【鬼滅の刃】お館様・産屋敷耀哉はサイコパス?異常な理由を爆死したシーンから考察!

この記事を読むのに必要な時間は“約 4 分”です。

 

「鬼滅の刃」に登場するお館様・産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや)は鬼殺隊のトップです!

鬼舞辻無惨が屋敷に襲撃した際に、仕掛けていた爆薬で死亡します!

そんな耀哉ですが、ネット上ではサイコパスと言われています!

 

 

今回は、産屋敷耀哉が異常なサイコパスなのか解説していきます!

 

「鬼滅の刃」お館様・産屋敷耀哉はサイコパス?

出典:鬼滅の刃 コミックス16巻

 

鬼殺隊をまとめてきたお館様は常人ではないことは分かりますが、性格が異常な雰囲気はありませんでした!

産屋敷耀哉はサイコパスなのでしょうか?

以下、考察します!

 

サイコパスの特徴について

お館様・産屋敷耀哉の性格に触れる前に、サイコパスについて簡潔に解説します!

サイコパスとは↓↓

・良心が異常に欠如している

・他者に冷淡で共感しない

・慢性的に平然と嘘をつく

・行動に対する責任が全く取れない

・罪悪感が皆無

・自尊心が過大で自己中心的

・口が達者で表面は魅力的

引用元:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%97%85%E8%B3%AA#%E7%89%B9%E5%BE%B4

 

全て当てはまらなくても中程度のサイコパスとされ、社会的成功を収める人物も多いとされています!

サイコパスはその特徴から定義上、悪人とされることが多いです!

 

産屋敷はサイコパスの特徴に当てはまらない

上記でサイコパスの特徴を羅列しましたが、産屋敷耀哉に「当てはまる項目は無い」と感じました!

強いて言うなれば、最後の“口が達者で表面が魅力的”ぐらいです!

なので、結果的には産屋敷はサイコパスではないと考察しています!

 

産屋敷は1番に鬼殺隊のことを考える心優しきトップです!

鬼殺隊員のことを「子供」と呼んでおり、自身が親の立場として責任を持って立ち振舞いをしています!

本当に鬼殺隊員のことを子どもと考えているのでしょう!

 

産屋敷が子供のことを大切に考えていることが分かるシーンが2つあります↓↓

●病に倒れて床に臥せるまでは、毎日欠かさず鬼殺隊員の墓参りをしていた

●亡くなった鬼殺隊員の名前を全て言える

 

ここまでやる人間がサイコパスの訳がありませんよね!

ずんぱぱ
確かに不思議な雰囲気の持ち主なので、サイコパスと考えてしまう理由も分からなくはないです!

 

産屋敷が異常な理由を爆死したシーンから解説

出典:鬼滅の刃 コミックス16巻

 

産屋敷耀哉がサイコパスではないと考察しましたが、そもそもなぜそのように思われるのでしょうか?

これは、おそらく鬼舞辻無惨が産屋敷邸を襲撃したシーンが関係していると感じます!

産屋敷は無惨の襲撃時にも慌てる様子なく落ち着いて対話をした後に、あろうことか少しでも抵抗するために屋敷に爆薬を仕掛けて自爆したのです!

 

以下、そのシーンについてお話します!

 

産屋敷は一族の汚点・無惨を目の前にしても冷静だった

無惨といえば、産屋敷の家系の人物で、耀哉とは血の繋がりがある関係です!

耀哉は一族から鬼を出してしまった唯一の汚点として、無惨を憎き仇として追い続けてきました!

産屋敷一族は千年にもわたり、鬼殺隊をまとめ上げてきたので、その重責が耀哉にものしかかっていたのです!

 

本来であれば、宿敵との出会いに怒り心頭になってもおかしくないですが、耀哉は時折笑顔を見せながら無惨と話をしていました。

出典:鬼滅の刃 コミックス16巻

 

このように、感情を抑え込んだ耀哉の言動から「感情欠落」「サイコパス」と感じられるようになったのではないでしょうか!

 

産屋敷耀哉は妻・あまねと子供である長女・ひなきと次女にちかを巻き込んで爆死した

上記でお話した産屋敷と無惨の対話は、すぐに終わりを迎えます。

産屋敷は無惨に言いたいことを全て伝えたので、あとは殺されるのを待つだけでした!

 

その時、屋敷が大爆発をして炎に包まれます!

実は、産屋敷はただ殺されるのではなく、無惨に一矢報いるために大量の爆薬を屋敷内に仕掛けて自爆したのです!

横には妻・あまねが、庭には子供である長女・ひなき、次女にちかがいました!

なんと、産屋敷を含めて妻と子供の4人が巻き込まれて爆死したのです!

 

これには無惨も驚愕しました!

まさか自分に抵抗するために家族を巻き込んで自爆するとは夢にも思わなかったからです!

出典:鬼滅の刃 コミックス16巻

 

このシーンから、産屋敷はサイコパスと感じられるようになったのではないでしょうか!

「家族を爆死させた張本人」

「冷酷な人間」

など、誤解を招いているのでしょう!

 

後に、解説がありますが“子供2人は最後まで父親の側を離れようとはしなかった”とあります!

なので、産屋敷が1人で爆死する作戦を知り、妻と子供も了承の上ずっと側にいたのだと考察できます!

 

性格が異常というよりは、使命感が強く手段を選ばない気持ちの方が強い印象です!

産屋敷がサイコパスだから、家族を爆死させた訳ではなかったということですね!

ずんぱぱ
特に子供2人は、爆発に巻き込まれる覚悟を持つことは怖かっただろうと思います。。

 

「鬼滅の刃」お館様・産屋敷耀哉についてまとめ

出典:鬼滅の刃 コミックス16巻

 

まとめ

●産屋敷耀哉はサイコパスの特徴に当てはまらないため、サイコパスではない

●産屋敷がサイコパスと言われるシーンは2つと考察↓↓

・一族の汚点・無惨を目の前にしても冷静で、笑顔を見せていたことから「感情欠落」など感じられた

・妻・あまねと子供である長女・ひなきと次女にちかを巻き込んで家族4人で爆死したことから、「サイコパス」「冷酷」と思い違いをされた

 

産屋敷のカリスマ性は鬼殺隊だけでなく、家族からも厚い信頼が築かれていたのですね!

偉大な父親の為に、妻も子供も一緒に死を選択するところが肝がすわっています!

そう考えると、産屋敷よりも妻や子供の方が異常と言えるのかもしれませんね!

 

 

合わせて読みたい>>>>>

【鬼滅の刃】お館様・産屋敷耀哉の妻など家族は?子供の見分け方について解説!

ABOUTこの記事をかいた人

zunpapa

ずんぱぱです! 家族4人暮らしをしています。 子どもは女の子が2人です^^ 趣味に関することをブログにしていきます! よろしくお願いします!