ヒロアカの爆豪勝己はデクに謝罪した?謝るのは何巻なのかご紹介

公開日: 2022年5月7日 | 最終更新日: 2022年7月10日

 

物語全体はもちろん、さまざまな印象的なシーンが存在する「僕のヒーローアカデミア」。

その中でも、物語の最初からずっと描かれ続けているのがデクと爆豪の関係です。

一方的にデクのことを見下して乱暴な態度を取り続けた爆豪が、これまでのことを自ら言及する瞬間がありました。

この瞬間こそファンが見たかったものであり、涙腺が崩壊する名シーンです。

 

今回は、この爆豪とデクの関係について詳しく紹介をしていきます↓↓

この記事を見て分かること
  • 爆豪がデクに謝罪したことについて
  • 謝罪シーンは単行本のどこに載っているのか

ヒロアカの爆豪勝己はデクに謝罪した?

 

爆豪はデクに対して、自身の思うところなどについて謝罪を行いました。

誰かに強いられるというわけではなく、爆豪が自発的に行ったのです。

これまでの爆豪の言動や様子を思うと、信じられないようなことではあります。

 

ですが、雄英で色々な生徒が変わり成長していく中で、爆豪もまた様々な成長を遂げてきました。

だからこそ、これまでの自分自身の行動や言動を省みて、反省と謝罪の言葉を述べることができたのではないでしょうか?

以下でそのシーンの詳細をご紹介していきます。

 

爆豪はデクの闇落ちを見て「過去のいじめを謝罪」した

必死に独りで居続けようとしているデクに対して、爆豪は立ちはだかり口を開きます。

死柄木の個性「鋲突」によって刺された時、爆豪は1人で勝とうとするなと口にしていました。

その言葉には続きがあり、それこそがデクに言おうとしたことだったと話します。

 

そして爆豪はデクが雄英を去ってしまってからの様子と姿を見て、これまでの自分がとってきた態度について謝罪をしました。

爆豪は幼い頃からずっと、乱暴な態度をとり続けデクをいじめてきました。

それは無個性であるという理由からくる見下しです。

 

しかし、それと同時にデクが個性を持ち、自分よりも遥か遠くずっとずっと前にいるような焦りも感じていました。

そのことを拒絶し認めたくないという感情から、デクに冷たく酷い態度を取っていたのです。

過去から続けてきた全ての態度、言動、行動について爆豪はデクに今までごめんと謝罪の言葉を口にすることができました。

 

プライドを捨てて謝るシーンに涙腺崩壊

過去から現在に至るまでの自分の行動を謝罪するということは、今まで持ち続けてきたプライドを捨てるということでもあります。

爆豪はこれまで自分本位かつ、自尊心がとてつもなく強い人物でした。

その全てをかなぐり捨てて、目の前でふらふらになっているデクに謝罪の言葉を向けて語りかけています。

ずっと見下して、遠ざけたくて虐めていたデクに対してです。

 

雄英に入ってからは思い通りに物事が進むことはなく、デクの強さと同時に爆豪は自分自身の弱さを痛感し続けていました。

知ることや学ぶことが多く、多くの生徒同様に爆豪もまた成長を遂げていたのです。

そうして今までの爆豪では考えられないような姿を見せるに至りました。

 

これには涙腺崩壊するファンも多くおり、SNS上で話題となりました。

これまでずっと持ち続けていた自尊心やプライドを捨てたこの行動は、涙なしでは語れない場面です。

 

謝るのは何巻なのかご紹介

 

上記でご紹介した爆豪がデクに謝罪をするシーンは、もう単行本に載っています。

名シーンのため「一目見てみたい!」という方も多いことでしょう。

では、このシーンは「単行本の何巻の何話」に掲載をされているのか?

 

ここでは、その該当箇所をお伝えします。

 

 

爆豪が謝るシーンは漫画「33巻」のデク救出編で描かれた

爆豪がデクに謝る該当シーンは単行本の33巻に掲載されています。

33巻と言えば、物語として「終章」と銘打たれている部分の一部です。

おおまかな内容としては、雄英を去ったデクのことをクラスメイトであるA組の面々が探すという展開でした。

 

デク救出編」と位置付けることもできる重要な物語です。

 

爆豪がメインの物語「322話/大・爆・殺・神ダイナマイト」にて謝罪

上記でもご紹介した単行本33巻には「319話〜328話」が収録されています。

その中の「322話/大・爆・殺・神ダイナマイト」にて含まれるエピソードです。

A組の面々によって動きを止められたデクは、もう疲弊しきっていました。

 

直前の話でもデクは雄英に戻ってくるようにと説得を受け続けていましたが、その言葉を拒否し続けていたのです。

「轟・切島・飯田・芦戸」などの説得を続けていましたが、デクはやはりそれを振り払っています。

迷惑をかけるわけにはいかない、今まで通りではいられない」と。

 

しかし、そんな頑なに拒むデクに対して、謝罪とともに言葉をかけたのが爆豪だったのです。

友だちの誰もが説得できなかったデクを救ったのは、これまで彼をいじめてきた爆豪自身でした。

 

【僕のヒーローアカデミア】爆豪勝己の謝罪シーンまとめ

 

まとめ

爆豪勝己のデクへの謝罪シーンについて

  • 爆豪はデクの闇落ちを見て「過去のいじめを謝罪」した
  • プライドを捨てて謝るシーンに涙腺崩壊

 

謝罪シーンの該当関数について

  • 爆豪が謝るシーンは漫画「33巻」のデク救出編で描かれた
  • 爆豪がメインの物語「322話/大・爆・殺・神ダイナマイト」にて謝罪

 

以上、爆豪とデクの関係についてでした!

爆豪からデクに謝罪するというのは、物語の開始当初を思えば驚きの展開でした。

デクからは爆豪に対して好意的な態度をとっていましたが、爆豪は邪険にしたりあからさまに虐めていると見受けられる状態だったからです。

過去の発言が消える訳ではありませんが、自分の発言に責任を持ち謝罪の言葉を伝えることのできた爆豪は、もしかしたら誰よりも成長したのかもしれませんね。

 

これから、2人が認め合った仲として描かれるのが楽しみです^ ^

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ヒロアカ アニメ情報

 

ヒロアカの1~5期のアニメが常時配信中

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

ヒロアカのアニメのお得情報を見る

 

 

ヒロアカ マンガ情報

 

最新刊「35巻」が発売中です!(2022年8月時点)

さらに、「公式キャラブック」や「ヴィジランテ」も見れます!

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

ヒロアカのマンガのお得情報を見る

 

 

この記事も多く読まれています