【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎には継子がいた?甘露寺蜜璃との関係が分かるのは何巻の何話?

「鬼滅の刃」で最強の階級は「柱」です!

そして、「柱」には自身の後継者として技や思想を継承させるシステム「継子」というものがあります!

例えば、“蟲柱・胡蝶しのぶ”であれば、栗花落つゆりカナヲが継子になります!

継子に選ばれた人間は、柱のもと修行に励みます!

 

しかし、「継子」がいない「柱」もいます。

代表して炎柱・煉獄杏寿郎がその1人です!

 

今回は、「鬼滅の刃」の中から、以下の点についてお話していきます↓↓

煉獄杏寿郎には継子がいたのか?

甘露寺蜜璃との関係が分かるのは何巻の何話か解説

 

 

「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎には継子がいた?

 

「鬼滅の刃」の作中では、炎柱・煉獄杏寿郎には継子がいない、なので弟である千寿郎がその候補となり剣術を磨いたという話がありました!

結局のところ、弟には剣才がなく日輪刀の色が変わらずに断念してしまいます。

これにより、煉獄家が先祖代々受け継いできた「炎柱」“継承がストップ”するわけですが、実は煉獄には過去に別の継子がいたらしいのです!

以下、煉獄の継子についてお話していきます↓↓

 

継子がいたが煉獄の修行が厳しいため逃げ出した

煉獄には、過去に継子がいました!

しかし、煉獄の修行が厳しすぎるせいで、みんな逃げ出したそうです!

煉獄の性格を見ればイメージができますが、“継子に対する愛情”から、手を抜くということを知らない男なので“地獄の修行”となっていたに違いありません!

これは、他の「柱」にも言えますが「継子」にするためには生半可な修行では到底「柱」になることができません!

中途半端な状態で鬼と戦ったとしても“殺される結果が見えている”ため、厳しくすることの方がむしろ愛情なのですが修行についてこれる隊士がいなかったのです!

 

なので、煉獄の修行に音を上げる弟子ばかりだったために、“煉獄には継子がいない”という状況になったということです!

 

炎柱・煉獄の継子だったのは恋柱・甘露寺蜜璃(みつり)

上記で、煉獄には過去に継子がいましたが、“修行の過酷さにみんな逃げ出した”というお話をしてきました!

しかし、その中に1人だけ修行に耐え抜いた継子がいました!

そして、その継子は現在「柱」をしています!

 

それは、恋柱・甘露寺蜜璃です!

 

煉獄の継子になった経緯の詳細は不明ですが、常人の筋力の8倍という“特異体質”を持つ女性です!

おそらく、この体質に注目した“煉獄が甘露寺を継子に勧誘した”のではないかと言われています!

さらに、甘露寺もこれまで特異体質を“気味悪がられた”過去から、煉獄が誘ってくれたことが素直に嬉しかったのだと思います!

 

“煉獄が20歳”で、“甘露寺が19歳”と年齢が“1歳”しか変わらないため(公式参照)、師匠と弟子というには年が近すぎますが、それぐらい

煉獄は若くして剣の実力があったということです!

 

煉獄は「炎柱」、甘露寺は「恋柱」としてそれぞれ活躍していますが、どのタイミングで甘露寺は煉獄の継子を辞めたのでしょうか?

以下、解説していきます↓↓

 

甘露寺は「炎の呼吸」を学んだ後「恋の呼吸」へと派生させた

煉獄のもとで炎柱の継子として修行をしていた甘露寺ですが、実は「炎の呼吸」が合わなかったようなのです!

合わないというよりは、“自身の持つ呼吸が非常に独特だった”ために、そちらを極めることにしたという方が正しいです!

その後、継子・甘露寺が独立という形で煉獄のもとを去り、自身の呼吸法を特化させていきます!

 

それが、炎の呼吸から派生した「恋の呼吸」という呼吸法です!

 

恋の呼吸は、常人の筋力の8倍という甘露寺の特異体質を利用した、“高速移動から接近して連撃する技”がメインです!

これが「恋柱」と呼ばれる理由ですね!

 

 

煉獄と甘露寺の関係が分かるのは何巻の何話?

参考資料:SMANGA集英社

https://www.s-manga.net/items/contents.html?isbn=978-4-08-882043-9

 

煉獄杏寿郎と甘露寺蜜璃が“師弟関係”だと分かるのは、実は普段読み進めていく単行本ではありません!

正式には、別売りの「鬼滅の刃 鬼殺隊見聞録」という公式ファンブックにその情報が記されています!

以下、解説します↓↓

 

煉獄と甘露寺の師弟関係はファンブック87ページに記載がある

“炎柱・煉獄杏寿郎”“恋柱・甘露寺蜜璃”との間に師弟関係があるという情報は、ファンブックの87ページにそのことが記載されています!

そして、ネット上でもその件で意見の交換がされたりしています↓↓

 

 

 

 

 煉獄と甘露寺の間には「継子」という関係があり、“炎の呼吸”から独自の呼吸として“恋の呼吸”へと派生させました!

“オリジナリティ”が強すぎたために、煉獄の元から去りましたが、その後「恋柱」となり2人で最強の階級である柱の任務に就く姿は素晴らしいです!

なので、甘露寺は使用している呼吸は違えど、“煉獄の意志”“炎の呼吸”をしっかり受け継いでいることが分かりました!

 

「鬼滅の刃」煉獄杏寿郎の継子についてまとめ

参考資料:あにまんch

https://animanch.com/archives/19884267.html

 

今回は、「鬼滅の刃」の中から、以下の点についてお話してきました↓↓

煉獄杏寿郎には継子がいたのか?

甘露寺蜜璃との関係が分かるのは何巻の何話か解説

 

まとめ

煉獄杏寿郎には、過去に「継子」がいたが“修行の厳しさに全員逃げ出してしまった”

唯一、煉獄の修行に耐え抜いていた“継子が1人”いて、それ恋柱」“甘露寺蜜璃”

しかし、“オリジナリティ”が強い呼吸だったために、煉獄の元を去り、“炎の呼吸から派生した恋の呼吸”を極めて「恋柱」となった

煉獄と甘露寺が継子の関係だと分かるのは、“ファンブックの87ページ”

 

煉獄亡き後、炎柱としての継承が途絶えた訳ですが、継子だった甘露寺が“炎の呼吸や師匠である煉獄の意志を受け継いでいる”と考えると、どこか安心できます!

甘露寺が使用する炎の呼吸も一度は見てみたいものですね!

 

炎柱・煉獄杏寿郎と恋柱・甘露寺蜜璃が鬼殺隊のトップとして活躍する「鬼殺の刃」は非常に面白いので、ぜひ見てみて下さい!

✔チェック

まずは、「無料で1話から」と考えている方は、こちらから見ることができます↓↓

 

アニメ【鬼滅の刃】1期「全26話」を見逃しても無料でフル視聴する方法

 

合わせて読みたい>>>>>

【鬼滅の刃】善逸の師匠・桑島慈悟郎は死亡?じいちゃんのセリフ「誇り」は感動?

【鬼滅の刃】冨岡義勇と錆兎の関係は?羽織の柄が同じ理由を考察

【鬼滅の刃】冨岡義勇はかっこいいのに性格は天然?柱に嫌われてる理由をエピソードから考察