当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しており、リンク先には広告が含まれることがあります。

呪術廻戦-真人(まひと)は覚醒する?黒閃や変身などの強さは?

公開日: 2023年9月25日 | 最終更新日: 2024年1月8日

 

2023年現在、アニメ2期も始まるとともに、原作も盛り上がりを見せている呪術廻戦

ここでは、渋谷事変編でも大活躍する真人まひとについて解説したいと思います。

敵キャラであり、主人公虎杖悠仁に「吐き気を催す邪悪」と言わせしめるほどの、まさに悪役という性格の真人。

敵である特級呪霊でもトップクラスの強さを持ちながら、アニメ1期より成長し続けている稀有な存在でもあるでしょう。

 

そんな真人は、現在アニメ放送中の渋谷事変編で、再び大きく成長し、覚醒していきます。

では真人はどのように成長し、強くなっていくのでしょうか?

ここでは、その真人の詳細について詳しく見ていきたいと思います。

この記事を見て分かること
  • 真人はどのように覚醒するのか。
  • 真人の成長とその強さ(黒閃、変身など)

 

 

 

 

真人(まひと)は覚醒する?

 

特級とはいえ、真人はまだ生まれたばかりの呪霊。

アニメ1期で登場した際も、虎杖や七海建人との戦いの中で成長し、最終的には領域展開を会得するまでに至っていましたね。

そんな真人ですが、これ以上成長して覚醒することがあるのでしょうか?

そしてそれはアニメ2期で描かれるのでしょうか?

 

真人は渋谷事変編にて大きく覚醒した

 

結論を先に述べると、真人は渋谷事変編の終盤で覚醒して、それ以前とは比較にならないほどの強さを得ることになります。

アニメ2期でも、真人の覚醒が描かれることが、渋谷事変編からのOPからもわかっています。

というのも、真人が覚醒する際に描かれた、昆虫が蛹から羽化するシーンが、OPではっきりと描かれたのです。

 

では、今後渋谷事変編で、真人はどのように覚醒するのでしょうか?

真人の覚醒について説明する前に、真人の渋谷事変編での役割と対戦相手を確認しておきましょう。

渋谷事変の第一目的は、現代最強の術師であり計画に邪魔となる存在である五条悟の封印でした。

封印のため、渋谷駅に誘われた五条でしたが、真人が担っていたのは五条の相手ではなく、渋谷駅へと改造人間を大量に導入させて戦線を混乱させる役割でした。

五条の封印が完了した後は、渋谷駅周辺にて高専側の呪術師へ攻撃を仕掛けていきます。

 

最初に対戦したのは釘崎野薔薇、その後、虎杖と対戦します。

釘崎が離脱した後は、救援に来た東堂葵と虎杖を相手に苦戦しますが、この2人との戦いの最中に、真人は急激に成長していくのですね。

 

 

インスピレーションから想像を飛躍させる

 

しかし、なぜ真人は急激な成長をすることができるのでしょうか?

同じ特級呪霊である漏瑚じょうご花御はなみは、真人のような成長は見られませんでしたよね。

大きく変化したのは陀艮だごんでしたが、陀艮は呪霊としてまだ完成されていなかったためでした。

真人はすでに完成された姿にもかかわらず、成長し続けているのです。

だからこそ、呪霊たちの中では性格的に最もリーダーに適している漏瑚が、真人をリーダーに選んだのです。

 

では、なぜ真人は成長し続けることができるのか?

それは、彼がインスピレーションから想像を飛躍させ、術式に応用できるからだと考えられます。

幼魚と逆罰編で、七海と虎杖と戦った際には「より洗練された殺すための形 殺すためのインスピレーションを 体現しろ!!」と叫んでいました。

それにより、領域展開を会得して七海を窮地に追いやったことは、アニメ1期で描かれましたよね。

 

インスピレーションや想像の飛躍は、術式を使いこなす上でも重要なものであることは、伏黒恵が不完全ながらも領域展開を会得した際にも言及されていました(アニメ1期22話)。

インスピレーションから想像を飛躍させることができるからこそ、真人は成長し続けることができるのです。

 

 

黒閃や変身など強さとは?

 

では次に、真人が渋谷事変で成長した際の具体的な強さについて解説していきたいと思います。

渋谷事変では、黒閃を発動させるだけでなく変身もしており、短期間で急激に成長を遂げています。

その具体的な過程について追っていきましょう!

 

強さ① 驚異的な成長速度

先ほども述べましたが、真人は戦闘中に急激な成長を遂げます。

これこそが、真人の強さの1つだと言えるでしょう。

その成長速度は、呪術師にもほとんど見ることができないほどの驚異的なもの。

対戦していた虎杖と東堂は、この驚異的な成長速度にその都度対応する必要があったのですが、1時間にも満たない時間の中で、どんどん成長されたらたまったものじゃありませんよね。

しかもこの短期間の間に、何段階も成長を遂げたのです。

 

 

強さ② 黒閃の習得

 

渋谷事変でまず真人が一段階上のランクに上がったのは、釘崎を倒して、虎杖に攻撃を加えた際に黒閃を習得したためだと言えるでしょう(「単行本17巻126話/渋谷事変43」)。

黒閃とは、「打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪み」のことであり、ごく稀に発生する現象のことを指します。

意図的に行える術師はいないとされていますが、黒閃を経験したものとそうでないものには、呪力の核心との差が天と地ほどもあると言われています。

 

真人は呪霊ですが、黒閃は呪力を伴った攻撃に現れる現象なので、彼が習得しても不思議ではありません。

黒閃を伴った攻撃は、平均で通常時の2.5乗の威力があり、発生後は術師は、いわゆる「ゾーン」に入った状態になるため、一時的にボルテージも上昇するのですね。

この攻撃により、真人は一時的に虎杖を追い詰めました。

 

強さ③ 術式「無為転変」(多重魂・撥体・幾魂異性体)

 

一度の黒閃の発生後、虎杖と東堂を相手にする中で120%の潜在能力を引き出すに至った真人は、術式の無為転変むいてんぺん」を応用した技をいくつも繰り出します。

「無為転変」とは、触れることにより対象の魂に干渉し、その魂と肉体の形を変えることのできる術式を指します。

真人は虎杖と東堂との戦いの中で、「無為転変」の応用技である「多重魂たじゅうこん」「撥体ばったい」「幾魂異性体きこんいせいたい」を新たに習得したのです。

 

多重魂・・2つ以上の魂を無理やり融合させる技

撥体・・多重魂で無理やり融合させた際に発生した拒絶反応を利用して、魂の質量を爆発的に高めて放つ技

幾魂異性体・・多重魂で融合させた複数の魂を合成した改造人間

 

複数の魂を一瞬で燃やし尽くすことで、爆発的なパワーを持った改造人間を作ることができたのです。

このように、アニメ1期では改造人間を作ることしかできなかった無為転変の術式が、幅広くかつ攻撃に特化した形へと幅を広げたのですね。

 

強さ④ 領域展開「自閉円頓裹 」 (じへいえんどんか)

 

強さの4つ目としてあげられるのは、領域展開「自閉円頓裹じへいえんどんかです。

すでにアニメ1期の時点で領域を会得していた真人ですが、虎杖と東堂との戦いで苦戦した真人は、一か八かで0.2秒の領域展開を行います。

なぜ、そのような短い時間なのか?

それは、真人が領域展開をして虎杖に干渉すると、虎杖の中にいる宿儺の領域にも真人が入り込んでしまうことになるためです。

一度、真人は宿儺の領域に入ったことで、宿儺の機嫌を損ねて殺されかけていました

 

その時に「二度はない」と忠告されていたため、真人にとってかなりの賭けだったのでしょう。

この時一瞬、宿儺と相対したものの、宿儺の気まぐれか、あるいは0.2秒という短時間だったためか、宿儺は真人に攻撃することはありませんでした。

この領域展開により、東堂は左腕を変形させられ、結果的に術式を発動させることができなくなり戦線から離脱することになります。

 

しかし、この判断だけが、真人の強さを表しているわけではありません。

重要なのは、真人の術式の発動の方法でした。

本来領域展開は、生得領域の具現化術式の発動という2つの工程を二段階に分けて行う必要がありました。

 

ですが、真人はこの工程を1つにまとめることで、領域を展開するスピードを早めたのですね。

黒閃を発動させた覚醒状態にあったからこそできた芸当ですが、ここに真人の才能が垣間見えます。

ちなみに、0.2秒という短時間の領域展開を思いついたのは、渋谷駅で五条がその時間で領域展開を発動させたからですね!

対戦相手の攻撃方法から学ぶという能力も、真人の強さを支える能力だと言えるかもしれません。

 

強さ⑤ 変身「遍殺即霊体」

 

しかし、領域展開をして東堂を抑えたとしても、虎杖には真人の領域展開は効かないため、まだ戦いは終わりません。

その時に真人が掴んだのは、自分の魂の本質でした。

それにより、彼は本当の剥き出しの魂の形を理解して、「遍殺即霊体へんせつそくれいたい」として変身したのです。

それは無為転変による変身とは一線を画しており、まさに蛹から羽化したのと同様、本質的な変身だったのです。

 

70%OFFで呪術廻戦を読む方法

 

ここで少しだけ、呪術廻戦を安くお得に読む方法をご紹介します。

数多くある電子書籍サービスの中から、どこよりも安く安心して利用できるサービス「ebookjapan」をピックアップしてみました↓↓

サービス名1冊あたり
(定価)
お得度
ebook
japan
138円
(459円)

70%オフ(6回)

最大3,000円引き

※1冊あたりの最安値です(定価は459円)

 

他のサービスの中でも1番おすすめなのが「ebookjapan」です。

いきなりもらえる70%OFFクーポンを使用することで、呪術廻戦が1冊あたり138円で読めます。

しかも、これが6枚ももらえるため業界最安値なのは間違いないでしょう!

 

 

\ 結論、ebookjapanがおすすめ/

60秒で無料登録

今すぐ70%OFFクーポンをもらう

※6回まで利用可能 (最大3,000円引き)

※入会費・月額利用料はかかりません

 

 

【呪術廻戦】真人の強さについてまとめ

 

最後に、今回の記事の内容をまとめてみましょう。

まとめ
  • 渋谷事変編にて大きく覚醒
  • 強くなれるのはインスピレーションから想像を飛躍させることができるため
  • 強さ① 驚異的な成長速度
  • 強さ② 黒閃の習得
  • 強さ③ 術式「無為転変」の応用多重魂」「撥体」「幾魂異性体
  • 強さ④ 領域展開「自閉円頓裹 」の応用
  • 強さ⑤ 変身「遍殺即霊体」で本来の剥き出しの魂の形を理解した

 

五条悟が封印されて、次回よりいよいよ真人の戦闘シーンが描かれる時が近づいてきました。

虎杖と真人の戦いは、渋谷事変編の中でも特に熱いシーンなので、ぜひ虎杖だけでなく真人の強さにも注目してみてください!

 

★ピックアップ

その他の呪術廻戦の記事もすごく読まれています