スパイファミリーのロイドの過去とは?スパイになった理由がかっこいい!

ついに、テレビアニメが開始された【SPY×FAMILYスパイファミリー】!!

渋谷や山の手線をはじめとした大々的な告知を行い、老若男女問わず認知度が拡大しています。

アニメを見ていなくても、ロイド・ヨル・アーニャの3キャラクターを知っている方は多いのではないでしょうか?

 

そんなスパイファミリーですが、アニメ初回放送の視聴率はなんと「3.1%」をたたき出しました!!

テレビ東京の深夜アニメで、この数字は異常と言えます!

 

あまりピンとこないという方に、他のアニメと比較してみましょう。

視聴率3.1%前後のアニメを下記に並べました↓↓

  • ドラえもん「3.7%」
  • 呪術廻戦「3.3%」
  • ワンピース「3.1%」

など

 

 

どれもこれも深夜アニメではなく、フジテレビやテレビ朝日で放送しているアニメです。

ちなみに、鬼滅の刃のアニメ1期はTOKYO MXで深夜放送され、平均視聴率は「0.424%」でした。

今や国民的作品となった鬼滅の刃と比べても、圧巻の視聴率であることが伺えます。

 

スパイファミリーはこのあとまだまだ面白くなるため、どこまで視聴率が伸びていくか楽しみですね!

中でも、主人公・ロイドの活躍や魅力はその面白さに大きく関係しています。

ただ一見、順風満帆なように見えるロイドですが、実は悲しい過去を背負ってスパイ活動をしていました。

一体、何があったのでしょうか?

 

今回は、スパイファミリーの主人公・ロイドについて解説します↓↓

この記事を見て分かること
  • ロイドの過去
  • スパイになった理由

 

 

スパイファミリーのロイドの過去とは?

 

スパイファミリーにおける、絶対的な主人公ロイド!

そのロイドのミステリアスな過去とは、どのようなものだったのでしょうか?

早速、見ていきましょう↓↓

 

ロイドの幼少期は戦争孤児

 

ロイドは、幼少時代「戦争孤児だった」ことが描かれています。

幼少期のロイドが、泣きながら立ち尽くす姿が印象的なシーンです。

 

そして、その背後に破壊された戦車や兵器が描写されていることから、激しい戦争の真っ只中もしくは戦争終結の状態の時だったのでしょう。

 

戦争により両親と死別した過去を持つ

ロイドの家族構成などは不明ですが、おそらく戦争によって「親・兄弟・親友」「学校・家」などの、親族や居場所をすべて失ったものと考えられます。

その両親の死に方については、現在のところ語られてはいません。

 

しかし、その後のロイドがスパイの道に進んだということから「かなり戦争を憎んでいる」ということが分かります。

なので、家族悲惨な死に方だったことが容易に想像できます。

現在ジャンププラスにて連載されている最新話は、ロイドの幼少期のエピソードが掲載されており、その壮絶な過去シーンが解き明かされるかもしれません。

※2022年4月22日時点

 

自身だけが取り残される不安は、まだ子供だったロイドに大きな傷を残しました。

 

 

ただただ泣いてばかりの子供時代だった

ロイドは、子供が泣いているのを見ると「苛立ちや葛藤」を覚えるようです。

なぜなら、自分自身が「昔から泣くことしかできなかった」からです。

ただただ無力で、誰も手を差し伸べてくれない存在だった自分を思い出してしまうのでしょう。

 

アーニャを引き取り彼女が泣く姿を見ながら、泣いてばかりだった自身の幼少期を思い出すシーンも描かれています。

無意識の内に、幼少期の姿と重ねてしまうのです。

 

スパイになった理由がかっこいい?

 

上記では、ロイドの過去について触れてきました。

では、そんな悲しい過去を背負っていた少年が、なぜスパイになったのか?

なにか特別な理由があるでしょうか?

 

「子供が泣かない世界を作るため」にスパイとなる

子供が泣かない世界を作りたい。

それが、ロイドのスパイになった理由です。

 

先に書きましたが、幼少時代のロイドは泣きっぱなしの人生を送ってきました。

そんな悲惨な幼少時代を過ごしてきたからこそ「子供が泣かない世界に憧れを持った」のだと思います。

 

そして、そのためにスパイ活動を行なうことで、間接的にでも「幸せな世界を作ろうと考えた」のでしょう。

自分のように悲しい思いをする子供がこれ以上出ないよう、自分を犠牲にしてまでもスパイという仕事を続けているのです。

 

戦争を防ぐために特殊な任務や諜報活動を行なう

戦争は、いろいろな要因で起きてしまいます。

大国同士のいがみ合い、牽制、威嚇することで、自国の利益のために「戦争」という手段に行き着きます。

  • 領土拡大のための他国侵略
  • 独裁者の登場による戦争の開始はじめた
  • 自国内のクーデターや政権交代へ向けた反乱

など

 

このように、戦争が起こるからには「何かしらの大きな理由」があります。

(日本の歴史における応仁の乱は理由なき戦いだったと言われていますが・・)

 

さらにはその大国の属国なども巻き込まれたりと、見る見るうちに大きく拡大していくのが戦争です。

そこで、人知れず活躍をしているのが「スパイ」です。

 

ロイドの主なスパイ活動はこちらです↓↓

  • 変装など、他人に成りすまして敵国へ乗り込む
  • 敵国の要人の近親者と仲良くなることで、その人物に近づき重要な機密事項を暴く
  • 戦争を事前に察知し、テロ行為を防止する
  • 武器や盗品などの密輸組織などを壊滅させる

など

 

このように、戦争を防ぐために「特殊任務」や「諜報活動」を行なっているのです。

 

西国の敏腕スパイ「黄昏」として名を馳せる

ロイドの悲しき幼少期。

さらに、そんな昔の自分のように「子供が泣かない世界を作るため」にスパイになったロイド。

その大きな想いが原動力となり、今では西国における「超敏腕スパイ・黄昏」として名を馳せるようになります。

 

しかし、スパイということもあり一般的にではなく、ごく限られた中での認知度です。

スパイを生業とする同業や、犯罪行為や国家転覆を計画する組織などには「黄昏」の名は知れ渡っています。

 

さらに、黄昏に憧れを持つスパイも多くいます。

表舞台に顔を見せることがなく、大きな功績だけが独り歩きをしているからこそ、存在が知られていないだけに「神格化」されているのではないでしょうか。

 

【SPY×FAMILY】ロイド・フォージャーの過去まとめ​

 

まとめ

ロイドの過去について

  • ロイドの幼少期は戦争孤児
  • 戦争により両親と死別した過去を持つ
  • ただただ泣いてばかりの子供時代だった

 

スパイになった理由

  • 「子供が泣かない世界を作るため」にスパイとなる
  • 戦争を防ぐために特殊な任務や諜報活動を行なう
  • 西国の敏腕スパイ「黄昏」として名を馳せる

 

今回は、スパイファミリーの最重要人物であり、主人公「黄昏」ことロイド・フォージャーについて掘り下げてきました。

ロイドは現在、任務のために1人の娘と美人の奥さんを持つ優しい男性です。

 

しかし、その過去は戦争に巻き込まれ、悲劇的な人生を送ってきた1人の少年でした。

子供が泣かない世界を作りたい」という想いから、過酷な仕事を続ける男気溢れる側面も持ち合わせています。

 

今後の物語の流れでは、ロイドがどのような人生を送るのか描かれていくことでしょう。

やっぱり「幸せな生活を送ってほしい」という思いを抱く方が多いと思います。

アニメ化が大ヒットしている中、これからも目が離せない作品です^ ^

 

 

SPY×FAMILY アニメ情報

 

\スパイファミリーのアニメが見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

アニメのお得な情報を見る

 

 

SPY×FAMILY マンガ情報

 

\漫画の最新刊「9巻」が発売中/

アニメでは見れないシーンもあるので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る