盾の勇者で尚文の仲間になるキャラ一覧まとめ!味方は誰なのか?

2022年4月から第2クールが放送される「盾の勇者の成り上がり」。

この物語には、数えきれないほどの登場人物がいます。

敵キャラや味方キャラなど、誰が誰か分からなくなることもあるでしょう!

 

その中でも、今回は主人公「盾の勇者」である“岩谷尚文”の仲間となる人物たちを紹介していきます。

尚文の仲間といってもかなりのキャラの数ですので、簡単に解説していきますね!

この記事を見て分かること
  • 尚文の「仲間たち」の一覧まとめ
  • パーティメンバー以外の「味方キャラ

 

 

盾の勇者で仲間になるキャラ一覧まとめ!

 

尚文は召喚された後「盾の勇者」という理由で、王国全体から迫害を受けます。

これにより、人間不信に陥ってしまった尚文。

それが原因で、なかなか人と馴染めず、冷酷な振る舞いを取ってしまう事も多々ありました。

 

しかし、そんな尚文の深層部分の「優しさ」に触れ、慕ってくれる人物も少しずつですが出てきます。

そんな尚文を心から慕い、物語最後まで仲間として連れ添ってくれる人物たちを見ていきましょう!

 

ラフタリア

 

まずは、本作のメインヒロイン「ラフタリア」です!

尚文の仲間と言えば、このラフタリアではないでしょうか^ ^?

逆に言えば「盾の勇者の成り上がり」という作品は、尚文がラフタリアと出会うことがなければ物語は始まりませんでした。

それほど、大きな存在と言っても過言ではありません。

 

そんなラフタリアは、パーティのアタッカーです

陰魔法」を得意とし、幻影を作り出して相手を惑わせます。

その隙に、研ぎ澄まされた剣術で攻撃するという「魔法剣士」のスタイルです。

 

物語終盤では、四聖武器の眷属器「刀の勇者」にも選ばれ、さらに強くなりました。

最終的には尚文と結ばれ結婚し、正妻となっています!

 

ラフちゃん

 

続いて、本作品のペット枠「ラフちゃん」(たぬき)です!

仲間と呼んでいいのか分からないですが、尚文が心から可愛がれる大切な存在ですね!

ある経緯で、ラフタリアのクローンを作り出そうと研究していた尚文。

そんな尚文がラフタリアの髪の毛を使用して作り出したのが、この「ラフちゃん」でした。

 

尚文は本気でラフタリアのクローンを作り出そうとしたので、本物のラフタリアの事を「ニセモノー」と呼んだりもしていました。

ラフタリア自身は、あまりにも尚文がラフちゃんを可愛がるので苦手意識を持っているようですね…。

 

 

フィーロ

 

続いて、フィロリアルの女王「フィーロ」をご紹介します!

尚文が奴隷商から購入した「フィロリアルの卵」から生まれたフィロリアルです。

尚文と旅をしていく中で、どんどん成長していきます。

最終的には「フィロリアル・クイーン」となるまで成長を遂げました。

 

得意の「風魔法」や、強力な「かぎ爪」での攻撃はパーティ一の火力を誇ります。

物語終盤では、四聖武器の眷属器「爪の勇者」に選ばれて、一撃の破壊力は作中でもトップクラスまで強化されました!

 

メルティ=メルロマルク

 

続いては、フィーロの親友「メルティ=メルロマルク」です!

メルティは、メルロマルク王国継承権「第1位」という王女様でした。

 

しかし、義姉・マルティに裏切られ、メルロマルク国王に追い出されます。

しくも、尚文が人間不信となってしまったきっかけである「メルロマルク家」。

その「王位継承権」を握っているメルティは、初めは尚文とひどく反発していました。

 

ですが、尚文の困っている人を放っておけない性格や、本当の優しさに触れていき、徐々に心を開いていきます。

そして、尚文の現状に関して「非はメルロマルク側にある」と知ってからは、尚文に全面的に協力してくれました!

そんなメルティは「水魔法」の適正があり、戦闘面でも強力です。

 

最後には、メルティの気持ちに尚文が応える形で結婚しました。

ラフタリアが正妻なので、第2夫人と言った所でしょうか!

フィーロと仲良く接している所を見ると、まだまだ子供な部分を感じさせてくれますね^ ^

 

リーシア=アイヴィレッド

 

続いて、大器晩成型の超人「リーシア=アイヴィレッド」です。

リーシアは元々、弓の勇者・川澄樹のパーティに所属していました。

ですが、ある日「解雇」を言い渡されたのです。

その理由が、ただ「弱いから」。

 

大好きな樹から言われたショックを隠し切れず、身投げしていた所をフィーロに救出され、尚文のパーティに入ります。

なかなか伸びないステータスに悩みながらも「レベル71」を超えたあたりでリーシアは覚醒しました。

なんと、驚異的な速度でどんどんとステータスが上がっていくのです!

 

さらには「全属性の魔法適正」に加え、ありえないほどの「気を操る才能」が開花!

これにより、近接から回復までを担える「オールラウンダー」となります。

 

物語終盤では、四聖武器の眷属器「投擲具の勇者」に選ばれ、さらなる強さを手に入れたのです。

最後には、樹と両想いになり2人で旅をしています!

 

キール

 

続いて紹介するのは、自覚無しのみんなのアイドル「キール」です。

ラフタリアの幼馴染で親の教育や中性的な顔立ちから「自分は男だ」と信じ切っている亜人の1人です。

しかし、キールは「女の子」で、女物の服を着て行商に行くと売り上げNo.1になったりと隠れた才能も持っています。

 

そんな彼女は格好良くなりたいらしく、サディナに獣人化を教わり修得した際は「小型のシベリアンハスキー」の様な姿に変身します。

ですが、周りからは可愛がられる始末。

物語終盤では、鎌の眷属器の勇者に選ばれており、尚文たちの力になってくれています。

 

味方は誰なのか?

 

先ほどは、尚文のパーティメンバーをご紹介しました。

常に一緒にいる「仲間」たちはこのくらいでしょうか!

 

続いて、仲間とまでは言えませんが、心強い協力関係にある「味方」と呼べる人物たちを紹介していきます。

元は敵同士だったり、誤解が原因で協力できなかったりとそれぞれの苦難はありました。

ですが、物語終盤になるにつれ「味方」となってくれる人物は増えていきます。

そんな尚文たちをバックアップしてくれる「味方」は誰なのでしょうか?

 

天木錬

 

最初に紹介するのは、剣の勇者である「天木錬」です。

彼は最初、ゲーム感覚が抜け切らずに鍛錬を怠り、勇者特有の優秀なスキルだけで敵と戦っていました。

いわゆるパワープレイです…。

 

ですが、それに限界がきて敗北してしまいます。

それがきっかけで「カースシリーズ」を発現させてしまい、飲まれてしまいました。

そんな錬を助けたのが、尚文だったのです。

 

その後、錬は尚文の事を認めて協力関係となります。

剣術の鍛錬もし、元々あった剣才が開花し1対1でラフタリアよりも強くなるほど成長しました。

 

北村元康

 

続いては、槍の勇者である「北村元康」です。

元康は、仲間が尚文に襲われたという嘘を信じて、彼を敵視していました。

さらに女性に対して激甘で、奴隷だったラフタリアを助けようと尚文を攻撃したりしています。

 

また、物語終盤ではあることが原因で「フィロリアルしか愛せない」という状態に陥ります。

その元凶こそ、尚文の育てたフィロリアル「フィーロ」でした。

ネタ扱いされ、スピンオフ「槍の勇者のやり直し」の主役として活躍もしています。

 

そんな違う意味で大変な元康ですが、戦闘面ではかなり強いです。

近接攻撃」の攻撃に加え、中距離からの「槍投げ」の攻撃も可能となります。

 

火属性の魔法適正」もあり、槍と火属性の合わせ技は強力です!

そんな元康も、フィーロが大好きになってからは尚文のことを「お義父さん」と呼ぶなど、絶対服従を誓い協力関係になっていくのでした。

 

川澄樹

 

続いては、弓の勇者である「川澄樹」です!

樹は元の世界で異能力を発現しており、そのおかげで「ほぼ必中に近い命中率」を誇っていました。

しかし、その異能力のランクは低く、あまり評価されていませんでした。

この事がコンプレックスとなり、ゲームに熱中するようになります。

そんな時、弓の勇者として異世界に召喚されました。

 

樹は人一倍「正義感」が強く、王国の悪人を人知れず倒しています。

ただ、被害者側の言い分しか聞かなかったのが原因で、事態をより悪くした事もありました…。

さらに自己顕示欲も強かったため、味方を危機的状況に陥れてからの登場による「仲間のピンチに駆けつけた主人公」を演出したりもしています。

 

そんな樹は、ある日マルティに騙されコロシアムの賞金稼ぎをしていた時に、かつての仲間・リーシアと一騎打ちになりました。

先ほどもご紹介しましたが、その時に「弱いから」と捨てたリーシアに手も足も出ずに敗北します。

敗北しただけでも悔しいのに、追い打ちをかけるようにマルティに騙されて逃げられます。

その後、感情が崩壊しそうなところをリーシアに諭され「カースシリーズ」の呪いを尚文の村で静養していました。

 

樹の元々の異能力と弓の四聖武器はかなり相性が良く、これだけでもかなり強かったです。

また、樹は楽器の才能もあります。

そのおかげで、弓の権能を妨害された際は、一時的に「楽器の勇者」となっていました!

 

しかも、高度な異世界の音楽魔法を1度聞いただけで修得したり、多方面に長けた人物だったのです。

呪いが完全に解けた後は、リーシアと共に旅に出ています。

 

ミレニア=Q=メルロマルク

 

続いて、メルロマルク王国の女王「ミレニア=Q=メルロマルク」です。

世界中を旅しながら、王国に有益なものをもたらすように政治を行う凄腕女王様ですね!

それを現場で勉強させるべく、メルティを同行させていました。

王国に帰還してからは「盾の勇者への横暴」を国王に認めさせ、心から謝罪させるなど周囲も認める人格者です。

 

それからは「四聖勇者」へのバックアップを完璧に行い、戦闘においては軍勢を指揮し勝利へ導くなどの手腕を見せております。

その若い見た目から、10代後半の子供がいるとは思えないほどの美貌を保つ絶世の美女でもありますね!

尚文たちの強い味方となってくれた人物です。

 

フィトリア

 

続いては、最強のフィロリアル・クイーン「フィトリア」です。

フィトリアは、フィーロの前任の女王でした。

その正体は、かつての四聖勇者に育てられたフィロリアルでした。

今の尚文とフィーロの関係に似ていますよね!

 

育て親である当時の四聖勇者の望み「世界を護る事」を絶対使命とし、世界を襲う波と戦っていました。

その強さは「レベルが違う」としか言いようがありません。

尚文たちが全力で戦って退けている波を、フィトリアは単体で撃破しています。

 

ただ初めは、尚文を試すようなことを言っており認めようとはしていませんでした。

しかし、最終的には「味方」と判断。

共に波を退けるために戦ってくれました。

誰もが認める「強さランキング第1位」ですね!

 

グラス

 

続いて紹介するのは、美しすぎる和服美人「グラス」です。

初めは、波から来た「尚文達の世界を滅ぼそうとする敵」として登場しました。

黒の和服に綺麗な長髪で、まるで人形かの如く美しいグラス。

 

しかし、その強さは別格でした。

尚文以外の四聖勇者がこのグラスにあっさり敗北

さらに、尚文がやっとの思いで倒したソールイーターをも簡単に倒してしまうほどの実力者です!

 

実は、グラスは尚文達の世界を滅ぼすのが目的ではありませんでした。

自分達の世界を護る事を目的としていた「眷属器の勇者」だったのです。

そんなグラスの使用武器は「」。

和服と相まって、本当に美しい戦闘スタイルになっています。

 

敵対視していた尚文とは、最終的に和解して協力関係になりました。

経緯については、長くなってしまうのですが、決め手となったのは「グラスの親友“風山絆”を助けてくれた」という点でしょう。

この出来事を経て、完全に協力関係になっていったのでした。

 

ラルクベルク=シクール

 

続いては、みんなの兄貴分「ラルクベルク=シクール」です。

通称ラルクは、グラスとほぼ一緒に登場しました。

それもそのはずで、ラルクも自分達の世界を守る為に攻めて来た侵攻者だったのです。

ラルクも、尚文達とはレベルが違う実力者で「鎌の眷属器の勇者」でした。

 

ラルクがグラスと違うところは、人を見て判断している点です。

尚文と出会った時に、斬りかかる訳でもなく協力して敵を倒す場面もありました。

そして、彼も最終的には和解し、協力関係になっていますね。

彼の実力的にも一線を画しているので、強力すぎる味方となってくれていました!

 

テリス=アレキサンドライト

 

続いての紹介は、大人の女性代表「テリス=アレキサンドライト」です。

ラルクと一緒に登場したテリスは、額に宝石が埋め込まれているという特徴のある種族でした。

宝石やアクセサリーの声を聴くことができるという特有の能力を持ちます。

 

さらに、その宝石やアクセサリーから力を貰い、魔法を放つ独特な戦い方をします。

その能力は絶大な反面、様々な制限もあります。

代表的なものとして「宝石の質によって魔法の威力が変わる」というものですかね。

普通の細工師が作った代物では、そこまで高い威力はでません。

 

しかし、尚文のような名工が作った代物なら強力な攻撃ができます。

尚文でも防御しきれるか分からないぐらい、高威力の魔法をぷっぱなします。

 

そんな彼女も、ラルクと同じタイミングで協力関係となり、細工師の才能がある尚文を崇めてしまう始末。

ラルクの事をあしらっている場面など、大人の女性というものを感じさせてくれる人物となっております!

 

エスノバルト

続いては、迷宮古代図書館・館長である「エスノバルト」です。

元々は「船の眷属器」に選ばれた「船の勇者」でした。

ですが、眷属器を奪われてしまってからは「迷宮古代図書館・館長」として従事します。

この肩書きもあってか「本の眷属器」に選ばれ「本の勇者」となっていました。

 

シルディナ

続いて紹介するのが、風山絆たちの「四聖武器」の1つである札の勇者の「シルディナ」です。

シルディナは、勇者の中でも非常に珍しい人物です。

なんと、四聖武器自身がシルディナを選出し、勇者に任命しています。

 

また「銛の勇者」であるサディナの妹で、姉に似てかなりの豪酒キャラです!

それにしても姉妹揃って勇者に選ばれるって凄すぎますよね!

 

サディナ

最後に紹介するのは、基本的に全てが強い「サディ」です。

ラフタリアの両親とも過去に関係がある重要人物です。

ラフタリアからは「本当の姉」の様に慕われています。

 

その戦闘能力は凄まじく、何もない状態でも「銛の眷属器の勇者」と渡り合うほど。

その戦闘で銛の眷属器から認められ、物語終盤では「銛の勇者」として尚文達の力になってくれました。

ステータスが大幅に下げられた際も、そのギャップにすぐに対応して戦うなど器用な面もあります。

かなり酒に強く「豪酒キャラ」としても有名ですよね!

 

【盾の勇者の成り上がり】仲間キャラまとめ

 

まとめ

尚文パーティの仲間について

  • ラフタリア
  • ラフちゃん
  • フィーロ
  • メルティ=メルロマルク
  • リーシア=アイヴィレッド
  • キール

 

尚文の味方キャラについて

  • 天木錬
  • 北村元康
  • 川澄樹
  • ミレニア=Q=メルロマルク
  • フィトリア
  • グラス
  • ラルクベルク=シクール
  • テリス=アレキサンドライト
  • エスノバルト
  • シルディナ
  • サディナ

 

キャラクターの数が多く、まとめても長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

初めは尚文にかけられた冤罪が原因で、敵同士だった「四聖勇者」達もなんとか和解し、協力してくれています。

 

また、尚文には先見の明があるのか、仲間にした人物達はみんな相当な強さを持っていますよね!

しかし、まだまだ紹介できていない人物もいるかもしれません。

そのときは、教えていただけるとありがたいです^ ^

 

 

\盾の勇者のアニメ1期が見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

2ndシーズンも配信予定です!

アニメのお得な情報を見る

 

 

盾の勇者 マンガ情報

 

\漫画の最新刊「20巻」が発売中/

ラノベや外伝・スピンオフも楽しめる!

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る