バキの強さランキングTOP15!最強キャラが決定!?【2022年】

公開日: 2022年5月22日 | 最終更新日: 2022年5月22日

 

人気格闘漫画である「刃牙シリーズ」には、様々なキャラクターが登場します。

地上最強の生物である範馬勇次郎や、クローンとして蘇った宮本武蔵など、本当に個性溢れるキャラクターが魅力的です。

作中1つのテーマである「最強=1番強い」という視点で考えた時に「誰が1番強い」のでしょうか?

 

この記事では、「バキの強さランキングTOP15」と題して個人的に考えたランキングを紹介していきます。

誰が上位にランクインしてくるのでしょうか!?

読んでいく中で、皆さんなりの「こいつの方が強くない?」という意見があると思います!

純粋な戦闘結果だけでは判断していませんので、色々な意見を織り交ぜながら読んで頂けると嬉しいです!

 

今回は【刃牙シリーズ】に登場するキャラクターの強さについてご紹介します↓↓

この記事を見て分かること
  • 登場キャラクターの「強さランキングTOP15
  • 簡単なキャラクターの特徴

バキの強さランキングTOP15!

 

先程も簡単に刃牙シリーズはどのようなキャラクターが登場するか紹介しました。

どのキャラにも共通することは、とにかくインパクトがあるということでしょうか?

それぞれの特徴、強みを持っているので、このキャラクター同士を戦わせたら面白そうなど、自分なりの考えを持ちながら見ていきます!

 

はたして「強さランキング」はどのような順位なるのでしょうか?

早速15位から発表していきたいと思います↓↓

 

15位:範馬勇一郎

 

第15位は、「範馬勇一郎」です!

範馬勇一郎は、地上最強の生物「範馬勇次郎の父親」で、範馬刃牙の祖父にあたる人物です。

孤高の柔道家ということが判明しており、第3部の親子喧嘩にて「幽霊」という形で初登場しました。

 

勇次郎本人は「互いが対極に位置する」と発言しており、人物像も真反対のようです。

勇一郎は、沖縄戦で日本が降伏後1人で米軍に抵抗しており、現場の指揮官が原子爆弾の使用を実行しようとした程の強さを見せました。

ただ、登場キャラクターとの戦闘シーンが少なすぎるので、上位にはランクインさせておりません。

しかし、確実に強いだろうという期待を込めて第15位になりました!

 

14位:愚地独歩

 

第14位は、神心会の総帥である「愚地独歩」です!

虎殺し、武神、人食いオロチなどの通り名を持つ作中屈指の空手家。

 

第1部では、寝起きに放った拳が菩薩像の手のように握られていたことで、正拳の境地にたどり着いたシーンが印象的です。

第2部では、手負いではあるドイルを1発で倒し、マホメド・アライJrをリターンマッチで倒すなどの強さを見せました。

 

宮本武蔵に敗北した後、姿をくらました独歩ですが、刃牙から以前より強くなっていると評価されているので、日々成長中と考えられますね。

空手という道を歩み、まだまだ成長を見せる愚地独歩は14位としました!

声優は「飯塚昭三さん」「麦人さん」「菅生隆之さん」が担当をしています!

 

 

13位:渋川剛気

 

第13位は、渋川流柔術の開祖「渋川剛気」です!

渋川剛気は、第1部のトーナメントで愚地独歩を倒してベスト4へ上がる実力の持ち主で「達人」や「小さな巨人」などの異名を持ちます。

また、本部曰く実戦の場に「初めて合気を持ち込んだ人」と言われており、武道館から一目置かれる存在です。

 

第2部では、あっけなく刃牙を倒した柳龍光をおもちゃのように扱う強さをみせています。

この結果を見ると、やはり各キャラクターには相性もありますね。

そんな合気の達人・渋川剛気は第13位となりました!

声優は「中博史さん」「島田敏さん」が担当しています!

 

12位:愚地克己

 

第12位は、空手界の最終兵器「愚地克己」です!

幼少時はサーカス団で働いていましたが、実父が団のライオンに殺されたことで、愚地独歩に引き取られ養子になります。

愚地克己と言えば、音速拳が特徴と言えるでしょう。

 

第3部では、ピクルに腕を噛み切られてしまいましたが、最新シリーズのバキ道にて烈海王の右腕を移植し、隻腕が解消。

両腕ともに復活し烈海王の意志を継ぐ男として、今後にも期待されています。

それに伴い、少しではありますが中国拳法の動きをコピーして見せ、対戦相手を圧倒!

 

烈海王の意志を継いだ愚地克己が、第12位となりました!

声優は「藤原啓治さん」「前川優子さん」「川原慶久さん」が担当しています!

 

11位:烈海王

 

第11位は、中国拳法の天才「烈海王」です!

第2部ではドイルを背負ったまま川を走って渡り、愚地克己から師範と尊敬されるなど、戦わずして強さを証明しています!

第3部でピクルに足を噛み切られましたが、義足でボクシング界へ挑戦し、中国拳法のみで勝ち進める強さを持ちます。

第4部の刃牙道では、宮本武蔵と試合を行い強者の意地を見せるものの、敗北。

そのまま、死亡という形で本編からフェードアウトしてしまいました。

 

その後は異世界転生で復活し、剣と魔法が飛び交う中で人外の敵を難なく倒す姿が描かれています。

本編では死亡していますが、様々な場面で強さを見せつけた烈海王が「第11位」となりました!

声優は「安井邦彦さん」「小山力也さん」が担当しています!

 

10位:本部以蔵

 

第10位は、武器の使用に長けた「本部以蔵」です!

本部の特徴は、やはり武器の使用に精通しているというところでしょうか。

あの烈海王を屠った宮本武蔵にも勝利しています。

この時点で、相当な手練れだということが分かりますよね。

 

しかし、過去の戦績を見るとあまり勝利が多いキャラクターではないです。

それはやはり、武器の使用を禁じられていたからだと言えるでしょう。

第1部のトーナメントで金竜山にあっさり負け、その後は解説キャラとして存在したイメージも強いと思います。

それもあってか、なかなか本部の強さを受け入れられないファンも一定数いるようです。

 

しかし、やはり宮本武蔵から勝利を奪ったことは紛れもない事実であり、強さの証明と言えます。

そんな、武器の使用で本領発揮する本部以蔵が「第10位」となりました!

声優は「小室正幸さん」「稲葉実さん」が担当しています!

 

9位:花山薫

 

第9位は、漢「花山薫」です!

花山薫は「喧嘩」というスタイルで戦い、武術は使用しません。

努力することすら女々しい」と本人なりの美学に基づいて戦い、相手の腕を掴んで破壊するほどの握力を持っています。

過去には愚地克己に敗北していますが、死刑囚であるスペックを倒し、ピクルの突進を真っ向から受け止めるほどの度胸・怪力の持ち主です。

さらに、範馬勇次郎に自ら戦いを挑むなど、強靭なメンタル、身体を持っていることに間違いありません。

 

我流の戦闘スタイルを貫く花山薫が「第9位」となりました!

声優は「中田雅之さん」「江口拓也さん」が担当しています!

 

8位:ビスケット・オリバ

 

第8位は、アンチェインこと「ビスケットオリバ」です!

ビスケットオリバと言えば、やはり筋肉ですよね!

その筋肉の分厚さは銃弾を通さず、攻撃としてもあまり効かず銃痕が残る程度。

食事を取ればすぐに回復が始まると言った、異常な回復力を持っています。

 

また、オリバは見た目によらず知識も抜群で、死刑囚のシコルスキーに「超規格外の腕力と知力にものを言わせ法の外に君臨する男」と言わせるほどです。

刃牙との戦闘では「パックマン」と形容された球体に変化し、内部に引きずり込むという技も見せ、俊敏で器用でもあります。

 

現在は、野見宿禰に完敗し物語からは1度消えていますが、今後復活することに期待しましょう。

声優は「屋良有作さん」「大塚芳忠さん」が担当しています!

 

7位:ジャック・ハンマー

 

第7位は、範馬刃牙の兄「ジャック・ハンマー」です!

またの名を「ジャック範馬」と言い、第1部のトーナメント決勝でそれが明らかになりました。

作中では勇次郎、刃牙、ピクル、本部以蔵以外に敗戦は無く、登場こそ少ないものの強キャラとして扱われています。

死刑囚のシコルスキーや、モハメド・アライJrも圧倒したこともありました。

 

バキ道では、野見宿禰と地下闘技場で試合を行なっており「嚙道」という独自の流派を身につけ、彼を圧倒しています。

「ジャック=噛みつき」というイメージなので、今後どうなるか楽しみですね!

声優は「坂口候一さん」「三宅健太さん」が担当しています!

 

6位:ピクル

 

第6位は、野人「ピクル」です!

ピクルは、アメリカ人学者にティラノサウルスと一緒に発掘され、約2億年ぶりに目覚めます。

戦闘では烈海王、刃牙、愚地克巳、ジャックハンマーと対戦し、全て勝利。

まさに、強すぎるキャラクターと言えますね。

 

はるか前の時代で生きた野生なので、戦闘は我流で「殴る、蹴る、噛む」などあらゆる手段を用いて戦います。

唯一、範馬勇次郎を見て覚えた合気を使用した事がありました。

 

さらに、武蔵との戦闘では相手をエサと捉えて喰いにかかるも、逆に押されて負けが濃厚となります。

結果、恐怖心に勝てず試合を放棄し一目散に場外へ逃げ出しました。

 

5位:郭海皇

 

第5位は、驚異の146歳「郭海皇」です!

大擂台賽にて登場した「海王」の中の最高位「海皇」として範馬勇次郎と戦います。

戦闘では「消力シャオリー」を使用し、範馬勇次郎の攻撃に耐えるだけでなく、勇次郎が避けるほどの攻撃を繰り出しました。

 

しかし最終的には、心肺が停止し範馬勇次郎に老衰と錯覚させ試合が終了。

結果的に、仮死状態を作り出した「死んだふり」という戦法で難を逃れる形となります。

声優は「緒方賢一さん」が担当しています!

 

4位:野見宿禰

 

第4位は、古代相撲の力士「野見宿禰」です!

第5部「バキ道」にて、初登場した力士です!

宿禰は、石炭をダイヤモンドに変える握力を持っています。

あのビスケットオリバを圧倒する強さを持っており、骨ごと掴んでバッキバキにしてしまいます。

これによってオリバは、完全に戦闘不能となりました。

 

これだけで、十分ランキング上位に来る実力はあると言えるでしょう。

バキ道ではジャックハンマーと試合をしており、両肩の僧帽筋を噛み切られ万事休すの状態でした。

ただ、古代相撲が呆気なく終わるとも考えにくいので、今後の展開を期待して待ちましょう!

 

3位:範馬刃牙

 

第3位は、主人公「範馬刃牙」です!

範馬勇次郎との親子喧嘩にて、その実力をついに認めさせました。

バキ世界の中で、地上最強の1人でもあります。

 

第1部のトーナメントでは、決勝でジャックハンマーを倒し見事優勝。

それ以降、時々敗北を経験していますが、彼が強すぎることに変わりはありません。

ここまで来ると相手との相性もあるので「あの敵には負けている」などと考えるのは野暮な気がします。

まだまだ若いという点でも、今後どんどん伸びていく可能性を秘めたキャラです!

 

声優は「山口勝平さん」「菊池正美さん」「島崎信長さん」が担当しています。

 

2位:宮本武蔵

 

第2位は、剣豪「宮本武蔵」です!

第4部「刃牙道」にて、じっちゃんの趣味のためにクローンとして蘇った偉人。

宮本武蔵は、刃牙や愚地独歩を圧倒し、烈海王を死亡させた張本人です。

 

また、範馬勇次郎との立ち合いで勇次郎にダメージを与えるシーンもあります。

本部の乱入により引き分けとなりましたが、範馬勇次郎を切る可能性を見せただけでも、堂々の2位と言えるでしょう。

 

1位 範馬勇次郎

 

堂々の第1位は、やはりこの男「範馬勇次郎」です!

第1部から、最強として君臨した範馬勇次郎の暴れっぷりは数知れません。

強いて戦闘で負けたと言うならば、バキとの親子喧嘩だけでしょう。

 

GPSを観測する宇宙衛星のバグにより地図がズレる、激流の中をバタフライするなど、勇次郎がすごすぎるエピソードはいくつもあります。

しかし、シンプルに「負けていないから最強」なのです。

声優は「乃村健次さん」「大塚明夫さん」が担当しています!

 

【刃牙シリーズ】最強キャラまとめ

 

まとめ
  • 15位:範馬勇一郎
  • 14位:愚地独歩
  • 13位:渋川剛気
  • 12位:愚地克己
  • 11位:烈海王
  • 10位 本部以蔵
  • 9位:花山薫
  • 8位:ビスケット・オリバ
  • 7位:ジャック・ハンマー
  • 6位:ピクル
  • 5位:郭海皇
  • 4位:野見宿禰
  • 3位:範馬刃牙
  • 2位:宮本武蔵
  • 1位:範馬勇次郎

 

以上、刃牙シリーズの強さランキングでした!

作中では、多くのキャラクターが戦闘をしており、ドキドキする展開も沢山ありますね!

様々な意見があると思いますが、筆者が範馬勇次郎を1位にした理由は「純粋な戦闘で負けていない」からです!

 

15位〜2位までは、見る視点によって順位も変動することがあるかと思います。

ただ、第1位の勇次郎だけは、動かすことのできない事実です!

これまでの活躍ぶりを見て、やはり範馬勇次郎が1位だというのは満場一致なのではないでしょうか?

今後も新しいキャラクターが登場する可能性もありますし、ランキングの変動も楽しみですね^ ^

 

 

バキ アニメ情報

バキのアニメが常時配信中

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

アニメのお得情報を見る

 

 

バキ マンガ情報

バキの過去シリーズが単行本で読めます!

バキ道の最新刊「12巻」が発売中です!(2022年4月時点)

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得情報を見る