ビーストテイマーのアニメはどこまで?原作漫画の何巻/何話?

公開日: 2022年11月29日 | 最終更新日: 2022年12月28日

 

2019年1月より、メディアミックスとして茂村モト氏にコミカライズされ、「マンガUP!」にて連載中の【勇者パーティを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳娘と出会う】。

そして、2022年10月より毎週日曜日午後10時からテレビアニメが放送されています。

※11月29日現在、第8話まで公開中

 

さらに、2022年12月9日(金)から東京・秋葉原のキュアメイドカフェにて、ビステマのテイクアウトコラボカフェが開催されます。

カナデやタニアたちをイメージしたドリンクや限定特典もあり、現在人気を集めている作品の1つです。

そんな「登場人物の女の子達がかわいい!」と言われる【ビステマ】。

 

ただ、ここで気になるのが「1クールでどの程度進むのか?」ということです。(1クール=12~13話)

テンポの良さは重要ですが、あまりにも展開が早過ぎると話の内容が薄くなってしまったり、原作を読んでいなければ「ちんぷんかんぷん…」なんて事になりかねません。。

一体、アニメ1期では原作漫画のどこまで放送されるのか?

 

なので、今回は放送範囲にフォーカスを当てて考察していきたいと思います!

この記事を見て分かること
  • アニメの「放送範囲
  • 原作漫画の該当「巻数&話数

 

 

 

\実質タダで1か月間アニメが見れる/

31日間の無料トライアルあり

今すぐU-NEXTをお試し

 

\マンガがお得に読める/

100冊すべて40%オフ

Amebaマンガのクーポンを利用する

 

\小説やラノベ好きな方向け/

70%OFFクーポンで最大12冊半額

ebookjapanのクーポンを利用する

 

 

ビーストテイマーのアニメはどこまで?

 

冒頭では、ビステマのアニメ化についてお話しました。

ビステマは小説版・漫画版と発売されておりますが、アニメは原作漫画に合わせて進んでいきます。

原作をどこまでアニメ化するのか検討する上で重要なのは、ストック数と言えるでしょう。

2022年9月7日に原作漫画の第7巻が発売されましたが、現状ではストックが多いとは言えませんね。

 

よって、今回のアニメ化は1クールでの制作になると予想しています。

それでは早速、アニメの放送範囲について見ていきましょう↓↓

 

アニメは「ニーナ編の途中」まで放送されると予想

 

結論ですが、ビステマは「ニーナが登場して仲間になった後」まで放送されると考察します。

ビステマは、物語が展開ごとに大きく分かれる話ではありません。

俗にいう「○○編」「△△編」という区切り方が難しいストーリーです。

ここでは、仲間になる最強種の女の子の名前を借りて、展開を予想していきたいと思います!

 

原作漫画のストーリーを最強種達の子の名前で分けて行くと、、

  • カナデ編
  • タニア編
  • ソラ&ルナ編
  • ニーナ編

 

原作漫画の読者およびアニメを視聴している方の意見を拝見し「OPとEDにニーナがいる!」と仰っている方がいるように、狐耳を持つ最強種の女の子「ニーナ」が出るのは確定です。

8話が「武器を作ろう」というタイトルで、ミスリルという武器素材を探す冒険に出る話が放送されています。

8話はその途中で終わっているので、9話にかけて完結へと向かっていくでしょう。

 

そして10話~12話にかけて、新しい武器を手に「ニーナ編」へと突入していくと予想できます。

ただ「ニーナ編」は、他の話と比べて話数が長くなっています。

現在発売されている原作漫画第7巻の最新話でも「ニーナ編」は完結していないので、1期で全てアニメ化するのは至難であると言えるでしょう。

 

原作漫画の何巻/何話?

 

ここまでは、現在公開されているアニメの内容と残りの話数・漫画の展開を踏まえ、区切りよくまとめる事ができると考察したものです。

ビステマは、上記で少し触れたとおり「長編の話」は、ほとんどありません。

短編が積み重なっていくストーリーと言えるので、テンポよくアニメ化することができます!

 

では、下記ではアニメ1期の放送範囲に当てはまる、原作漫画の「該当巻数&話数」を解説していきます↓↓

 

原作漫画7巻「62話/降臨」までと予想

 

まず、ビステマの漫画は1巻あたり10話が内包されているので、分かりやすいです。

上記を踏まえ、原作漫画の話数とそれぞれの区切りを対比していきたいと思います↓↓

ストーリーアニメ
放送
話数巻数
カナデ編1~2話1~10話1巻
タニア編3~4話11~24話2~3巻
ソラ&ルナ編5~7話25~33話3~4巻
ニーナ編8~41~62話3~現7巻

※第7巻最新話、ニーナ編未完

 

上記を見て頂ければわかるとおり、「ニーナ編」が圧倒的に長いです!

アニメ第8話で「武器を作ろう」の話をまとめたとしても、残り第9話~12話の間でニーナ編を完結させるのは不可能と言えるでしょう。

そうなると「どこまでやれば区切りがいいのか?」が気になるところ。

 

私が原作漫画の最新刊まで見たところ「第7巻」「第62話/降臨」が最も区切りがよく、また2期へ続けやすいのではないかと感じました。

強敵を前にし、次回へ続く!

よくある展開ですが、最も「次」への期待が高まる引き際だと言えるでしょう^ ^

 

 

2期はニーナ編のアニメの続きからと考察

 

ここまでは、アニメ1期1クールになると仮定し「どこまでアニメ化されるのか」の予想を話させて頂きました。

結果として、原作漫画の話数やアニメの残りの話数を比較し「ニーナ編の途中まで」と考察しました。

 

では、今後の2期の放送はどこから始まるのか?

これは、1期の終わりを見て予測が出来るかと思います。

 

2期は、1期の続きである「ニーナ編の完結」および「ニーナを仲間に加えたパーティーの日常」が放送されるはずです。

日常パートで主人公達が絆を深めた後、また新たな仲間が登場していくことでしょう!

 

そして、因縁のある勇者パーティーはどうなるのか?

次なる最強種は、どんな種族なのか?

今から考えるだけでもワクワクしてきますね!

 

【勇者パーティを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳娘と出会う】アニメ放送範囲の考察まとめ

 

まとめ
  • アニメ第1期は「ニーナ編の途中」まで放送されると予想!
  • 原作漫画「7巻」「62話/降臨」までと予想(最新刊、最新話)
  • アニメ第2期は「ニーナ編の途中から完結」の続きから、「新たな仲間編」が放送されると予想

 

以上、【勇者パーティを追放されたビーストテイマー、最強種の猫耳娘と出会う】のアニメ放送範囲の考察でした!

1クールとなると、アニメの話数も12話から13話と短く、どこに見どころや盛り上がりを持っていくか…

など、構成を考えるのは難しいかもしれません。

 

ですが、一ファンとしましては、駆け足急ぎ足の展開ではなく「各話を丁寧に」描いてもらえたら嬉しいなと思っています。

ビステマは、テイクアウトコラボカフェの開催やグッズの販売など、まだまだ人気上昇中の作品ですので気になっている方はぜひ見てくださいね^ ^

 

 

ビステマ マンガ情報

最新刊「7巻」が発売中です!(2022年12月時点)

アニメでは見れないシーン・・・・・・・・・・・・なので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得情報を見る