王様ランキングで森の狩人はキングボの父?神の宝物庫で気がふれたのか考察

父であるボッス王が亡くなり、次期王として指名されたボッジ

しかし、継母・ヒリングと家臣たちの話し合いで、弟のダイダ
王になることが決まってしまいます。

傷心のボッジでしたが、ヘビンから友達のカゲが旅に出たことを聞かされ、自分も旅に出る決意をしました。

 

ドーマスホクロと共に旅に出たボッジは、大自然の美しさに触れたり、
見知らぬ街で見識を広げたりと、新鮮な経験の連続でした。

そんな旅の中で、ある不思議な老人と出会います。

老人の行動はあまりにも謎だらけで、ボッジはただひたすら戸惑い逃げるように別れました。

 

読者の方にとってもこの老人の存在は、かなり謎だったのではないでしょうか?

さらに出番も短かったこともあり、記憶の片隅に追いやられてしまったはずです。

 

しかし、物語が進むに連れこの老人の存在感が次第に大きくなります。

なんと、息子と思われる人物が現れたのです。

ここから忘れ去られていた記憶が蘇るかのように、改めて老人の存在が注目されました。

この老人は一体誰で、何者なのでしょうか?

 

今回は【王様ランキング】に登場する謎の老人を考察します↓↓

 

王様ランキングで森の狩人はキングボの父?

 

冒頭で、謎の老人について触れました。

ミランジョが計画のために、冥府から連れてきた罪人たち。

その中のキングボという男は、玉座を真っ先に我が物にしようとするなど王への執着を見せます。

さらに、回想の中で「燃える城」が描かれたことから、過去にどこかの国の王子だったのではないかと憶測が飛び交いました。

 

そんなキングボは登場時から謎の老人とどこか似ていて、ネットでは「息子なのではないか?」という意見も出ます。

果たして、キングボと謎の老人には関係性があるのでしょうか?

以下、考察します↓↓

 

ボッジは旅の途中で「元ランキング1位」の謎の王様と出会った

 

ボッジが謎の老人と出会うのは、原作漫画の「第23話」です。

この時ボッジ一行は街を離れ、巨大な魔物が現れるという危険な森を移動していました。

巨大な魔物が通り過ぎた頃合いを見計らい、歩き始めたその時、ボッジは落とし穴に落ちてしまい、連れのドーマス達と逸れてしまいます。

 

罠に落ちた先は住居になっていて、そこに1人の老人がいました。

老人は毛皮に身を包み、狩りの道具を作っていて、一見すると森の狩人と思われました。

 

しかし、その頭には王族の証である王冠をつけていました。

それを見たボッジは仲間と思い話しかけますが、老人は気難しげに大声で対応します。

老人は、罠にかかった獲物を手にし山の頂上へ行き、獲物を調理し始めました。

 

ここから、不思議なことが起こります。

獲物が焼き上がるのを待っていると、煙のような巨大な生き物(?)が登場。

獲物の魂を吸い取ると、今度は反対の口から動物を地上へと巻き始めます。

老人曰く「別の世界の偉大な存在」とのこと。

 

その存在に圧倒されるボッジを前に、老人は急に踊り始め、同じ動きを要求します。

これは「和解のダンス」であり、「許しを請い感謝を伝える儀式である」と説明し、2人は全力でダンスを踊り続けました。

 

自称「森の狩人」はボッジを襲おうとした

 

ダンスが終わり、クタクタになったボッジに焼き上がった肉を渡す老人。

さっきまで生きていた姿を思い出し、ボッジはためらう気持ちもありましたが、意を決して口にした肉の旨さに「言葉にならない感動」を覚えます。

老人は「他のものを殺して食べる、これが生命の本質」と自身の考えを伝えます。

 

肉を分けてくれたり、自分の考えを教えてくれるなど、気難しいながら優しい面もあるように思えましたが……。

突然、ボッジに対して「お前が次の生贄か」と言い、刃物を手に立ち上がります。

 

ボッジは驚き急いで逃げると、ドーマス達の松明の光を見つけました。

無事に合流、そしてその勢いのまま老人の元を離れることに成功します。

 

老人の理解不能・・・・な言動で、真意がどこにあるのかまったく読めません。

もしかしたら「狂気」に侵されていて、真意など無いのかも?とすら思えます。

こうしてボッジは、謎の老人と謎のまま別れるのでした。

 

 

キングボの「回想シーン」でこの森の狩人らしき人物が描かれた

物語が進んで、冥府の罪人キングボがやってきたとき、回想シーンが流れました。

その中で、この「老人に似た人物が登場」します。

彼はキングボの父らしく「慈愛を身に付けて強くなれ」と、厳しくも愛情のある言葉を投げかけています。

その時の雰囲気は、王にふさわしく威厳に満ちたもので、森の老人のものとまるで違います。

 

しかし「八の字」に伸びた髭など同じ外見であることから、同一人物とみて間違いないでしょう。

キングボと森の狩人は、一体どのような関係なのでしょうか?

 

神の宝物庫での武器選びで「気が触れ」王国を滅ぼした

森の狩人の身に起きた内容を知ることができるのは「第156話」です。

ここではキングボの父が「神の宝物庫」で一振りの剣を手にした姿が描かれています。

武器を手にしているということは、キングボの父がかつて「王様ランキングで1位だった王」という証拠です。

 

しかし、武器を手にした王は、その後没落するという話もありました。

森の狩人も、宝物庫に入って「デスハー」や「ほかの王たち」と同じものを選んだのだと推測できます。

こうして気が触れた、元・1位の王は自らの国を滅ぼしてしまったのでしょう。

 

森の狩人は落ちぶれた「キングボの父」だったと考察

「第156話」では、神の宝物庫に入ったことによって、正気を失い呆然とたたずむデスハーが登場します。

かつてからは想像できないショッキングな姿ですが、どうやら原因は「神の言葉が書かれた剣」を選んだからのようです。

 

先ほどもお伝えしましたが、キングボの父もデスハーやほかの王と同じく、神の剣を選んだ可能性が高いです。

これによって、気が触れて「森の狩人へと落ちぶれてしまった」のではないでしょうか。

 

果たして、神の剣にはどんなことが書かれていて、それがどんな力を発揮するのか。。

現時点で考察の材料は少なく、物語の進展のなかで明かされることが期待されます。

 

【王ラン】森の狩人の正体についてまとめ

 

まとめ
  •  ボッジは旅の途中で「元ランキング1位」の謎の王様と出会った
  • 自称「森の狩人」はボッジを襲おうとした
  • キングボの「回想シーン」でこの森の狩人らしき人物が描かれた
  • 神の宝物庫での武器選びで「気が触れ」王国を滅ぼした
  • 森の狩人は落ちぶれた「キングボの父」だったと考察

 

以上、謎の老人(森の狩人)についてでした!

ボッジが旅の途中で出会った、森の狩人である老人。

頭についた王冠から「元王様だったのでは?」という予想はありました。

 

しかし、キングボの登場によって、ますますその可能性が高くなってきました。

老人は1話限りの登場で、それ以降は描かれていません.

 

ただ、ボッス王国の騒乱でキングボが逃げ出したこともあり、もしかしたら偶然の再開も期待されます。

老人とキングボ」。

この2人が出会ったとき、一体どんな会話がされるのでしょうか?

そこには、王様ランキングの核心に迫るものが含まれているはずです!

 

王様ランキング アニメ情報

王様ランキングのアニメ1期が見れます!

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

現在、秋アニメも随時配信予定です↓↓

王ランのアニメのお得情報を見る

 

 

王様ランキング マンガ情報

 

最新刊「11巻」が発売中です!(2021年10月時点)

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

王ランのマンガのお得情報を見る