【ゲットアウト】なぜフラッシュで鼻血が出た?ローガンの絶叫シーンから解説

この記事を読むのに必要な時間は“約 4 分”です。

 

ゲットアウト】は、黒人と白人の肌の色を表す「人種差別」がテーマとなっています。

プロのカメラマンとして、ニューヨークで活動中の黒人・クリス

交際中の白人女性・ローズの実家に招かれ、休日に訪れることになりました。

クリスは黒人である自分に対して、異常なほど親和的すぎる態度や、家に黒人の使用人がいることに違和感を覚えます。

さらに、夜な夜な庭を猛ダッシュする管理人や、窓に映った自分のことを凝視する家政婦に驚かされました。

 

次の日、白人ばかりのパーティーで1人の黒人を見つけたクリス。

気になった彼を携帯電話のカメラで撮影すると、その相手は急に鼻血を出しながら、すさまじい勢いで襲い掛かってきます。

クリスが盗み撮りをしたことはいけませんが、なぜ黒人男性・ローガンは鼻血を出し、急激な怒りを覚えたのでしょうか?

 

今回は【ゲットアウト】に登場するローガンについてお話します↓↓

★この記事を見ることで、ローガンがカメラのフラッシュを浴びた後、”なぜ鼻血を出したのか“が分かります!

 

【ゲットアウト】なぜフラッシュで鼻血が出た?

 

白人の村の唯一の黒人・ローガンのことが気になったクリス。

クリスは、どこかで見覚えがあるような気がしていました。

謎の行動を起こすローガンとは、一体何者なのか?

また、彼が襲ってきた理由も一緒に見ていきましょう↓↓

 

フラッシュを浴びたローガンはクリスに激怒する

ローズはパーティーで、たくさんの村人にクリスのことを紹介します。

歓迎されることは嬉しかったものの、話題は「肌の色」の事ばかりでした。

周囲の白人たちがやたらと褒めてくるので、クリスは逆に居心地の悪さに繋がります。

 

そこでふと招待客を見渡すと、1人の若い黒人男性の姿が。

知り合いではありませんが、クリスはその男性にどこか見覚えがありました。

自分以外の唯一の黒人でもあったことから、彼に興味を持ちます。

かなり年配の女性とべったりくっついていたところに声を掛け、ローガン・キングだとそこで自己紹介を受けました。

 

早速ローガンと挨拶をしようと、こぶしを差し出すクリス。

お互いのこぶしを突き合わせるポーズは、黒人特有の挨拶でした。

しかし、ローガンはそのことを知らない様子で、目の前にあるクリスのこぶしを握るありさま。

ローガンはもちろん、その他の庭師や家政婦たちもどこか黒人らしくなく、頭の中で疑問を抱きながらその場を後にしました。

 

1度部屋に戻ったクリスは、見覚えのあるローガンをカメラに収めようと携帯電話を持ってパーティー会場へ戻ります。

再び姿を現したクリスを招待客に紹介しようと父・ディーンに話しかけられ、それに気を取られていたクリス。

うっかりカメラのフラッシュを切るのを忘れたまま、ローガンに向かってシャッターを切ってしまいます。

フラッシュの光を浴びたローガンは一瞬フリーズするも、突然クリスに激怒しました。

 

ローガンは鼻血を出して「ゲットアウト!」と絶叫した

上記の続きとなりますが、クリスからカメラのフラッシュを浴びたローガンは急に激怒します。

フラッシュに驚いたのか、ローガンは一瞬だけ動きを止めていました。

しかしその後、鼻血を出しながら「ゲット・アウト!」と絶叫します。

 

タイトルにもなっているこの「ゲット・アウト」という言葉は、日本語で「出て行け」という意味です。

急に怒ったことや、その言葉に潜んだ意味が気になりますね。

 

最終的にはクリスに襲いかかってきた

ローガンにバレないよう、こっそりと写真に収めようとしましたが気付かれます。

フラッシュを浴びたローガンが鼻血を流して、「ゲット・アウト!」と叫んだことは説明しました。

さらに絶叫した後、クリスに襲い掛かってきたのです!

 

ローガンは、一体なぜクリスに襲い掛かったのでしょうか?

以下、その答えを解説します↓↓

 

ローガンがフラッシュで鼻血が出た理由は黒人の意識が戻ったから

バレたものの、クリスの携帯電話にはローガンの写真が保存されていました。

それから夜になり、クリスは友人・ロッドへこの写真を送ります。

そして、ロッドがその人物を調べると驚くべき事実が判明します。

なんと、以前住宅地で拉致されたとされるアンドレ・ヘイワーズという男と一致したのです。

 

実は、アーミテージ家では違法な手術が行われていました。

黒人・アンドレの身体に白人の脳が移植されていたのです!

ローガンは、その手術により脳だけ白人となっていました。

しかし、クリスの携帯電話のフラッシュという強い光の刺激により、一定時間だけ黒人である本来の自己の意識が戻り鼻血を出したと考えられます。

 

「ゲット・アウト!」と言い放った理由も、クリスがその後に”移植手術を受けさせられることが分かっていた“と予想できます。

同じ黒人ということから、「出て行け!」「今すぐここから立ち去れ」と忠告してくれていたのです!

自分と同じ不幸な目に遭わないよう、本当のローガンが取った言動だと分かればなんだか切なくなりますね(:_;)

 

【ゲットアウト】ローガンについてまとめ

 

まとめ

●パーティで、白人たちの中に存在する唯一の若い黒人・ローガン

●ローガンは、黒人らしからぬ違和感のある態度だった

●クリスのカメラのフラッシュを浴びて鼻血を出し「ゲット・アウト」と叫びながら襲い掛かる

●調べた結果、ローガンは行方不明のアンドレ・ヘイワーズと容姿が一致

●襲い掛かった理由は、クリスに「逃げろ!」と警告するためだった

 

出会った時から黒人らしくない言動で、怪しいローガン。

さらに、フラッシュの光に反応し、豹変する姿には恐怖を感じました。。

しかし、まだ元の黒人・アンドレの意識が潜在的に残っていて「ここにいては危険だ」という意味を込めて「ゲット・アウト」と叫んでいたのですね!

脳だけが白人となり、生き続けることの辛さが伺えます。。

 

また「ゲット・アウト」という言葉には、自分の頭に宿る白人の脳に対して「出て行け」と言っているようにも感じました。

どちらの意味であれ、すごく切ないですよね。

アンドレの意図を知った上で、もう1度見直したくなる映画です!

 

合わせて読みたい>>>>>

【ゲットアウト】あらすじ内容ネタバレまとめ!ラスト結末や感想についても解説

【ゲットアウト】使用人ジョージナの涙の理由は?アーミテージ家の祖母から解説