ドクターストーンのほむらは裏切って仲間になる?味方になるのか解説

公開日: 2021年2月24日 | 最終更新日: 2022年7月9日

 

ドクターストーン】のアニメ第2期では、ついに科学王国と司帝国のストーンウォーが開戦します!

千空せんくうが村長として認められた直後、司帝国からやってきた氷月一行によって、その火蓋が切って落とされました。

開戦当初は、千空の発明とゲンの策略によって序盤こそ有利に進められます。

 

しかし、この状況を一気に逆転させる人物が登場します。

それこそ氷月に絶対的な信頼をよせる少女「紅葉もみじほむら」です。

彼女は、湖の中にある石神村へ正面の橋ではなく、別方向から泳いで潜入し、村の家々に火を放ち”内部から大混乱”へと陥れます。

体操選手だったほむらは、捕らえようと襲いかかる村人を華麗な動きで次々とかわしていきました。

 

司帝国は、身体能力の高い人物を優先的に復活させているので、ほむらも例外ではありません。

そんなほむらですが、味方になるという話が出ています。

司帝国を裏切るのでしょうか?

 

今回は【ドクターストーン】の、紅葉ほむらについてお話します↓↓

★この記事を見ることで、ほむらが裏切って科学王国の「仲間」になるのかどうかが分かります!

 

ドクターストーンのほむらは裏切って仲間になる?

 

科学を武器とするストーンワールド住人の石神村と、肉体の強さが武器の現代人で作られた司帝国。

この逆転した状態が、ストーンウォーの戦いなのだと強烈に読者に印象づけるシーンでした。

その後、戦いは中断し、ほむらは石神村を監視するため、周囲の森に残りました。

 

この任務は、秋から冬の終わりまで、ほぼ1人で続けていく過酷なものです。

しかし、寒さと孤独と監視の退屈さで、常人なら音を上げてしまう所、ほむらはひたすら忠実に与えられた任務を続けます。

彼女もまた、超人的な精神の持ち主なのでしょう。

 

そんな忠実なほむらが、果たして裏切ることがあるのでしょうか?

以下、解説します↓↓

 

ほむらは裏切ってはないがわたあめには弱かった

 

科学王国勝利のために、重要アイテムである「携帯電話」の作製に取り掛かる石神村のメンバーたち。

最初の作業は、わたあめづくりでした。

その試作の中で出来た「わたあめ」を、ほむらが潜んでいると思われる場所へと設置します。

千空いわく「甘味の誘惑で寝返らせるため」です。

 

わたあめを手にしたほむらは、最初こそ毒を疑いました。

ただ、過去に氷月が言っていた「甘い連中」という言葉を思い出し、疑うことを止めわたあめを口にします。

なんと「これでほむらが簡単に寝返る」ということはさすがにありませんでした。

しかし、もはや味わえないと思っていた甘味を口にできて、彼女はどのような心境だったのでしょうか。

勝手なイメージですが、かつての現実の日々を思い出していたのではないかと感じます。

 

ほむらは対科学王国への工作員だったが1回捕まったことがある

上記のストーリーの続きですが、千空は携帯電話を完成させ、それを活かす作戦も練り上げました。

作戦を遂行するためには、携帯電話を司帝国へ運ぶ必要があります。

しかし、ここで監視役のほむら“最初の難関”として立ちはだかりました。

 

千空は、音爆弾でほむらの注意をひきつけ、その間にできるだけ運搬隊の距離を稼ぐという作戦を立てます。

作戦は見事成功し、ほむらの姿も見つけられましたが、捕らえることはできませんでした。

※原因は、千空のミジンコパワーのせいです

 

このとき、ほむらは集まった村人の中に「ゲン・クロム・マグマ」の3人だけがいないことを瞬時に見抜き、彼らが司帝国へと移動していることを察知。

すぐさま、追跡に切り替えます。

驚くべき洞察力+観察眼です。

 

そして追跡の末、3人を発見したほむら。

その時、運んでいるものが携帯電話だと知り、さすがの冷静なほむらも”焦りと驚き“を顔に出します。

まさか、このストーンワールドで携帯電話を開発するとは、想定できなかったのでしょう。

 

あまりに危険すぎる代物なので、即破壊すべく行動に移しますが、これこそがゲンと千空の罠でした。

2人は遠隔で連絡を取り合い、ほむらを挟み撃ちにするための陣形を取っていたのです。

結果、登っていた木を根本から折られ、ほむらはコハクに確保されます。

木から落ちる瞬間その落差に死を覚悟したほむらですが、その状況が命を助けられる形にもなったので、さすがに敗北を認めたのでしょう。

そうして、おとなしく石神村へと連行されていきました。

 

 

最終的に氷月と共に科学王国の味方となる

氷月を超絶リスペクトしている」と、言われるほむら。

結論を言えば、科学王国の一員として加わるのは千空がアメリカ大陸へと渡る船の中です。

これは、司帝国との戦い(ストーンウォーズ)から、1年以上経ったときでした。

 

このとき、前の戦いである「宝島」で石化していましたが、氷月が科学王国に味方する条件として石化復活液を要求し、船上で復活をとげます。

ほむらが氷月を信頼しているように、氷月もまた彼女に信頼を置いていることがわかります。

このとき、ほむらがどんなリアクションをしたのかは描かれていませんが・・

やはり嬉しかったのでしょうか!?

もしかしたら、ほむらの中で「氷月は自分を必ず復活させてくれる」と疑わず、意識を保っていたのかもしれませんね。

 

戦争終結後に硝酸の洞窟を爆破したときにも捕縛された

ほむらがわたがし事件によって捕らえられている間に、戦争は科学王国の無血勝利で終わります。

牢屋にいたほむらは、ここで氷月から伝えられていた「真の任務」を開始します。

それは、硝酸の取れる奇跡の「洞窟の爆破」でした。

ダイナマイトを盗み出し、鮮やかに爆発させる様は、さながら特殊工作員といった所です!

 

氷月も同じく行動を起こしますが、千空と司のタッグに破れ、野望は潰えてしまいます。

近くで見ていたほむらも駆けつけた仲間によって、再び捕縛されてしまうのでした。

 

【Dr.STONE】紅葉ほむらについてまとめ

 

まとめ

●ほむらは裏切ってはないが、わたあめには弱かった

●ほむらは、対科学王国への工作員だったが1回捕まったことがある

●最終的に、氷月と共に科学王国の味方となる

●戦争終結後に、硝酸の洞窟を爆破したとき、再び捕縛された

 

以上、紅葉ほむらについてでした!

ポーカーフェイスで「潜入・破壊工作・監視」を行う、特殊工作員な少女。

 

現在は氷月と離れ、北米のコーンシティで暮らしています。

そこでは1度だけ、川に沈んでいた化石装置「メデューサ」を回収する様子が描かれました。

紳士協定によって誕生したコーンシティですが、水面下で様々な動きがあります。

今後、事態が大きく動くことになり、ゼノ科学王国の面々との戦いになれば、彼女の活躍をまた見ることができるかもしれません^ ^

 

 

ドクスト アニメ情報

\ドクストのアニメが見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

第3期「龍水」も配信中です!

アニメのお得な情報を見る

 

 

\漫画の最終巻「26巻」で完結/

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る

 

 

✓こちらの記事も読まれています