【鬼滅の刃】炭治郎ら同期キャラ5人の能力・五感とは?強さの秘密を解説

この記事を読むのに必要な時間は“約 5 分”です。

 

「鬼滅の刃」には主人公・竈門炭治郎の同期が4人登場します!

それぞれ、我妻善逸、嘴平伊之助、栗花落カナヲ、不死川玄弥です!

この5人には、他の鬼殺隊にはない特殊な能力が備わっています!

 

今回は、「鬼滅の刃」の同期5人の特殊能力についてお話しします!

 

「鬼滅の刃」炭治郎ら同期キャラ5人の能力・五感について

 

炭治郎ら同期5人は五感に優れているという特殊能力があります!

鬼殺隊に入隊したばかりの見習い剣士にも関わらず、鬼との戦闘で互角または優位に立てるのは、この能力のおかげです!

では、5人の五感とはどのようなものなのでしょうか?

以下、解説します!

 

五感とは視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚のこと

五感とは、目、耳、鼻、口、皮膚の感覚のことです!

目:視覚

耳:聴覚

鼻:嗅覚

口:味覚

皮膚:触覚

 

この五感のうち1つずつ、それぞれ5人が特殊能力として備えています!

これにより、“常人では伝わらない、分からない”ようなことも瞬間的に察知したり、反応したりと、鬼との戦闘を有利に進めていけるのです!

早速、同期5人の特殊能力について解説します!

 

カナヲは卓越した視覚で動体視力を上げ、スローモーションのように目に写す

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻

 

栗花落カナヲは、卓越した動体視力の持ち主です!

炭治郎、善逸、伊之助3人の機能回復訓練の時に、カナヲと湯飲みを奪い合う訓練がありましたが当初誰も勝つことができませんでした!

カナヲはもともと蟲柱の胡蝶しのぶの継子だったため、ある程度の基礎能力は既に備わっていましたが、それでも圧倒的な強さで3人を蹴散らします!

カナヲの動体視力の良さが、ずば抜けて高いことが分かるシーンでした!

 

そして、1番決定的だったのは無限城にて上弦の弐・童磨との戦いの時です!

実力では到底敵わないですが、師匠のしのぶよりも童磨と長時間戦うことができました!

その理由は、カナヲの卓越した視覚です!

童磨の肩・視線・つま先・肘・膝のわずかな動きから次の動作を予測していました!

出典:鬼滅の刃 コミックス18巻

 

カナヲは目が良すぎるため、童磨が攻撃に移る初動を見極めて対処していたのです!

そして激闘の末、しのぶの毒によって弱り切った童磨は最後の力を振り絞って血鬼術「霧氷・睡蓮菩薩」を繰り出します!

出典:鬼滅の刃 コミックス19巻

 

童磨の首を斬るためには、この血鬼術を交わす必要がありました。

そこでカナヲは、眼球に圧力をかけて動体視力を極限まで上げる技・花の呼吸 終ノ型「彼岸朱眼」眼を発動します!

出典:鬼滅の刃 コミックス19

 

この技により、動体視力が非常に高い超人となり、相手の動きをスローモーションで捉えることができるようになったのです!

長時間の使用で自身の目が失明するというデメリットもありますが、上弦の鬼を倒すための諸刃の剣としてカナヲのとっておきの策でした!

このカナヲの超視覚があったからこそ、勝利できたのです!

 

童磨に、「しのぶよりも実力があるかもしれない」と言わしめたカナヲの五感能力・超視覚でした!

 

善逸は優れた聴覚により鬼の位置や心音が聞けて睡眠時にも戦える

出典:鬼滅の刃 コミックス4巻

 

善逸は、常人ではまず聞こえない音を聞くことができる耳の良さがあります!

この並外れた聴覚で、鬼のいる場所や周囲の心音、会話の内容を聞き取ることができるのです!

厳密には耳が良すぎるため、自分に言っている悪口の内容を勝手に聞いてしまい落ち込んだりします!

出典:鬼滅の刃 コミックス9巻

 

善逸の優れた聴覚が1番活かされるのは調査任務です!

距離があってもあらゆる音から察知できます!

遠くから鬼の存在を把握

に入っている禰豆子を鬼だと認知

・無限城では迷わずに、部屋で待ち構える兄弟子・獪岳のもとに直行

 

さらに、聴覚を活かした鬼との戦闘も行ないます!

相手の心音から何を考えているか、心理状態を読むことができるので先手を打ったり、守りに徹することもできます!

 

物語初期の頃、善逸は睡眠状態にならないと本来の能力を発揮することができまでんでした!

眠りながら戦える理由として、視覚がなくともわずかな音から周囲の状況を把握することができるためです!

むしろ、目を閉じているからこそより聴覚に集中することができたのかもしれません!

出典:鬼滅の刃 コミックス10巻

 

 

炭治郎は嗅覚が鋭く、相手の気配や感情や隙の糸を察知できる

出典:鬼滅の刃 コミックス9巻

 

炭治郎は生まれつき嗅覚が鋭く、日常生活や鬼との戦闘時でも遺憾なくこの能力を発揮します!

人間、鬼などの生物、花などの植物の匂いを嗅ぎ分けることができ、人の捜索・物の探索、鬼の調査など万能な能力です!

この嗅覚を応用して編み出した技が「隙の糸」という間合いを把握する能力で、この糸は普は緩んでいて張ることがありません。

しかし、相手を斬ることができる間合いに入ったときに限り、この隙の糸がピンと張るので絶好のチャンスとなります!

動物以上の嗅覚を利用して、鬼の首を斬るタイミングを計ることができるのです!

出典:鬼滅の刃 コミックス9巻

 

さらに、相手の匂いから感情を読み取ることもできます!

「悲しんでいる、怒っている、嘘をついている」など嗅覚から感覚的に感じることができるのです!

出典:鬼滅の刃 コミックス17巻

 

伊之助は敏感な触覚でレーダーのように鬼を探査できる

出典:鬼滅の刃 コミックス17巻

 

伊之助は、人間離れした鋭い触覚を持ちます!

猪に育てられて、山育ちだったこともあり皮膚感覚が非常に優れています!

わずかな振動や空気の温度を察知することができるのです!

伊之助がいつも半裸なのは、より敏感に触覚を機能させるためでもあります!

 

無限城でカナヲと同様、伊之助も上弦の弐・童磨と戦闘しました!

童磨の血鬼術は触れるだけで凍る技でしたが、なんのヒントもなく伊之助は避け続けることができます!

不思議に思った童磨から、伊之助の皮膚感覚が優れていることが分かるセリフもありました!

出典:鬼滅の刃 コミックス19巻

 

さらに、伊之助は意表を突いた行動ばかりで敵味方関係なく驚くこと多いですが、1番は那田蜘蛛山で見せたレーダー感知能力です!

 

下限の伍・累が放つ腐臭のせいで炭治郎の嗅覚が機能しなくなったことがありました!

「方向、距離、敵の有無」が全て分からない時に、伊之助が獣の呼吸 漆の型「空間識覚」を使い、遠隔操作で人間を操っている鬼を見つけ出すことに成功します!

 

伊之助の優れた触覚が、まるでレーダー探知機のように機能することに驚きました!

 

不死川玄弥は歯と体の特殊な咬合力と消化器官で鬼食いを可能にする味覚のミュータント

出典:鬼滅の刃 コミックス14巻

 

玄弥は、人間でありながら鬼を喰らう特異な能力を持っています!

それを可能にするのが、強靭な歯と丈夫な消化器官です!

木や刀など、どれほど堅いものでも食らいます!

出典:鬼滅の刃 コミックス14巻

 

鬼またはその一部を喰らうことで、鬼が持つ能力を得ることができます!

人間離れした腕力、傷の再生、血鬼術などミュータントそのものです!

また、鬼を喰らうと鬼無辻無惨の血の濃さによっては、見た目も鬼へと変貌します!

出典:鬼滅本誌 174話

 

上弦の壱・黒死牟や上弦の肆・半天狗との戦闘時にも、相手の一部を喰らって鬼化しました!

受けた傷も鬼化すれば再生するので、胴が真っ二つになってもその後しっかりとくっついています!

 

鬼殺隊の中でも、鬼食いの能力を持つものはおらず唯一の逸材と言われています!

 

「鬼滅の刃」同期5人の強さの秘密についてまとめ

 

まとめ

●「鬼滅の刃」に登場する炭治郎ら同期5人組には、特殊な五感能力が備わっている↓↓

・栗花落カナヲは卓越した視覚

・我妻善逸は優れた聴覚

・竈門炭治郎は鋭い嗅覚

・嘴平伊之助は敏感な触覚

・不死川玄弥は特異な味覚による鬼食い

 

炭治郎ら同期5人は、この特殊能力によって「柱」まで上り詰めると思っていました!

入隊してから年月が浅い中、上弦の鬼と戦える能力や巡りあわせの運は全員強いと感じます!

ずんぱぱ
鬼殺隊の中でも、確実に黄金世代ですね!

 

↓↓「鬼滅の刃」アニメ1期であれば、簡単に視聴可能なのでぜひお試し下さい!↓↓

 

ABOUTこの記事をかいた人

zunpapa

ずんぱぱです! 家族4人暮らしをしています。 子どもは女の子が2人です^^ 趣味に関することをブログにしていきます! よろしくお願いします!