【ドクターストーン】クラレ先生の本名や名前の由来は?学歴や経歴についても

みなさんは、「ドクターストーン」というアニメをご存知でしょうか?

現代を生きる人間が、謎の光を浴びて“全員が石化”してしまい、目覚めた時には数千年の時を経て原始時代の状態へと変貌を遂げているという始まりです!

それを主人公の“石神千空”が科学の力を使い、“全員の石化を解除”して生活レベルを旧現代の状態にまで戻すこと、さらに“石化した原因を突き止める”ことを目的としたストーリーです!

「ドクターストーン」では科学の知識がふんだんに取り入れられており、その監修を行っている人物が“クラレ先生”です!

 

今回は、“クラレ先生”“本名”“名前の由来”“学歴や経歴”についてお話していきたいと思います!

 

クラレ先生の本名は?

クラレ先生はお面をつけて顔を隠していたりと未だに謎が多い方ですが、そういえば本名を知らなかったりします。

むしろ、公表しているのかも分からないので調べてみました↓↓

 

クラレ先生の本名で有力なのは”中川基”

クラレ先生は数多くの“ニックネーム、呼び名”を持つ方でどれも本名とは程遠いような“通り名”ばかりです!

◯ドクターくられ

◯くられ

◯ヘルドクターくられ

◯KuRaRe

◯逆夜れらく

◯中川基(なかがわはじめ)

 

他にも、カラバル、リコリス、マチンというペンネームの候補もあったそうです!

数々のペンネームをお持ちのクラレ先生ですが、中でも1つ“中川基”という名前だけはどこか現実味があります!

ペンネームでここまでリアルな名前は付けないので、本名の可能性が高いと感じました!

 

 

 

さらに、ファンの方々の間でも“中川基=クラレ先生”という認識で正しいようなので、かなり有力な情報かと思われます!

 

クラレ先生の名前の由来

先ほどは、クラレ先生の本名についてお話しましたが、ここではクラレ先生の名前の由来について解説したいと思います!

ドクター、科学者のキャラ設定なので“先生”はイメージしやすいですが、“クラレ”とは一体何なのでしょうか?

 

クラレの名前の由来は南米の矢毒「クラーレ」

クラレ先生の名前に使用される”クラレ”は、昔の南米で使用されていた矢毒「クラーレ」が由来だと分かりました!

正確には、その毒の原料となるフジウツギ科の植物が根本にあるそうです↓↓

 

当時、南米では毒を精製するためにこのフジウツギ科の数種類の植物を使用していたらしく、戦時に”吹き矢”や”槍”など矢の先端に塗れば、毒を受けた人は麻痺した後死亡するという恐るべき効果があったそうです。

参考資料:ウィキペディア

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/クラーレ

そして、クラレ先生は“自称・危ない化学大好き”ということで、“毒物”に関する興味や知識が卓越している方なので、この猛毒「クラーレ」“名前の由来”にした理由も分かる気がします!

何か惹かれるところがあったのでしょうね!

 

クラレ先生の学歴

クラレ先生は科学に通じていて非常に博識とのことですが、「どこか有名な大学などを卒業したのか?」など疑問に感じましたので、以下、お話していきます!

 

クラレ先生は理系大学へ進学

クラレ先生の学歴について調べてみましたが、“医大に不合格した”ことと、“理系の大学に進学した”という情報以外ありませんでした!

もともと、“生理学に関心があったそうで殺虫剤で虫が死ぬ原理について興味を持ったことが始まり”だったそうです!

その後、理科・化学・科学などの理系を専攻して研究に没頭したそうです!

 

しかし、勉強熱心なクラレ先生なので、どちらも偏差値の高い学校だったのでしょうね!

 

 

クラレ先生の経歴

クラレ先生は、今でこそ“YouTubeでゲーム実況動画”“ラジオ”をしたり、“講演活動”をしたりしていますが始まりはどのような仕事をしていたのでしょうか?

以下、お話していきます↓↓

 

化学実験、雑誌連載、書籍執筆、YouTuber、講演、科学監修など活動は多岐にわたる

見出しの通りですが、クラレ先生の経歴は幅広いジャンルで活動されています!

活動初期には、「データベース」という出版社で編集の仕事をしており、その“内容が過激”でその雑誌を参考にして爆弾事件の犯人が犯罪を犯すなどして“編集長をクビ”になったり、コンピュータ系の記事を取り上げるあまり“ハッカーやクラッカー”として勘違いされることも多かったようです!

 

その後は、“爆笑秘密結社・薬理凶室(やくりきょうしつ)”という“団体のリーダー”として活動し、「図解アリエナイ理科ノ教科書」(略して”ア理科”)シリーズを執筆して人気を得ています!

生物や化学などにジャンルを絞り少し変わった視点(自称・危ない化学)で研究などを行ない、その内容をメディアや書籍で世に広める活動をしています!

例えば、“猫じゃらしでラーメン”を作ったり、“パクチーからコーラ”を作ったりしています!

 

 

このような面白い化学の実験などの動画も多く、YouTubeの再生回数も数万、数十万回再生されるなど人気を博していている一面もあります!

 

クラレ先生は少しずつメディアへの露出が増えてきているので、今後テレビで見る機会も多くなるかもしれませんね!

 

クラレ先生の著書など出版本をご紹介

 

クラレ先生は、科学についての“著書”をいくつか出版しています!

ここでは、クラレ先生の“出版本”をご紹介します!

 

活動初期

『コンピュータ悪のマニュアル』(データハウス)1998.2.(H&Cクラブ:KuRaRe名義)

『危ない28号』全5巻(データハウス)1998.7.~1999.11.(第1~4巻ではKuRaRe名義で編集長を務める)

ア理科(系)シリーズ

『図解 アリエナイ理科ノ教科書(現在は改訂版)』(三才ムック Vol.87)2004.3.

『図解 アリエナイ理科ノ教科書IIB』(三才ムック Vol.128)2006.7.

『図解 アリエナイ理科ノ教科書IIIC』(三才ムック Vol.245)2009.7.

『図解 アリエナイ理科ノ工作』(三才ムック Vol.166) 2007.8. (編集と協力のみ)

『図解 アリエナイ理科ノ実験室』(三才ムック Vol.360) 2011.7.

『図解 アリエナイ理科ノ実験室2』(三才ムック Vol.818)2015.8.

『新版 アリエナイ理科 ―オトナのための最も刺激的な理科の教科書』(三才ムック Vol.483) 2012.4.

『図解 エクストリーム工作ノ教科書』(三才ムック Vol.629) 2013.7.(編集と協力のみ)

『アリエナイ理科別冊 悪魔が教える願いが叶う毒と薬』(三才ブックス)2016.3.

『アリエナクナイ科学ノ教科書 ―空想設定を読み解く31講』(ソシム)2017.3.

『アリエナイ理科ノ大事典』(三才ブックス) 2018.2.

『アリエナイ理科ノ大事典II』(三才ブックス) 2018.12.

その他

『水生昆虫完全飼育・繁殖マニュアル』(データハウス)2000.6.(全編集)※日本図書協会推薦図書に指定

『もえたん』(三才ブックス) 2004.1.(例文製作、単語選出等)

『デッドリーダイエット』(三才ブックス) 2005.9.

『「ニセモノ食品」作り最前線』(別冊宝島1519 食品のカラクリ11) 2008.9.

『ニセモノ食品の正体 ―「食品表示ラベル」に隠されたトリック』(別冊宝島1917 ノンフィクション) 2012.11.(中川 基 名義)

『ニセモノ食品の正体と見分け方』(宝島SUGOI文庫) 2014.1.9.(中川 基 名義)

『薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 よく効く! 得する! 市販薬早わかりガイド』(ディスカヴァー・トゥエンティワン) 2014.7.17(中川 基 名義)

『本当にコワい? 食べものの正体』(すばる舎リンケージ) 2014.10.(中川 基 名義)

『魅了する 科学実験』(すばる舎リンケージ) 2015.8.(中川 基 名義)

『魅了する 科学実験2』(すばる舎リンケージ) 2018.5.(中川 基 名義)

『毒物ずかん ―キュートであぶない毒キャラの世界へ』(化学同人) 2018.6.(くられ 名義)

『MacJack』(毎日コミュニケーション, 1折りほどを数回編集)

参考資料:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%AC#%E4%B8%BB%E3%81%AA%E7%B7%A8%E8%91%97%E6%9B%B8

 

以上の中でも、「危ない28号」はかなりスリリングな内容となっていました!

“ハッキング、兵器、安楽死、ドラッグ”など、実行すれば犯罪者になってしまいそうな情報が満載の雑誌であり、18都道府県で“有害図書”指定されたこともありました!

さらに、そこに記載されている内容を参考に爆発物を作り、犯人が一連の爆弾事件を引き起こす事案があり廃刊という結果になりました。

 

しかし、その後は別の科学の内容の著書を出版し人気を得ています!

〇「アリエナイ理科ノ大辞典」

〇「アリエナクナイ科学ノ教科書」

〇「ヘルドクターくられの動画を100億倍楽しむ本」

など、ファンからの人気が高いです!

※あくまでも、数ある著書の中の1部です

 

 

 

以上が、クラレ先生の“代表的な著書一覧”でした!

過去には様々なジャンルで危ない内容の本もありましたが、現在は“科学”についての著書がほとんどで、それも楽しんで理解できる内容

なので読者に受け入れられています!

 

クラレ先生には数々の経歴があり、その活動の幅が非常に広いですね!

アニメ「ドクターストーン」の科学監修を行なったことで、今後はこれまで以上に“メディアへの露出が増えてどんどん認知”されていくような気がします!

 

「ドクターストーン」クラレ先生についてまとめ

 

“クラレ先生”“本名”“名前の由来”“学歴や経歴”についてお話していきたいと思います!

 

まとめ

◯「ドクターストーン」科学監修クラレ先生の本名は“中川基”説が濃厚

◯クラレ先生の名前の由来は、南米で使用されていた矢毒「クラーレ」

〇クラレ先生の学歴は、“医大に不合格”“理系の大学に進学”という2点のみ情報有り

〇クラレ先生の経歴は、“化学実験、雑誌連載、書籍執筆、YouTuber、講演、科学監修”など活動は多岐にわたる

〇クラレ先生には多くの著書があり、過去に出版した本の中には有害図書に認定される“危ない内容”のものもあったが、現在は“科学の内容で広く読者に人気を得ている”

 

以上が、クラレ先生についての情報でした!

 

クラレ先生についての他の記事はこちらです>>>>>

【ドクターストーン】科学監修クラレ先生の正体は何者?お面の下の素顔について考察!

【ドクターストーン】クラレ先生の誕生日や年齢は?性格は可愛いけどあざといとツイッターで話題に!

 

しかし、まだまだ謎が多い人物で今後メディアへの露出が増えた際のプロフィールなどから、より深く理解できるのではないかと考えています!

そんなクラレ先生が科学監修を務める人気アニメ「ドクターストーン」を気になった方は、ぜひ見てみて下さい!

【Dr.STONE/ドクターストーン】アニメ動画を見逃しても1期全24話を無料視聴する方法を解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です