【ボルト】殻の果心居士(かしんこじ)の正体は自来也?螺旋丸や口寄せしたカエルから考察

BORUTO/ボルト】で敵キャラとして登場する果心居士かしんこじという男がいます。

彼は、ジゲン率いる謎の組織「」の一員で、普段は仮面をつけて顔を隠していました。

見た目は中年男性の風貌ですが、殻の中では新入りみたいです。

 

そんな彼ですが、一部の者しか使えない「螺旋丸」などの秘術を使用します。

螺旋丸と言えば、見様見真似では到底会得できない「高難易度の忍術」です。

なので、その部分が大きな謎を呼ぶキャラでもあります。

一体、果心居士の正体は何者なのでしょうか?

 

今回は【ボルト】に登場する果心居士についてお話します↓↓

★この記事を見ることで、果心居士の正体が何者なのか分かります!

 

 

 

【ボルト】殻の果心居士(かしんこじ)の正体は自来也?

 

噂では、果心居士の正体は「自来也」だとされています。

自来也とは、ボルト父親・ナルトの師匠です。

自来也も螺旋丸を扱えますが、性格や雰囲気は果心居士とは似ても似つきません。

 

自来也は忍としての実力があり、女好きの一面もあります。

しかし果心居士は、かつての仲間でも躊躇なく葬る冷酷さを見せており、自来也とは到底思えません。

なぜ、「果心居士=自来也」だと言う説が出てきたのでしょうか?

以下、深堀りしていきます↓↓

 

殻のメンバー・果心居士(かしんこじ)の正体は「自来也のクローン」

 

果心居士はしばらくの間、殻のために動きつつ、火の国の様子を伺っていました。

しかし、いきなりジゲンに対して反旗を翻し、彼を倒そうと立ち向かいます。

戦いの中、ジゲンの攻撃を受けた果心居士の仮面は壊れ、その素顔が明らかになりました。

その素顔は、自来也に似ていました。

 

その頃、似たタイミングでジゲンを裏切ってナルトたちに保護されていた、アマドは衝撃的な発言をします。

なんと、果心居士の正体は、自来也のクローンだと言うのです!

さらに、ジゲンを倒すために、アマドが果心居士を生み出した事も明らかになりました。

 

しかし、ここで気になるのは、どのようにして自来也の遺伝子を見つけたかということです。

自来也は暁のリーダーであるペインとの戦いで敗死し、海底に沈んでしまいました。

もし遺伝子を手に入れるならば、海底を調査しないといけません。

 

ただ、殻には様々な乗り物があるので、アマドが遺伝子を手に入れるために潜水艦を使った可能性があります。

他にも、大蛇丸と共同で作ったという可能性もあるでしょう。

果心居士は、大蛇丸が造ったミツキを見て、”大蛇丸の子“だと言いました。

その事実を知るのは、ごく一部の者たちだけです。

殻が独自の情報網で得たのかもしれませんが、アマドが果心居士を造るために大蛇丸に協力を求めたかもしれません。

 

大蛇丸は、かつて自来也・綱手と共に「伝説の三忍」と呼ばれていました。

それゆえに、遺伝子を持っている可能性は十二分にあり、アマドが目をつけて協力を申し込んだと予想しています。

大蛇丸もきっと嬉々としながら、協力したのでしょうね。

 

余談ですが、その際にミツキのデータを確認し、その事をアマドが果心居士に話したのかもしれません。

 

果心居士はボルト達が青に勝利した後に現れる

 

果心居士は、ボルトたちの前に現れる以前から、1人で動いていました。

しかし、彼らの前に現れたのは、ボルトたちが”青に勝った後“です。

果心居士は、青に対してカワキの捜索を命じており、その間で自分も独自に動いていたのでしょう。

 

そして、青がボルトたちに倒されたのを目撃し、口寄せで蒸気蝦蟇ボイラーガマを呼び寄せて始末しました。

それからボルトたちとも交戦し、カーマの力を使ったのを確認して撤退したのです。

 

螺旋丸や火遁の術を使用し火の国と縁があることをセリフする

 

果心居士は自来也のクローンなので、「螺旋丸」を始め「火遁の術」も使います。

螺旋丸は「自来也→ミナト→カカシ→ナルト→木の葉丸→ボルト」の6人しか使えません。

 

しかし、果心居士は自来也のクローンなので、完全な螺旋丸を使えます。

また、火遁の術も自来也が得意としていた術の1つです。

クローンゆえに、火の国の感知結界をあっさりと通過し、火の国とも縁があると述べていました。

 

蒸気蝦蟇(ボイラーガマ)というカエルを口寄せしていた

 

果心居士は、機械化した姿のカエル「蒸気蝦蟇ボイラーガマ」を口寄せできます。

自来也も口寄せの術で「ガマブン太」を始めとしたガマたちを呼び出していました。

実際、螺旋丸が使える者たちが蝦蟇を呼び出せるので、自来也のクローンである果心居士も呼び出せるのでしょう。

 

白髪・目の下の化粧や「仙人モード」も合致する

 

果心居士はクローンなので、オリジナルの自来也と似た風貌をしています。

下の画像をご覧ください↓↓

 

けっこう似ていませんか?

違う部分があるとすれば、果心居士の方が若干若めなところですね。

 

他にも果心居士は、自来也よりも目の下の「隈取くまどり」と「髪の長さ」が短めです。

さらに、自来也が「油」と書かれた額当てをしていたことに対し、果心居士は「油」の鏡文字が入った額当てを持っていました。

 

果心居士は自来也の十八番「仙人モード」も使用する事ができ、自来也そのものです。

ただ、隈取や髪の毛の長さがあれば、自来也と見分け付く言えるでしょう。

しかし、果心居士の方が比較的若めなのか、自来也よりも使いこなしています。

 

「NARUTO」でペインに殺された自来也が生きているという説は間違い

 

果心居士が自来也のクローンなので、ペインに始末されたのは本当です。

なので、”実は生きている“という、淡い希望は捨てざるを得ません。

 

ペインにやられた後、自来也はしっかりと海底に沈んでいきました。

重傷を負っていた自来也が、沈まないように体を動かすのは困難に等しいです。

もし生きていたら、一度はナルトの元に顔を出しているはずです。

それに「クローン」という呼ばれ方もされないでしょうから、本当にペインによって始末されたことが分かります。

 

【BORUTO】果心(カシン)居士についてまとめ

 

まとめ

●果心居士は自来也のクローン

●果心居士はボルトたちが「青を倒した後」に現れた

●「螺旋丸」や「火遁の術」等の忍術を使い、火の国と関係ある事を匂わせた

●「蒸気蝦蟇ボイラーガマ」という、カエルを口寄せできる

●外見の特徴や「仙人モード」から2人の見た目は似ており、オリジナルの自来也とほぼ同じ

●本物の自来也は、ペインにより始末された

 

以上、「果心居士=自来也説」でした!

外見や性格は少々違いますが、扱える忍術から自来也だと思ってもおかしくありませんね。

ジゲンに挑むも、勝つ事が出来ず撤退してしまいましたが、その後どうしているかは不明です。

一体何をしているのか、気になるところですね!

ただ個人的には、自来也の記憶からボルトの味方となって、再登場してくれることを願ってます^ ^

 

\無料お試し期間を利用してお得に見れる/

実質無料でアニメを使用する>>

※無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません

 

 

\アニメより先のストーリーを読む/

安くお得に電子書籍を購入する>>

※40%~50%オフで読めるのは、電子書籍だけ!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! アニ木(あにき)です! 妻・子供の家族4人で楽しく生活しながら、ブログを書いています^ ^ 私の趣味は、アニメを見たりマンガや読むことです! ここからサイト「アニツリー」が誕生しました! 木からアニメやマンガの実がなるような、見ていて楽しいサイトにしていきます(゚∀゚)! ぜひ、楽しんでいって下さい!