スパイファミリーのヨルの正体や過去は?殺し屋になった理由は弟ユーリのため?

公開日: 2022年4月7日 | 最終更新日: 2022年5月6日

 

SPY×FAMILYスパイファミリー】今、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を博しています。

そして、2022年のこの春からアニメ化も決定!

そんなスパイファミリーには、数々の印象的なキャラクターが登場します。

中でも、主人公・ロイドの妻である「ヨル・フォージャー」は、魅力的なキャラです!

 

しかし、その反面まだまだ謎に包まれた人物でもあります。

今回は、ヨルの正体や過去について解説します↓↓

この記事を見て分かること
  • ヨル・フォージャーの正体や過去
  • 殺し屋になった理由

スパイファミリーのヨルの正体や過去は?

 

ヨルは優しい性格を持ち、容姿も綺麗な女性です。

ロイドやアーニャのことを気にかけ、苦手な料理も克服しようとするなど、妻として母としての努力を欠かしません。

さらに、会社でも事務員としての仕事をこなすOLでもあります。

 

しかし、本職の依頼が来た際は表情が一変。

一気に闇のオーラに包まれ、これまでの明るい笑顔は消え去ります。

一体、このヨルとは何者なのでしょうか?

 

詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧下さい↓↓

 

ヨルの正体は「いばら姫」と呼ばれる殺し屋

先ほども触れましたが、ヨルの表の顔は役所の事務員という冴えない面を持っています。

しかし、それは裏の顔を隠すためのカモフラージュでした。

実は、ヨルの裏の顔(本当の顔)は「いばら姫」と恐れられる殺し屋です。

 

家庭にいる時の明るいヨルからは想像も付かないほど、ダークな表情をします。

 

暗殺組織「ガーデン」に所属している​

作中、暗殺組織「ガーデン」という謎の組織が登場します。

このガーデンは、基本的には東国の平和を守るための治安維持という名目で活動する秘密組織です。

主な活動は、東国の存在を脅かす要人などの暗殺です。

 

そして、そのガーデンに所属しているのがヨルこと「いばら姫」です。

実はヨルは、東国のスパイである西側のロイドとは対称的な立ち位置にいます。

この関係性が、今後どのように描かれていくのかが楽しみです!

 

 

幼い頃に両親がいない「孤児」だった​

そんなヨルですが、実は幼い頃から暗殺の仕事を請け負っていました。

親はどうしていたのか?」という疑問もあるかと思いますが、ヨルは幼いころに両親を亡くしているのです。

 

両親が亡くなった理由は、まだ明らかになっていません。

ただ、両親が亡くなった後すぐに、ヨルが暗殺組織に所属したのは事実です。

そして、幼いながら暗殺をおこなっていたことから、ヨルの両親も何かしらの裏の組織の要人だったことが考えられます。

 

弟・ユーリに尽くしっぱなしの過去だった​

ヨルは幼いころから弟・ユーリのために、家事など世話焼きで一生懸命でした。

ユーリは7つも年が離れているため、ヨルにとっては唯一の肉親で宝物そのものだったのではないでしょうか?

 

そんなユーリは、ヨルのおかげもあり今ではしっかりと働いています。

表向きの顔は外務省の職員(公務員)ですが、裏の顔は国家保安局(SSS)に所属する秘密警察です。

SSSとは、東国の治安を維持するための組織で、スパイの確保や市民の監視を主に行っています。

そのやり方は、非人道的であり、拷問・脅迫など任務のためなら手段を選びません。

ユーリもまた、姉のヨルを悲しませたくない、心配させたくないという理由から、本当の職務内容を伝えていませんでした。

 

殺し屋になった理由は弟ユーリのため?​

 

先ほど、ヨルについて解説しました。

表向きは役所の事務員で、眼鏡をかけてさえない女性を演じています。

 

しかし、裏の顔は暗殺組織「ガーデン」に所属する殺し屋でした。

その実力は圧倒的で、特殊な武器や拳銃など使わずとも、近接格闘術のみで敵をせん滅することが出来ます。

このヨルの強さは、幼いころから「殺し屋」という職業に就いてきた証明です。

 

では、なぜヨルは殺し屋となったのでしょうか?

殺人願望などがあったのでしょうか?

 

ヨルが殺し屋になったのはユーリを守るため​

 

結論、ヨルは「ユーリを守るために」殺し屋になりました。

弟を守るためなら何でもする」と心に決めていたのだと思います。

ヨルが殺し屋になったのは、幼いユーリが食事もできず「ひもじい思いをしないように」という気持ちが強かったのでしょう。

 

余談ですが、昔の日本映画で「誰も知らない」という映画がありました。

親に捨てられた兄弟がアパートに放置され、独りずつ死んでいくという内容です。

もし、ヨルが何もしなければ同じことが起きていたかもしれません。

 

そのような状況にはならないように「殺しをしてでもユーリを守りたい!」という強い気持ちから、今の仕事に就いたのでしょう!

 

お金を稼ぐために汚れ仕事を請け負い続けてきた​

ヨルはユーリを一人前の大人に育てるために、殺し屋として活動してきました。

いわば「お金を稼ぐために」汚れ仕事を続けてきたということです!

 

しかし、それはいつしか、違う目的へと変化していきます。

殺しをすることで国を浄化し、東国を綺麗にする」という思いになっていきました。

 

幼い子供であろうが、殺人に手を染めることはあってはいけません。

ヨルも、薄々はそれを分かっているはずです。

ただ「幼い弟を守るため」という大義名分の元、自分を肯定化するというある種のマインドコントロール(自己暗示)を行うことで、精神を保ってきたのではないでしょうか?

普通の人であれば、自分が行ってきた数々の行為に対して懺悔の気持ちを持ち、普通の生活は行えないはずです。

 

そういった点でも、ヨルは「◯◯のため」という正義感が人並み外れたものなのでしょう。

 

ユーリ以外の家族を持ち殺し屋として葛藤している​

現在、ヨルは「ロイド」と「アーニャ」の3人+超能力犬ボンドと4人家族として過ごしています。

素敵な夫、可愛い娘、かしこいペットを持つ、妻であり優しい母親でもあります。

かつてのヨルはユーリしか肉親がいませんでしたが、その状況は一変しました。

 

すさんだ過去を持ち、弟の命を守るために殺し屋を続けてきたヨル。

しかし、ユーリ以外の楽しい家族を持ったことで、自分の仕事に対して疑問を抱くようになります。

それは「今が幸せなのに、このまま殺し屋をやっていくことに意味があるのか?」という葛藤でした。

 

おそらくこの葛藤は今後もっと大きいものとなり、ストーリーに重要な刺激をもたらしてくれることでしょう。

家族を守るか?」「殺し屋を続けるか?

という、最大の選択を迫られる展開になるのではないでしょうか?

 

【SPY×FAMILY】ヨルの正体や過去についてまとめ​

 

まとめ

ヨルの正体や過去について

  • ヨルの正体は「いばら姫」と呼ばれる殺し屋
  • 暗殺組織「ガーデン」に所属している​
  • 幼い頃に両親がいない「孤児」だった​
  • 弟・ユーリに尽くしっぱなしの過去だった​

 

殺し屋になった理由について

  • ヨルが殺し屋になったのはユーリを守るため​
  • お金を稼ぐために汚れ仕事を請け負い続けてきた​
  • ユーリ以外の家族を持ち殺し屋として葛藤している​

 

以上、スパイファミリーのヨルについてでした!

いかがでしたでしょうか?

作品の中で、圧倒的な攻撃力を誇るヨル。

 

しかし、その背景は誰も知らない過去を持つ孤高の女性でした!

その可愛いらしい顔からは想像できないほど、苦悩があったと想像できます。

 

そんなヨルが登場するスパイファミリーのアニメ化によって、最高潮の雰囲気のなか放送がどこまでの人気となるか!

これからヨルがどのような女性になって、家庭を守っていくのか楽しみですね^ ^

 

 

SPY×FAMILY アニメ情報

 

\スパイファミリーのアニメが見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

アニメのお得な情報を見る

 

 

SPY×FAMILY マンガ情報

 

\漫画の最新刊「9巻」が発売中/

アニメでは見れないシーンもあるので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る