【シャーマンキング】リゼルグの必殺技やオーバーソウルなど強さまとめ!

この記事を読むのに必要な時間は“約 6 分”です。

 

シャーマンキング】に登場するキャラで、リゼルグという少年がいます。

緑の髪色で、可愛らしい容姿をしていますが、れっきとした男のシャーマンです!

主人公・麻倉葉のように一見幼く見えますが、その強さは本物。

舐めてかかると、返り討ちに合います。

 

そんなリゼルグですが、どんな能力を持ち、どのような技を使用するのでしょうか?

今回は【シャーマンキング】に登場するリゼルグについて、お話します↓↓

★この記事を見ることで、リゼルグの「オーバーソウル」や「必殺技」など、その強さが分かります!

 

【シャーマンキング】リゼルグの必殺技やオーバーソウルなど強さまとめ!

 

まずは、リゼルグのプロフィールを簡単にご紹介します↓↓

●本名:「リゼルグ・ダイゼル

●出身地:「イギリス

●「ダウジング」を用いた捜査で有名になった、シャーマン探偵・「リアム・ダイゼルの息子

●父親に憧れて探偵を志すも、「ハオによってが殺害」されてしまう

●以降、「ハオに復讐するため」に旅をする

 

ぱっと見から分かるように、リゼルグは見た目が女の子です。(公式公認)

ただ、本人は女子に間違えられるのが嫌でたまりません。

なので、その対策として自分が男だと理解してもらうために、股間を披露する癖があります!笑

可愛い顔をして、大胆なことをしますね!

 

そんな可愛らしい印象を持つリゼルグは、戦闘で活躍するのでしょうか?

以下、解説します↓↓

 

リゼルグの武器はひし形の「ペンデュラム」(振り子)

 

リゼルグの持っている「ひし形アクセサリー」は、ただの綺麗なアイテムではありません。

これは「ペンデュラム」と言って、振り子になります。

 

このペンデュラムこそ、リゼルグの武器です。

ワイヤーと一体化しているので、リゼルグの思う通りに動かすことができます。

 

妖精のモルフィンをオーバーソウルする

 

リゼルグの持ち霊は、ケシの花の精霊「モルフィン」です。

このモルフィンは、亡き父から受け継いだ精霊でした。

モルフィンは、ピンクの愛らしい容姿に加え、甘いものが大好きで、ホロホロの持霊・コロロがヤキモチを妬いてしまうほどです。

 

腕に付けた装置にはワイヤーが仕込まれていて、ペンデュラムを媒介としてモルフィンをオーバーソウルします。

ワイヤーはとても万能で、近距離だけでなく遠距離まで操作が可能です!

なんと、空中を自在に動き回ることや、安全ネットを作ったりすることもできます!

 

基本的には人や物を探知する際のダウンジングとして使う

リゼルグは父親に憧れていたので、同じ職業「シャーマン探偵」を目指していました。

なので、このオーバーソウルは本来「ダウジングマシン」としての用途があります。

 

しかし、初登場時のリゼルグはまだまだ未熟で、探し物など到底見つかりませんでした。

物ではなく、人間しか探知することができなかったのです。

次第に成長するにつれて探知能力が向上し、探し物をする際にかなり有効活用できるようになりました。

 

相手を追尾する技「ホーミングペンデュラム」

人間の「気」を感知することで、確実に対象を貫くように追尾する「ホーミングペンデュラム」。

この技を避けることは、至難の技です。

 

ペンデュラムを媒介として、モルフィンをオーバーソウルさせています。

なので、ひし形の先端にはモルフィンがいて、攻撃・捕獲・探知は彼女がワイヤーを操作して行なっていました。

 

ロンドンの時計台がモチーフの必殺技「ビッグベンワイヤーフレーム」

 

リゼルグは、出身地イギリス・ロンドンにある超有名な時計台「ビックベン」を、ワイヤーで再現します。

ワイヤーをあやとりのように逆さまに作り、上空から落下させる攻撃「ビッグベンワイヤーフレーム」が強力です!

リゼルグの、故郷を想う気持ちが伝わりますね。

 

この必殺技は、ペンデュラムがリゼルグの手元にある限り、いくら斬っても断てません。

しかし、葉との戦闘時には、その性質が何故か機能しなかったのです。

おそらく、精神的な動揺が大きく関係していたのでしょう!

 

X-LAWSに加入し入手したOS「天使ゼルエル」

 

リゼルグは、ハオに復讐する仲間を探していました。

そして、ようやく打倒ハオの目標を掲げる「X-LAWSエックスロウズ」というチームと出会います。

それまでずっと、葉たちと行動を共にしていましたが、ここで別れることになりました。

 

ハオと戦うという目標は同じでしたが、シャーマンファイトには「X-LAWSの一員として」挑むことになります。

そこで、持霊として与えられたのが第8番天使「ゼルエル」だったのです。

戦いを司る天使なだけあって、10,000という霊力を誇ります。

さらには、飛行能力も持っていました。

 

媒介は、ポケットに収まる手のひらサイズの小銃デリンジャーです。

デリンジャーを射出した際の弾丸が、ゼルエルへと変化します。

 

2種類の霊を複合「甲縛式O・Sマステマ・ドルキーム」

 

甲縛式こうばくしきO・Sマステマ・ドルキーム」は、モルフィンとゼルエルの2体による複霊オーバーソウルです。

この技は、リゼルグが地獄の修行を経て、ようやく会得しました。

属性は「」です。

 

リゼルグの心の中にある、ハオに対する憎しみと復讐心。

その心に囚われてしまう未熟さを乗り越え、敵意の炎に飲み込まれないようにと名付けられました。

 

相手を焼き尽くす必殺技「火葬」(ハルヴァヤー)

先ほどの、「甲縛式O・Sマステマ・ドルキーム」使用時の必殺技が火葬ハルヴァヤーです。

強大な炎が、辺り一帯を焼き尽くします。

第273話の「対ブロン戦」で使用され、最後のシーンに初披露されました。

 

炎の五大精霊「スピリットオブファイア」

 

リゼルグは、打倒ハオの切り札「五人の戦士」に選ばれました。

リゼルグが最終的に手にした持霊は「スピリットオブファイア」です。

これは、作中でずっとハオが持っていた霊でもあります。

スピリット系の精霊は全部で5体いますが、それぞれ属性が別です。

スピリットオブファイアは、名前の通り「」の属性です。

 

なんと、このスピリットオブファイアは、最終決戦でハオが放棄した精霊なのです!

憎きハオが持っていた精霊を使用して、オリジナル技も考案します↓↓

●繰り出される火山ボルケーノという炎の剣を作り出す

●高温のマグマをともなった打撃「マグマアッパー」を繰り出す

●「1200℃の地球の業火」と必殺技も強すぎます。

なんと、巫力は33万と圧倒的パワー。

 

モルフィンの進化版オーバーソウル「エンジェル・アドベント」

この「エンジェル・アドベント」は、アニメオリジナルのオーバーソウルです!

アニメの終盤で登場しました。

 

X-LAWSの生き残り3人は、ハオの弱点を探した上で”捨て身で“戦いを挑みます。

戦いで死した仲間の魂を食おうとするスピリットオブファイアに、抵抗する形で生み出したオーバーソウルの最終形態です。

 

天使を欲したリゼルグによって、持霊・モルフィンは捨てられてしまいます。

しかし、再びリゼルグの元へ戻り「エンジェル・アドベント」というオーバーソウルで、天使たちと合体しました。

モルフィンが昇華した姿は、X-LAWSの同志たちが操っていた天使たちに、非常によく似ています。

 

【マンキン】リゼルグ・ダイゼルの強さまとめ

 

まとめ

●リゼルグの武器はひし形の「ペンデュラム」(振り子)

●「妖精のモルフィン」をオーバーソウルする

●基本的には、人や物を探知する際の「ダウンジングマシン」として使う

●相手を追尾する技「ホーミングペンデュラム

●ロンドンの時計台がモチーフの必殺技「ビッグベンワイヤーフレーム

●X-LAWSに加入し入手したOS「天使ゼルエル

●2種類の霊を復号「甲縛式O・Sマステマ・ドルキーム

●相手を焼き尽くす必殺技火葬ハルヴァヤー

●炎の五大精霊「スピリットオブファイア

●モルフィンの進化版オーバーソウル「エンジェル・アドベント

 

以上、リゼルグの技についてでした!

リゼルグは、美少年の見た目とは裏腹に、腹黒さも伺えます。

他者をとことん利用することもありました。

 

そのギャップこそが魅力であり、さらに彼をどんどん強くします。

リゼルグは能力だけではなく、精神的にも成長していきました。

なんと言っても持霊の数が多く、それを操り自分のものにしているのには驚きです!

新作アニメでリゼルグの活躍が見れるので、楽しみですね^ ^

 

\リゼルグとモルフィンがアニメで見れる/

無料でアニメをフル視聴する>>

 

\テレビ未放送の内容が漫画で読める/

安くお得に電子書籍を購入する>>