシでした。

 

さらに、アラバスタでクロコダイル率いるバロックワークスとの戦いに勝利した際も、懸賞金はついていません。

この理由として、王国の危機を「海賊が救った」という事実を政府が隠蔽したかったからです。

代わりにクロコダイルを倒したルフィに1億ベリー、ダズ・ボーネスことMr.1を倒したゾロに6000万ベリーの懸賞金がつき、7900万ベリーのニコ・ロビンが加入します。

それ以外のメンバーは、懸賞金はつきませんでした。

 

ようやく、その後のエニエスロビー後に懸賞金がつく事になります。

チョッパーの初となる懸賞金の額は「50ベリー」となりました。

この一件で、一味の名前が売れだすと仲間たちはそれぞれ懸賞金が付けられます↓↓

麦わらの一味の懸賞金

ルフィ→3億
ゾロ→1億2000万
ロビン→8000万
サンジ→7700万
フランキー→4400万
ウソップ(そげキング)→3000万
ナミ→1600万
チョッパー→50

 

チョッパーもアラバスタではMr.4&ミス・メリークリスマスのペアにウソップと勝利したり、ランブルボールの暴走でしたがCP9クマドリと言った強敵とも戦い勝ち抜いています。

それでも、なぜかチョッパーだけは「50ベリー」という格安の懸賞金でした。

 

さすがのチョッパーもこれにはショックを受けていました。(手配書の顔が変だったサンジ、賞金首になってしまったナミと一緒に)

不満はあったようで、改めてルフィに物申したりもしました。笑

 

最新のワノ国編でようやく「100ベリー」となる

それからは、しばらくの間ずっと50ベリーのままでした。

しかし戦歴としては、この間も強敵相手と戦ってきています。

ただ、ルフィの懸賞金が4億ベリーになるだけで、それ以外に変化はありませんでした。

 

そして2年後、魚人島に行き、新世界に到着してパンクハザード、ドレスローザ、ホールケーキアイランド、ワノ国へと行きます。

そして、ルフィがドレスローザでドフラミンゴを撃破。

それによって仲間たちの懸賞金も上がり、チョッパーは「100ベリー」となりました。

 

他の面々は大幅に繰り上がったのに、チョッパーだけはたったの50ベリーしか上がっていません。

ホールケーキアイランドでも活躍したにも関わらず、ルフィとサンジの懸賞金が上がっただけでした。

 

チョッパーの懸賞金が安い理由は「ペット」扱いをされていたから

なぜ、チョッパーの懸賞金が低いのか?

その理由は簡単です。

なんと、チョッパーは海軍から「ペット」として扱われていたからです。

 

ルフィたちより強敵を撃破していないと言うのも理由の1つですが、大半の理由はペット扱いされてきたからでしょう。

なので、50ベリーの懸賞金をかけられた際、異名も「わたあめ大好きチョッパー」でした。

可愛い見た目ですし小動物のようなので、確かに致し方ない部分もあります。

 

一気に跳ね上がる伏線だという説もある

しかし、裏を返せば懸賞金が一気に跳ね上がる可能性も十分にあります。

現在、ルフィたちは鬼ヶ島でカイドウを倒しました。

そこでは、チョッパーはクイーンが作ったウイルスに対する抗体を生み出す事に成功。

それに、怪物形態になってクイーン相手に戦ったりもしました。

 

この戦いは、密かにCP0(サイファーポールイージスゼロ)も監視しています。

彼らはクイーンが「MADS」という研究チームに所属していた事は知っている筈です。

彼が恐ろしいウイルスを生み出す優れた研究者だと言う事も知っている筈なので、そのウイルスの抗体を仲間の協力もあって急いで製造したチョッパーを怖く感じるのは自然なことではないでしょうか?

 

それに、怪物形態での暴れぶりも見ている事から、ただのペットだとは思わない筈です。

ここから、チョッパーの100ベリーから「○○億」という具合に跳ね上がる可能性が示唆されています。

 

【ワンピース】チョッパーの懸賞金についてまとめ

 

 

まとめ
  • チョッパーの懸賞金は現在「100ベリー」
  • 麦わらの一味の中でもダントツで「1番低い」
  • 元々最初は懸賞金すら付いていなかった
  • 最新のワノ国編でようやく「100ベリー」となる
  • チョッパーの懸賞金が安い理由は「ペット」扱いをされていたから
  • 一気に跳ね上がる伏線だという説もある

 

以上、チョッパーの懸賞金が低い理由についてでした!

しかしペットだとは言え、余りにも低すぎだなと感じましたね。。

情報統一されている政府ですら、まだチョッパーの立ち位置や正体を知らないのも不思議です。笑

次に、ルフィを除く麦わらの一味たちの懸賞金が発表されれば、さすがにかなりの額がつくのではないかなと思います^ ^

 

 

ワンピース マンガ情報

最新刊「103巻」が発売中です!(2022年8月時点)

アニメでは見れないシーン・・・・・・・・・・・・なので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得情報を見る

 

 

✓こちらの記事も読まれています