【転スラ】魔王の全種類一覧まとめ!十大や八星(オクタグラム)を解説

現在「転生したらスライムだった件」、略して【転スラ】が大人気です!

「人間」「ゴブリン」「ウルフ」「オーク」「オーガ」「リザードマン」

そして「スライム」など、登場キャラが豊富なので、見ていてテンションが上がります^ ^

 

その中でも、作品を面白くする勢力が「魔王」です!

本来「魔王」といえば、世界に1体だけ存在する”ラスボス的なキャラ“ですよね?

しかし、転スラでは魔王が「複数」存在します。

これにより、勢力争いなど見応えもアップするのです!

では、一体どのような魔王がいるのでしょうか?

 

今回は【転スラ】に登場する魔王についてお話します↓↓

★この記事を見ることで、魔王の「全種類のキャラ」が分かります!

 

目次

 

 

【転スラ】魔王の全種類一覧まとめ!

 

「魔王」

と聞くと、やはり恐ろしい印象を思い浮かべませんか?

 

しかし、転スラでは主人公・リムルのような、かわいらしい見た目の魔王もいます。

さらに、おっちょこちょいな性格で、お世辞にも「魔王」といえないようなキャラも魔王になったりしています。

どんなキャラがいるのか、非常に気になりますよね!

 

ここからは、恐ろしくも可愛い魔王をご紹介します↓↓

 

魔王は「十大魔王」と「八星」(オクタグラム)の2つに総称される

転スラにおいて魔王というのは、「十大じゅうだい魔王」と「八星オクタグラム」という2つに分類されます。

とはいっても「メンバー」と「人数」以外の違いは、ほとんどありません。

順番で言えば、まず「十大魔王」が存在しており、その後メンバーの入れ替えが行なわれ「八星」と名付けられました。

では早速、以下で解説します↓↓

 

「十大魔王」キャラ一覧まとめ

上記でご紹介しました「十大魔王」のメンバーです↓↓

 

十大魔王

●ギィ・クリムゾン

●ミリム・ナーヴァ

●ダグリュール

●レオン・クロムウェル

●ルミナス・バレンタイン

●ディーノ

●ラミリス

●クレイマン

●カリオン

●フレイ

 

いかがでしょうか?

知っている名前も、知らない名前もあったのではないでしょうか!

ではまず、リムルが加わる前の「十大魔王」を1人1人ご紹介します↓↓

 

「ギィ・クリムゾン」(暗黒皇帝/ロードオブダークネス)

 

最強の魔王は「ギィ・クリムゾン」と言ってよいほど、圧倒的な「強さ」を持った魔王です。

そして、転スラの世界の中の「最初の魔王」でもあります。

実力者」や「面白いこと」以外に、あまり興味を持たないところがネックですが。笑

 

しかし、「ミリム」と「ラミリス」のことを特に気にかけていて、今でも交流は続いています。

 

「ミリム・ナーヴァ」(破壊の暴君/デストロイ)

 

ミリム・ナーヴァ」は、ギィ・クリムゾン次いで生まれた魔王です。

他の魔王に比べても、とても強い力を持っています。

純粋で明るい性格をしていて、「戦うこと」や「面白いこと」が大好きです。

テンペストへ強襲したときに、最初はリムルを配下に置くつもりでした。

しかし、ハチミツにつられ、今では「親友」という関係になりました。

 

「ラミリス」(迷宮妖精/ラビリンス)

 

ラミリス」も、ギィやミリムと同じく「最古の魔王」の1人でもあります。

最古の魔王と聞くと、前2人と同じようにとても強いように感じますが、実はラミリスは「あまり強くない」です。

しかし、固有スキルの「迷宮創造」は、配下がいることで無敵に近い力を発揮することができます。

現在はリムルの手助けにより、地下迷宮の管理人となっています。

 

「ダグリュール」(大地の怒り/アースクエイク)

 

ダグリュール」は、巨大な体と、膨大な魔素量を持つ魔王です。

ギィやミリムほどとはいきませんが、魔王の中でも強い部類に入ります。

竜種である「ヴェルドラ」との戦いでは「引き分け」という結果でしたが、その強さがうかがえますね。

魔法攻撃を無効化する」という能力が、彼を強者に押し上げました。

 

「ルミナス・バレンタイン」(夜魔の女王/クイーンオブナイトメア)

 

ルミナス・バレンタイン」は、吸血鬼から魔王へと進化した存在です。

ダグリュールと同様に、ルミナスも昔「ヴェルドラ」と戦ったことがあります。

ただ、ルミナスの場合は負けてしまっているので、ダグリュールよりは強くはないです。

究極能力の「アスモデウス」は、”超回復“という特徴を持ち、死んでしまった存在でさえも組成することができます。

 

「ディーノ」(眠る支配者/スリーピングルーラー)

 

ディーノ」は、腰にかけてある2つの剣を使い戦います。

その剣技はとても優れたもので、転スラの世界でも「最強」といわれています。

 

しかし、そんなすごい実力に対して、「怠惰者ナマケモノ」というユニークスキルを所持。

その能力は「戦わずして勝つ」。

すなわち、直接戦うのではなく、巧みな言葉で相手を負かすという感じです。

自分が”戦えば戦うほど、戦況は不利になっていく“という面白い能力になっています。

 

「レオン・クロムウェル」(白金の剣王/プラチナムセイバー)

 

レオン・クロムウェル」は、リムルと同じように現実世界からやってきた勇者です。

異世界に来たとき、当時の魔王「カザリーム」を倒したことで、正式に魔王として認められました。

勇者から魔王になったというと、悪に落ちてしまったという印象を受けるかもしれませんが、転スラの世界ではそのようなことはありません。

魔王とは「戦ってはいけない抑止力たち」として表現されています。

 

「クレイマン」(人形傀儡師/マリオネットマスター・パペットマスター)

 

クレイマン」は、すばらしい頭脳を持ち、すべての魔王の支配を望んでいます。

ミュウランのヨウムに対する恋心を利用し、テンペストに危機を招いたのもクレイマンの策略です。

しかし、他の魔王に比べると、戦闘力はかなり劣っています。

実際に、リムルを陥れるために開いた「ワルプルギス」では、逆にリムルに捕食されてしまいました。

 

「フレイ」(天空女王/スカイクイーン)

 

フレイ」は、有翼族の王でした。

種族スキルの「魔力妨害」は、魔法による飛行を阻止することができます。

しかし、クレイマンと同様に、他の魔王たちに比べ戦闘力は低いです。

物語の途中で自身の戦闘能力の低さを実感し、同じ魔王であるミリムの配下になることを決めました。

 

「カリオン」(獅子王/ビーストマスター)

 

カリオン」は、自身より強い相手と戦う時に「戦闘力が大幅に上昇する」という能力を持ちます。

しかし、クレイマンやフレイと同じように、他の魔王に比べるとそこまで強くありません。

1対1でミリムと戦い、敗北します。

その後は魔王をやめ、ミリムの配下になることを決めました。

 

「八星」(オクタグラム)キャラ一覧まとめ

続いて「八星魔王」のメンバーです↓↓

 

「八星」

●リムル・テンペスト

●ギィ・クリムゾン

●ミリム・ナーヴァ

●ダグリュール

●レオン・クロムウェル

●ルミナス・バレンタイン

●ディーノ

●ラミリス

 

簡単に説明すると、「クレイマン」「カリオン」「フレイ」の3人が抜け、ミリムが加わったという感じですね。

ここからは「八星」についてご紹介していきます。

が、新たに魔王となった、リムルのみのご紹介となります↓↓

 

「リムル=テンペスト」(新星→聖魔混成皇/ニュービー→カオスクリエイト)

 

リムル=テンペスト」は、現実世界からやってきた元・人間です。

スライムとなって、異世界に転生しました。

その後「魔王」の称号を得た存在です。

 

主な能力は「大賢者だいけんじゃ」と「補食者グラトニー」でしょう。

大賢者はさまざまな状況を解析し、リムルの最適行動を指示してくれます。

 

「戦闘時にどのように動けば回避できるか?」

「効率がいい攻撃方法はどれか?」

など、分からないことの方が少ないです。

後に、大賢者は「智慧之王ラファエル」へと進化し、これまでにない頼もしい味方となりました。

 

また「捕食者」との相性も良いです。

グラトニーによって取り込んだ相手の能力を分析し、自身の力の一部として使用可能です。

まさに、主人公にふさわしい圧倒的なスキルを持っています!

 

八星は十大魔王から「クレイマン・フレイ・カリオン」が抜け「リムル」が入った新しい呼び名

先ほども説明いたしましたが、八星と十大魔王に大きな違いはありません。

クレイマン・カリオン・フレイ」の3人が抜け、「リムル」が加わったという形です。

リムルが加わった段階で、8人となった魔王たちの呼び名を「八星オクタグラム」としました。

 

脱退・死亡した「元魔王」一覧まとめ

ここまで「十大魔王」と「八星」をご紹介してきました。

ここでは、すでに脱退した元・魔王について解説します↓↓

 

「元魔王」一覧

●カザリーム

●ロイ・ヴァレンタイン

●クレイマン

●フレイ

●カリオン

 

上記5人の魔王ですが、クレイマンより下の3人は既にご紹介してきましたよね^ ^

まだ詳しく解説していないのが「カザリーム」「ロイ・ヴァレンタイン」の2人です。

以下、元・魔王を解説します↓↓

 

「カザリーム」(呪術王/カースロード)

 

カザリーム」は、レオン・クロムウェルによって倒された魔王です。

カザリームを倒したことで、レオンは魔王へとなりました。

敗れた後は、精神体としてさまよっていましたが、現在は復活し「カガリ」という名で存在しています。

 

「ロイ・ヴァレンタイン」(鮮血の覇王/ブラッディーロード)

ヴァレンタイン」と聞いて何か思い浮かびませんか?

そうです、「ロイ・ヴァレンタイン」は、あの「ルミナス・バレンタイン」と大きな関わりがあります。

ロイは、ルミナスの影武者として「魔王」を名乗っていたのです。

しかし、ワルプルギスで「本当はルミナスが魔王である」ということを明かされ、ロイは魔王を名乗ることをやめました。

 

「クレイマン・フレイ・カリオン」の3人

上記でも触れましたが、「クレイマン・フレイ・カリオン」の3人は、魔王脱退者です。

「十大魔王」から「八星」へと変わるタイミングで、それぞれの理由で下りました。

やはり「リムル」や、最強の魔王「ギィ・クリムゾン」の強さを目の当たりにすると、保有している力は弱いものだと感じてしまいます。

魔王の中でも、強さの序列があることを思い知らされますね。

 

【転生したらスライムだった件】魔王についてまとめ

 

まとめ

●魔王は「十大魔王」と「八星オクタグラム」の2つに総称される

 

「十大魔王」キャラ一覧まとめ↓↓

●「ギィ・クリムゾン」(暗黒皇帝/ロードオブダークネス)

●「ミリム・ナーヴァ」(破壊の暴君/デストロイ)

●「ラミリス」(迷宮妖精/ラビリンス)

●「ダグリュール」(大地の怒り/アースクエイク)

●「ルミナス・バレンタイン」(夜魔の女王/クイーンオブナイトメア)

●「ディーノ」(眠る支配者/スリーピングルーラー)

●「レオン・クロムウェル」(白金の剣王/プラチナムセイバー)

●「クレイマン」(人形傀儡師/マリオネットマスター・パペットマスター)

フレイ」(天空女王/スカイクイーン)

●「カリオン」(獅子王/ビーストマスター)

 

 「八星」(オクタグラム)キャラ一覧まとめ↓↓

●「リムル=テンペスト」(新星→聖魔混成皇/ニュービー→カオスクリエイト)

●八星は十大魔王から「クレイマン・フレイ・カリオン」が抜け「リムル」が入った新しい呼び名

 

 脱退・死亡した「元魔王」一覧まとめ↓↓

●「カザリーム」(呪術王/カースロード)

●「ロイ・ヴァレンタイン」(鮮血の覇王/ブラッディーロード)

●「クレイマン・フレイ・カリオン」の3人

 

以上、【転スラ】に登場する魔王たちでした!

多くの魔王たちがいて、覚えるのが大変!」という方もいるのではないでしょうか?

魔王それぞれに個性や特徴があり、作品をより一層面白いものへと進化させているように思えます。

これから転スラを見る方は、ぜひ魔王にも注目してみて下さい^ ^

 

たった3分で登録可能!

\無料お試し期間を利用できる/

実質無料でアニメを視聴する>>

※さらに、解約すれば料金はかかりません

 

\アニメより先のストーリーが知れる/

安くお得に電子書籍を購入する>>

※40%~50%オフで読めるのは、電子書籍だけ!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは! アニ木(あにき)です! 妻・子供の家族4人で楽しく生活しながら、ブログを書いています^ ^ 私の趣味は、アニメを見たりマンガや読むことです! ここからサイト「アニツリー」が誕生しました! 木からアニメやマンガの実がなるような、見ていて楽しいサイトにしていきます(゚∀゚)! ぜひ、楽しんでいって下さい!