当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しており、リンク先には広告が含まれることがあります。

転スラ-嫌いなキャラランキングTOP15!うざい理由についても

公開日: 2024年6月5日 | 最終更新日: 2024年6月9日

 

転スラには、様々な個性豊かなキャラクター達が存在します。

しかし全てが魅力的なキャラという訳ではなく、どうしても「嫌われるキャラ」という者もいます。

今回はそんなキャラたちにスポットをあて、ランキング形式にて発表します↓↓

この記事を見て分かること
  • 転スラの嫌いなキャラランキングTOP15
  • うざい理由について

 

 

 

 

嫌いなキャラランキングTOP15

 

前述の通り、転スラには種族や見た目など本当にいろいろな部分が違う個性的なキャラが多く存在します。

そんなキャラ達の中でも、残念なことに不人気なキャラがいるようです。。

ここからはそんな不人気キャラを調べましたので、その理由などもまとめていきたいと思います↓↓

 

15位 : シンシア

 

シンシアは、転スラのアプリゲームの魔王と竜の建国譚にででくるキャラです。

なんとリムルの娘で本来の姿は2本の角を持つ、桃色のスライムです。

擬人化した姿は基本的にはリムルにそっくりですが、違う点は髪の毛が短髪で瞳の色が朱色というとこですね。

実際のところ本当にリムルの娘というわけではなく、細かい部分を省いて説明しますと、ゲーム内の敵のスキルが原因でシュナのもっと色んなリムルが見たいという願いが具現化され生まれたのがシンシアです。

善悪がつきにくいところや、ぽっと出なのにベニマルらに余裕で勝つなど、リムルの遺伝子を受け継ぐだけで幼くして強キャラなのが批判のポイントですね。

 

 

14位 : シュナ

 

シュナはベニマルの妹であり、大鬼族の姫です。

他の同種族の中では小柄な部類でとても可愛らしく愛嬌のあるキャラです。

料理や裁縫の才能にも恵まれているためリムルやテンペストの人々から重宝されている人材です。 

 

そんな彼女が不人気だと言われている理由がこちらです。

  • ファルムスが侵攻してきた際の態度が気に入らない
  • 普段から偉そう
  • ぶりっ子がきつい

など

私自身はシュナにこういった見方をしたことがなかったのですが、言われてみればそういう見方もできるのかと感じました。

 

13位 : クロエ

 

クロエは、王国の自由組合の学園に暮らす5人の子供の内の1人です。

魔素の暴走により崩壊の危機がありましたが、リムルに救われた少女です。

別れ際に、リムルからシズの形見である抗魔の仮面を譲り受けます。

 

しかし実際の正体は勇者の1人であり、召喚者のクロノアでヴェルドラを封印した張本人、さらにルミナスにとっての最も重要な友達です。

魔王レオンの幼馴染でもあります。

ユニークスキルの影響で何度も時を遡り続けた結果記憶を失ってしまったキャラです。

 

そんな彼女が嫌われている理由はこちらです↓↓

  • クロエだけではないが強さのインフレ起こしすぎ
  • リムルと出会った時のウジウジ感がなんか嫌

など

 

目立った理由は彼女個人にはそんなになかったように思います。

強さのインフレはクロエに限らずですしね。。

 

 

12位 : マサユキ

 

マサユキは、西側諸国最強と言われている勇者です。

イングラシアで行われている武闘大会の覇者で、相手は何が起こったか把握できていない状態で倒されてしまうことから閃光の名で呼ばれています。

ただ、それはスキル英雄覇道の影響で何もしていなくても幸運が続いたり、勝手に誤解されたりしているもので彼自身は特になにもしていません笑

いつのまにか勇者と崇められる存在になっていました。

後にマサユキはテンペストにてリムルと出会い、彼が思っていることを全てリムルに伝えて話し合いの結果テンペストに在住することとなります。

 

そんな、彼がなぜ不人気なのかまとめてみました↓↓

  • マサユキの周りの信者が気持ち悪いから嫌
  • 勇者なのに歴代最弱
  • はったりで成り上がっただけ

など

 

全部マサユキ自身のことでないので、少し可哀想な気持ちになりました。

勇者という肩書きも自身で名乗った訳ではないし、信者もスキルの影響で勝手にできただけ・・

なんだかなあ、と個人的には感じました。

 

11位 : ヨウム

 

ヨウムは、豚頭帝軍勢の調査にファルムスから派遣された辺境調査団のリーダーです。

カリスマ性があり、面倒見も良いため仲間からしたわれています。

後にリムルからオークロードを討伐した英雄役を依頼され引き受けました。

ハクロウに英雄に恥じぬ実力を付けるためにと、鍛えられたりと様々なことがありました。

ただ、さらに後にファルムス王国崩壊後にできた新王国ファルメナスの新国王に就任します。

 

そんな、カリスマ性溢れる彼が不人気な理由がこちらです↓↓

  • テンペストの住民が沢山やられた原因のミュウランと色ボケしているから
  • 大層なことをやらかしたミュウランを惚れているという理由だけで庇ったから

 

ヨウムが嫌われている理由は、主にミュウラン絡みなようですね^^;

ヨウムに関しては、告白するときも男らしくストレートに伝えていてかっこいいなどの評価も多くあります。

なので、ヨウム自身というよりはミュウランが絡むと嫌になる人が多い印象です。

 

10位 : モミジ

 

モミジは、天狗族長老のカエデとハクロウの娘です。

身体の弱い母親の代わりに族長代理を勤めており、テンペストと天狗族が同盟を結ぼうとした時に初登場しました。

見た目は小柄で愛らしい姿ですが、性格は高飛車でかなりプライドが高いためリムルのことを見下す様な言動も見られました。

しかし、武闘大会の後にその態度は改められます。

元は素直で純真無垢な子だったようでベニマルに一目惚れしたあとは直球な愛情表現を行っており、最終的にベニマルとの結婚を果たしました。

 

そんな、彼女が不人気な理由をあげていきます↓↓

  • 高飛車で上からの物言いがうざい
  • ハクロウの娘だからといきなりベニマルにべたべたがなんか嫌
  • ベニマルと結婚が納得いかない

など

 

やはり、登場人の性格とベニマル関連が多い印象でした。

かくいう私も、モミジよりアルビス派です。笑

 

9位 : ミリム

 

ミリムはギィにつぐ最古の魔王で、他の魔王の中でも別格の強さを誇るキャラです。

竜種と人間との間に生まれた、唯一無二の竜魔人でもあります。

彼女は忘れられた竜の都を領地としますが、昔この地を荒らしていた魔物を追い払ったことで神と勘違いされ信仰対象になってしまい、結果とし治めることになりました。

 

しかし、それは名ばかりで基本は神官に業務を押し付け彼女自身は大陸中を遊びまわっています。笑

外見は小柄で可憐な愛嬌ある美少女で、性格は天真爛漫で少し喧嘩早いところはありますが無邪気なキャラです。

ただ、かなり長い年月を生きているので頭の回転は早く、観察眼や演技力に長けています。

 

そんな彼女が不人気な理由はこちらです↓↓

  • テンションが高すぎて無理
  • 一人だけ待遇が良すぎる
  • わがままだし子供すぎる

 

天真爛漫とは表裏一体で、好かれる時もあれば嫌がられる時もあるんだなと結果を見て感じました。

確かに、ゲルドなどが頑張って作った街を対した理由もなしに破壊するなどは、不人気な一因となるのかなとも思います。

 

8位 : ガビル

 

ガビルは、豚頭帝討伐戦ででてきたリザードマン首領の息子ですね。

本人はすぐ調子に乗ってしまうタイプで、かつては種族内で内乱を起こしてしまったりとありましたが、根は仲間思いの人物でカリスマ性もあるため部下からはとても慕われています。

テンペストに来てからは開発部門担当で完全回復薬の開発にも成功している功労者です。

 

そんな彼が不人気な理由はこちらです↓↓

  • 改心したとはいえ、ガビルのせいでオークに食われた同胞かなりいるでしょ
  • すぐ調子乗るところ好きじゃない
  • 登場時の傲慢な感じ嫌い

など

 

確かに、ガビルはすぐに調子にのってしまう節がありますね。

それがムードメーカーとしての役割を果たす時もあるので一概に悪いとは私は思いませんが、反乱を起こしたりとやりすぎな部分があるのも事実なので確かになあと納得の意見だとも感じました。

 

7位 : ユウキ

 

ユウキは、異世界に召喚された日本人でシズの元弟子です。

イングラシアに本部を置く、冒険者の互助組合を自由組合とし再編し総帥の立場となっています。

異世界転生時はなんのスキルも持っていませんが、代わりに加齢しない肉体を手に入れており、さらにスキルや魔法を無効化する能力封殺という超特異体質の持ち主でもあります。

 

しかし、正体はリムルと敵対した数々の存在との接点をもつ黒幕です。(web版と書籍版では彼への掘り下げ具合がかなり変わります)

そんな、彼の不人気理由はこちらです↓↓

  • 色んな理由があってもリムルたちにしたことが許せないので嫌い
  • 自分が辛いからって世界滅ぼそうとするのはちょっと無理
  • 裏から手を回して何度もリムル消そうとするのが卑怯で嫌

など

 

 

狡猾すぎるのと周りを巻き込んで世界を滅ぼそうとするのが気に食わない点のようです。

ただ、自分本位に動くと現実世界でも嫌われてしまいますよね。。

 

6位 : ラミリス

 

ラミリスは、本来は精霊女王でしたが太古にミリムの暴走を止める際に力の喪失と共に邪悪な魔と竜の妖気を浴びてしまい、魔王に堕落しました。

一定周期で、成長と転生を繰り返しています。

見た目はとても小さく愛らしい妖精で、性格はいたずら好きの能天気な子供のようなお調子者タイプです。

 

しかし、頭はよく精霊工学にも精通しています。

テンペストに来てからは地下迷宮の管理人をし、リムルから給与をもらっています^ ^

そんな彼女が不人気な理由はこちらです↓↓

  • シンプルにうざい
  • 自分の力を過大評価しすぎ
  • お調子者
  • テンションがうるさい

など

 

やはり他に紹介したキャラもそうでしたが、テンションが高すぎるキャラは不人気になってしまう子が多い気がします。

確かに、ラミリスは自身の力に対する自信は大きい方ではありますね。笑

 

5位 : リムル

 

本作の主人公でスライムのリムル

彼は、前世で刺されて異世界に転生した元日本人です。

スライムに転生してから持ち前のスキルを活かし、ゴブリン族を始め牙狼族や大鬼族、他にも沢山の仲間たちと共に国を作り暮らしています。

ファルムス侵攻の際には魔王にもなり、転生初期とは比べ物にならないくらいの強さを持っています。

性格は温厚で、ヴェルドラ曰く真面目で誠実で嘘を嫌っていますが、負けられない戦いではどんなに卑怯な手段でも平然と実行。

仲間みんなにとても慕われているリムルですが、なぜ不人気なのでしょうか?

 

そんな、リムル嫌いな方々かるの理由がこちらです↓↓

  • 喋り方が調子に乗っている感じがして嫌い
  • なんの努力もなしに強い
  • スライムで性別ないと言いつつセクハラが多い
  • 常に上から目線で偉そう

など

 

確かに、序盤はかなりセクハラ発言が多かった印象はありますね。

上から目線に関しては国の長だから、多少はまあと個人的には思う部分があります。

 

4位 : シオン

 

シオンは、言わずと知れたリムルの配下では古参の第一秘書ですね。

戦闘能力はずば抜けて高いですが、秘書としてはポンコツな彼女です。

見た目はクールビューティで、素晴らしいスタイルなキャラでリムルのことをとても敬愛しています。

 

そんな彼女ですが、ネットの中では評価が様々で不人気な部分であげられているのがこちらです↓↓

  • 知能が低すぎるのに勝手なことばかりする
  • リムルのことを敬愛している割に、平然と命令無視する
  • テンションが高すぎて無理
  • スキルを授かる前の料理を味見もせず人に食さす神経が無理
    など

 

確かに、勝手な行動する部分はあるかもしれませんね。

しかし、リムルが容認しているので全てOKですよね。笑

 

3位 : ヒナタ

 

神聖法皇国ルベリオスの聖騎士団の団長を務めている、ヒナタです。

その強さ、は作中でもトップクラスの実力者です。

性格は極めて冷静で戦場でも合理的な判断ができ、周囲からの信頼も厚くカリスマ性も備えています。

彼女は異世界人(元日本人)なため日本食に目がなく、初めてテンペストに向かう道中食べたラーメンにはとても感動しており、その後もテンペストで出される食事にはとても喜んでおり普段と違う彼女の姿は可愛い部分もありました。笑

 

そんな、彼女が不人気なのは主にこんな理由が多いみたいです↓↓

  • 可愛げがないし、考え方が極端でなおかつ自分が正しいという言動がうざい
  • 話を全く聞かない
  • 過度なツンデレ

 

特に、話を聞かないというのが一番多く、聞く耳を持たずに武力行使をすぐしてくる部分なども不人気な理由みたいです。

確かに、もう少し聞く耳を持ってくれればファルムス侵攻の際にリムルがテンペストにすんなり戻れていてあんな犠牲はでなかったかもしれませんね。。

 

2位 : ミュウラン

 

ミュウランは、ヨウムの警備隊の前に現れた魔導師です。

ヨウムが魔国連邦と協力関係にあると知り「仲間に加えて欲しい」と言い、腕試しに勝利し参謀として警備隊に加わりました。

知的な雰囲気の美女で、性格は冷静沈着なタイプだが根は常識的で優しいです。

 

しかし、正体は魔王クレイマンの配下であり幹部でテンペストへのスパイでした。

種族は魔人です。

ミュウランの働きによりテンペストは甚大なる被害を受け、シオンを始め数々の犠牲が出ました。

その後は、ヨウムやリムルの助けがありクレイマンの支配から逃れ、ファルムス王国の後処理などを終えた後に、ヨウムと夫婦になったキャラです。

 

そんな彼女が不人気な理由はこちらです↓↓

  • ミュウランの行動によりテンペストの罪なき住人が数多く死んだから
  • もういいとか発言する割に身を差し出さないのむかつく
  • あれだけのことをやらかしたのに処罰なし

 

確かに、数多くの犠牲を出したのにも関わらず処罰無しは納得いきませんよね。

支配されていたからという理由だけで、あの犠牲は。。

となるのも納得です^^;

 

1位 : キララ&ショウゴ&キョウヤ

 

この3人は、ファルムスが侵攻してきた際にテンペストに現れた異世界人です。

常に3人組で、リムルが発展させた文明や発明を奪おうと派遣された者たちです。

シオンたちを殺した張本人でもあります。

 

3人とも我がとても強く、自己中心的で進んで相手を害したりと極めて凶暴な性格です。

リムルが魔王化する一端を担った人物たちです。

キララは、3人の中で紅一点ですが、性格は我儘、精神が幼いため思うがままに殺人を行います。

ショーゴは、リーダー的存在で1番残忍な性格でありながらも1番頭がきれる存在です。

キョウヤは優等生ぶって冷静沈着に見えますが1番の戦闘狂です。

 

彼らはが不人気な理由はこちらです↓↓

  • 一言でクズ
  • 揃いも揃って快楽殺人者
  • 自分の力を試したいからと町民を殺す外道

など

 

今までで、1番辛辣な意見が多い3人です。

この3人に関しては庇う要素がないくらい酷かったですね・・

でも彼ら3人ももし異世界に来ていなければ、こんなふうに歪まずに普通の人生を送れていたのではなかと少し考えてしまう部分もありました。

 

 

70%OFFで転スラを安く読む方法

 

ここで少しだけ、転スラを安くお得に読む方法をご紹介します。

数多くある電子書籍サービスの中から、どこよりも安く安心して利用できるサービス「ebookjapan」をピックアップしてみました↓↓

サービス名1冊あたり (定価)お得度
ebook
japan
227円
(759円)

70%オフ(6回)

最大3,000円引き

※1冊あたりの最安値です(定価は759円)

 

他のサービスの中でも1番おすすめなのが「ebookjapan」です。

いきなりもらえる70%OFFクーポンを使用することで、転スラが1冊あたり227円で読めます。

しかも、これが6枚ももらえるため業界最安値なのは間違いないでしょう!

 

 

\ 結論、ebookjapanがおすすめ/

60秒で無料登録

今すぐ70%OFFクーポンをもらう

※6回まで利用可能 (最大3,000円引き)

※入会費・月額利用料はかかりません

 

 

[転生したらスライムだった件]嫌われキャラランキング

 

上記が、不人気なキャラのランキングになります。
最後に簡単にまとめていきたいと思います↓↓

まとめ
  • 15位 : シンシヤ
  • 14位 : シュナ
  • 13位 : クロエ
  • 12位 : マサユキ
  • 11位 : ヨウム
  • 10位 : モミジ
  • 9位 : ミリム
  • 8位 : ガビル
  • 7位 : ユウキ
  • 6位 : ラミリス
  • 5位 : リムル
  • 4位 : シオン
  • 3位 : ヒナタ
  • 2位 : ミュウラン
  • 1位キララ&ショウゴ&キョウヤ

 

上記が、今回のまとめになります。

今回まとめさせて頂くにあたって、色々調べさせてもらったのですが、まさかここまでランキングが荒れるとは自分でも予想していなかったです。

個性豊かなキャラが多く存在しますので様々な意見が出ることも、割れてしまうのも致し方ないことだと思います。

それほどこの作品に魅了され、入り込んでいる方が多いのだなと感じました。

 

今回沢山の意見を見て、そういう感じ方や見方もあるのだなと勉強にもなりました。

みなさんには好きなキャラ苦手なキャラいらっしゃいますか?

自分の中でランキングを付けてみるのも面白いと思いますので、機会があれば是非やってみてください^ ^

 

★ピックアップ

その他の転スラの記事もすごく読まれています