【転スラ】紅丸(ベニマル)の技や能力など強さまとめ!進化についても

この記事を読むのに必要な時間は“約 7 分”です。

 

転生したらスライムだった件】では、「紅丸べにまる」というキャラが登場します。

彼はリムルの右腕として活躍する、主要キャラクターの1人です。

元は「大鬼族オーガ」の里を治める若頭でしたが、オークたちに村を滅ぼされます。

そのことがきっかけで、リムルに忠誠を誓い、共に行動していくようになりました。

 

紅丸はリムルからの信頼も厚く、戦闘力は周囲の群を抜いてトップクラスです!

大元帥スベルモノ」というユニークスキルを持ち、周囲の仲間を活かせる指揮官として軍事を支えています。

紅丸の戦闘シーンは、ド迫力でかっこいいシーン満載です!

 

さらに、紅丸はリムルもうらやむ「美男子」でもあります!

強い上にイケメンなんて反則ですよね笑

そんな紅丸は、どんな技を持ち、どれほど強いのでしょうか?

 

今回は【転スラ】に登場する、紅丸についてお話します↓↓

★この記事を見ることで、紅丸の「」や「能力」など、その「強さ」が分かります!

 

【転スラ】紅丸(ベニマル)の技や能力など強さまとめ!

 

「紅丸」は、魔物の中でもかなり強い部類

魔物ランクは、災渦級・ディザスターと呼ばれる「S級」です。

S級の魔物は「大国が総力を上げて対抗しなくてはならない強さ」とされています。

 

そんな紅丸ですが、登場時はそこまで強くありませんでした。

物語が進むにつれて、炎熱と太刀による剣技が磨かれ、その実力は覚醒魔王を超えるほどになりました。

膨大な魔素の持ち主で、リムルを守護する12体の守護王の中でも「トップ3」に君臨しています。

 

では、そんな紅丸の技や能力は一体どのようなものがあるのでしょうか?

1つずつご紹介します↓↓

 

初期の火炎攻撃「鬼王の妖炎」(オーガフレイム)

 

リムルと初めて出会ったとき、村を滅ぼしたオークをそそのかした「仮面の男」と勘違いし、戦闘になります。

その際に使用した技が「鬼王の妖炎オーガフレイム」です。

この技は、「炎で敵を包み込み焼き尽くす」強力な技になっています。

ただ、リムルは「熱変動耐性」を持っていたので、効果はありませんでした。

 

詳しい効果は今のところ分からず仕舞いですが、強力な技であることは間違いないでしょう。

炎を得意とする、紅丸の起点の技なのかもしれませんね。

 

円形の空間を発生させ内部を焼き尽くす「黒炎獄」(ヘルフレア)

 

紅丸の必殺技「黒炎獄ヘルフレア」は、非常に強力です。

炎熱操作」「黒炎」「範囲結界」のスキルに、自身の妖炎術を組み合わせた技になります。

 

まず、紅丸が手のひらサイズの黒炎を前方に放出します。

放出された炎が着弾点すると、最大で「半径100m程」の灼熱の半球ドームを展開。

その後、範囲内の全てのものを焼き尽くすという、とても強力な必殺技です。

 

オークロードとの戦争の際に使用し、オークの大軍を一撃で焼き払うほどの威力を発揮しました。

大きさを調節できるので、集団戦はもちろん個人戦でも活用できる技になっています。

オークの大軍を次から次へと殲滅していったシーンは、圧巻の一言でした!

 

ディアブロを破った神速の剣技「朧黒炎葬破」(リバースフレイム)

 

朧黒炎葬破リバースフレイム」は、ディアブロとの「武闘会決勝戦」の際に、生み出された必殺技です。

この技は「流水の如く受け流すのではなく、包み込む炎のように全てを焼き尽くす」と、作中で説明されています。

ボロボロになりながらも自身の成長を望み鼓舞し続け、その結果、最後の瞬間にこの技は生まれました。

この技で、ディアブロは紅丸に敗れます。

 

紅丸の信念と強さがこの技を生み出し、勝利を得たのです!

戦闘だけでなく、心の強さも紅丸の強さの秘密なのかもしれませんね!

 

驚異の空間把握能力「大元帥」(スベルモノ)

 

紅丸のユニークスキルは「大元帥スベルモノ」です。

このスキルは「空間認識能力」と「魔素感知」の応用スキルで、戦況などを把握することに特化した技になっています。

 

この技は、覚醒魔王以上の存在となったリムルからの「魂の回路」を通じて加護を受けることにより、さらに飛躍しました。

テンペスト全員の動きを完全に把握できるだけでなく、仲間たちの能力を向上させることが出来るようになります。

対個人の戦闘でも申し分ないほどの強さですが、軍を指揮する能力が紅丸の真骨頂と言えるでしょう。

 

侍大将」に適したスキルであることは、間違いないです!

 

光熱を支配する究極能力「陽炎之王(アマテラス)」

 

陽炎之王アマテラス」は、最強の4体の竜「ヴェルグリンド」の権能を元にした、非常に強力な究極能力です。

その能力は、大きく分けると5つに分類されます↓↓

優れた指揮能力を持つ「意思統率

熱と光に干渉し加速や炎熱をもたらす「光熱支配

空間を自由自在に瞬間移動が出来る「空間支配

思考加速による行動パターンの先読み「思考加速

絶対防御の「多重結界

 

1つの能力でありながらも、万能性に富む能力です。

攻撃力・統率力の他に「絶対防御」まで身につけてしまうなんて、もう強すぎですよね笑

 

アニメで披露された時には、視聴者は歓喜にわくことでしょう。

今後のストーリーに期待します!

 

紅丸の進化について解説

 

これまでは、紅丸の技や能力について紹介してきました。

次は、紅丸の進化についてお話します。

 

【転スラ】では、「名前を与えてもらえれば進化する」というユーモアな世界観があります。

進化することで、見た目だけでなく能力も向上していきます。

紅丸も元は名無しの「大鬼族オーガ」でしたが、リムルに名前をもらい「鬼人きじん」と進化しました。

この時点でのランクは「A級」(災害級)ほどでしょうか。

 

そして、見た目も鬼らしさが無くなり、通常の人間に近い姿になりました。

余談ですが、進化後の紅丸は「長身のイケメン」で、この瞬間確実にファンが増えたと思います笑

 

先ほども触れた通り、紅丸は魔物ランク「S級・災渦級・ディザスター」まで強くなっていきます。

進化したことで、どのように変わっていったのでしょうか?

以下、解説します↓↓

 

リムルから魂を与えられ鬼神「炎霊鬼」へと覚醒進化した

 

紅丸は「鬼人」に進化した後、リムルが魔王種に進化したことにより「妖鬼」となります。

その後、リムルに魂を与えられ、長としての未練が晴れたあと「鬼神・炎霊鬼」へと覚醒進化しました。

ただ、覚醒進化をすると寿命の縛りがなくなり子供が作れなくなります。

紅丸の場合は一旦見送りをして、先に「結魂」(結婚)をすることとなりました。

なので、周りより少し遅れての進化となりました。

 

紅丸が進化した「炎霊鬼」は、”上位聖魔霊“と呼ばれる「精神生命体」のことです。

“最上位聖霊魔”「竜種」には劣るものの、能力は大幅に上がり格段に強くなります。

紅丸に関する記述の中で「覚醒魔王どころの話ではない」との記載もあります。

「炎霊鬼」は「大鬼族」の最終進化形態となっており、この進化により「陽炎之王アマテラス」などのスキルも変化していったのです。

 

どのRPGゲームでも最終進化形態は、格段とレベルアップしていくものですよね。

紅丸も「炎霊鬼」に進化したことで、さらなる強さを得ました!

 

リムル配下の聖魔十二守魔王の一角として「赫怒王」(フレア・ロード)の称号を得た

 

聖魔十二守魔王」とは、リムル配下の最高幹部12人のことです。

この12人の魔物は、リムルから10万人の魂を譲り受け「覚醒魔王」へと進化しました。

 

紅丸は12人の王がいる中で「3本の指」に入るほどの力をもっています。

リムルの虚無エネルギーを使えるため、敵対戦力相手ならディアブロと同じくらいの強さを持っています。

魔物ランク「S級・災渦級・ディザスター」の強さになったのはこの時ですね。

 

赫怒王フレア・ロード」の称号をもらったことは、紅丸が「鬼神」へと進化を遂げるきっかけにもなりました。

 

【転生したらスライムだった件】紅丸の強さまとめ

 

まとめ

●炎で敵を包み込み焼き尽くす「鬼王の妖炎オーガフレイム

●範囲内全てのものを焼き尽くす「黒炎獄ヘルフレア

●包み込む炎のように全てを焼き尽くす「朧黒炎葬破リバースフレイム

●空間認識能力「大元帥スベルモノ

●最強の4体の竜「ヴェルグリンド」の権能を元にした「陽炎之王アマテラス

●「大鬼族」の最終進化形態「鬼神・炎霊鬼」へと覚醒進化

リムル配下の「聖魔十二守魔王」の一角として「赫怒王フレア・ロード」の称号を得た

 

以上、紅丸の強さについてでした!

紅丸も、最初から強かったわけではありません。

たくさんの努力と経験の積み重ねで、紅丸の強さは開花していきました。

心身ともに強くあろうとするその気持ちが、紅丸の強さの理由だと思います。

 

そして、やっぱり強い上にイケメンなんて羨ましい!笑

2期が始まり、今回紹介した技や能力をアニメで見られる日も近いのではないでしょうか。

今後の【転スラ】に期待いっぱいです^ ^

 

\お試し期間中に解約すれば料金はかかりません/

実質無料でアニメを視聴する>>

※無料お試し期間中に解約すれば、料金は一切かかりません!

 

\アニメより先のストーリーが知れる/

安くお得に電子書籍を購入する>>

※40%~50%オフで読めるのは、電子書籍だけ!