ブルーピリオドのヒロインは世田介?恋愛要素はあるのか考察!

美術×スポ根の青春群像劇である【ブルーピリオド】。

しかし、それだけがブルピリの魅力ではありません!

個性ある男女のキャラが多く登場し、それぞれの考え方に共感することも多いです。

 

主人公の八虎たちは学生なので、その魅力あるキャラの「誰かと結びつく」可能性もあります。

読者の1人としては、そこも楽しみの1つです^ ^

 

さまざまなアニメ作品では「ヒロイン」が登場することがありますよね?

では、ブルーピリオドのヒロインは一体誰なのか?

また、ブルピリに恋愛要素はあるのでしょうか?

 

この記事を見て分かること
  • ブルピリのヒロインは誰なのか
  • 恋愛要素はあるのか

 

 

 

ブルーピリオドのヒロインは世田介?

 

ブルーピリオドでは、高橋世田介たかはしよたすけというキャラクターがいます。

八虎とは、美術の予備校の冬季講習で出会いました。

 

練りケシを探していた世田介に「自分の分を半分使うか?」と話しかけた八虎でしたが「誰お前」と一蹴されます。

あまりのことに”ぽかん”としてしまった八虎ですが、ある意味「この出会いがそのような印象を与えた」のかもしれません。

 

世田介は、予備校の先生も何も言うことがないくらい素晴らしいデッサンを見せました。

そして、なんと言っても「石膏像はこの時初めて描いた」と言っています。

ほかにも美術だけでなく、勉強も出来る世田介は高校では特進コースに在籍していて国語の模試では、「全国7位」という結果も出しているほどの秀才です。

 

そんな世田介ですが、ブルーピリオドの「ヒロイン」と言われているようです。

世田介は男ですが、はたしてどうしてなのでしょうか?

以下、考察します↓↓

 

ヒロインは世田介ではない

 

結論から言うと、世田介はヒロインではありません。

とは言っても、ある意味八虎にとって「世田介は特別な存在」とは言えるでしょう。

 

絵に関して、八虎が「初めて負けたくない」と感じた相手が世田介です。

八虎にとって世田介は「ライバルであり仲良くなりたい友達」なのではないでしょうか?

 

八虎は、世田介を見つけるたびに声をかけたり、アドバイスを求めたりしています。

なので、八虎は同じ「油絵」で切磋琢磨できる仲間ができて嬉しい部分もあるのではないかなと感じます。

 

ズバズバ物事を伝える世田介なので、言われて悔しくなりますが、そこで折れる八虎ではありません。

泣きながらでも、前に前に進んで努力していきます。

落ち込んで諦めるのではなく、さらに努力していくのが八虎のいいところですよね。

 

また、自分にとって負けたくない相手がいることって、ありがたいと思います。

八虎にとって世田介はそういう存在なのではないでしょうか。

 

なので、世田介はヒロインではなく「八虎のライバル」と言っていいのではないかと思います。

 

鮎川(ユカちゃん)がヒロインという意見もあった

 

世田介の他に、ユカちゃんがヒロインという声もありました。

登場時から可愛かったユカちゃんなので「ヒロインだろうな」と思った人も多かったのではないでしょうか。

ですが、ユカちゃんは実は「男子」です。

 

また、八虎とは言い合いもしますが、助け合ったりもする仲なので実は仲良しです。

ユカちゃんが悩んでいた時は、受験日の前にも関わらず、八虎はすぐに駆けつけて2人で小田原の旅館に泊まりました。

そこまで行動できる八虎は、純粋にすごいなと思います。

 

また、そんな2人は、良い友達だなと見ていて心がほっこり温かくなります。

なので、ユカちゃんもヒロインではなく八虎の友人だと言えるでしょう。

 

結果、現状ブルーピリオドには「ヒロイン」と呼ばれる立ち位置のキャラクターは、登場していないと言えるのではないかと思います。

ヒロインは登場していませんが、友人やライバル・仲間と切磋琢磨して成長していく素敵な作品だと言えるでしょう!

 

恋愛要素はあるのか考察

 

ブルーピリオドには、たくさんの魅力的な女の子たちが登場します。

八虎も学生生活を謳歌する男子なので、他のキャラと恋愛をする可能性があってもおかしくないです。

では、ブルーピリオドには恋愛要素はあるのでしょうか?

 

詳しく見ていきましょう↓↓

 

現状ブルーピリオドには「恋愛要素」はない

結論からお伝えすると、現状ブルーピリオドには恋愛要素はありません。

 

ユカちゃんの好きな人について描かれたことはありましたが、現状恋愛要素と呼ばれるのはそれぐらいと言えるでしょう。

 

作品的にも素人の八虎が「絵の楽しさに目覚めてどんどんのめり込んでいく」という内容なので、恋愛部分を入れるところがないのではないかなと感じます。

おそらく八虎自身、恋愛よりも「絵を描きたい!」部分が気持ち的にも強いでしょう。

なので、しばらくは恋愛要素は出てこないのではないでしょうか。

 

もちろん、今後恋愛要素が加わってくることはあるかもしれません。

なので、八虎の成長はもちろん今後の展開も楽しみにしていきたいです!

 

中性的なキャラが多いが「BL要素」もない

女の子たちの他にも、魅力的な男の子キャラクターもたくさん登場します。

特にブルーピリオドは、とてもリアリティのある作品で、登場キャラクターたちも身近に感じます。

 

ヒロインがおらず、中性的なキャラクターが多いですが「BL要素もない」です。

本当に登場するキャラクターたちは、みんな絵を描くことが好きだからこそ、悩んで苦しんで前に進んでいく。

そんなキャラクターたちのリアルな生活が描かれています。

 

現在大学編が描かれていますが、八虎だけでなく、他の彼らからの成長から目が離せません!

 

【ブルピリ】ヒロインについてまとめ

 

まとめ
  • ヒロインは世田介ではない
  • 鮎川(ユカちゃん)がヒロインという意見もあった
  • 現状ブルーピリオドには「恋愛要素」はない
  • 中性的なキャラが多いが「BL要素」もない

 

以上、【ブルーピリオド】のヒロインと恋愛要素についてでした!

【ブルーピリオド】の魅力といったらなんといってもリアリティだと思います!

 

そんな彼らの苦悩や葛藤が、リアルに描かれた日常をぜひご覧いただきたいです。

アニメ放送を迎えて、ますます盛り上がっていくでしょう。

今後、彼らがどのような成長をして、どのような姿を見せてくれるのか注目していきたいです^ ^

 

 

ブルーピリオド マンガ情報

最新刊「11巻」が発売中です!(2021年9月時点)

アニメでは見れないシーン・・・・・・・・・・・・もあるので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

ブルピリのマンガのお得情報を見る