ブリーチで草鹿やちるの正体は斬魄刀?消えたその後どうなったのか考察

公開日: 2022年7月11日 | 最終更新日: 2022年7月11日

 

草鹿くさじしやちるは、大人気マンガ【ブリーチ】に登場するキャラクターです。

ピンク色の髪の毛で、お菓子が大好きな人懐っこい性格の少女。

また、十一番隊の副隊長という肩書きを持ち、さらには隊長・更木剣八の肩の上に遠慮なく乗るなど、怖いもの知らずな一面も持ちます。

 

そんな彼女は、作中でも謎の多い存在の1人です。

どのように死神になったのかなど、その出生や生い立ちは不明。

「そもそも本当に死神なのか?」という視聴者の意見もありました。

 

それぐらい謎の多いやちるですが、本当のところ正体は何者なのでしょうか?

今回は、ブリーチに登場する草鹿やちるについてお話します↓↓

この記事を見て分かること
  • 草鹿やちるの「正体
  • 彼女が「消えたその後

ブリーチで草鹿やちるの正体は斬魄刀?

 

まずは、草鹿やちるの正体について考えていきます。

冒頭では、見た目や性格について少しお話しさせて頂きました。

さらに特徴を挙げると、、↓↓

やちるの特徴
  • 上官に敬語を使わない
  • 人をあだ名で呼びがち
  • 女性死神協会の会長
  • 金平糖が大好き

などが挙げられます。

 

そして、噂によれば彼女自身が斬魄刀という可能性もあるようです。

もし、そうだとすれば何で人間のように振る舞えているのか?

早速、見ていきましょう↓↓

 

やちるは剣八の斬魄刀「野晒」が具現化した姿

 

いきなり結論ですが、草鹿やちるは「剣八の斬魄刀・野晒のざらしが具現化した姿」です。

後ほど詳しく触れていきますが、千年血戦篇で剣八は初めて始解を披露しました。

その時に、やちるはその場に死覇装を残して姿を消してしまったのです。

始解の登場や一瞬に姿を消したこと、さらに普段から剣八と一緒にいる時間が長いことから、彼女が斬魄刀であると考察できます。

 

また、やちる自身も「三歩剣獣」という名前の斬魄刀らしきものを持っています。

これが、死神だと思わせる伏線だったのかもしれません。

 

始解や卍解のヒントを与えてサポート役として活躍

やちるは剣八に始解や卍解のヒントを与え、戦闘力のパワーアップを手助けしてきました。

剣八はずっと自身の霊力だけで戦ってきた、死神として底の知れないキャラでした。

そんな剣八が、ようやく最終章で始解や卍解を見せることになる重要な場面ですので、ぜひ皆さんもチェックして下さい。

こちらも、後ほど詳しく触れていきます。

 

元々、剣八は自身の名前も斬魄刀の名前も知りません。

過去のシーンでは、やちるは捨て子として登場しており、剣八に助けられて名前を授かりました。

お互いに、「自身の名前を知らない」という共通点が重要だと考えます。

 

また、登場時は少し異質で、剣八の血まみれの刀を恐れずに触っていたのです。

自身が斬魄刀だから、という伏線と言えるでしょう。

 

 

赤ん坊から現在まで斬魄刀としての成長が描かれた

草鹿やちるの回想シーンでは、下記のように描かれていました↓↓

やちるの出身
  • 生まれが北流魂街79地区「草鹿」
  • そこでは血以外の色を見たことがない
  • 当時赤子だった自分はいつ死んでもおかしくない

 

謎の出生により登場して赤子として、やちるにスポットが当てられた瞬間でした。

さらに、剣八と出会うまでのストーリーも描かれています↓↓

そして

そこへやってきたあなた

北流魂街80地区「更木」

最も深い闇の底から

あなたはあたしの血まみれの世界を

一瞬で切り刻んで

そしてあたしに名前をくれた

あの時あなたが現れなければ

今のあたしはここにいない

 

彼女がどれだけ壮絶な環境で育ったかが判明し、剣八に助けられて現在まで育ってきたことが分かります。

 

2人が出会った時、剣八は「どっから来た ガキ」と質問します。

するとやちるは、剣八の刀を触りにいきました。

何気なく見れば、刀を怖がらない純粋な赤子の姿として映るでしょう。

しかし逆に、その質問に対して「刀に触れるという回答をした」と考えれば、納得いきませんか?

あなたの刀から出てきたよ」というメッセージだったのかもしれません。

 

普段は、楽しくワイワイしていることが多いやちるですが、彼女(斬魄刀)なりに色々と考えているのでしょう。

 

消えたその後どうなったのか考察

 

先ほどは、草鹿やちるの正体が「斬魄刀だった」ということについてお話してきました。

ここからは、やちるが「なぜ斬魄刀と言えるのか?」という具体的なシーンと一緒に、やちるの姿が消えた後についてご紹介します。

 

以下、考察していきます↓↓

 

「野晒」という元ある場所に還っただけと考察

やちるのその後ですが、「斬魄刀・野晒として、刀に還った」と考察します。

先ほど剣八の始解が登場した時、死覇装を残して姿を消してしまったということに触れました。

これは、他の斬魄刀と同じように本来の形に戻っただけと言えるでしょう。

 

姿は見えなくても、剣八と一緒にいるということですね^ ^

 

元々はグレミィ戦の始解により姿を消した

ここまで何度も触れてきましたが、やちるは剣八の始解と共に姿を消しました

千年血戦篇の「剣八vsグレミィ」で、グレミィの能力によって隕石が現れます。

さすがの死神とは言え、隕石が降ってきてはひとたまりもありません。

 

しかし、剣八はまだ隕石は斬ったことがないとワクワクする様子。

そして、ここで初めて「嬉しいなァ『野晒』」と斬魄刀の名前を口にします。

 

実はその前、剣八が来るまでにグレミィと戦っていたやちるは敗北し、虎徹勇音に治療を受けていました。

しかし、治療中にも関わらず突然「あたし行くね」とどこかへ駆け出したのです。

そして「やっと…剣ちゃんに呼んでもらえる…」と呟き、消えていきました。

 

ジェラルド戦で剣八に卍解を教えるために再登場

剣八は始解によりグレミィに勝利した後、今度はジェラルドとの戦闘が始まります。

剣八はかなり苦しい戦いを強いられていました。

そんな時、丁度良いタイミングでやちるが再登場します。

 

やちるは、まだ見ぬ野晒の「卍解の名」を剣八に伝えます。

その後「剣ちゃんがあたしをちゃんと使えば斬れないものはないよ」と言いました。

やちるによって卍解を得たということは、やちるが斬魄刀に関わる証拠とも言えますね。

 

千年血戦篇後には1度も登場していない

ジェラルドとの戦いで、剣八に卍解を教えて姿を消したやちる。

実は、彼女はその後本編には1度も登場していません

 

そもそもやちるが斬魄刀の具現化だとしたら、それは剣八にしか認識されないはずです。

しかし、周りの死神たちや敵に対しても認識されていることから、かなら変わった状態だと言えます。

これはアニオリの「斬魄刀異聞篇」でも語られていました。

 

◆斬魄刀異聞篇についてはこちら↓↓

 

剣八もやちるも卍解を得ずに隊長と副隊長になっているほどの強さを持つので、2人は何らかの「特別な存在」だと言う他ないと思います。

 

【BLEACH】草鹿やちるの正体やその後まとめ

 

まとめ

草鹿やちるの正体について

  • やちるは剣八の斬魄刀「野晒」が具現化した姿
  • 始解や卍解のヒントを与えてサポート役として活躍
  • 赤ん坊から現在まで斬魄刀としての成長が描かれた

 

消えたその後について考察

  • 「野晒」という元ある場所に還っただけと考察
  • 元々はグレミィ戦の始解により姿を消した
  • ジェラルド戦で剣八に卍解を教えるために再登場
  • 千年血戦篇後には1度も登場していない

 

以上、草鹿やちるについてでした!

最終章の千年血戦篇にてようやく始解と卍解を披露した剣八の影には、やちるの協力があります。

名前を知らないという大きな伏線の回収に、興奮したファンも大勢いるのではないでしょうか。

剣八とやちるは良いコンビだったので、どこかでまた2人の掛け合いが見れると良いですね^ ^

 

 

BLEACH マンガ情報

 

\漫画は最終巻「74」で完結/

(2022年8月時点)

最新読み切り「獄頣鳴鳴篇ごくいめいめいへん」も見れる!

アニメでは見れないシーンなので、

続きが気になった方はご覧下さい↓↓

 

マンガのお得情報を見る