【名探偵コナン/純黒の悪夢(ナイトメア) 】の感想/内容やあらすじネタバレまとめ!ラスト結末についても解説

この記事を読むのに必要な時間は“約 8 分”です。

 

2016年に劇場版「名探偵コナン」20作品目となる「純黒の悪夢(ナイトメア)」が公開されました!

黒の組織や人気キャラクターの安室透赤井秀一が登場したことで話題になり、高評価な映画でした。

コナンの推理は少ないながらも、登場するキャラクターによるアクションシーンなど見どころがたくさんありました。

 

今回は、名探偵コナン【純黒の悪夢】についてお話します!

★この記事をご覧いただくことで、純黒も悪夢(ナイトメア)のネタバレ内容を知れます!

 

名探偵コナン/純黒の悪夢(ナイトメア)の感想/内容やあらすじネタバレまとめ!

 

純黒の悪夢は、推理をメインとするいつものコナン映画とは違い、カーチェイスなどアクションシーンが見どころです!

さらに、黒の組織が密接に関係する内容ということで、スリルがありハラハラした方も多かったのではないでしょうか?

視聴者からは「面白かった!」という評価が数多くありました!

✔ チェック

【純黒のナイトメア】の評価についてまとめた記事です↓↓

 

【名探偵コナン/純黒の悪夢(ナイトメア)】は面白い?面白くない?評価・評判など口コミレビューまとめ

 

賛否両論ありましたが、総じて面白い印象を受けました!

では、純黒の悪夢のあらすじについてご紹介します!

 

純黒のナイトメア/あらすじネタバレまとめ

ある日の夜、警察庁に謎の女性が侵入し、機密情報である【ノックリスト】を閲覧していました。

ノックリストとは、世界中のCIA工作員(スパイ)の情報が載っているリストのことです!

 

そこに、公安警察である安室や風見たちが駆け付け、ノックリストを盗み見た女性を発見します。

女性は、素早い動きで警察庁内から出ると、車を奪い取り逃走しました。

 

外で警戒していたFBI の赤井秀一や安室も車で追い、カーチェイスが始まります!

 

女性は逃走中、警察庁で記憶したノックリストをメールで誰かに送ろうとしていました。

「ノックは、スタウト、アクアビット、リースリング。あなたが気にしていたキール、バーボン…」

しかし、最後まで打つ直前に車の揺れで送信画面になってしまいます。

 

その後も、高速道路で3人によるカーチェイスが繰り広げられましたが、渋滞に巻き込まれたので女性は逆走しました。

しかし、そこに待ち構えていた赤井でした。

赤井は凄腕のスナイパーで、遠距離射撃のプロです。

赤井が放ったその銃弾によって車は爆発し、女性は海に転落していきました。

 

その後、女性は行方不明になりますが、実は生きていて、フラフラした足取りで路地を歩いていきます。

そして、ふと海の向こうに見えた観覧車や花火のを見て、“急に頭を押さえ叫び出す”のでした。

 

その事件の翌朝、コナンと少年探偵団たちは、リニューアルオープンをした東都水族館に向かいました。

水族館についたコナンは、何か変な匂いがすることに気付きます。

コナンは匂いを辿り、ベンチに座る女性に声をかけます。

 

その女性からは、ガソリンの匂いがして、膝と手に怪我スマートフォンが破損フロントガラスの破片が付着していたのです。

「昨夜の事故に関係がある」と思った阿笠博士は「一応警察に連絡しよう」と提案しますが、女性は怯えてしまいます。

 

そこで探偵団たちは、女性が誰なのかを探るために情報収集を開始することにしました。

 

その間に、コナンは蘭に連絡し、女性の写真や状況を警察に届けるように伝えます。

連絡を受けた目暮警部や高木刑事たちも状況を聞き、昨夜の事故に関係があると判断しますが、事故の情報が警視庁に一切入っていませんでした。

 

時を同じくして、黒の組織の一員であるベルモットがその女性を探していました。

ベルモットが女性に接触しますが、女性は気付きません。

 

少年探偵団は「情報収集をする」と言いながら、女性と遊園地で遊んでいました。

そんな時、たまたま高所にいた元太はコナンを呼ぼうと身を乗り出したために、落下しそうになりました。

すると、一緒にいた女性が素早い身のこなしで元太を助けました。

 

「よかった」と安堵をしていた一行ですが、灰原があることに気づきます。

それは「女性が黒の組織の一員のラムかもしれない」ということでした。

 

そんなことも知らず、子どもたちは女性と一緒に観覧車に遊びに行きました。

しかし、女性は観覧車の上で突然苦しみだし、「ノックはキール・バーボン・スタウト・アクアビット・リースリング…」というと倒れてしまいます。

医務室に運ばれた女性は、かけつけた目暮警部たちによって、警察病院に搬送されていきました。

 

その後、少年探偵団は女性の面会に行き、女性にお揃いのイルカのキーホルダーを渡しました。

 

一方、黒の組織にノックとして潜入していた「スタウト」「アクアビット」「リースリング」が各国で次々と射殺されていきます。

そして、その危機は「キール」ことCIAの水無怜奈「バーボン」こと公安警察の安室にも及んでいました。

 

安室と水無の2人は、黒の組織に捕まり倉庫に連れていかれ、ジンに射殺されそうになります。

しかし、何者かが倉庫内のライトを打ち落としたお陰で、間一髪のところで逃走し2人は助かりました。

 

ベルモットの携帯に「キュラソーから、キールとバーボンはノックではなかったというメールを受けた」と、ラムから連絡が入ります。

そこでベルモットとジンは、キュラソーを探し出し事実確認をすることにしました。

 

そこでコナンはFBIに接触し、ようやく彼女のコードネームが「キュラソー」であり、黒の組織のナンバー2である「ラム」の右腕であること知ります。

そして、キュラソーが持っていた5色のカードから「観覧車の5色のライトで記憶が戻る」と推理し、水族館に向かいます。

 

水族館では、貸切にした観覧車に少年探偵団の3人と、記憶を取り戻すために来たキュラソー、さらに公安警察も乗っていました。

その時、先回りしていた安室と赤井が観覧車の上で対面します。

実は倉庫内でライトを撃ち、安室たちを助けたのは赤井でした。

安室は、赤井に「FBIにこの事件から手を引いてほしい」と頼みましたが、断られたため決闘が始まりました。

 

その観覧車の内部を探索していたコナンは、怪しい同線を発見し、それが爆発物であると気付きます。

そして、赤井たちを見つけて観覧車に爆弾が仕掛けられていることを知らせ、安室とコナンが爆発物の解体に取り掛かります。

その後、赤井は黒の組織を探しに行きました。

 

シーンは変わり、キュラソーたちが乗る観覧車のゴンドラが頂点に達した時、光を見たキュラソーは記憶を取り戻します。

キュラソーは、ラムに言われた記憶を思い出しました。

「キュラソー、君には色がない。あるのは純黒な闇。その闇が君を苦しめているのなら、他の色に染まればいい。

君の特殊能力を私のために使え。インプットもアウトプットもそして、私の右腕になりなさい。」

 

すると、キュラソーは同乗していた公安警察をノックアウトし、ベルモットに「記憶を取り戻したこと」を電話をします。

その時点でキュラソーは黒の組織ではなく、1人の人間として物事を判断できるようになっていました。

 

黒の組織は、観覧車周辺の電力供給をストップさせ、オスプレイでキュラソーをゴンドラごと回収しようとします。

しかしキュラソーは、少年探偵団たちを思い出し、黒の組織からの逃走を選びました。

それを裏切りだと確信した黒の組織は、キュラソー抹殺へと動き出します。

 

逃げる途中キュラソーは、灰原から「観覧車に少年探偵団が乗っている」ということを聞かされます。

そんな時、安室が爆弾の解体に成功します。

爆弾を解体されたことに気づいた黒の組織は、観覧車に向けて銃撃を始めました。

 

キュラソーは、少年探偵団を助けるように灰原に言うと、黒の組織の目の前に出ておとりになります。

灰原は、黒の組織がキュラソーに気を取られている隙に、少年探偵団のところに駆け付けました。

 

コナン・赤井・安室は合流し、黒の組織がまだ爆弾が残っている車を狙っていることに気付きました。

赤井が「オスプレイのローター周辺を照らすことができれば撃てる」と言うと、

安室は持っていた爆弾をオスプレイの下に投げて、それ目掛けてコナンがボールをぶち当てます。

そうして爆発させたことでオスプレイが光に照らされ、赤井は銃撃できるようになります。

 

コンビネーションによりオスプレイを撃墜しますが、受けていた攻撃から観覧車は壊れてしまいました。

少年探偵団たちが乗った観覧車は壊されたことで、水族館に向けてゴロゴロと転がっていきます。

コナン・赤井・安室は再度、協力して観覧車を止めようと奮闘します。

 

ラストの結末・キュラソーが残したイルカと最後のセリフ

その時、キュラソーがクレーン車に乗って駆け付けました。

観覧車に取り残された少年探偵団を見つけると、「止まれーーーーーーー!!!!」と叫び、クレーン車で突っ込み無事に止めることができました。

 

しかし、キュラソーはクレーン車と一緒に爆発に巻き込まれて死んでしまいました。

 

警察はキュラソーが残したキーホルダーを記憶媒体と予想していました。

しかし、コナンはキュラソーの遺品であるイルカのキーホルダーを拾うと、

「記憶じゃない、思い出だよ。黒焦げになっちまったけどな。」と言います。

 

後日、「キュラソーと友達になれた」と喜ぶ少年探偵団を見て、

「もしかしたら、あいつらが変えたのかもしれねぇな。最後の最後で、彼女の色を。」とコナンが確信しました。

 

純黒のナイトメア/感想・名シーンまとめ

純黒の悪夢は、今作品のオリジナルキャラクターである黒の組織のキュラソーがダークヒロインになっていました!

黒の組織が登場する作品はいくつかありますが、組織のメンバーがほぼ主役で「最初から最後」まで登場したのは初めてでしたね!

 

キュラソーは、もともと高い身体能力・戦闘能力があるため、安室や赤井と互角に戦っていました。

なので、カーチェイス赤井と安室のバトルシーン、黒の組織との銃撃戦など迫力のあるアクションシーンが見どころでした!

 

カーチェイスのシーンは、首都高速を暴走していましたね。

いくら犯人を追っているとはいえ、公安警察とFBIがあんなに危ない追跡をするのはびっくりしました!

キュラソーが暴走していたから、仕方なかったのかもしれませんね。

 

さらに、少年探偵団との絡みでキュラソーが心変りしたシーンも感動しましたね!

粗暴かつ好戦的な性格でしたが、己の身を犠牲にして人々を助けたり、子どもたちにもらったイルカのストラップを最後まで握っていました。

キュラソーの純黒な心は、少年探偵団のおかげで色を変えられたのです!

 

悪役が改心して、善人になり死んでいく・・

しかも、キュラソーの場合は。それが少年探偵団たちとの思い出によって突き動かされていたので、なおさら美しく感じます!

このシーンは何回観ても感動しました!

 

【純黒のナイトメア】あらすじネタバレ内容まとめ!

 

まとめ

●謎の女性が、警察庁に忍び込みノックリストを閲覧→記憶→逃走

●赤井、安室、女性の3人がカーチェイスを始める

●赤井の銃撃で女性は海に落下し、観覧車の光を見て記憶喪失になる

●東都水族館で、コナンたち少年探偵団に遭遇し、女性の記憶の手掛かりを探す

●キュラソーは観覧車の光で記憶を取り戻した後、黒の組織を裏切り、逃亡する

●黒の組織は、コナン・赤井・安室が共闘して撃破した

●最後は、黒の組織のメンバーだったキュラソーが、危険にさらされる少年探偵団と水族館の観客たちを命と引き換えに助けた

カーチェイス赤井と安室のバトルシーン、黒の組織との銃撃戦などのアクションシーンが見どころだった

●キュラソーの純黒な心が、少年探偵団のおかげで心の色を変えるシーンが感動的だった

 

純黒の悪夢は、まさかの黒の組織のメンバーが主役でしたね!

最初はどうなるかと思いましたが、切なく感動的な結末で終わりました。

安室と赤井の登場のおかげで、見どころがあるアクションシーンがたくさんあり、見てて楽しかったです!

 

あらすじネタバレ内容を見て、気になった方はぜひご覧下さい!

 

✔ チェック

「名探偵コナンシリーズ」を見るならこちらから見れます↓↓

 

【劇場版/名探偵コナン】映画の無料フル動画を視聴する方法!シリーズ作品を見る順番や一覧を解説

 

合わせて読みたい>>>>>

名探偵コナン/純黒の悪夢(ナイトメア)の見どころは?安室と赤井の殴り合いバトルやカーチェイスシーンをご紹介

【名探偵コナン/純黒のナイトメア】キュラソーの能力は?オッドアイで色を記憶媒体として見るシーンから考察

名探偵コナン/純黒のナイトメアの意味は?キュラソーのセリフや主題歌「世界はあなたの色になる」の歌詞から考察