ブルーロック凛はどこのチーム?Vから順位1位になった?

公開日: 2023年1月24日 | 最終更新日: 2023年1月31日

 

アニメは第2クールに移動し、漫画は新英雄大戦ネオエゴイストリーグで盛り上がりを見せている【ブルーロック

今回は、青い監獄ブルーロックにいる選手の中でトップレベルの選手である糸師凛について解説します。

 

凛は1次選考を勝ち抜いてきましたが、それまでの動向が分からず見進めている方も多いでしょう。

選考時は「どのチームに所属したのか?

1位通過というのは分かりますが、どのように勝ち上がってきたのかは描かれていません。

 

なので、今回は凛の一次選考について解説&考察をしていこうと思います↓↓

この記事を見て分かること
  • 凛が所属していたチームについて
  • 凛の順位について

 

 

ブルーロックを見る/読む方法

\実質タダで1か月間アニメが見れる/

31日間の無料トライアルあり

今すぐU-NEXTをお試し

 

\マンガがお得に読める/

100冊すべて40%オフ

Amebaマンガのクーポンを利用する

 

\小説やラノベ好きな方向け/

70%OFFクーポンで最大12冊半額

ebookjapanのクーポンを利用する

 

 

凛はどこのチーム?

 

まずは、凛が所属していたチームについて解説します。

1次選考では、潔たちがいる5号棟の様子しか描かれませんでした。

ということは、そこにいなかった選手たちもどこかで試合をしているはずです。

 

実は、凛も同じく1次選考を行なっていることが触れられていました。

早速、見ていきましょう↓↓

 

糸師凛は「チームV」

結論、凛はチームVに所属していました。

チームVと言えば、凪や玲王が所属していたチームですよね!

 

しかし、凛が試合に出ている様子はなく、どこか不思議に感じます。

これには、簡単な答えがありました↓↓

 

5号棟という名でそれぞれVWXYZが5つ存在していた

実は、ブルーロックには「5つの棟」「25チーム」が存在していました。

なので、潔たちが激戦を繰り広げていた棟は、5つある中のたった1つだったのです。

簡単にまとめてみました↓↓

計300人

① 12人×5チーム (VWXYZ) =60人

→それぞれ脱落者1人ずつ (潔たちの場合、吉良)

→11人×5チーム=55人 (5号棟という名の1つの棟)

 

②上記の内容で、5つの棟が存在した

→全て名前は「5号棟」であり、チーム名も全て「VWXYZ

 

③凛は、凪たちとは違う「チームV」に所属していた

 

このようなからくりで、絵心にうまく言いくるめられていたのです。

なので、本編を見ていた人は「なぜ凛は凪たちのチームVにいないのか?」という疑問を抱いたことでしょう。

一応、絵心からは「チームB~Fが1号棟」「チームG~チームKが2号棟」「チームL~チームPが3号棟」「チームQ~チームUが4号棟」に所属していることは告げられていました。

 

しかも、上位のチームであればあるほど1次選考を免除され最新のトレーニングを受けたり、良い食事をしていると言っていましたね。

ただ、それは各棟で戦っている選手たちのハングリー精神を鍛えるための嘘でした。

上記の理由により、凛が凪たちのチームにいかなかったことにも腑に落ちます。

 

Vから順位1位になった?

 

次は、凛がチームVから1位になったのかどうかについて考察します。

内容が描かれることはありませんでしたが、1位という数字は驚異的です。

さらに、蟻生や時光という化け物も他にいるため、楽ではなかったでしょう。

ここからは、凛がどのようにして1位になっていったのか考えていきます↓↓

 

 

凛はランキング1位となり二次セレクションへ進んだと予想

ここまでも触れてきましたが、凛は2次選考開始時にはランキング1位でした。

しかし、2次選考前に2つのボールをぶつける技を披露したときには、順位が見えていません。

1次選考の時の順位は分かっていませんが、何とか分かっているのはチームVの「22〇位」となっていることだけです。

凛の実力を踏まえると、221位でチームVの中で1位なのは間違いのない事実と言えます。

 

別のチームVでめちゃくちゃ活躍したと考察

そのことを踏まえると、凛はチームVの中でとてつなく活躍したのではないかと考察されます。

※これはあくまで考察なので、事実ではありませんのでご了承ください

 

まず、凛は入寮テストの「鬼ごっこ」で、誰にも当てられることなくクリア。(もしくは、雑魚キャラに思いっきりぶつける)

その後の「3日間の体力テスト」では、ずば抜けた身体能力からすでに「221位」だったのではと予想しています。

そして、1次選考の総当たり戦で凪たちのチームVよりも得点を取ったのでしょう。

ライバルリーバトルでの「凛-蟻生-時光 vs 潔-蜂楽-凪」の3対3の試合から見ても、その得点力は尋常じゃないですからね。

いくら1次予選だとはいえ「フィールドは戦場だ」と考えている凛なので、さぞかし相手の心をバキバキに折っていたと思います。

 

そして1次選考を通過し、ブルーロックマンへのシュートテストも難なくクリア。

ここでのポイントも加味され、そのまま1位として2次選考へと臨んだと予想します。

 

【ブルロ】糸師凛のチームVについてまとめ

 

まとめ
  • 糸師凛は「チームV」
  • 5号棟という名でそれぞれVWXYZが5つ存在していた
  • 凛はランキング1位となり二次セレクションへ進んだ
  • 別のチームVでめちゃくちゃ活躍したと考察

 


以上、糸師凛の所属チームや、これまでの活躍についての
考察でした。

凛ほどの実力であれば、チームVだろうと違うチームでも1位での勝ち上がってきたでしょう。

ネオエゴイストリーグでも活躍していますし、これからにも期待できそうです^ ^

 

 

ブルーロックを見る/読む方法

\実質タダで1か月間アニメが見れる/

31日間の無料トライアルあり

今すぐU-NEXTをお試し

 

\マンガがお得に読める/

100冊すべて40%オフ

Amebaマンガのクーポンを利用する

 

\小説やラノベ好きな方向け/

70%OFFクーポンで最大12冊半額

ebookjapanのクーポンを利用する