水星の魔女-エランは処分され死亡した?その後どうなったのか考察

公開日: 2022年11月10日 | 最終更新日: 2022年11月12日

 

水星の魔女】では、主人公スレッタの心を掻き乱す存在としてエラン・ケレスという人物がいましたね。

※ネット上では、よくエレンと間違われていますが「エラン」です

スレッタに優しくしたり、冷たくしたりと目的が分からない人物でした。

スレッタのやりたいことリストの12番「連絡先を交換する」という目標を、クリアさせたのもエランです。

 

そんなエランでしたが、アニメ6話「鬱陶しい歌」でスレッタと決闘することになります。

エランの望みは「エアリアルをもらうこと」。

スレッタの望みは「エランをもっと知ること」。

 

結果は、エアリアルの勝利に終わりました。

エランのファラクトが得意とするガンビットを、まだ判明していないエアリアルの特別な能力によって無効化させたのです。

これにより「敗者は不要」ということで、ペイル社の上層部により廃棄処分されそうになる描写が流れます。

ベルメリアもこれを良しとせず、仲介に入りますが上層部はこれを聞き入れず強制処分を課したのです。

 

では、エランは本当に死んでしまったのでしょうか?

今回は、このエラン・ケレスの死について考察していきます↓↓

この記事を見て分かること
  • エランの「死亡説」について
  • その後どうなったのか「生存説」や「再登場」の考察

エランは処分され死亡した?

 

結論から申し上げると、エランは死亡したと考察します。

もっと詳しく言えば、再登場の可能性はありますが、それはアニメ6話のエランではない新しいエランだということです。

エランは「強化人士」と呼ばれる、いわゆる人造人間のように作られた存在でした。

さらに、彼はその強化人士の中でも「4号」というコードネームだったことから、その前後に別のエランたちの存在がうかがえます。

以下で、深堀りしていきますので最後までご覧下さい↓↓

 

強化人士4号のエランは死んだと考察

上記でも触れましたが、強化人士4号としてのエランは死亡したと考察します。

基本的に○号という名前は、その次の実験体も視野に入れていることから付けられるネーミングです。

※Zガンダムのフォウ・ムラ4番目サメと似た境遇

描写にこそありませんが、1〜3号も処分されたことで現在のエランが存在します。

 

ということは、何か実験を続けられない理由や、実験体が欠陥品であった場合はお払い箱ということです。

ペイル社の上層部としては「1〜4号は失敗に終わった」「次は5号で試してみよう」と考えます。

ここから、4号だけ特別に愛着を持っている訳ではないことも分かります。

 

スレッタとの間で絆を深めたのは確かに4号ですが、ペイル社サイドではただの機械としか見ていないため、すでに気持ちは5号へ移っているはずです。

なので残念ですが、エランこと強化人士4号はそのまま廃棄処分されたと考えるのが妥当でしょう。

 

ベースとなる人間としての本物のエランの存在

同じく、アニメ6話にてエランのベースとなる人間のエランが登場しました。

※当記事では、真エランと呼称します

 

ベルメリアは真エランが登場した際、かなりかしこまっていたのでおそらくペイル・テクノロジーズのオーナーまたは出資者など権力を持つものなのでしょう。

この時点で、この真エランをベースに4号も造られたことが判明しました。

 

さらに、これまでの1〜3号も同じ顔をしていたのでしょう。

このタイミングで真エランが登場したことで、「代わりはいくらでもいる」というメッセージが示唆されたのではないかと考えています。

イコール、強化人士4号の存在方が無くなった瞬間ということで、やはり特別に生かされることはないと感じます。

 

その後どうなったのか考察

 

では、その後のエランはどうなっていくのか?

個人的には、上記の続きの通り「5号が登場する」と予想します。

しかし、そのエランはすでに4号の人格を失った新しい実験体なので、もちろんスレッタとの絆も消え失せているでしょう。

そんな5号と対面するスレッタは、この状況を理解できるのか?

上記のような考察も交えながら、エランのその後を見ていきたいと思います↓↓

 

 

エランとして生存はするも5号として再登場だと考察

エラン自身は、あの姿・形で生存しているような描写となり、今後の再登場もありえると思います。

しかし、それはあくまでも4号のエランではなく5号ということです。

何も知らないスレッタが声をかけたとしても、5号のエランには過去の出来事などの記憶はありません。

なので、またしてもスレッタは「嫌われた」と悲しみに暮れるシーンが流れそうで怖いです。。

 

ペイル社も「強化人士に感情は不要」と決め打って、5号へ人間らしいデータは引き継がせないと予想されます。

酷な話ではありますが、ガンダムは重要キャラでも死亡させていく作品なので、期待は薄そうです。

 

まさしく、エヴァンゲリオンの綾波レイのようですよね。

綾波と言えば「私は3番目だと思うから」というクローン人間でした。

せっかくシンジと仲を深めたにも関わらず死亡し、次に会ったときには別人として接されます。

スレッタも、この地獄のような気持ちを味わうのでしょうか。。

 

スレッタとのデートの約束が未達成

再登場の判断材料として、スレッタと再デートを約束していたことです。

1度は、エアリアルに一緒に搭乗するモビルスーツデートを行いましたが、結果的にはスレッタはエランに嫌われてしまいます。

それは「ガンダムのパイロット=強化人士」だというエランの勘違いからきており、スレッタも自分のように過酷な状況を生き抜いていた仲間だと感じていたからです。

 

しかし蓋を開けてみれば、スレッタはエアリアルを「家族」だと言います。

エランにしてみれば、ガンダムなど「呪い」でしかなく共感できないものとなってしまいました。

 

そんな後、決闘することになりエランは敗北。

そこで再び仲を深めた2人はデートの約束をします。

集合場所のベンチで待つスレッタと、エランはペイル社にて両手足を拘束されていました。

対極的にある2人は、それぞれ「ハッピーバースデー」を歌います。

※歌については、後の見出しで解説します

 

そして集合時間の針が10時をさした時、エランは当然来ませんでした。

鼻歌を楽しむスレッタの知らないところで謎の光を浴びせられ、ここで話は終わります。

このデートを行うというのは、水星の魔女の伏線として考えており、これが叶わないまま回収されないということはないはずです。

なので、どこかでデートシーンを回収してくれることを密かに望んでいます。

 

エランと出生と母親の関係性

エランはスレッタに敗北した際、とある1人の女性に誕生日を祝ってもらった記憶が蘇ります。

ケーキのようなものにろうそくが1本立てられ、ハッピーバースデーを歌ってもらっているような描写でした。

 

元々エランは「自分に誕生日などない」と言っており、スレッタは「そんな人いない」と否定しました。

さらに決闘前、スレッタはペイル寮に赴き強引にエランと話をします。

そこで、スレッタはエランのためにハッピーバースデイを歌います。

 

この伏線が、決闘後のエランの回想として母親らしき人物の登場により回収されました。

エランにも誕生日があり、祝ってくれる人が存在したという事実。

これだけのことですが、エランにとって大きなものでした。

ずっと個のアイデンティティが持てない状態でしたが、これが分かり大きな安堵感に包まれます。

間接的ではありますが、スレッタが救ってくれたようにも感じていました。

 

なので、エランはスレッタとの2回目のデートを約束したのでしょう。

結果的にはペイル社によってそれも叶わず、たった1人でハッピーバースデーを歌いながら閃光に包まれていくのでした。

 

重要な御三家の1人なので再登場はある

ここまでの意見から、エランの再登場はあると考察します。

よくアニメのビジュアルでもスレッタやミオリネと一緒に、御三家であるエラン、グエル、シャディクが描写されています。

この3人は、今後の重要人物として描かれている可能性が高いです。

ということは、エランの再登場の可能性がグンと高まります。

 

その際、4号なのか5号なのか。。

最後の謎の光は、エランを粉々に壊すというよりは記憶消去を行なっているのではないかと感じています。

そこで、秘密裏に4号としての記憶を引き継ぎ、新たな5号としてエランが演じていた場合、面白いことになりそうです。

こんな考察も含めながら、今後にも注目していきたいですね!

 

【水星の魔女】エラン・ケレスの死亡説まとめ

 

まとめ

エランの死亡説について

  • 強化人士4号のエランは死んだと考察
  • ベースとなる人間としての本物のエランの存在

 

その後の考察内容

  • エランとして生存はするも5号として再登場だと考察
  • スレッタとのデートの約束が未達成
  • エランと出生と母親の関係性
  • 重要な御三家の1人なので再登場はある

以上、機動戦士ガンダム水星の魔女に登場するエラン・ケレスについてでした!

いかがでしたでしょうか?

個人的にもエランは好きなキャラなので、今後の登場にも期待しています!

どうにか生き残っていて、記憶も引き継いでいてほしいです。

 

ペイル社の上層部のやり方に疑問を持っているベルメリアあたりが、エランの味方についてくれる展開があれば良いですね!

スレッタとの関係性についてもさらに進展してほしいので、エランの再登場を心待ちにしています^ ^