スパイファミリー/ロイドがヨルを疑わないのはなぜ?バレる可能性を考察

公開日: 2022年12月5日 | 最終更新日: 2022年12月5日

 

スパイファミリー】は、敏腕スパイのロイド、殺し屋のヨル、そして人の心を読むことができるアーニャの3人が、お互いの正体や本音を隠しながら、各々の目的のため「偽装家族」を演じるストーリーです。

話が進むにつれて、3人がただの偽装家族から「本当の家族」のように関係性が変化していくところが、この作品の見どころの1つですね。

そんな中で、この3人がいつかお互いの正体を知る時が来るのか、そこが皆さん1番気になるポイントではないでしょうか?

そこで今回は、まだお互いの素性を知らないであろうロイドとヨルの正体がバレる可能性があるかどうかを考察していきます!

まとめ
  • ロイドがヨルを疑わない理由
  • 2人の関係性がバレる可能性について

 

ロイドがヨルを疑わないのはなぜ?

 

ロイドの本来の姿は、西国の諜報機関である『WISE』に所属しているスパイ「黄昏」です。

彼は敏腕とも評価されるほどの腕前で、組織の上層部の人物たちからはかなり高い評価と信頼を寄せられている存在です。

黄昏は、それだけスパイとしての身体能力や洞察力など優れている所がたくさんあります。

 

しかしそんな彼が、ヨルが殺し屋であることに気付いている描写はありません

この事実には、少し違和感が残りまよね。

もし、ヨルが自分の正体を完璧に隠せているようであれば、気になりませんが、ふとした瞬間に自信の身体能力の高さを披露してしまうヨルです。

黄昏の実力があれば、ヨルが何かしらを隠していることくらいは気付きそうです。

ではなぜ、ロイドはヨルの事を疑わないのでしょうか?

 

本音と建前に揺れているからと考察

ロイドがヨルと「偽装夫婦」になったのは、東西の平和を目的とした任務遂行のためです。

第2話で、そのロイドとヨルの出会いが描かれています。

 

情報屋フランキーの力を借りて、独身女性のリストを調査し結婚相手を探していたロイド。

そんな町で、偶然ヨルと出会います。

ロイドからはアーニャの母親として入学試験に協力すること、ヨルからは彼氏役としてパーティに出席することを条件に、偽装作戦へお互いに承諾します。

この展開の中でもヨルはロイドの背後を取ったり、彼からの視線に感づいたりと、スパイであるロイドが驚くような行動をとっていました。

 

また、普段もヨルは自分の身体能力を隠しきれていない場面が多く、そのたびに非常に苦しい言い訳をするシーンが要所要所で出てきます。

それにも関わらず、ロイドがヨルの事を疑わないのはロイドの中で、「本音」と「建前」が揺らいでいるからである考えられます。

  • 本音…東西平和のためにヨルを利用する
  • 建前…お互いの目的のために偽装夫婦を演じる

 

ヨルと出会った当初のロイドは、このように考えていたと考えられます。

しかし、ヨルやアーニャとの生活をしていくなかで、この「本音」と「建前」が揺らいでいると考えると、現在のロイドの行動も理解できます↓↓

  • 本音…ヨルとアーニャとの生活が楽しい
  • 建前…任務遂行のための家族

 

自分の存在を消し、スパイとして自分のみを信じて生きぬいてきた黄昏が、ロイドとして生きていく中でヨルへの信頼感が芽生えてきたと考えれば、ヨルの事を疑わない可能性もあると考えられるのではないでしょうか?

 

ヨルの正体について疑うシーンはある

もちろん、最初からロイドはヨルの事を疑わなかったわけではありません。

ロイドは敏腕スパイの黄昏ですから、出会って間もないころはヨルに対して違和感を覚え、一時「ヨルがスパイなのではないか?疑うシーンがあります。

こちらは、すでにアニメでは第9話で描かれていますね。

ヨルの弟の「ユーリ」が秘密警察であるとの情報を掴んでいたロイドは、フランキーとともに警察に扮してヨルの真意を確かめに行きます。

 

しかし、ヨルが身体を張ってロイドを守ろうとしたこともあり彼女をを疑うことをやめたのです。

そして、どんどん信頼するようになっていきます。

私もここはドキドキして見ていましたが、ヨルのセリフがとても頼もしくかっこよかったです!

もし、ここでヨルへの疑いが払拭されていていなければ、その後の展開は変わっていたかもしれませんね。

 

 

偽装結婚ながら大切な家族になっているから

この9話での出来事があったこともあり、ロイドがヨルに寄せる信頼はますます大きくなっていきます。

そのように考えると「ヨルの事を疑わない」のではなく無意識のうちに「ヨルを疑いたくない」と思っているとも捉えることができそうです。

アーニャも含め、フォージャー家がロイドの中で大切な家族になっているとすれば、一スパイとして自分だけを信じてきた黄昏が、ただの「父親」になっていく過程を描いている作品であるとも言えそうですね。

このままお互いの正体を知ることなく、本当の家族になることができれば平和でいいなと思います。

 

では、この先ロイド、ヨル、アーニャの素性がバレる可能性があるのかどうか、という点も合わせて考察してみました!

 

バレる可能性はある?

 

話が進むにつれて、偽装ではない本当の家族に近づいているフォージャー家です。

しかしながら、ロイドの任務は続いていますし、ヨルも殺し屋を続けています。

 

また、2人の正体をすでに知っているアーニャはまだまだ謎が多く、今後どのように描かれているのか気になるところです!

では、今後の展開の中で3人の素性がお互いにバレてしまう時は来るのでしょうか?

 

3人の素性がバレる可能性は高いと考察

ズバリ、私は3人が「お互いの素性を知る日が来る!」と予想しています。

ロイドとヨルがお互いの正体を隠しているだけであれば、このままバレる可能性は低いかもしれません。

 

しかし、既に2人の正体を知っている特異点のような存在のアーニャがいます。

まだまだ今後の展開は読めませんが、アーニャ自身が何かしらのきっかけでトリガーとなり、2人がお互いの素性を知る時がくる可能性があると予想します。

 

元々ロイドとヨルは敵対する組織に所属

また、アーニャ以外にも素性がバレてしまうと考えられる要素があります。

それは、ロイドとヨルが所属している組織に関してです。

 

ヨルは東国に存在する暗殺集団「ガーデン」の一員として殺し屋をしています。

そして、スパイファミリーの舞台設定では東西和平の危機が背景にあります。

それを西国のスパイである「WISE」に所属しているロイドがれを阻止するために、東国の要人に接触する任務をしているのです。

つまり「西と東=ロイドとヨル」が、それぞれの所属する組織を通して、お互いの素性を知る可能性が大いにあり得ると言えそうです。

 

例えば・・
  • ロイドが任務をこなす中で「ガーデン」の調査をしてヨルが所属していることを知る
  • ヨルが「ガーデン」から東国の要人を狙っているスパイの殺人を命じられ、黄昏=ロイドであることを知る

高確率で、上記の展開もあり得ます。

このように、ロイドとヨルが自身の失態により素性がバレてしまう、というよりもアーニャや他の外的要因によってバレてしまうと考えます。

 

他を敵に回しても家族を守り抜くと予想

ここまで、少し暗い内容の考察をしてしまいました。。

しかし、これまで家族としての時間を共に過ごしているロイドとヨルです。

お互いの素性を知る可能性は高いと予想できますが、敵対してしまう状況になったとしても「2人はお互いの事を守る道を選ぶ」だろうと信じたいところです!

また、唯一2人のことを知っているアーニャの予測不能な活躍により、敵対する時がきてもそれを覆してくれるという期待もあります!

 

【SPY×FAMILY】ロイドがヨルを疑わない理由まとめ

 

まとめ
  • ロイドの中で「本音」と「建前」が揺らいでいる
  • ロイドがヨルを信頼している
  • ヨルのことを無意識に疑いたくないと考えている
  • ロイドにとってフォージャー家が大切な家族になってる
  • バレたとしても「お互いが家族を守る」と考察

 

以上、ロイドがヨルを疑わない理由についてでした。

この2人が「偽装家族」から「本当の家族」になってくれることを一ファンとして心から願っています!

そして、この3人の関係性がどのように変化していき、どのような「本音」と「建前」が見え隠れしてくるのか、今後の展開がますます楽しみですね^ ^

 

 

SPY×FAMILY アニメ情報

 

\スパイファミリーのアニメが見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

アニメのお得な情報を見る

 

 

SPY×FAMILY マンガ情報

 

\漫画の最新刊「10巻」が発売中/

アニメでは見れないシーンもあるので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る