バンビエッタの最後の死亡はかわいそう?その後はゾンビとして生きてる?

公開日: 2022年7月26日 | 最終更新日: 2022年7月26日

 

バンビエッタ・バスターバインとは、ブリーチ【千年血戦篇】にて登場する、敵ながらも魅力的なキャラクターです。

ユーハバッハ率いる「星十字騎士団」シュテルンリッターのメンバーで、女性隊員5名からなる「バンビーズ」のリーダーを名乗っていました。

他のバンビーズのメンバーからは尊敬されることもなく、除け者にされたりと少し残念な面もありました。

見た目のかわいさと戦闘時の強さのギャップから、読者からの人気も高いキャラです。

 

そんなバンビエッタだからなのか、ファンから最後の死亡シーンや、その後の扱われ方が「かわいそう」という声があります。

我らがバンビエッタに、一体何があったのでしょうか?

 

今回は、バンビエッタ・バスターバインについてお話します↓↓

この記事を見て分かること
  • バンビエッタの最期
  • 死亡シーンがかわいそうなのかどうか
  • その後のゾンビ説

バンビエッタの最後の死亡シーンはかわいそう?

 

冒頭では、バンビエッタについて触れました。

バンビエッタは「爆撃」ジ・エクスプロードという霊子を放ち、それに触れた物を爆薬に変える能力を持っています。

この能力はモノで防御しても「そのモノが爆薬に変わってしまうので防御不可能」という、霊子だらけの尸魂界で戦っている死神たちにとってはかなりの脅威でした。

見た目にそぐわないバンビエッタのその強さに、衝撃を受けた人も多かったようです。

 

しかし、その強さや可愛さ以上に、ネット上のファンからは「最後がかわいそう」という声もありました。

なぜ、バンビエッタは死ぬことになってしまったのか?

どこが、かわいそうだと思われているのか?

以下、解説します↓↓

 

バンビエッタは狛村戦で惨敗する

とても強力な能力を持つバンビエッタでしたが、秘儀「人化の術」を使い不死身になった狛村に圧倒されていきます。

爆撃も通用せず、卍解を発動した狛村に惨敗し瀕死の状態になってしまいました。

ただ、バンビエッタは瀕死ながらもまだ生きていました。

そんなバンビエッタの元に、同じく星十字騎士団の仲間でありバンビーズの、ジジ(ジゼル・ジュエル)がやってきます。

 

最後は嫌がりながらもジジに殺される

仲間であるジジの登場でしたが、安心するどころかバンビエッタはジジを恐れている様子。

バンビエッタは、死者を利用するジジの能力を知っていました。

なので、このような恐れているような反応になったと思われます。

 

やだ…やめてよジジ」と嫌がって抵抗をするバンビエッタでしたが、ジジにとどめをさされ死亡してしまいます。

仲間であるはずのジジに殺されてしまうかわいそうなバンビエッタでしたが、ここからもっとかわいそうな展開になっていきます。

 

 

死亡後はジジの能力によりゾンビ化した

ジジは「死者」ザ・ゾンビという、自分の血液を浴びた死体を操ることができる能力を持っています。

死亡してしまったバンビエッタは、ジジの能力により、ゾンビ化されてしまいました。

ゾンビ化されることにより、バンビエッタはジジの手駒として無理やり戦いに参加させられることになります。

 

余談ですが、バンビエッタは元々勝気で攻撃的だった性格から、ゾンビ化したことで従順となります。

やや弱気な性格に変わったことは、一部の読者からは好評でした・・笑

まさか、そんな楽しみ方があるとは知りませんでした^ ^

 

操られるまま涅マユリと戦わされる

手駒としてゾンビにされたバンビエッタは、ジジに操られるままに涅マユリと交戦します。

戦闘戦では、バンビエッタの爆撃がマユリの開発した「霊視固定装置」によって利用され、跳ね返されてしまいます。

バンビエッタは、ジジに跳ね返された爆撃から身を守るための盾にされます。

いくらゾンビとはいえ、仲間を盾にするジジの悪逆がひどいですよね・・

 

しかし、ゾンビ達はマユリに奪われ、そんなジジも重傷を負います。

 

ジジの回復薬として血を取られ暴力を受ける

マユリとの戦いで重傷を負ってしまったジジでしたが、自ら作ったゾンビ達を食べて、分け与えていた血液を奪うことで回復します。

ゾンビであったバンビエッタもまた、血液を奪おうとするジジに襲われ抵抗するも血を取られてしまいます。

そして、拒否をしようとしたことでジジの機嫌を損ね、バンビエッタは何度も瓦礫に頭を打ちつけられた後に動かなくなってしまいました。

 

元仲間に殺され手駒にされて、役に立たなくなれば暴力も受ける。

死んでも利用され続けるというバンビエッタは、敵ながらかわいそうですし不憫ふびんに思えました。

 

その後はゾンビとして生きてる?

 

上記では、バンビエッタの死亡シーンと、ゾンビ化についてお話してきました。

ゾンビにされた後に暴力を受け、動かなくなってしまったバンビエッタ。

しかし、それだけでは終わりませんでした。

 

その後のバンビエッタは、一体どうなってしまったのでしょうか?

さらに、バンビエッタをゾンビにしたジジについても合わせて触れていこうと思います↓↓

 

千年決戦後は死んでおらずゾンビとして生きていた

動かなくなって死んでしまったかに思われたバンビエッタでしたが、実はゾンビのまま生きていたのです。

これは漫画本編では描かれておらず、ブリーチの小説「BLEACH Can’t Fear Your Own World 」にて判明しました。

ファンが多いバンビエッタなので、この小説での再登場に歓喜する読者も多かったです^ ^

ちなみにですが、小説の中にはバンビエッタだけではなくジジも登場します。

 

ジジも生きており血を与えられ元気に過ごしていた

漫画本編で、ジジはユーハバッハと戦い大量の血を流す重傷で死んだものだと思われました。

しかし、上記の小説にて治療され一命を取りとめていたことが分かります。

バンビエッタにも変化があり、ジジに血を与えられ過ぎたことで、一時的に生きてる頃のような勝気で攻撃的な性格に戻ります。

 

漫画本編での終盤は、ゾンビにされることで性格も弱気に変わってしまっていたので、初登場時のような強気で元気そうなバンビエッタを見て懐かしい気持ちになりました^ ^

この性格の変化に悲しんだファンも多くいたことでしょう。。笑

 

【ブリーチ】バンビエッタ・バスターバインの死亡やその後まとめ

 

まとめ

バンビエッタの死亡シーンがかわいそうな件

  • バンビエッタは狛村戦で惨敗する
  • 最後は嫌がりながらもジジに殺される
  • 死亡後はジジの能力によりゾンビ化した
  • 操られるまま涅マユリと戦わされる
  • ジジの回復薬として血を取られ暴力を受ける

 

その後ゾンビとして生きてる説について

  • 千年決戦後は死んでおらずゾンビとして生きていた
  • ジジも生きており血を与えられ元気に過ごしていた

 

以上、バンビエッタ・バスターバインの最期とその後についてでした。

初登場時から、見た目がとても可愛く描かれており、さらに能力も強いと文句のつけようがないキャラでした!

しかし、死亡してゾンビ化された後も人気が上がっていくことは珍しく、魅力あふれるキャラクターだと感じます。

ここまでファンが多いバンビエッタは、敵ながら憎めないキャラです^ ^

 

 

BLEACH マンガ情報

 

\漫画は最終巻「74」で完結/

(2022年8月時点)

最新読み切り「獄頣鳴鳴篇ごくいめいめいへん」も見れる!

アニメでは見れないシーンなので、

続きが気になった方はご覧下さい↓↓

 

マンガのお得情報を見る