盾の勇者の成り上がりで波の正体は?波の尖兵には誰がいる?

2022年4月より第2クールが放送されている「盾の勇者の成り上がり」。

その物語の根底にある“悪の元凶”が「」と呼ばれる現象です。

主人公・岩谷尚文たちは「波」を治めるために悪戦苦闘を繰り広げます。

 

では、この「波」とは一体何なのでしょうか?

 

今回はそんな「波」についての解説と共に、「波」から送り込まれた尖兵を紹介していきます↓↓

この記事を見て分かること
  • 作中の重要なファクター「」について
  • 「波」は誰が起こしていたのか
  • 元凶が送り込んでいる「波の尖兵」について

 

 

盾の勇者の成り上がりで波の正体は?

 

そもそも物語の核となっている「」とは何なのでしょうか。

物語序盤から深く関わってきている「波」。

元凶も分からずに、世界が滅びてしまう原因として戦っていました。

その「波」を止めるために召喚されたのが、“四聖勇者”である尚文たちでしたね!

 

まずは、この「波」の正体について解説していきます。

 

波の正体は女神が異世界に干渉するための時空の歪み

「波」とは、結論から言うと“女神が異世界に干渉するための時空の歪み”です。

なんのこっちゃ。

と思われるかもしれませんが、強大な存在である「女神」と呼ばれる存在がわざわざ尚文たちが召喚された世界に干渉してきているのです。

 

これには女神側に「とある目的」があり、その目的を遂行するためにあらゆる手段を講じる手立てとして「波」を発生させています。

その女神の「目的」とは?

 

女神・メディナは経験値稼ぎが目的で世界融合を企む

「波」を起こしている女神の名前は“メディナ”。

「性格最悪」「身勝手」「考えが幼稚」という、悪役さを十分に兼ね備えている女神です。

そんな女神・メディナが「波」を起こす目的とは、ずばり「経験値稼ぎ」。

女神という存在は「世界の融合」くらいしないと経験値を稼ぐことが難しくなってしまうのです。

 

ですが、このメディナ、「世界の融合」で人々が死ぬことに対し、微塵も悪いと思っていません。

「死んで当然」や「死んだとしてなんなのだ」という最低な考えで世界の融合を巻き起こそうとしているのです。

 

そんな最低な世界の融合の邪魔をしているのが、尚文たち「勇者」の存在ですよね。

勇者が結託しない様に仲間割れやレベルアップの邪魔をしていたのもメディナの分身体であるマインでした!

 

 

勇者を滅ぼすため波の尖兵を送り込む張本人

世界の融合を邪魔してくる「勇者」の存在。

メディナはこれをなんとか打倒しようとあらゆる策を講じます。

その1つが先ほど話した「勇者同士の仲間割れ」。

真っ先に矛先が向いたのが尚文でしたね。

 

さらに、メディナは「波」の向こうの異世界でも同じようなことをしています。

尚文たちを倒す為に異世界の猛者たちを尖兵として「波」から送り込んできましたね。

 

波の尖兵には誰がいる?

 

「尖兵」といっても多数の人物が送り込まれています。

それぞれが強力な敵であり、尚文たちの前に立ちふさがる相手ですね!

その尖兵たちとの戦いも「盾の勇者の成り上がり」の魅力の1つと言えるでしょう。

 

尖兵たちを簡単にですが、1人つづ解説していきます!

 

タクト=アルサホルン=フォブレイ(鞭の勇者)

“鞭の眷属器”に選ばれた勇者である「鞭の勇者」です。

3歳で魔法を習得したり、「製紙技術」や「銃火器」、「航空機」などの技術を発明した才人として登場します。

ですが、その発明技術全てが「転生前の地球で得た何となくの知識」であり、彼が全てを発明した物はありません。

粗暴な性格ですが、顔だけは整っており、一種のハーレムを築いていましたね。

 

キョウ=エスニナ(元・本の勇者)

風山絆の世界の“眷属器の勇者”である「本の勇者」です。

顔はものすごく美少年で、秀でた能力を持っている人物と言われていました。

尚文達の世界を滅ぼすのであれば、その世界を有効利用しようと「霊亀の洗脳作戦」を企てます。

 

ですが、その作戦も尚文たちに打ち倒され、自分の世界に逃げ込みます。

逃げ込んだ後も追ってきた尚文たちに敗れてしまったのでした。

 

本来通りに眷属器に選ばれた訳ではなく、女神からのチート能力で武器を従わせていました。

さらに、容姿端麗な見た目とは裏腹に、中身は30代を過ぎたおっさんだということも明らかとなっています。

 

クズニ号(天才術師)

風山絆の世界の「刀の国」に所属している”天才術師“。

本名が明かされる場面が多々あったのですが、尚文が全然聞いていなかったりしたため、ずっと「クズ二号」と呼ばれていました。

そう呼ばれていた理由が尚文を陥れた1人、メルロマルク国王に言動が大変似ていたため。

 

そんな呼び方をされていましたが、魔法の技術は飛び抜けており、更に刀の技量も「眷属器の勇者と遜色ない」と言われるほどです。

そんな彼も、ラフタリアに一刀両断され死亡しています。

 

アルバート(元・鏡の勇者)

登場した時はすでに死亡しており、キョウに操られる形で尚文たちの前に立ちはだかります。

ですが、風山絆と尚文のサポートを受けたリーシアの一撃で完全に死亡してしまいました。

彼も転生後はハーレムを築いていたようですね!

 

風山絆の元仲間

四聖武器の1つである「狩猟具の勇者」である風山絆に協力していた「元仲間たち」。

彼らも恐らく、転生者なのではないかと考えられております。

 

最終決戦の時に多くの眷属器を持っており、完全な能力を引き出すことはできておりませんが、尚文たちの脅威として立ちはだかりました。

性格は大分”難あり”だったそうですが、皆顔は整っていたみたいですね!

 

宮地秀正(元・楽器の勇者)

風山絆たちを敵とみなしている国に所属している「楽器の眷属器の勇者」です。

弓と盾の四聖武器を封じることで尚文たちを追い詰めますが、尚文が鏡の勇者に選ばれたりしたことで逆に追い詰められます。

挙句の果てに味方の眷属器を奪おうとして、逆に殺されてしまいました。

 

セーヤ

風山絆の世界で凄腕料理人として名を馳せていた人物です。

料理の分野で有り得ない力量を持っている尚文に「料理勝負」を挑みましたが、尚文にその勝負を挑んだ時点で負けていました。

コミカル回で尚文たちと勝負し、敗北した「ある意味可哀想な人物」です。

 

銛の眷属器の元所持者

風山絆の世界の眷属器の勇者である「銛の勇者」であった人物です。

風山絆らと共に異世界へ来ていたサディナの優れた洞察力で「見た目と魂が別物」だと見抜かれました。

そして、眷属器の力を十分に使えずサディナに敗北します。

その後、最終決戦でサディナが「銛の眷属器」に選ばれ、正真正銘の「銛の勇者」となっていました!

 

メタルマジックドラゴン

風のクーフィリカに生み出された人造魔物です。

尚文曰く「メカニカル女子」と呼ばれていました。

真の魔竜となるために、本物の魔竜を倒そうとするのですが、フィーロやサディナと戦闘にやり、本物の魔竜に敗北します。

持っていた魔竜の欠片から、玉の聖武器の強化方法が内封されていましたね!

 

風のクーフィリカ(元・魔竜四天王)

物語では直接登場することは無かったのですが、元魔竜四天王とうたわれる人物でした。

四天王の招集に応じず除名された後、サディナの前の「銛の勇者」の仲間になります。

力を失い、衰弱していっていましたが、「銛の勇者」たちは助けようと尚文たちと交戦したのです。

結果返り討ちとなり、風のクーフィリカは登場することなく、死亡してしまいました。

 

【盾の勇者】波や尖兵についてまとめ

 

まとめ

波の正体について

  • 波の正体は女神が異世界に干渉するための時空の歪み
  • 女神・メディナは経験値稼ぎが目的で世界融合を企む
  • 勇者を滅ぼすため波の尖兵を送り込む張本人

 

波の尖兵には誰がいる?

  • タクト=アルサホルン=フォブレイ(鞭の勇者)
  • キョウ=エスニナ(元・本の勇者)
  • クズニ号(天才術師)
  • アルバート(元・鏡の勇者)
  • 風山絆の元仲間
  • 宮地秀正(元・楽器の勇者)
  • セーヤ
  • 銛の眷属器の元所持者
  • メタルマジックドラゴン
  • 風のクーフィリカ(元・魔竜四天王)

 

以上、波の正体や尖兵についてでした!

簡単になってしまいましたが、物語でもっとも重要な「波」や「波の尖兵」について解説をしていきました。

「波」は物語最終まで関わってくる事象ですし、「波の尖兵」も尚文たちと深く関わっていますね。

これを読んで少しでもアニメを見る予備知識になればと思います^ ^

 

 

\盾の勇者のアニメ1期が見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

2ndシーズンも配信予定です!

アニメのお得な情報を見る

 

 

盾の勇者 マンガ情報

 

\漫画の最新刊「20巻」が発売中/

ラノベや外伝・スピンオフも楽しめる!

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る