【鬼滅の刃】煉獄・炎の呼吸の型や技など種類一覧!参ノ型「気炎万丈」や奥義も解説

この記事を読むのに必要な時間は“約 4 分”です。

 

鬼滅の刃】の、劇場版「無限列車編」の勢いが止まりません。

興行収入で言えば、歴代作品の中でもトップクラスです!

なぜ、ここまで爆発的な人気が出たのでしょう?

 

個人的には、この映画の主役・煉獄杏寿郎れんごくきょうじゅろうが大きな要因だと感じます。

煉獄は炎柱であり、ただ強いだけではなく、まっすぐな性格です。

曲がったことは言わず、言い訳もしない。

家族想いで部下や後輩の面倒見が良く、「人間の鑑」のような存在です。

さらに、鬼殺隊士としても実力があり、炎の呼吸を使った技は豪快で目を見張ります。

 

今回は【鬼滅の刃】に登場する煉獄の「炎の呼吸」についてお話します↓↓

★この記事を見ることで、炎の呼吸の「全部の型」や「技の種類」が分かります!

 

【鬼滅の刃】煉獄・炎の呼吸の型や技など種類一覧!

 

炎の呼吸は、古くから伝承されてきた呼吸法です。

始まりの呼吸である「日の呼吸」を生み出した継国縁壱つぎくによりいちがいる時代から、炎の呼吸の使い手は存在していました。

日の呼吸が派生してできたのが「炎の呼吸」で、手記により後世に伝えられます。

その名家こそが煉獄家なのです!

 

そんな歴史のある炎の呼吸ですが、一体どのような型・技があるのでしょうか?

以下、解説します↓↓

 

壱ノ型「不知火」(しらぬい)

 

無限列車内で出現した鬼に、始めて使用しました。

その後、上弦の参・猗窩座あかざとの戦闘シーンでも繰り出します。

いちノ型「不知火しらぬい

●地面を強く蹴った勢いで、前方に相手との間合いを詰める

●炎を発しながら、袈裟斬りけさぎりをする

●技の威力に加え、加速したスピードも含まれるため、鬼の首を軽々斬ることができる

 

弐ノ型「昇り炎天」(のぼりえんてん)

 

上弦の参・猗窩座が炭治郎に襲いかかった際に、煉獄がこれを守るために使用しました。

ノ型「昇り炎天のぼりえんてん

●刃先を相手に向け、下から上に斬り上げる

●無駄のない動作で、技を素早く繰り出せる

●炎が天に昇るように、太陽をかたどったエフェクトが出る

●非常に硬い上弦の腕でも、軽々真っ二つにするほどの切れ味を持つ

 

参ノ型「気炎万丈(象)」(きえんばんしょう)

映画「無限列車編」で、初登場した技。

たった1度だけでしたが、猗窩座と攻防を繰り広げる中で使用されました。

 

さんノ型「気炎万象きえんばんじょう

●刀を、上から下へ弧を描きながら振り下ろす

●「気炎万丈」という四字熟語をなぞらえており、その意味は「盛んに気炎を上げること」

●実際は、気炎万丈ではなく「気炎万象

 

劇場版の小説で、「気炎万象」と記されています。

 

肆ノ型「盛炎のうねり」(せいえんのうねり)

 

ノ型「盛炎せいえんのうねり」

●両手で刀を大きく振ることで、炎の壁を作り出す

●技の使用時、渦状の炎が大きく描かれる

攻防どちらにも使用できる、便利な技

 

伍ノ型「炎虎」(えんこ)

 

ノ型「炎虎えんこ

前方に向かって、刀を力強く振りかざす

●名前の通り、炎でかたどられたが出現し、相手に牙をむく派手なエフェクト

●敵の攻撃を相殺することもできるので、防御としても使用可能

 

【奥義】玖ノ型「煉獄」(れんごく)

 

【奥義】ノ型「煉獄れんごく

●炎の呼吸の中で、煉獄杏寿郎が考えたオリジナル技

●呼吸を整え、全身から闘気を練り上げる

●両手で柄を握り、肩の上に持っていき身体を大きく捻る

●全ての力を解放すると同時に、相手へ猛突進して斬り伏せる

●煉獄曰く「一瞬で、多くの面積をねこそぎえぐり斬る」

●技の発動時は、炎が圧縮された高密度の遠距離ビームのような、ド派手なエフェクトとして描かれる

 

【鬼滅の刃】炎の呼吸についてまとめ

 

まとめ

「炎の呼吸」の全型まとめ↓↓

いちノ型「不知火しらぬい

ノ型「昇り炎天のぼりえんてん

さんノ型「気炎万象きえんばんしょう

ノ型「盛炎のうねりせいえんのうねり

ノ型「炎虎えんこ

●【奥義】ノ型「煉獄れんごく

 

炎の呼吸ということで、派手な演出と高い攻撃力を誇る技でした。

さらに、それを使いこなす煉獄が格好良すぎです!

奥義として使用したノ型「煉獄れんごく」は、杏寿郎のオリジナルだけあって、まっすぐ相手にぶつかる大技でした。

上弦の参・猗窩座が避けても、左顔側面と左手を失わせるほどの威力です。

 

炎の呼吸は、ろくしちはちじゅうが描かれていません。

ノ型を奥義と呼んでいることから、もしかしたら拾ノ型は使えないのかもしれません。

さらに、6~8番目の技も見てみたかったですね。。

 

それでも他の技が素晴らしく格好良いので、見た方、見ていない方関係なく見てみて下さい!

非常におすすめです^ ^