メイドインアビスの白笛の正体は人間?材料や素材のユアワースについても

メイドインアビス】に出てくる「白笛」は、イドフロントの祭壇から「ラストダイブする時に必要なもの」です。

さらに、笛を加工することによって「一部の遺物を操作できる能力」を持っています!

 

探掘家の最高峰・英雄と言われている白笛たちですが、実際この「白笛」とは何なのでしょうか?

特殊な効果を持つ笛ですが、一体その正体とは?

 

今回は「白笛」の正体や材料について解説していきたいと思います!

この記事を見て分かること
  • 白笛の正体「人間説」について
  • 材料や素材となる「ユアワース」の情報

メイドインアビスの白笛の正体は人間?

 

「白笛」は持ち主にしか使うことができず、また持ち主によって1つ1つ異なる形をしています。

ライザは形は1番笛に近い「」の模様

オーゼンは「」のような形

ボンドルドは「お祈りしている手」の形

などなど、どれも個性的な形ですね!

まずは、この白笛の正体からお話していきたいと思います!

 

白笛は元々「生きた人間」だった

白笛の原材料、それはズバリ「人間」です。

これはかなり衝撃的でした。。

リコとナナチも、ボンドルドからその事実を伝えられた時はかなり動揺していましたね。

 

実際、ボンドルドとの決戦中に「プルシュカ」が死に白笛へと変化しました。

冒険を続けるためには、死んだ人間が必要だなんて恐ろしい話です!

 

その正体は「親密な間柄」だった人物

実は恐ろしい代物だった「白笛」ですが、人間から作られると言っても誰でもいいわけではありません。

持ち主と「親密な間柄の人物」である必要があります。

例えば・・
  • ボンドルド →「自分自身」
  • リコ →「プルシュカ」
  • ライザ →「ドニ」と呼ばれる人物

 

現時点では上記の3つの白笛のみ、誰から作られたものか判明しています!

ボンドルドは「オリジナルの自分自身」を白笛にしました。

現在の祈手は、自分の魂だけを分身体へと移してのらりくらりと生きているのです。

 

リコは、イドフロントで親しくなったボンドルドの娘「プルシュカ」でしたね。

生前のプルシュカとリコはすごく仲良しで、彼女の死後もその深い信頼関係により、白笛へと変貌しました。

 

そして、ライザの白笛は「ドニ」と呼ばれる人物から作られたようです。

ただ、現時点ではまだ詳細は不明です。

おそらくライザの「探掘隊のメンバーでは?」と予想しています。

後々、詳しい情報が出てくることでしょう!

 

材料や素材のユアワースとは?

 

先ほどは、白笛の正体が「人間」だったことに触れました。

白笛が人間からできているということは分かりましたが、さらに疑問が浮かびます。

それは「どのようにして作られたのか?」ということです。

 

白笛は手のひらサイズの石でかなり変わった形をしていますよね。

一体、どんな風に作られているのでしょうか?

ここからは、石の加工の仕方や材料となった人間のその後など、より詳しくお話していきます↓↓

 

 

原材料はユアワース(命を響く石)を削り出したもの

白笛は、削って「本当の形」にすることによって精度が上がり、強くなると言われています。

そもそも「ユアワース命を響く石」と「白笛」の違いとは何なのか?

こちらは、まだ全ての情報が明かされていないので、あくまでも推測です↓↓

  • ユアワース →「原材料が人間の二級遺物」
  • 白笛 →「ユアワースを削って加工したもの
[/su_list]

このように考えると、加工する前のユアワースは「白笛の仮の姿」となります。

その理由として、リコは成れ果て村で白笛を加工してもらいました。

そして、本当の形に加工してもらったことで初めて「プルシュカの声が聞ける」ようになり「遺物の操作」が可能になったからです。

 

この理論でいくと、ラストダイブしていないオーゼンとボンドルドはまだ「白笛が仮の姿なのでは?」とも思ってしまいます。

ただ、オーゼンは自身の白笛を吹いて「呪い除けの籠」を開けていますよね?

 

となると、深海五層より上にユアワースを加工できる人物がいるのか?

それとも、リコ以外の白笛たちは自分自身で加工することができるのか?

謎が深まるばかりです!

 

ただどちらにしても、白笛というのはこのユアワースを削り出した代物だと言うことです。

 

素材となる石は使用者との信頼関係が大事

手に入れること自体が難しい「ユアワース」。

加えて、生前の人間が「持ち主に全てを捧げる確固たる意思」がないと「命の紋」が適合しないとも言われています。

いわば、互いの「信頼関係」が重要だということです。

 

ボンドルドは自分自身を捧げているので「命の紋」が適合するのは当たり前だと思います。

リコとプルシュカの場合は、あの短い期間で信頼関係を築けているのがすごいですね!

「お互いに想い合って」なおかつ「相手のためなら犠牲になってもいいと思っていた」という強い気持ちから、プルシュカがユアワースになれたのかなぁと予想しています。

 

ライザやオーゼンも、止むを得ない事情で仲間が死んでしまった結果、ユアワースを手に入れることができたのかもしれませんね。

そう考えると、仲間の予期せぬ死ということもあり、なんだか悲しいですね。

 

ユアワースには元の人間の意識だけが残る

作られ方が残酷なユアワースですが、良いこともあります!

それは「元の人間の意識が残っている」ということです。

肉体が笛となり、魂がその中に宿る」というイメージでしょうか?

 

なので、白笛の持ち主はその声を聞くことができるのです!

漫画7巻の46話にて、リコが絶体絶命の時、急に白笛からプルシュカの声が聞こえてきます。

プルシュカのおかげでリコはレグを呼び出すことができ、無事にピンチを乗り越えたというエピソードがありました。

 

プルシュカの形は変わってしまいましたが、本当に心強い仲間であり、一緒に冒険する夢が叶って見ていてとても嬉しいです!!

 

石の声を聞ける相手とはテレパシーで会話できる

そんな様々な効果・能力を持つ「白笛」ですが、実は声が聞こえるだけではありません。

最新話では、プルシュカと「会話ができる」ようになっています!

会話と言っても、脳内や心に訴えかけるような「テレパシー」のようなイメージです。

 

女子力高めのプルシュカと、やや鈍感なリコのやり取りは微笑ましくて最高です!

ただ白笛の声が聞こえる者は限られており、現時点では「リコ」と「ファプタ」のみとなっております。

リコとプルシュカはお互いの声しか聞こえませんが、ファプタはプルシュカの声も、ライザの白笛の中にいる「ドニ」さんの声も聞こえるようです。

さすがは、成れ果ての姫ですね!

 

【メイアビ】白笛やユアワースの正体まとめ

 

まとめ
  • 「白笛」の原材料はズバリ「人間
  • 正確には「ユアワース(命を響く石)」→原材料が人間の二級遺物を削って加工すると「白笛」になる
  • 「ユアワース」は「持ち主に全てを捧げる確固たる意思」がないと「命の紋」が適合せず作れない
  • 「ユアワース」の素材となる人間と持ち主との「信頼関係」や「親密な間柄」が重要となる
  • 白笛には元の人間の意識が残り「テレパシー」で会話することができる

 

以上、今回は謎の多い「白笛」の正体について解説しました!

いかがでしたでしょうか?

かなり残酷で悲しい作り方ゆえ、白笛が少ないのも納得です。。

 

他にも、詳細が不明な白笛「先導卿/選ばれしワクナ」と「神秘卿/神秘のスラージョ」はどんなキャラなのか?

また、オーゼンも含めてそれぞれ誰が白笛となったのか?

まだまだ気になることだらけですね^ ^

 

 

メイドインアビス アニメ情報

 

\メイアビのアニメが見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

劇場版「深き魂の黎明」も配信中です!

アニメのお得な情報を見る

 

 

メイドインアビス マンガ情報

 

\漫画の最新刊「10巻」が発売中/

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る

 

 

✓こちらの記事も読まれています