【呪術廻戦】裏梅の正体は何者?宿儺の料理人だったのか解説

呪術廻戦】に登場し、呪いの王・両面宿儺りょうめんすくなと交流があると見られる「裏梅うらうめ」。

真人まひと」や「偽夏油にせげとう」たちが呪術高専の交流会を襲撃した後、「陀艮だごん」が作り出したと思われる海の結界内へ帰還します。

その背後には、裏梅が物憂げに呪霊たちを見つめていました。

これが、実はあまり知られていない裏梅の初登場です。

なんとも謎めいた登場の仕方ですよね^ ^

 

そんな裏梅ですが「単行本16巻」にて、初めて戦うシーンがありました。

なんと言っても、驚いたのはその「強さ」!

裏梅の圧倒的な力の前に、高専生含む数人は手も足もでませんでした。

一体、裏梅の正体は何者なのでしょうか?

 

今回は【呪術廻戦】に登場する「裏梅」の正体についてお話します↓↓

★この記事を見ることで、裏梅が「どんな人物」なのか、その正体」が分かります!

 

 

 

呪術廻戦が見れるおすすめの動画配信サービス

●U-NEXT(ユーネクスト)

 

「U-NEXT」のお得な3つのメリット

①「31日間の無料お試し体験

②いきなり「600ポイントがもらえる

③「すぐに配信される」ので、待たなくて良い

 

①「31日間の無料お試し体験

 

初回登録時に限り、「31日間だけ」利用料がタダとなります。

「どんなサービスか分からないのに、お金を払いたくない」

このような方でも、「まずは1か月間」無料で楽しめます。

万が一、気に入らない場合でも期間内のキャンセルであれば、料金はかかりません。

 

※作品には、課金が必要なもの、そうでないものがあります。

※課金を必要としない「見放題作品」だけを見るのであれば、「完全無料」で利用可能です。

 

②いきなり「600ポイントがもらえる

 

①の「31日の無料お試し体験」をご利用の方限定で、さらなる特典があります。

それは「600ポイント」がもらえることです。

このポイントは「課金が必要な作品」で使えます。

例)1本「550円」の劇場版アニメを見たい場合

 

本来なら「550円」が必要ですが、所持ポイントがあれば利用可能です。

もらったばかりの600ポイントの内、「550ポイント」を使えばタダとなります。

 

実質タダで、最新の映画1本を見ることができる

 

 

③「すぐに配信される」ので、待たなくて良い

 

U-NEXTは「配信されるまでの期間が短い」という、大きな特徴があります。

●「映画公開後」の配信

●「テレビ放送後」の配信

 

基本的に、映画公開後はしばらく配信されません。

しかし、U-NEXTではすぐに配信されるので、長く待たなくて良いです。

 

さらに、アニメのテレビ放送を見逃したことはありませんか?

 

こちらも、動画配信サービスによっては「2日後」「3日後」などマチマチです。

ただ、U-NEXTは「即時放送」されるので、放送直後にすぐ見ることができます。

SNSや仕事・職場などで、最新話について遅れを取ることもありません。

 

他にもU-NEXTでは、多くの特典があります。

気になられた方は、まずは無料体験をお試し下さい↓↓

 

 

たった3分で登録できます

U-NEXTを無料体験する>>

\期間内に解約すれば、料金は一切かかりません/

さらに、登録後すぐに600ポイントもらえる!

 

U-NEXT

 

 

呪術廻戦が読めるおすすめの電子書籍サービス

●e-bookjapan(イーブックジャパン)

「e-bookjapan」のお得な3つのメリット

①最新刊でも「半額」で読める

②「入会費・月額利用料」がタダ

③購入した漫画の「背表紙」が楽しめる

 

①最新刊でも「半額」で読める

 

e-bookjapanでは「半額クーポン」が配られます。

最新刊だとしても、しっかり”50%割引対象“です。

●利用すれば「半額」(最大500円分)

 

●クーポン1枚で「6回まで」利用可能(全て使えば最大で3,000円

 

●有効期限は、初ログイン日から60日後

 

②「入会費・月額利用料」がタダ

ebookjapanでは「入会費・月額費」がかかりません。

動画配信サービスのようなサブスクとは違い「月額○○円」というシステムではありません。

そもそも入会という形ではなく、「Amazon」や「楽天」と同様で無料登録を行なうイメージです。

その後、好きな漫画を購入したときに、その金額がかかるだけです!

分かりやすいですよね^ ^

 

③購入した漫画の「背表紙」が楽しめる

 

ebookjapanは、”ただ漫画を購入してから読むだけ”のサービスではありません。

“お楽しみ心”として「本棚機能」があります。

 

ご家庭で漫画を読む場合は、本棚に入れる方が多いのではないでしょうか?

その場合、背表紙を見ながら楽しめますよね!

 

このように、ebookjapanで購入した漫画も、画面上で「背表紙」を眺めることができるのです。

ただ読むだけではなく、背表紙を見ることで気分が上がります!

この本棚の作品は、「削除」「戻す」など出し入れ自由なので、お好みに合わせてカスタマイズできます。

上の画像のように、「おそ松くん」や「ドラゴンボール」のように、1巻ごとに絵が繋がる構成の背表紙であれば、コンプリートしたくなりますよね^ ^

 

登録はたったの3分!

ebookjapanに無料登録する>>

\入会費・月額費はかかりません/

さらに、半額で6冊分読める!

 

 

 

 

【呪術廻戦】裏梅の正体は何者?

 

冒頭でも触れましたが、裏梅は呪霊たちと接触があります。

その時点で、主人公である虎杖悠仁たち高専側ではないことは確実ですよね。

 

さらに、悠仁の中にいる「両面宿儺」と接するシーンもあります。

裏梅の謎は、深まる一方ですね。

以下、その正体を解説します↓↓

 

裏梅は1,000年前に「両面宿儺の従者」だったことが公式ファンブックから判明

結論から言うと、裏梅は1,000年前に「宿儺の従者」だったことが公式ファンブックから判明しています。

実際に宿儺と裏梅が再会し、裏梅が「お久しうございます」と言うシーンがあります。

本編で、1000年前のことはあまり描かれていませんが、傲慢不遜な宿儺のことですから、従者を多く持つタイプではありません。

それにも関わらず、裏梅をそばに置くということには何か特別な理由がありそうですね…

 

裏梅とは偽夏油ら「敵勢力に協力する」謎の人物

1000年前は宿儺の従者でしたが、現在は偽夏油らと行動を共にする裏梅。

真人や偽夏油たちは常に一緒にいますが、どちらかと言うと裏梅は単独行動が目立ちます。

偽夏油が真人を自らの体に取り込んだ後、裏梅はすぐさま偽夏油の元へ駆けつけました。

裏梅が偽夏油らに協力している理由は何なのでしょうか?

 

「宿儺の復活」を企む偽夏油らと目的が合致したので協力していた

先ほども触れましたが、裏梅の目的は「宿儺の復活」です。

渋谷事変で、裏梅はごく短い時間ではありますが、宿儺との接触を果たしています。

 

その際、宿儺が去り際に裏梅と交わした会話です↓

宿儺:「俺が自由になるのもそう遠い話ではない。

   「 ゆめ準備を怠るな、またな裏梅

裏梅:「御意に。お待ち申しております

 

会話から、裏梅は宿儺の復活を目論んでいることがわかりますね!

偽夏油らに協力していたのも「この目的のため」だと頷けます。

 

裏梅が1,000年経っても生きているのは「獄門彊」を利用したから

1000年前、裏梅が宿儺の従者ということが分かりました。

いうことは、裏梅は少なくとも「1000年以上」生きています。

では、その1000年もの間、一体どこにいたのか?

 

裏梅の見た目が老いていないことから、物理的時間が流れない「獄門彊ごくもんきょう」に封印されていたと考えられます。

現在、獄門彊には最強の呪術師・五条悟(ごじょうさとる)が封印されています。

五条封印前の獄門彊は「空だった」ことから、裏梅が入っていたとしてもなんら不思議ではありません。

もしそうだとすれば、なぜ裏梅は獄門彊に入っていたのでしょうか?

 

その正体は1,000年前の「五条家」に関係する人物だったと考察

 

宿儺の復活を企てる裏梅ですが、1000年前の「出身」が気になるところです。

そもそも裏梅とは「梅の紋を裏返した家紋」でした。

では、梅の紋を裏返さず使用している家系はあるのでしょうか?

実は、それこそが「五条家」だったのです。

ここから、裏梅は五条家の関係者であると考えられます。

 

本編でまだ決定的なシーンは出ていませんが、五条家の先祖である「管原道真すがわらのみちざね」とも関連があるかもしれませんね!

確かによく見ると、「五条悟」と「裏梅」2人の風貌が似ています。

「強い」「白髪」「美しい」など、共通点も多いです。

現時点で、裏梅の性別は明かされておらず、男なのか女なのかは不明です。

 

今後の展開で鍵となる大きな柱「宿儺」「偽夏油」「五条」の3人と、関係性の強い裏梅。

これから裏梅の行動にも注目していきましょう!

 

宿儺の料理人だったのか解説

 

裏梅が元「宿儺の従者」であり、今は「偽夏油たちに協力」しているところまでお話してきました。

ここからは、「なぜ宿儺が裏梅をそばに置いていたのか」その役割について紹介します!

以下、解説していきます↓↓

 

宿儺はかつて1人で行動しており誰も従者を取らなかった

 

宿儺は、呪霊・呪詛師ともに、小物であればすぐに殺してしまいます。

本編では、宿儺は昔からずっと1人だけで動いていたように描かれてきました。

 

呪いの王なので、宿儺と考えが一致する方が難しいような気がします。

自由奔放に行動していたので、誰も従者を連れていなかったのでしょう!

もし仮に従者がいたとしても、よほどの能力がなければ許されることはないに違いありません。

 

しかし、渋谷事変では宿儺と裏梅の主従関係が垣間見えました。

裏梅は、宿儺の従者だったのでしょうか?

 

宿儺は人間をおいしく食べるための「料理人」として唯一・裏梅だけをそばに置いた

残虐な性格の宿儺ですが、文字どおり人間を人間として扱うことはありません。

宿儺にとって、人間は食すための「食糧」なのです。

 

そんな宿儺にとって、裏梅だけは便利な存在でした。

なぜなら裏梅は「人間を美味しく調理する能力」に長けていたからです。

その腕を買われ、裏梅は宿儺の従者として側に置かれていました。

 

宿儺の傲慢な態度から裏梅のことを「ホゥ、お前面白いな」とか言って扱っていたのではと思います。笑

見た目からは少し考えにくいですが、人間が人間を調理するとは、意外と裏梅は冷酷非道なんですね。。

 

【呪術廻戦】裏梅の正体まとめ

 

まとめ

●裏梅は1,000年前に「両面宿儺の従者」だったことが公式ファンブックから判明

●裏梅とは偽夏油ら「敵勢力に協力する」謎の人物

●「宿儺の復活」を企む偽夏油らと目的が合致したので協力していた

●裏梅が1,000年経っても生きているのは「獄門彊」を利用したから

●その正体は1,000年前の「五条家」に関係する人物だったと考察

●宿儺は人間をおいしく食べるための「料理人」として唯一・裏梅だけをそばに置いた

 

以上、裏梅の正体についてでした!

裏梅は高専襲撃後にフワッと登場して、渋谷事変にて本格的に活躍しました。

渋谷事変では2回目の登場でしたが「えっ誰?!初登場キャラ??」と驚きました!笑

 

芥見先生は伏線の回収が上手いですね!

物語のキーパーソンとして、裏梅の謎が明かされるのが楽しみです^ ^

 

たった3分で登録できます↓↓

\アニメの見逃し配信を視聴できる/

無料でアニメをフル視聴する>>

※無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません!

 

\アニメより先のストーリーを知れる/

安くお得に電子書籍を購入する>>

※30%~50%オフで読めるのは、電子書籍だけ!