【アナと雪の女王2】魔法の森の霧のドームの正体は?出現したきっかけと消えた理由についても考察!

この記事を読むのに必要な時間は“約 3 分”です。

 

 

【アナと雪の女王2】で登場する“魔法の森”には入ることも出ることもできない“霧”が存在しています!

エルサらは、“すべての謎を解くため”にその魔法の森へ向かうことになります!

 

今回は、【アナと雪の女王2】に登場する「ノーサルドラ」“魔法の森”に存在する“霧のドームの正体”について、“出現したきっかけや消えた理由”についてお話していきます!

 

魔法の森の”霧のドームの正体”について考察

 

“魔法の森”“霧のドーム”が作られたのは、精霊の怒りが原因でした。

誰も立ち入ることができないよう、誰も抜け出せないよう精霊たちが霧のバリアを張りました!

 

ここでは、霧のドームの正体についてお話していきます!

 

霧のドームが出現したきっかけ

もともと、友好関係を結ぶという名目で二国間を繋ぐために「アレンデール」から「ノーサルドラ」“ダムがプレゼント”された経緯がありました!

しかし、それは「ノーサルドラ」へ行きやすくするための「アレンデール」の罠でした。

エルサとアナの祖父にあたる当時の「アレンデール」のルナード国王が、友好関係の饗宴の席で「ノーサルドラ」の長を切りかかったことが原因で戦争となりました!

 

そんな友好関係を結ぶための「平和の象徴」となるはずのダムが軍事戦略に利用されたことが、“精霊の怒りに触れた”のです!

それ以降、精霊たちはずっと怒り続けていているという状態が続いていくのです!

 

“自然の精霊たちの恩恵を受けながら上手に共存”していた「ノーサルドラ国」と、“その力を欲しようと画策”していた「アレンデール国」“戦争がきっかけ”で精霊たちが怒ったことで、霧のドームを張ることになりました!

 

これこそが“霧のドームが出現したきっかけ”でもあり“霧のドームの正体”です!

 

 

霧が消えた理由は全ての精霊の怒りを鎮めたから

“精霊たちの怒り”から始まり、エルサたちが解決する“30年以上もの間”ずっと霧のドームはそこにあり続けました!

なぜ、最終的に霧が晴れたのか考察しました↓↓

 

全ての精霊の怒りを鎮める

“風の精霊・ゲイル”

“火の精霊・ブルーニ”

“水の精霊・ノック”

“大地の精霊・アースジャイアント”

 

上記は、登場した順で“怒りを鎮めた順番”でもあります!

最後にダムを破壊して、アースジャイアントの怒りを鎮めたと同時に霧が晴れたことから、霧が晴れた要因は3つ考えられます!

①ダムの破壊

②”大地の精霊・アースジャイアント”の怒りを鎮めたから

③四大精霊全ての”怒りを鎮めた”から

 

①の“ダムの破壊”については、“半分正解”だと思います!

しかし、初めからダムだけを破壊していても霧は晴れなかったと思います!

なぜなら、まだアースジャイアント以外の“精霊たちの怒りは鎮まっていないから”です!

1匹でも怒りを覚えている精霊がいると霧は晴れることはないと考えています!

 

②の大地の精霊・アースジャイアント”の怒りを鎮めたからに関しては、“可能性は低い”と思います!

もし、そうであれば他の精霊の気持ちは関係なく“精霊の長”、もしくは“大精霊”の位置付けとして“精霊の頂点”=”大地の精霊・アースジャイアント”という答えになってしまうからです!

さらに、①に繋がってきますがアースジャイアントの怒りを鎮める方法が“ダムの破壊”なので、初めからそれだけを行なえば霧が晴れていたのかと言われるとそうではないような気がします!

 

③の四大精霊全ての“怒りを鎮めた”ことについて、これが“正解”だと考えています!

四大精霊の怒りを鎮める方法がばらばらで、“風の精霊ゲイル”“火の精霊ブルーニ”“水の精霊ノック”については怒りを鎮めることに成功しています!

残りは大地のアースジャイアントだけがまだ怒っているという状況でした。

そして、ダムを壊したことで霧が晴れたということは、アースジャイアントの怒りを鎮める方法が“ダムの破壊”という答えに繋がります!

さらに“霧が晴れた理由”は、“精霊全ての怒りが鎮まったから”霧の封印が解けたのだと考えられます!

 

なので、「ダムの破壊→アースジャイアントの怒りが鎮まる→精霊全ての怒りが鎮まる→霧が晴れる」

このような流れで霧が晴れたのだと考察しました!

 

それぞれのタイミング重なったため少しわかりづらいですが、それ以外にアースジャイアントの怒りを鎮める方法がないためこれで間違いないかと思います!

 

【アナと雪の女王2】についてまとめ

 

【アナと雪の女王2】に登場する「ノーサルドラ」“魔法の森”に存在する“霧のドームの正体”について、“出現したきっかけや消えた理由”についてお話してきました!

 

まとめ

○魔法の森の霧の正体は、“4匹の精霊たちが怒り作り出した、いかなる者の入出を禁ずる戒めのドーム”

○霧のドームが出現したきっかけは、「アレンデール」が「ノーサルドラ」に対して“裏切り行為を働いて起きた戦争”がきっかけ

○霧のドームが消えた理由は、“全ての精霊の怒りを鎮めることに成功した”から

 

以上が、「ノーサルドラ」の魔法の森に入るための霧のドームについての情報でした!

 

初めは、オラフやクリストフが入ろうとするも弾き返されていたのが印象的でした!

最終的には、オラフが弾き返されるのを楽しんで何度もチャレンジしていたことが笑えました!

みなさんも、ぜひ【アナと雪の女王2】をご覧下さい!

 

チェック再度、アナ雪2を「見たい!」と考えている方はこちらから見ることができます↓↓

 

【アナと雪の女王2】字幕/吹き替えでフル動画配信を視聴するには?netflixやhuluで見れる? 

 

あわせて読みたい>>>>>

【アナと雪の女王2】オラフのセリフ「水には記憶がある」の意味やシーンを解説!

映画【アナと雪の女王2】ネタバレあらすじとストーリーのラスト結末!感想についても

【アナと雪の女王2】エルサに魔法の力が与えられた理由は?母親イドゥナとの関係についても

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です