【Dr.STONE】石神村の御前試合でマグマvs金狼やクロムとの結果は?手下のマントルとの関係も解説

アニメ「Dr.STONE」で、石神村では代々「御前試合」が開催されてきました!

村では1人の“巫女を女神”のように崇めていました。

そして、村の掟では御前試合に“優勝した猛者が、その巫女と結婚することができる”というルールがありました!

しかし、中にはただ武を競い合うだけでなく“不純な動機”で優勝したがる輩もいました。

それは、村で1,2番を争うほどの“豪傑の男・マグマ”です!

 

今回は、アニメ「Dr.STONE」の中で“石神村の御前試合”“マグマvs金狼、クロム”との“結果”は?“手下のマントルとの関係”についても解説していきます!

 

 

石神村の御前試合でマグマの結果は敗北

 

石神村での御前試合で、マグマは結果的に“敗北”しました!

優勝候補だったので、主人公・千空からは警戒されていましたが、“周囲からはかなり期待”されていました!

なのに、なぜ負けたのでしょうか?

以下、解説していきます↓↓

 

御前試合ではマグマが金狼に卑怯な手を使い”勝利”

 

まず、マグマvs金狼の試合ですが、“序盤からマグマが優勢”に立っていました!

どちらも武力はかなり高かったのですが、“金狼は視力が悪いぼやぼや病(近視)”だったため、使用武器の槍の間合いがつかめずにいました。

しかし、金狼は試合の途中で同じくぼやぼや病である“スイカから被り物”を託されると、一気に“形勢逆転”します!

なぜなら、千空はスイカの目が見えるようにそのスイカの被り物に“メガネを装備”していたからです!

 

槍の間合いがつかめるようになった金狼は、圧倒的強さで“マグマをダウン”まで追い込みます!

金狼がマグマに“勝てない理由は目の悪さ”が原因で、それを克服さえすれば“武力自体は金狼の方が上”だったのです!

 

しかし、勝利の宣言をされる前にマグマは“卑怯な手”を使い、背後から金狼の頭を殴り勝利しました!

かなり卑劣でしたが、まだ決着がついていなかったため審判もやむを得ず、マグマの勝利を宣言しました!

 

マグマがクロムに敗北する結果に

マグマが卑劣な手を使い、金狼に勝利した次は“クロム”との試合です。

クロムは武力よりも“知力派”のため初めから結果は見えていました!

マグマも金狼から受けたダメージは残っていたとはいえ、クロム程度であれば余裕で勝てる相手でした!

 

クロムはマグマにぼこぼこにやられましたが、諦めず先の戦いで“金狼が使用したスイカの被り物”を槍ですくいマグマに向け動かなくなりました。

クロムの作戦は“メガネを日光越しにあてることでマグマの衣類を燃やそうとした”のです!

しかし、マグマもじっと待ってくれる訳ではありません!

 

すると、ここで予想外の客人が登場します!

少し前に、夜襲をかけ殺したはず(と思っていた)の“あさぎりゲン”でした。

 

かなり同様したマグマに対してゲンは、ハッタリで1分しかもたない“1歩でも動いたら心臓が爆発する妖術”をかけ、マグマをその場に留まらせることに成功します!

クロムとゲンのコンビネーションにより、マグマの衣類は燃えてその隙をつき“クロムはマグマを海に突き落とします”

 

クロムの“予想外の勝利”に歓声が沸きましたね!

 

 

マグマの手下・マントルとの関係について

 

マグマは普段から“マントル”という男と行動をともにしています。

マントルは“マグマの手下的な存在”で、マントルの言うことは何でも聞きます!

 

では、このボスと手下のようなマグマ・マントルのコンビの“主従関係”について説明していきます!

 

マントルは自分にメリットがなくてもマグマに献身的

マグマが“唯一敵わない相手がコハク”でした。

御前試合でも、コハクとあたれば高確率で自分が負けることを知っていました。

 

そこで、マントルは“スイカを拉致”して木にロープで縛り付け身動きが取れない状態にしました!

その後、試合会場へ戻り嘘で“コハクを煽り、スイカを捜索”させました!

 

そうすることで、コハクが戻らない場合“不戦勝”となり“マグマの敵がいなくなる”からです!

それがマグマの指示なのか、マントル個人の判断かは分かりませんが、犯罪にも手を染めます!

上記でも説明しましたが、マグマの“あさぎりゲン殺人未遂事件”の時にもマントルは共犯として側にいました。

 

しかし、マントルの策略も虚しく、コハクが猛スピードで試合会場に戻ってきていました。

それを見たマグマは焦り、クロムとの試合中だった“マントルにギブアップするように指示”を出し、マントルも即降参していました。

その結果、コハクがタッチの差で会場に戻れずに不戦勝となりました!

 

それぐらいマントルはマグマに対して過度に献身的です!

ちなみに、マグマvs金狼の試合中もマントルは、“外野から石を投げて金狼の動きを妨害”しようとしていました。

 

“恐怖心”なのか、“崇拝”しているのか分かりませんが、マントルのマグマに対する持ち上げぶりは容赦ないです!

 

アニメ「Dr.STONE」についてまとめ

 

アニメ「Dr.STONE」の中で“石神村の御前試合”“マグマvs金狼、クロム”との“結果”は?“手下のマントルとの関係”についても解説してきました!

 

まとめ

〇石神村の御前試合で、「マグマvs金狼」は卑劣な手を使い“マグマの勝利”

〇次のマグマの御前試合「vsクロム」では、あさぎりゲンの登場もあり不意をつかれ“マグマが敗北”

〇マグマと、手下・マントルとの関係は“絶対的な主従関係”

 

マグマは初めこそ、“卑怯で汚いキャラ”としての登場でしたが話が進むにつれて良い方向へ向かっていっているような気がします!

マントルとの関係を見ていると、“某アニメの「ジャイ〇ンとスネ〇」”を見ているような錯覚になりました!

 

“マグマ・マントル”コンビの卑怯極まりない姿を「見たい!」という方は「ドクターストーン」をぜひ見てみて下さい!

✔ チェック

まずは、「無料で1話から」と考えている方は、こちらから見ることができます↓↓

【Dr.STONE/ドクターストーン】アニメ動画を見逃しても1期全24話を無料視聴する方法を解説

 

合わせて読みたい>>>>>

【ドクターストーン】始祖6人の遺伝子が強い子孫は誰?石神村での繁栄方法ついて考察

Dr.STONEのタイトルの意味は?千空が司に殺されたのに死亡せず復活した理由から解説

ドクターストーンはなぜ人気がないし売れない?その理由に鬼滅の刃が関係しているのか考察

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です