ブリーチ零番隊のメンバーは弱いし死亡する?復活やその後についても

公開日: 2022年8月1日 | 最終更新日: 2022年8月1日

 

大人気漫画【ブリーチ】ですが、2022年10月より「千年血戦篇」のアニメが放送開始されます。

千年血戦篇には、新しく登場するキャラクターも多く濃い内容になっています。

中でも、護廷十三隊の隊長たちより格上の存在である「ぜろ番隊」の登場に興奮された読者も多かったのではないでしょうか^ ^?

 

零番隊は、尸魂界の歴史において「重要なモノを作り出し、霊王に認められた者」のみが入隊することができる部隊です。

しかも、隊員はわずか「5名」しかおらず全員が隊長です。

護廷十三隊の隊長たちも零番隊には頭が上がらず、その様子からとてつもない強さと能力を持っているのではないかと思われました。

 

いかにも最強そうな零番隊ですが、今作では雑な扱いを受けているようです。

なんと、あれだけ強い雰囲気があった零番隊が「弱い」「死亡」など不穏な噂を耳にします。。

 

一体、彼らに何があったのでしょうか?

今回は、ブリーチの零番隊の死亡説やその後についてご紹介します↓↓

この記事を見て分かること
  • 零番隊が弱いについて
  • メンバーの死亡説について
  • その後、復活するのかどうか

零番隊のメンバーは弱いし死亡する?

 

冒頭で、零番隊が雑に扱われていることに触れました。

改めて、零番隊の評価はどうやら「弱い」「期待外れ」という声があるようです。

登場時は、相当な実力を有している隊長達よりも、さらに格上の存在で最強の部隊であるように描かれていました。

護廷十三隊の「全軍以上の力」を持っているとも言われていました。

 

そんな最強であるはずの零番隊が、なぜ「弱い」と評価されるようになってしまったのか。

以下で、確認していきましょう↓↓

 

零番隊は最強というイメージがあったが全滅した

零番隊は、以下の5名から成り立っています↓↓

零番隊のメンバー
  1. 死神の祖「兵主部一兵衛
  2. 卯ノ花烈に回道を教えた「麒麟寺天示郎
  3. 元十二番隊隊長「曳舟桐生
  4. 斬魄刀を作った「二枚屋王悦
  5. 涅マユリより格上「修多羅千手丸」(詳細は不明)

 

それぞれの功績を考えると、まさしく最強の部隊であるとお分かりでしょう。

しかし、ユーハバッハや親衛隊と戦闘した零番隊は全滅してしまいます。

予想に反してあっさりと全滅してしまった零番隊に、がっかりした読者の方も多かったのではないかと思います。

零番隊の5人は全員弱いわけではないはずですが、なぜ全滅してしまったのでしょうか?

 

5人全員弱くないがユーハバッハや親衛隊が強すぎた

零番隊は全滅させられましたが、決して弱いというわけではないです。

むしろ、虚圏などの破面たちであれば瞬殺できるぐらいの実力はあるでしょう。

 

ただ、対戦相手であったユーハバッハやその親衛隊が強すぎました。

本当は、皆さんもっと強い零番隊を見たかったはずです。

しかし実はあまり戦闘シーンがなく、ユーハバッハ達に全滅させられてるイメージが強いので「零番隊は弱い」と印象に残った読者が多かったのではないかと思います。

 

では、全滅させられた零番隊は死亡してしまったのでしょうか?

 

 

離殿を破壊されていないため5人は死亡していない

全滅し、全員死亡したかに思われた零番隊員たちですが、死亡していませんでした!

零番隊員にはそれぞれ「零番離殿」という街が与えられていました。

この離殿がすさまじい効果を持っており、なんと持ち主が攻撃を受けてもこの離殿が破壊されるまでは「死なない」というものだったのです!

内容は難しいですが、この離殿には「霊脈」というものが流れており、これがそれぞれのメンバーの霊力と繋がっていました。

なので、零番隊のメンバーは本人でありながら、実は離殿こそ「本体」というわけです。

 

このようにブリーチでは、人気キャラだろうと関係なく多くのキャラが死亡していきます。

ですが、零番隊は尸魂界の根幹の部分である最強の部隊であり、簡単には死亡することはないだろうと思っていました。

おおかたの予想通り、やはりい生きていましたね^ ^

 

復活やその後についても

 

ここまでで、零番隊は弱いわけではないこと、死亡したわけではないことが分かってもらえたかと思います。

本音を言えば、零番隊にはもう少し活躍してもらいたかったですね。

 

では、ここからは零番隊は復活するのか?

さらに、その後はどうなっていくのか?

という点にもフォーカスしながら、見ていきましょう↓↓

 

兵主部一兵衛は自身の能力で一護に助けられる

先ほど零番隊のメンバーが全滅し、かろうじて生きていることをお伝えしました。

離殿があれば死ぬことはないという設定ですが、そのままでは何もできないのではないでしょうか?

 

実はこれにも対策があり、零番隊のリーダーである兵主部一兵衛は「名前を呼ばれることで復活できる」という能力を持っていました。

この能力を使用するために、一護に自身の名前を呼んでもらい復活しています。

兵主部一兵衛には「名前」を支配する能力から「真名呼和尚まなこおしょう」という異名があり、享楽春水からも「和尚」と呼ばれています。

 

和尚は無事に復活することができましたが、零番隊の他の4人はどうなったのでしょうか?

 

和尚が他のメンバーの名を呼び全員を復活させた

結論から言うと、零番隊のメンバーも全員復活することができました。

一護に名前を呼ばれて復活した兵主部は、仲間の名前を呼びます。

すると、同じように残る4人も名前を呼ばれたことで復活したのです。

  • 名前を呼んでもらうと「自身が復活」
  • 仲間の名前を呼ぶと「仲間が復活」

 

兵主部は、このような2つの能力を持っていたようですね。

離殿が壊されず、名前を呼んでくれる仲間が1人でもいれば高確率で復活ができるというチートの能力の持ち主です!

 

作中では、兵主部だけが復活するシーンしか描かれていなかったので、全滅した他の零番隊メンバーのことを気になった読者の方も多かったと思います。

しかし、その後の小説「BLEACH Can’t Fear Your Own World 」にて、残りのメンバーの復活も描かれました。

では、復活してからの零番隊のその後はどうなったのでしょうか?

 

その後の4人は生死不明だが間違いなく生きている

残念ながら、復活を果たした零番隊のその後は描かれていません。

詳細は不明で、今なにをしているのかも分からない状況です。

 

ただ、小説にて「零番隊は簡単には死なせてもらえない」と書かれていることもあり、間違いなく生きていることが分かります。

簡単に死ねないというのもかわいそうな気がしますが、尸魂界の基盤となっている零番隊なのでこの設定は納得ですね!

ユーハバッハとの戦いで、崩れに崩れた尸魂界を修復するために尽力をしているのだと思います^ ^

 

【BLEACH】零番隊メンバーの弱さや死亡・復活まとめ

 

まとめ

零番隊のメンバーについて

  • 零番隊は最強というイメージがあったが全滅した
  • 5人全員弱くないがユーハバッハや親衛隊が強すぎた
  • 離殿を破壊されていないため5人は死亡していない

 

復活やその後について

  • 兵主部一兵衛は自身の能力で一護に助けられる
  • 和尚が他のメンバーの名を呼び全員を復活させた
  • その後の4人は生死不明だが間違いなく生きている

 

以上、零番隊のメンバーについてでした!

本編での活躍を考えると「弱い」「期待外れ」と評価された理由も分かります。

しかし、零番隊の個々の能力や経歴に注目してみると、相当な強さを持っていることが分かると思います。

漫画本編では、少し不遇な扱いを受けてしまっている零番隊ですが、アニメではどのように描かれていくのでしょうか?

今からでも、非常に楽しみですね^ ^

 

 

BLEACH マンガ情報

 

\漫画は最終巻「74」で完結/

(2022年8月時点)

最新読み切り「獄頣鳴鳴篇ごくいめいめいへん」も見れる!

アニメでは見れないシーンなので、

続きが気になった方はご覧下さい↓↓

 

マンガのお得情報を見る