ブルーピリオドは気持ち悪い?つらくてしんどいと言われる理由を考察

ブルーピリオド】は、リアルな心理描写や人間関係が魅力的で「そこが好き!」という声も聞きます。

しかし、反対に「気持ち悪い」や「つらくてしんどい」などの声もあるようです。

 

ブルーピリオドとは「絵画」をメインに取り扱った作品です。

確かに、他作品と比較すると暗いシーンもしばしば・・・・登場します。

しかし、そこまで言われるほどの作品なのでしょうか?

なぜ、そんな声が出てしまっているのか気になりますよね。

 

今回は、ブルーピリオドの作品の印象についてお話します↓↓

この記事を見て分かること
  • ブルーピリオドが「気持ち悪い」のかどうか
  • つらくてしんどい」と言われる理由の考察内容

 

 

 

ブルーピリオドは気持ち悪い?

 

【ブルーピリオド】は、「美術✕スポ根」を掛け合わせた青春群像劇です。

主人公の八虎やとらがある時、絵を描く楽しさに魅了されて「藝大合格」を目標に頑張っていきます。

 

絵にどんどんのめり込んでいく姿は、見ていてワクワクしてきます。

また、八虎が悩んで落ち込んでいるときには、見ているこちら側も同じくらい悲しくなったりしますよね。

 

そんな「まさに青春!」という作品で、見ていてとても見応えもあり、どんどん読み進めてしまうほど面白い作品です。

しかし、なぜかファンの間では「気持ち悪い」という声もあるようです。

まずは、その声を拾っていきましょう↓↓

 

「気持ち悪い」という視聴者の評価・評判

先ほども、少し触れましたが【ブルーピリオド】はファンの間で「気持ち悪い」という声がいくつかあるようです。

なぜ、そのようなことが言われるようになったのでしょうか?

 

口コミを集めてみました↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、ブルーピリオドが「気持ち悪い」という口コミでした。

多くの方が、このように感じています。

 

簡単にまとめると・・

気持ち悪いという評価・評判
  • 悪口じゃないが「登場人物」が気持ち悪い
  • ナルシスト感」を感じて無理になる
  • 吐き気」がする
  • 自分とキャラたちの「悩みが一致」し過ぎて気持ち悪い
  • ところどころ見せてくる「間接的なBL願望」が気持ち悪い
  • 世間に対する負の価値観の「共感を求めてくる」のが気持ち悪い
  • 」や「内容」がキモい

 

なぜ、そのようなことが言われるようになったのでしょうか?

どうやら、キャラクター同士のやりとりが関係してきているようです。

 

さらに深堀りして詳しく見ていきましょう↓↓

 

気持ち悪い点①登場キャラの「性格」や「セリフ」の描写が遠回り

 

【ブルーピリオド】に登場する登場人物たちは、個性豊かなキャラが多いです。

  • だいぶ「物事をハッキリ言う」キャラ
  • いざという場面で「遠回しな言い方をする」キャラ
  • 癖のある性格」のキャラ

 

このような点が、少し「気持ち悪い」と感じてしまう人もいるのかも知れません。

また、自分が描いた作品に対して貪欲」なキャラクターが多く、少々「変態的」な場面が描かれることもあります。

作品に貪欲なのはとても良いことですが、いき過ぎてしまうと、周りからは気持ち悪いと感じてしまわれることもあるのかもしれません。

 

気持ち悪い点②男性キャラのやり取りに「BL感」が出ている

 

他にも、男性キャラのやりとりに「BL感」があるという意見もあるようです。

ちなみにですが、ブルーピリオドには恋愛描写はほとんどありません。

※2021年11月現在

 

作品的にも、主人公の「八虎」と友達の「世田介」とのやりとりが多く、その中には「好き」と言うセリフも出てきたりします。

なので、そういうところが「BL感」があると感じてしまうのかもしれません。

と言っても、あからさまな恋愛描写があるわけではないので「見る人によっては感じてしまう」のではないかと思います。

 

つらくてしんどいと言われる理由を考察

 

ここまで、ブルーピリオドが「気持ち悪い」と言われる理由をお話しました。

作品に対しての意見は、見る人によってさまざま・・・・感じるところはあるでしょう。

そんな中で「気持ち悪い」という意見以外にも「つらくてしんどい」と言う声があるようです。

 

こちらも、同様に見ていきます↓↓

 

「つらい」「しんどい」というファンの口コミ

ブルーピリオドは、努力していく作品で主人公含の八虎含め、応援したくなるキャラクターばかりです。

ですが、見ていてつらい」「しんどいという声も少なからずあります。

 

ではなぜ、「つらい」「しんどい」という口コミが出てきたのでしょうか?

その理由を、視聴者の口コミからご紹介します↓↓

 

【つらい】というツイート

 

 

 

 

 

【しんどい】というツイート

 

 

 

 

 

以上、「つらい」「しんどい」という口コミでした!

つらいという口コミ
  • 大学編」に入ってから読むのがつらい
  • ここ何年かで読んだ漫画」でいちばんつらい
  • 夢を諦めた自身の過去」を思い出してつらい
  • 自分のダメさ」を突きつけられてるみたいでつらい
  • 芸術家が止む理由」が理解できてつらい

 

しんどいという口コミ
  • 娯楽として」見るにはだいぶしんどい
  • 何かに一生懸命になる」ことがすごいしんどいと分かる
  • 自分が「中途半端な人間」に思えてしんどい
  • キャラは死なないけど」読んでて結構しんどい
  • 内容がリアル」すぎてしんどい

 

 

視聴者の方々の多くは、マイナスなイメージを感じているようでした。

作中のキャラは「絵」に対して本気でぶつかるあまり、現実ではありえない表現などをします。

しかし、逆にその本気度合いが「うらやましく」もあり、自身と比較したときの「劣等感」に繋がるのでしょう。

 

では、ここからは口コミではなく個人的な主観でお話します↓↓

 

主人公・矢口八虎の「傷心姿」が見ていてつらい

 

ブルーピリオドで、つらく感じる理由は主人公・八虎が大きく関係します。

視聴者の中でも「八虎を見ていてつらい」という声があるようです。

 

というのも、八虎は「高校生編」で「藝大合格」を目標に努力して前を向いていました。

何より、八虎自身が絵を描くことを楽しんでいました。

 

ですが「大学編」に突入してからは「己の壁」にぶつかります。

八虎にとっては、つらいことの連続どんどん落ち込んでいくのです。

これまで「アクティブ」で「ポジティブ」だった八虎だったからこそ、見ていてつらいと感じてしまうのではないでしょうか?

 

しかし八虎は、絵を描き始めて「まだ2年ほど」なので伸び代しかないと思います。

まだつらい時期かも知れませんが、その壁を乗り越えた時、もっともっと成長した姿を見せてくれると確信しています!

 

アニメなのに「リアルな現実すぎて」しんどい

 

さらに、ブルーピリオドはキャラ以外にもしんどい要素があります。

それは、内容があまりにも「リアルな現実すぎて」しんどいという事です。

 

ブルーピリオドは、「心理描写」や「人間関係」が、「より現実的にリアルに」描かれています。

リアルの生活では、他人に気を遣ってオブラートに包んだ発言をしますよね?

しかし、登場人物たちは思いのまま自身を表現するのです。

なので、中にはキツく聞こえたり、視聴者の心にグサッと刺さるセリフもあります。

 

読んでいて「このキャラと自分が似ている」と感じる人も多いのではないでしょうか?

しかし、リアルが故に共感しすぎてしまって「しんどい」気持ちになってしまうようです。

中には、自分が経験してきた過去を思い出してしまう人もいるのではないでしょうか。

 

ただ、つらくてしんどいけど「結局は好きだ」というファンが多い気がしました!

それだけ、作品がリアルに描かれているということですよね^ ^

 

【ブルピリ】作品内容についてまとめ

 

まとめ

「気持ち悪い」という視聴者の評価・評判

  • 悪口じゃないが「登場人物」が気持ち悪い
  • ナルシスト感」を感じて無理になる
  • 吐き気」がする
  • 自分とキャラたちの「悩みが一致」し過ぎて気持ち悪い
  • ところどころ見せてくる「間接的なBL願望」が気持ち悪い
  • 世間に対する負の価値観の「共感を求めてくる」のが気持ち悪い

 

  • 」や「内容」がキモい
  • 気持ち悪い点① 登場キャラの「性格」や「セリフ」が遠回し
  • 気持ち悪い点② 男性キャラのやり取りに「BL感」が出ている

 

「つらい」ファンの口コミ

  • 大学編」に入ってから読むのがつらい
  • ここ何年かで読んだ漫画」でいちばんつらい
  • 夢を諦めた自身の過去」を思い出してつらい
  • 自分のダメさ」を突きつけられてるみたいでつらい
  • 芸術家が止む理由」が理解できてつらい

 

「しんどい」という口コミ

  • 娯楽として」見るにはだいぶしんどい
  • 何かに一生懸命になる」ことがすごいしんどいと分かる
  • 自分が「中途半端な人間」に思えてしんどい
  • キャラは死なないけど」読んでて結構しんどい
  • 内容がリアル」すぎてしんどい

 

  • 主人公・矢口八虎の「傷心姿」が見ていてつらい
  • アニメなのに「リアルな現実すぎて」しんどい

 

以上、ブルーピリオドが「気持ち悪い」や「つらくてしんどい」と言われる理由についてでした。

見ていると、どれも作品が嫌いとかのマイナスな意見ではありません。

というよりは「好きだけどリアルすぎて」や「キャラクターがしっかりしてて」だからこその意見だったのではないかなと思います。

 

作品はまだまだ続いていきますし、八虎自身もまだまだつらい時期が続くかなと思いますが、早く八虎が笑顔で楽しんでいる姿が見たいです!

TVアニメ放送もスタートしましたし、これからどんどん盛り上がっていくでしょう!

今後の展開にも注目していきたいです^ ^

 

ブルーピリオド マンガ情報

最新刊「11巻」が発売中です!(2021年9月時点)

アニメでは見れないシーン・・・・・・・・・・・・もあるので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

ブルピリのマンガのお得情報を見る