【七つの大罪】は面白い?面白くない?評価・評判など口コミレビューまとめ!

この記事を読むのに必要な時間は“約 6 分”です。

 

七つの大罪】は、今や国民的人気アニメと言えるでしょう。

アニメが好きならば誰でも知っている」というぐらいの知名度です。

第1期~第3期とアニメが放送され人気を博し、2021年に最終章となる第4期が放送開始されました。

原作の漫画自体は、すでに完結しています。

さらに、続編が連載予定となっているので「それもまた面白そうだ!」と話題です。

 

それぐらいの作品ですが、中には七つの大罪を知らない人もいるでしょう。

名前は知っているけど見た事がない

それ以前に聞いたことがない

 

ここでは、そんな方のために、視聴者の声を聞いていきましょう↓↓

★この記事を見ることで、七つの大罪が「面白いのか」「面白くないのか」が分かります!

 

【七つの大罪】は面白い?

 

物語のスタートはこうです↓↓

伝説の騎士団・七つの大罪の団長だった、主人公メリオダス。

謀反の罪を着せられてリオネス王国から追い出され、酒場のマスターをするようになります。

そこへ、リオネス王国の第3王女であるエリザベスが現れました。

「聖騎士達の横暴から国を救ってほしい」と頼まれたメリオダスは、その願いを聞き入れて仲間探しに出かけるところから物語が始まります。

 

七つの大罪と言えば、スピード感がある「バトルシーン」が特徴です。

登場するキャラクター達は、それぞれの武器に加え、個々が所持している「魔力」を駆使して戦います。

戦いを長々と引き延ばさずに、テンポよく進んでいくので飽きることがないです。

テンポよく進みながら、飽きさせないバトルシーンが描かれる七つの大罪は「面白い」と話題です。

 

では、ここからは視聴者の意見を見ていきましょう↓↓

 

面白いというネット上の口コミ

ここでは、七つの大罪が「面白い」と言うネット上の口コミをまとめます。

 

 

 

 

「面白い」意見まとめ

ストーリー構成が、とても上手い

●ヘンドリクセンと戦うシーンは、感動できて面白い

●色んなシーンでアツくなる

●もちろん戦闘シーンが面白い

 

七つの大罪は「ストーリー」も「バトルシーン」も良いと言う評価が非常に多いですね。

このような評価があるという事は、構成やテンポが非常によい証拠だと思います。

それにテンポだけでなく、「感動」「シリアス」「胸熱」のシーンなど、バランスよく描かれています。

 

あとは、けっこう伏線が多いので「いつ回収するの?」と心配になることがありました。

しかし、それが原因で勢いが落ちる話ことがなく、しっかり伏線も回収しています。

紛れもなく、ストーリー構成が良い証拠です。

 

七つの大罪のバトルシーンが面白い

七つの大罪を見た視聴者の方々は、「特にバトルシーンが面白い!」と感じています。

バトルのスピード感は、見ていて爽快感を覚えるほど良いです。

 

●第1期は、ラスボスの「ヘンドリクセン戦

●第2期で言えば、現在放送中のアニメでも戦っている「魔神族

このバトルシーンが、多くの人々を惹き付けています。

 

それに、メリオダス達やその敵側も魅力的なキャラクターが多いです。

●主人公のメリオダス

●太陽の恩恵を受けて戦闘力が上がるエスカノール

●「無限の魔力」を扱うマーリンなど

 

ここでは割愛しますが、魅力あるキャラも惹かれる要因なのだと思います。

自分が好きな登場人物のバトルシーンを見るために、視聴している人も多いようです。

 

【七つの大罪】は面白くない?

 

先ほどは、「面白い」と言う意見をご紹介しました。

しかし、その一方「面白くない」と言う意見もあります。

 

「バトルシーンは良いのに、ストーリー自体に面白さを見出せない」

「面白いと評されているバトルシーンも、中にはあっさりし過ぎている&遅い」

と感じている人も少なくありません。

 

それでは、ここからは「面白くない」と言う評価を見ていきましょう。

 

面白くないという評価・評判

七つの大罪が「面白くない」と言う評価をまとめました↓↓

 

 

 

「面白くない」意見まとめ

セクハラシーンは、必要なのか分からない

●アニメでは、原作が一部カットされている

前期の方が良かった

血の色が変化している

→戦うシーンで血を吐いているシーンが、規制で白いキラキラになっている

 

メリオダスがエリザベスに対して、セクハラを働くシーンが多くあります。

それが必要なのか分からない」と思う人もいるみたいです。

 

あとは原作漫画を読んでいる方には、アニメとの内容の違いに驚きました。

必要と思えるシーンがカットされていたり、グロさ防止のために血の色が変化していたりです。

その辺も「面白くない」と感じられたのではないでしょうか。

 

作画崩壊している部分が面白くないしつまらない

 

面白くない理由として様々な意見がありましたが、特に「アニメの作画崩壊」が大きな要因です。

第1期~第2期までは、毎日放送をはじめとする「TBS系列」全28局にて第1期~第2期が放送されていました。

そして、第3期からは「テレビ東京系列」になりましたが、殆どのスタッフが刷新されたのです。

その影響なのか、作画が最初の時とは違っていると言う「作画崩壊」が起こってしまいました。

 

内容が面白ければそれほど問題じゃない」と思っている方もいると思いますが、大多数の人々が非常に不愉快だと思っています。

視聴者はもちろん、作者に対しても失礼に当たるという意見もありました。

元々、原作の内容が良いだけに作画崩壊に失望しているのでしょう。

 

中には、余りの酷さに見るのを辞める人もいる始末です。

第4期も同じスタッフみたいなので、少しでも改善して頂けるとファンは嬉しいですよね。

 

【七つの大罪】口コミレビューまとめ

 

総まとめ

 

「面白い」意見まとめ

ストーリー構成が、とても上手い

●ヘンドリクセンと戦うシーンは、感動できて面白い

●色んなシーンでアツくなる

●もちろん戦闘シーンが面白い

 

「面白くない」意見まとめ

セクハラシーンは、必要なのか分からない

●アニメでは、原作が一部カットされている

前期の方が良かった

血の色が変化している

→戦うシーンで血を吐いているシーンが、規制で白いキラキラになっている

 

以上、【七つの大罪】の評価についてでした!

 

良い部分もあれば、悪い部分もあるのは当然です。

ただ、それでも【七つの大罪】が人気なのは変わりありません!

 

第4期もスタートし、続編漫画も気になるところです!

さらに人気が出ること間違いありません^ ^

 

\お試し期間中に解約すれば料金はかかりません/

実質無料でアニメを視聴する>>

 

\アニメより先のストーリーが知れる/

安くお得に電子書籍を購入する>>