死滅回遊の理由や羂索の目的は?なぜ誰が始めたのかわかりやすく解説

公開日: 2022年12月3日 | 最終更新日: 2022年12月16日

 

大人気漫画、呪術廻戦の中でも、最も難しいと言われているのが、死滅回游しめつかいゆう

五条悟ごじょうさとるの封印が行われた渋谷事変後に始まった死滅回游編は、その名の通り、死滅回游というゲームが行われる展開となっています。

 

ですが、この死滅回游編が難しく、理解ができない!という方も少なくないようです。

理解できないのは、死滅回游の理由や目的がいまいち分からないから、という方もいるでしょう。

そんな方のために、ここでは死滅回游の理由や目的について解説したいと思います!

この記事を見て分かること
  • 死滅回游の理由
  • 死滅回游を始めた羂索の目的

※2022年12月時点情報となります(単行本21巻)

※未収録のネタバレも含みますので、お気をつけください

 

 

 

\実質タダで1か月間アニメが見れる/

31日間の無料トライアルあり

今すぐU-NEXTをお試し

 

\マンガがお得に読める/

100冊すべて40%オフ

Amebaマンガのクーポンを利用する

 

\小説やラノベ好きな方向け/

70%OFFクーポンで最大12冊半額

ebookjapanのクーポンを利用する

 

 

死滅回遊の理由や目的は?

 

ここでは、死滅回游を「始めた理由」やその「目的」について、わかりやすく解説していきます。

死滅回游とは一体何で、誰が始めたものなのでしょうか?

 

死滅回遊は羂索 (偽夏油)が始めた呪術テロ

 

原作漫画17巻「143話/もう一度」から、本格的に始まった死滅回游。

それは、夏油傑げとうすぐるの体を乗っ取った羂索けんじゃくによる、呪術を与えられた者同士による、殺し合いのゲームだったのです。

 

虎杖たち呪術師だけでなく、それまで非術師であった人間も、ある者は脳を術師の構造に変えることで呪術を与えられ、ある者は過去に生きた術師を受肉させるための器として呪術を与えられ、死滅回游へと参加させられることとなったのです。

死滅回游編以降、高専や総監部によって登録されていた呪術師以外の人間も登場することになりますが、これは、羂索による呪術界の均衡の破壊、日本社会への物理的な攻撃でもありました。

 

すなわち、死滅回游羂索が始めた呪術テロだったと言えるのです。

 

理由は日本に住む全人類を進化させること

 

しかし、羂索はなぜ、死滅回游というまどろっこしいやり方で、呪術テロを始めたのでしょうか。

単純にテロ行為をするならば、夏油の術式で、取り込んだ呪霊で人間を襲えばいいだけですよね。

実は、羂索が死滅回游というテロを起こした理由は、日本に住む全人類を進化させることにあったのです。

 

一体どういうことか、これだけではさっぱり分かりませんよね。

そもそも羂索は、「呪力の最適化」を行なおうとしていることが、原作漫画16巻「136話/渋谷事変53」で明らかにされました。

この「呪力の最適化」が、すなわち人間を進化させることなのです。

 

 

羂索の目的は「呪力の新しい形」が見たいから

 

次に、なぜ羂索は、人間を進化させて「呪力の最適化」を行おうとしているのかという疑問が浮かびますよね。

その目的についても、原作漫画16巻「136話/渋谷事変53」で言及されていました。

 

羂索と異なり、呪霊のいない世界を作るために「呪術からの脱却」を主張する九十九由基つくもゆきに対して、羂索は「呪霊のいない世界も牧歌的な平和も望んじゃいない」と言います。

彼が望んでいるのは「呪力の新しい形」を見ること

 

それは、九十九と対面した際に、「人間」という「呪力」の可能性について、「だがまだまだ こんなものではないハズだ 人間の可能性は」と呟いていることからも伺えます。

死滅回游とは「呪力の新しい形」を見るため、人間の可能性を引き出そうとする羂索の試みであると言えるでしょう。

 

1000人の非術師を術師にするために覚醒させた

 

では、羂索は具体的に、死滅回游でどのように人間の可能性を引き出そうとしているのでしょうか。

死滅回游を始めるにあたり、羂索には、そのゲームに参加する人間を揃える必要がありました

 

それが、「泳者プレイヤー」としてほぼ強制的に参加させられた、1000人の非術師だったのです。

先ほども触れましたが、この1000人の非術師は、二種類の方法で術師として覚醒させられた人間でした。

数年前から羂索は、日本全国の非術師に対して、脳の構造を変え、以下の二種類の方法によって「泳者」をコツコツ揃えていたのです。

 

術師として覚醒させた方法
  1. 術式を所持しているが脳の構造が非術師の者の脳を、術式を発揮できる仕様にする
  2. 過去に羂索と契約した術師を呪物にし、それを取り込ませた非術師を、器として強化する

 

は東京第1結界で伏黒ふしぐろを助けた高羽史彦たかばふみひこや、虎杖いたどりと戦った日車寛見ひぐるまひろみなどがそうですね。

また、まだ登場していませんが、おそらく伏黒の姉、津美紀つみきもそうではないかと予想されます。

 

は、はかりと対戦した鹿紫雲一かしもはじめ、乙骨と対戦した石流龍いしごおりりゅう烏鷺亨子うろたかこがそうでした。

 

殺し合いをさせ「呪術全盛平安の世」を体現している

 

このように、1000人の術師を「泳者」として、具体的に何をさせようとしているのか

羂索は、この死滅回游の結界の中で、術師同士の殺し合いをさせようとしているのです。

 

おそらく命をかけた殺し合いによって、より強い呪力が練り上げられ、それが洗練されることが大事なのではないでしょうか。

それは、羂索の言葉で言い換えるならば「呪力への理解を深める」ということになりますね。

 

さらに羂索は、そうした殺し合いの世界を「呪術全盛平安の世」を体現した世界であると述べています。

おそらく「呪術全盛平安の世」こそが、羂索の目的である「呪力の最適化」を行うために最も適した環境なのでしょう。

 

「呪力の最適化」のための儀式を行っている

 

さて、ちょっと難しくなってきたので、ここまでの話を整理してみましょう!

 

羂索が死滅回游を行なう理由
  • 死滅回游によって、「呪力の最適化」を行うことで、「呪力の新しい形」を見ようとしている

 

死滅回游の目的
  • 1000人の非術師を術師にして、「泳者」として参加させる
  • 参加者に殺し合いをさせることで、「呪術全盛期平安の世」を再現し、呪力への理解を深めさせようとしている

 

ここまでは大丈夫でしょうか?

こうして整理してみると、新しい疑問が浮かんできませんか?

 

それは、「呪力の最適化」とは何か?

「呪力の最適化」を行うことは、どういう事態なのか?

という疑問です。

 

これについては、天元てんげん原作漫画17巻「145話/裏」で、羂索より詳しく説明してくれています。

天元が言うには、「呪力の最適化」とは、天元との人間の同化を指すのです。

先ほど、死滅回游の目的は、「呪力の最適化」とは、人類の進化であると述べましたよね。

これを踏まえると、つまり「呪力の最適化」とは、以下のようなものとして理解できます。

 

「呪力の最適化」=人間の進化=天元と人間の同化

 

しかし、もともと天元が問題なく同化できる人間は、星漿体せいしょうたいと呼ばれる、同化に特性を持った人間だけでした。

つまり、普通に天元と人間が同化しても、それは不完全なもので終わってしまうのです。

 

同化を完全に成功させるためには、非術師たちを「慣らす」必要がある

そのために行われたのが、死滅回游だったのです。

 

死滅回游は、参加者の呪力と、結界同士を結ぶ境界により、日本の非術師たちを、同化できる状態へと整えるためのものだったのですね。

天元はそれを、「この国の人間を彼岸へ渡す儀式」と表現していましたが、こうして整理してみると、かなりやばい計画であることがわかります。

 

「日本国民+天元」を融合させた呪霊を作ることが最終目標

 

では、同化、つまり「日本国民+天元」を行うことは、具体的にどのような事態を作り上げることになるのでしょうか。

長らく、この同化が何を意味しているのか、はっきりとは明らかにされてきませんでしたが、「202話/血と油」(2022年12月時点単行本未収録)で、羂索の口から説明されました。

 

天元が日本に住む人間たちと同化すると、天元は進化することになります。

しかし、現在の天元は人間より呪霊に近しい存在。

 

そんな天元が進化することは、羂索の予想では「一億人の呪力を孕んだ呪霊に成る」というのです。

その呪霊の姿、すなわち「新しい呪力の形」を見ることが、今明らかにされている羂索の最終目標なのです。

羂索はその姿を見ることを、「幼子のような心持ち」で楽しみにしているようですが、これはかなり最悪の展開ですよね。

なぜなら、天元が同化して進化したその呪霊は、羂索の体である夏油傑の術式、呪霊操術じゅれいそうじゅつの対象となってしまうからです。

 

現時点で、この最終目標に向けて、死滅回游は進められ、その役割を終えるところまでやってきました。

羂索の計画通り事が進んでしまっており、かなり悪い状況だと言えるでしょう。

 

【呪術廻戦】死滅回游編の理由や目的まとめ

 

かなり難しくなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

最後に死滅回游の理由や目的を簡単にまとめて、おさらいしておきましょう!

 

まとめ
  • 死滅回游は、天元と日本国民を同化(=「呪力の最適化」)させるために始められた
  • 死滅回游に参加させた術師同士に殺し合いをさせることで、その呪力で非術師の同化の慣らしを行っている
  • 死滅回游によって慣らされた日本国民を、天元と同化させて、一億人の呪力を孕んだ呪霊を作ろうとしている
  • 「日本国民+天元」の呪霊は、羂索の呪霊操術の対象

 

こうしてみると、死滅回游で必死に頑張っている高専メンバーの努力が報われるのだろうか、、、と苦しくなってきますね><!

このまま羂索の思うように事が進んでしまうのか。

どうやってこの現状を打破するのか。

 

死滅回游編も終わり、新章へと突入し始めている原作漫画は、いよいよ羂索と天元が動き出し、終局へと向かいつつあります

ますます目が離せない展開!

これから死滅回游の本当の役割が描かれてくると思われます^ ^

 

 

\アニメが実質タダで見れる/

31日間の無料トライアルあり

今すぐU-NEXTをお試し

 

\マンガがお得に読める/

100冊すべて40%オフ

Amebaマンガのクーポンを利用する

 

\小説やラノベ好きな方向け/

最大12冊が半額

ebookjapanのクーポンを利用する