東京リベンジャーズの瓦城千咒の性別は女?何巻で初登場したのか解説

過去にタイムリープして、未来を変えるストーリーが話題の【東京リベンジャーズ】。

武道は、ヒナの次はマイキーを助けることを心に決めます。

過去では、武道は中学生ではなく高校生に戻っていました。

 

これまでの流れと少し違うところは、まだあります。

「東京卍會」が解散した後、関東では大きく3つの勢力に別れていたのです↓↓

  • 関東卍會(総長・佐野万次郎)
  • 六破羅単代ろくはらたんだい(総代・寺野サウス
  • ブラフマン(首領・瓦城千咒かわらぎせんじゅ

 

この3大勢力を総称して「三天さんてん」と呼ばれています。

新章に突入し、新キャラが次々と登場する中で、その最重要人物である「瓦城千咒」。

全てが、謎に包まれたキャラです。

  • 初代黒龍副総長「軍神・明司武臣あかしたけおみ
  • 初代黒龍最強コンビ「今牛若挟いまうしわかさ」「荒師慶三あらしけいぞう」(ワカとベンケイ

 

名のしれた不良たちを配下につける千咒ですが、どのような大物なのでしょうか?

しかし、今回は千咒の器ではなく、ある噂について触れていきます。

それは、千咒が「」だという内容です!

 

三天の一角ともなる首領が、本当に女性なのでしょうか?

今回は「瓦城千咒」の正体について、初登場の内容にも触れつつ解説していきます↓↓

この記事を見て分かること
  • 瓦城千咒の「性別
  • 初登場が原作漫画の「何巻」なのかご紹介

 

 

 

 

東京リベンジャーズの瓦城千咒の性別は女?

 

新章で初登場した「瓦城千咒」。

武道はある日「三天」の内の2つの勢力「六波羅単代」と「」に絡まれてしまいます。

そして、その内の1つ「梵」にあろう事かスカウトされるのでした!

加入するか、迷いに迷った武道は「梵」に加入することを決めます。

組織内協力者として「東京卍會」の副総長だったドラケンと共に、マイキーを止めるため「三天」の1チームに入りました。

 

先ほども触れましたが、巨大な勢力の1つである「梵」をまとめ上げているのが「瓦城千咒」と言う人物です。

当初、深くフードを被って謎に包まれていた人物でしたが、その実はマイキーを彷彿とさせるカリスマ性の持ち主でしたね!

顔も若く「六波羅単代」の寺野南ほど凶暴な顔つきではなく、大人しそうな整った顔立ちをしています。

身長も小柄で「梵」の特攻服が大きすぎる様に見えることから、華奢きゃしゃな身体付きであることも伺えますよね。

 

そんな「瓦城千咒」の正体には、一体どんな謎が隠されているのでしょうか!?

登場当初は「女」と言う説も行き交っていましたね!

早速、解説します↓↓

 

瓦城千咒の性別は「女」

結論から言うと「瓦城千咒は女性」です。

なので「梵」のトップは「女」だということになります!

 

このような組織はこれまで登場したことがなく、初の設定ですよね!

強力なトップを頭に据えて「それに憧れついて行く屈強な男たち」と言う風習がある「暴走族」でしたが、根底から覆すストーリーでした。

 

ですが「女性=千咒が弱い」ということではありません。

戦闘が勃発した時は「殺ろうか」という掛け声と共に、戦闘に加わります。

 

好戦的な一面を見せていることや、寺野南を蹴り1発でダウンさせるシーンなど、とてつもない実力も兼ね備えています。

また「関東事変」でのマイキーを彷彿とさせる「異常な殺気」を放つ場面もある人物ですね!

 

その正体は17歳の「現役の女子高生」

瓦城千咒の正体はなんと「現役の高校生」です!

  • 整った顔立ち
  • 小柄な体型

 

武道とそう変わらない雰囲気の千咒でしたが、まさかのJKでした!

その事実が明らかとなったのは、武道が千咒と出かける約束をした日です。

武道が集合場所に到着すると「制服姿の千咒」がそこにいたのです!

 

武道もこの事実には驚いていましたよね!

 

梵の首領・瓦城千咒として動く時は「男装」をしている

女子高生として生活をしている千咒は、髪を結い女の子らしい格好をしています。

ですが「梵」の首領として活動する際は髪を下ろし、男か女か分からない様な格好をしているのです。

これは他の隊員に舐められない様にするためなのか、それとも千咒の素が「梵」の格好なのかは分かりません。

しかし、武道と遊びに出かけている時は、ファッションにあまり興味が無かったみたいですね!

 

武道と一緒に入った服屋では、千咒の本名が「明石千壽あかしせんじ」であることも判明しました。

さらに「梵」の幹部である「明石武臣」や関東卍會の「三途春千夜さんずはるちよ」と兄弟関係にあることなど、相当な秘密を暴露します!

 

ただ、その秘密を暴露している最中、下着姿のまま試着室のカーテンを開けたりと「自分を女性と思っていない」様な振る舞いをしている部分もあります。

千咒自身は「女性」と言うことを自覚しているみたいなのですが、見られても減るもんじゃないという不思議な感覚を持っていますよね。

 

何巻で初登場したのか解説

 

ここまでは、瓦城千咒の「性別」などの秘密を解説してきました。

では、そんな千咒が初めて登場したのは、漫画だとどのあたりなのでしょうか?

詳しい巻数などを掘り下げながら解説します↓↓

 

初登場シーンは梵の紹介があった「24巻」の「208話/Turbulent period」

 

千咒の初登場は、単行本「24巻」に掲載されている「208話/Turbulent period」でした。

この時に「梵」と共に、首領として紹介されていましたね!

 

また、この場面では武道たちと「梵」と「六波羅単代」が戦闘を始める三つ巴な展開になっています。

タイトルの「Turbulent period」が意味する「乱世」通りの展開となりました!

「梵」が「新宿を拠点とし”最強”を謳うナゾの愚連隊」と紹介されたのもあって、首領の千咒がどれだけ強いかが容易に想像できるシーンでしたね!

 

はっきりと頭角を現したのが「24巻」の「211話/The law of the jungle」

さらに同巻「24巻」の「211話/The law of the jungle」では、千咒の存在がハッキリと現れます。

最強を謳ったのなら食い殺されるまで最強でいろ」と無茶苦茶な理由をこじつけ、ドラケンが寺野南に殴られる場面から始まりました。

サウスは勧誘を続けますが、ドラケンは引退を理由に強く拒んでいました。

 

また、寺野南は「それが”弱肉強食”だ」と「暴走族の世界」を表していましたね。

ちなみに、タイトルの「The law of the jungle」は「弱肉強食」と言う意味となっております!

そして、寺野南の牙が武道に向きそうな時に、すんでのところで「梵」のNo.2明石武臣が登場し「六波羅単代」との戦闘が始まったのです。

 

ここで登場したのが、千咒です!

いきなりサウスの傘を投げつけ、空中からかかと落としする姿は最強そのものでした!

千咒率いる「梵」が作中で活発になってきたのが、この時からではないでしょうか。

 

そして、現在も物語に大きく影響を与えて続けています。

タケミチがマイキーを救うためにキーマンとなるキャラが、女性の千咒なのです!

 

【東リベ】瓦城千咒の性別についてまとめ

 

まとめ
  • 瓦城千咒の性別は「
  • その正体は17歳の「現役の女子高生
  • 梵の首領・瓦城千咒として動く時は「男装」をしている
  • 初登場シーンは梵の紹介があった「24巻」の「208話/Turbulent period
  • はっきりと頭角を現したのが「24巻」の「211話/The law of the jungle

 

以上、瓦城千咒についてでした!

作中では異例の「女性首領」として登場した千咒ですが、実力も然ることながら、性格もマイキーを彷彿とさせる場面が多く見られます。

トップに立つ者は寺野南や柴大寿のような「暴君」か、マイキーや千咒のように「ついて行きたくなる人柄」を持った人物の2択なのでしょうね!

 

また、千咒は未来ではすでに亡くなっています。

2008年7月7日に過激化する「六波羅単代」の隊員に射殺されていたのです。

そんな事実を念頭に置いて、単行本派の方は楽しみに読み進めてもらえればと思います!

そして、どんどん先に進んでいる週刊誌派の方も思いもよらない展開になって重要な部分だと思うので、ドキドキしながら読んでいきましょう^ ^

 

 

東京リベンジャーズ アニメ情報

東京リベンジャーズのアニメ1期が見れます!

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

今後、放送されるアニメ2期も随時配信予定です↓↓

東リベのアニメのお得情報を見る

 

 

東京リベンジャーズ マンガ情報

単行本はすでに最終章に突入しています!

最新刊「24巻」が発売中です!(2021年10月時点)

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

東リベのマンガのお得情報を見る