【名探偵コナン/業火の向日葵】あらすじ内容や犯人ネタバレまとめ!ラスト結末やトリックについて解説

この記事を読むのに必要な時間は“約 5 分”です。

 

劇場版「名探偵コナン」19作品目の業火の向日葵ごうかのひまわりは、2015年に公開された作品です。

個人的には、タイトルのネーミングから興味をそそられました!

ひまわりがメインとなる話ということは、タイトルから分かりますが、それ以外にも怪盗キッドが登場するなど、ストーリーが気になるところです。

 

そこで今回は、この【業火の向日葵】について解説します!

★この記事をご覧頂くことで、【業火の向日葵】の序盤~結末まで全て理解できます

 

【名探偵コナン/業火の向日葵】あらすじ内容や犯人ネタバレまとめ!

 

本作【業火の向日葵】は、ストーリーが少し複雑です。

何故なら、悪者だと思っていたキッドが悪者ではなかったからです。

物語の理解を深めるために、ストーリーをおさらいします!

 

【業火の向日葵】あらすじネタバレ内容まとめ

物語序盤のオークションで、ゴッホが描いた「ひまわり」の模写が出品されます。

その「ひまわり」は、阪神大空襲で焼失したと見られていました。

そんな「芦屋のひまわり」を3億円で落札したのは、なんとあの鈴木財閥の鈴木次郎吉でした。

 

「ひまわり」の絵画7枚すべてを揃えて、「日本に憧れたひまわり展」の開催をすると宣言します。

そして、その「ひまわり」を守るための7人のサムライが紹介されます。

毛利小五郎も、そのうちの1人でした。

 

そこに怪盗キッドが姿を現します。

警備員たちがすぐに追うものの、相変わらずの俊敏な動きで姿をくらまします。

次郎吉は、そこに現れた工藤新一、鈴木園子、7人のサムライと共に「芦屋のひまわり」を飛行機で羽田空港へ輸送します。

しかし、実はその飛行機には爆弾が仕掛けられていました!

最終的には、その爆弾は爆発してしまい、芦屋のひまわりは飛行機の外に飛ばされてしまいます。

 

運よくキッドがその芦屋のひまわりを保護することができ、ビルの屋上に隠しました。

それをコナンが見つけ出し、次郎吉の手元に戻すのでした。

 

その後、キッドから「損保ジャパン日本興亜美術館にある5枚目のひまわり」を盗む予告状が届きます。

ここで、コナンも合流してキッドへの対策を一緒に練ります!

しかし、時すでに遅し。

すでに潜入していたキッドに「5枚目のひまわり」を盗まれてしまうのでした!

 

次にキッドは、美術館長宛てに「100億円で5枚目のひまわりを取引する」というメッセージを残します。

コナンたちは、「5枚目のひまわり」確保のために取引先のホテルに向かい、無事に保護しました。

 

キッドが、7枚あるうちの2枚目と5枚目の「ひまわり」だけしか狙わないことに疑問を抱くコナン。

そんな折、ついにレイクロックにて「日本に憧れたひまわり展」が開催されます。

 

しかし、このレイロック会場で火災が起こり「ひまわり」の絵画が業火に飲まれる危機にさらされます。

ここで、「7人のサムライの中に裏切り者がいる」との疑いが浮上してきました。

 

さて、裏切り者は誰なのか?その目的は?

そして、キッドの目的も一体何なのでしょうか?

 

以上が「業火の向日葵」のあらすじ内容となります!

① 「芦屋のひまわり」が飛行機から外に飛ばされる

② 「5枚目のひまわり」をキッドに盗まれる

③ 「芦屋のひまわり」と「5枚目のひまわり」が、レイロックの火災で燃えそうになる

 

②のキッドに盗まれることは別として、上記の①と③は本当に消滅する危機でしたね!

 

余談ですが、①の時点でキッドは真犯人の依頼を聞くつもりがないことが判明していました!

つまり、「ひまわり」を消滅させる気がなかったということです!

なぜなら、飛行中に外に飛ばされた「芦屋のひまわり」を命がけで保護し、ビルの屋上に隠し、次郎吉の手元に戻していましたからね!

 

今でこそ理解できますが、まだ全ての真相を知らない状態で、このキッドの行動を見ると矛盾だらけで謎が深まる一方だと思います。

初見では、キッドの目的がよく分からなかったことを思い出しました!

 

ラスト結末はキッドとコナンによる名コンビが大活躍!

最後は、レイロックで行われた展示場の火災で、ひまわりが燃えそうになる危機にさらされます。

非常時に備えて絵画に危険が及ぶ場合には、自動的に搬出口へ贈られるはずでしたが、「芦屋のひまわり」「5枚目のひまわり」だけが、犯人の手によって、システムエラーとさせられてしまいます。

なので、その2枚だけは火災から逃れることができず、残されたままでした。

 

誰もが「燃えてしまう!」と感じますが、新一に扮するキッドが絵画を助けるために、先回りをしていました。

「5枚目のひまわり」は、なんとか搬出口へと逃すことができたものの、「芦屋のひまわり」は、崩壊の影響で絵が突っ掛かってしまいなかなか動かすことができません。

 

そこにコナンが駆け寄ると、蘭も追うように合流します。

(ちなみに蘭は、新一を本物だと思っています。)

そして、コナンのキック力増強シューズでもビクともしなかった頑丈な壁を蘭がぶち破り、

「芦屋のひまわり」も無事に救出することができました。

 

しかし、炎に包まれてしまった館内に、コナン・蘭・キッドの3人は取り残されてしまいます。

脱出ルートを探しますが、なかなか見当たらず苦戦をする3人!

最終的に、コナンは蘭をキッドに託して、自身は小さい体を利用して「ひまわり」の脱出ルートに再び向かいます。

 

「芦屋のひまわり」と共に自力で脱出しようとしますが、そこでも水没の危機にさらされます。

最後は、力を振り絞って秘密兵器「花火ボール」をベルトから射出して、海から生還することができました!

 

犯人は宮台なつみ!使用されたトリックは「鑑定士」という立場

ここでは、犯人について解説します!

一体誰が「ひまわり」を消滅させようとしていたのでしょうか?

実は犯人は、7人のサムライの中にいた絵画鑑定士の「宮台なつみ」でした。

 

その動機は、「ひまわり」を愛するあまり、贋作がんさくと疑われている「芦屋のひまわり」「5枚目のひまわり」が、本物のひまわりと一緒に並ぶことを許せなかったから、ということでした。

実は、後々の鑑定で「両方とも本物であった」と結果は出たのですが、それでも信じられなかったのです。

 

そこで「鑑定士」という立場を利用して、ひまわりに1番近い位置で小細工をしていました↓↓

●キッドの偽物の予告状をコッソリと、絵画の裏に貼り付けて自分の工房に貸し出すように仕組む

●美術館のトンネル内に、ひまわりを植えることを提案して可燃性の液体を仕込んで、美術館に火災を起こす段取りを整える

など

 

結局は、犯行を読んでいたキッドによって「ひまわり」は守られたので、全てが失敗に終わりました。

コナンは、さすがの名推理でした!

そして、キッドも見事「ひまわり」を守りきりましたね!

 

【名探偵コナン/業火の向日葵】あらすじネタバレ内容まとめ!

 

まとめ

●2枚目と5枚目の「ひまわり」が何度も危機にさらされる

●キッドが悪者であると仕立てられていましたが、実はキッドは「ひまわり」を守ろうとしていた

●キッドは、新一や警備員などに変装していた

●最後は、キッドとコナンが協力して「ひまわり」を救出する

●犯人は、「7人のサムライ」の鑑定士・宮台なつみとして常に「ひまわり」の側にいて犯行に及んだ

●動機は、2枚目と5枚目の「ひまわり」が贋作と言われていたので、本物と並ぶことが許せなかった

 

【業火の向日葵】は、集中して見ると内容が理解できますが、流し見の場合だと理解が難しい印象ですね。

キッドの矛盾ともとれる行動や、寺井黄之助とウメノの関係性、犯人の動機など「一言一句見逃さない!」という意識で、「見て頂きたい!」です!

今作は感動するシーンが多く登場するため、泣ける作品でもあります!

 

「ハラハラしてスリルを味わうも良し」「感動して泣いても良し」という、面白い作品です^ ^

「見たことがある方」「まだ見たことない方」を含めて、ぜひご覧下さい!

 

✔ チェック

「名探偵コナンシリーズ」を見るならこちらから見れます↓↓

 

【劇場版/名探偵コナン】映画の無料フル動画を視聴する方法!シリーズ作品を見る順番や一覧を解説