【七つの大罪】敬神ゼルドリスの魔力や技・能力など強さまとめ!

七つの大罪】に登場する、ゼルドリス

ゼルドリスはメリオダスの弟で、裏切った彼に代わって「十戒」を統率する魔神族です。

非常に冷静な性格かつ真面目で、油断も慢心もありません。

魔神王の代理を行なっている、魔神族の中では実質のトップと言えます。

 

そのため、魔神王の魔力を借り受けており、強さがハンパではありません。

遠距離攻撃が効かなかったり、元々魔界屈指の剣の使い手でもあります。

「魔力+剣技」で強者達を圧倒。

 

そんなゼルドリスですが、自身や魔神王の魔力にどんな能力があるのでしょうか?

そして、一体どれほど強いのか?

 

今回は【七つの大罪】の登場する、ゼルドリスについてお話します↓↓

★この記事を見ることで、ゼルドリスの「」や「魔力」「能力」など、その「強さが分かります!

 

 

 

【七つの大罪】敬神ゼルドリスの魔力や技・能力など強さまとめ!

 

冒頭でも触れましたが、ゼルドリスは魔神王の魔力を借りている上に、魔界屈指の剣技の実力を誇ります。

これだけ、すでに十分すぎるぐらい強いです。

では、元々の自身の魔力はそこまで高くないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

ゼルドリスの自身の魔力の中で、「凶星雲オミノス・ネビュラ」、「全反応フルリアクト」という技が有名です。

この技は、戦闘において格上の相手でも、追い詰めることができる能力を有していました。

それによって、ゼルドリスは非常に活躍をします。

 

それでは、ここからはゼルドリスの強さを解説します↓↓

 

ゼルドリスの戒禁は相手を服従させる「敬神」

 

ゼルドリスが所持する戒禁かいごんは「敬神けいしん」です。

「敬神」は、ゼルドリスから逃げた者たちを、強制的に従える事ができる戒禁です。

そして、従えられた者たちは、魔神王やゼルドリスへの忠誠を誓わされます。

 

ゼルドリスは、煉獄にいる魔神王の代理です。

そんなゼルドリスから逃げると言う事は、神に背を向けたと同じです。

なので、反発する者たちは「不敬罪」と判断され、強制的な従者となります。

 

この敬神は、ゼルドリスの意志次第で解除する事も可能です。

実際、ゼルドリスはマーリンとの交渉の際に、キャメロットにいる戒禁にかかった者たちを元に戻しました。

ちなみにですが、正気に戻った者は奴隷だった時のことは覚えていません。

 

元々「敬神」は、十戒の1人・カルマディオスが所持していました。

しかし、彼は過去の聖戦でメリオダス、ドロール、グロキシニアに負けます。

そのため、敬神の戒禁の所持者が空席となり、魔神王の命令でゼルドリスが所持する事になりました。

 

魔力を反転させる「魔神王支配者」(ゴッドザ・ルーラー)

ゼルドリスは、「魔神王/支配者ゴッドザ・ルーラー」という能力を持っていました。

この能力は、魔力攻撃の効果を反転させるがあります。

簡単に言えば、魔力攻撃を無効化するのです。

闘級では格上のエスカノール、リュドシエルなどの攻撃も無効化できるので、非常に強力と言えるでしょう。

 

元々「魔神王/支配者ゴッドザ・ルーラー」は、魔神王のものです。

魔神王の代理を務めることで、その力の一部を借りています。

なので、「魔神王/支配者ゴッドザ・ルーラー」の力の全てが使えず、魔力無効化しかできません。

それに、1度解除すれば再使用までに時間がかかるという、デメリットもあります。

 

 

強力な引力「凶星雲」(オミノス・ネビュラ)

 

上記で少し触れましたが、ゼルドリスは自身が持つ魔力に「凶星雲オミノス・ネビュラ」という技が存在します。

これは、強力な引力で相手を引き寄せる技です!

自らの周囲にやみを旋回させ、相手を引き寄せます。

 

この魔力は、相手の闘級の高さに関係なく効果を発動します。

実際、ゼルドリスよりも闘級が高いリュドシエルやエスカノールも引き寄せられました。

1度、引力に巻き込まれたら、特殊な回避をしない限りは逃れられません。

マーリンは連続テレポート、エスカノールは地面を踏み割り、足を深く突き刺して逃れるのがやっとでした。。

 

唯一の欠点は、先ほどの「魔神王/支配者ゴッドザ・ルーラー」と同じく、再使用に時間がかかること。

ただ、それでも強力な能力なので、エスカノールの技「聖剣エスカノール」のような、間合いを潰す技でないと止められません。

 

7半自動的に迎撃する必殺技「全反応」(フルリアクト)

全反応フルリアクト」は間合いに入った者を、半自動的に斬る技です。

メリオダスの「全反撃フルカウンター」と同系列の技ともいえます。

凶星雲オミノス・ネビュラ」で敵を引き寄せた後、このフルリアクターで相手を斬るコンボ技がよく描かれていました。

 

半自動と言うことは、体が勝手に反応するため無駄のない剣技ができます。

元々、剣の達人なこともあり、剣速が互角だったリュドシエルをも圧倒しました。

 

空から地上に魔力の雨を降らす「怒りの日」(ディエスイレ)

怒りの日ディエスイレ」は、広範囲に闇を広げて、魔力の雨を降らせます。

剣技が得意なゼルドリスにとって、数少ない魔力攻撃だと言えるでしょう。

 

リュドシエルたちを、天空宮ごと消すために使用します。

さらに、アニメ「憤怒の審判/第3話」では、裏切った吸血鬼たちを処刑する時にも使用していました。

 

闘級は「6万1000」と低めだが大天使や七つの大罪を圧倒した

ゼルドリスの闘級は「6万1000」です。

父親の魔神王を始め、チャンドラー、キューザックに比べたら低めです。

しかし、十戒の面々の中では高めなので、統率者としては相応しいものだと言えるでしょう。

 

聖戦の時には、主にリュドシエル、エスカノールと戦いました。

リュドシエルは「20万1000」、エスカノールは「11万4000」と、闘級はゼルドリスより格上です。

普通だったら、この時点で勝ち目は無いでしょう。

 

しかし、ゼルドリスは「魔神王/支配者ゴッドザ・ルーラー」で魔力攻撃を無効化。

凶星雲オミノス・ネビュラ」と「全反応フルリアクト」のコンボで彼らを圧倒しました。

これらの能力はメリットは、使い方次第で「闘級の高さ関係なく相手を圧倒できる」ところです。

 

ゼルドリスはこの技をうまくフル活用して、格上の相手にも負けない実力を得ました。

 

【七つの大罪】ゼルドリスの強さまとめ

 

まとめ

●戒禁は背を向ける相手を支配し、魔神王に忠誠を誓わせる「敬神

●相手の魔力を反転化させて無効化する「魔神王/支配者ゴッドザ・ルーラー

●目に見えないくらいの闇を操って相手を引き寄せる「凶星雲オミノス・ネビュラ

●間合いに入った相手を半自動的に斬りつける「全反応フルリアクト

●空から魔力の雨を降らせる「怒りの日ディエスイレ

●闘級は「6万1000」と低めだが、大天使や七つの大罪を圧倒した

 

以上、ゼルドリスの強さでした!

魔力メインではなく、サブで使用しているところも好感が持てます。

魔界屈指の剣技だけで敵を圧倒するゼルドリス。

戦いの勝敗は、闘級の高さだけで決まらないということを、ゼルドリスが体現してくれました。

この能力を持ってすれば、どんな相手でも余裕で圧倒できそうですね^ ^

 

\お試し期間中に解約すれば料金はかかりません/

実質無料でアニメを視聴する>>

※無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません!

 

\アニメより先のストーリーが知れる/

安くお得に電子書籍を購入する>>

※40%~50%オフで読めるのは、電子書籍だけ!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! アニ木(あにき)です! 妻・子供の家族4人で楽しく生活しながら、ブログを書いています^ ^ 私の趣味は、アニメを見たりマンガや読むことです! ここからサイト「アニツリー」が誕生しました! 木からアニメやマンガの実がなるような、見ていて楽しいサイトにしていきます(゚∀゚)! ぜひ、楽しんでいって下さい!