ヤメ活で引き算経営を推奨する大塚誉士とは?現役美容師の経営者をご紹介

※この記事は、実店舗を経営している方向けの記事です。

 

みなさんは、「経営」をどこで学ばれましたか?

学生時代に授業で「経営学」を学んだ方や、就職してから「書籍で学んだ」など、さまざまかと思います。

さらには、特に何も学んでいない状態で店舗を持ち、オーナーとして試行錯誤されている方もいらっしゃるでしょう。

 

規模にもよりますが、実店舗を持つと「リスク」もあります。

  • 土地代や人件費などの「固定費
  • 在庫を抱える「リスク
  • 競合登場による「集客合戦」「顧客離れ
  • 従業員の「教育」「退職
  • 移り変わる「トレンド

など

 

一見当たり前のように見えますが、どの店舗でも「時間的」「金銭的」に浪費してしまう項目です。

何とか巻き返そうと、色々なイベントや施策を打ち出すも「空回り」なんてこともあります。

経営者の中でも、ここで伸び悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、今回おすすめしたい内容が「ヤメ活」です!

ヤメ活は、現在「現役美容師」を務められる「大塚誉士おおつかたかしさん」が考案した経営方法です。

 

大塚さんも、かつては実店舗が赤字続きで「倒産寸前」の状態まで追い込まれたことがあります。

しかし、常識だと考えていた経営方法をガラっと変化させたことで、今では「安定した収益」と「自由な時間」を手に入れました。

 

一体、この「ヤメ活」とは何なのでしょうか?

 

今回は、現役美容師の大塚誉士さんが考案した「ヤメ活」についてご紹介します↓↓

この記事を見て分かること
  • 大塚誉士さん」のプロフィール
  • ヤメ活」について
  • noteでも発信中の無料レポート「引き算経営の法則」をご紹介

 

 

 

ヤメ活で引き算経営を推奨する大塚誉士とは?

 

冒頭では、大塚さんについて触れました。

現役で美容師をされていながら、合計で「12店舗」を持つオーナーです。

独立当時は勢い任せの経営に、倒産寸前でした。

 

しかし「ヤメ活」に切り替えてからは、経営が軌道に乗りその悩みも払拭されたそうです。

この「ヤメ活」は「辞める」という意味を持ち、”これまで当たり前だと思ってきた行動をなくす“という活動です。

 

ただ、実際は「何を省略してよいのか」「どこを削ったらよいのか」が分かりませんよね。。

なので、ここからは大塚さんが推奨する「ヤメ活」について詳しく解説します!

ぜひ、最後までご覧下さい↓↓

 

「大塚誉士さん」のプロフィール

まずは、大塚さんがどのような方なのかご紹介します↓↓

プロフィール

  • 氏名「大塚 誉士おおつか たかし
  • 所在地「岐阜県
  • 職業「現役美容師

→美容室・飲食店を 12店舗運営する会社の「代表取締役

 

~独立当時~

  • 順風満帆に「28歳」で美容室を立ち上げる

→しかし、次第に経営の業績が著しく「悪化」してしまう

  • 職人に多い「経営の勉強をした事がない」「やり方もわからない」「誰にも相談できない」という典型的な 状況に陥る

 

  • 起死回生のため、「コンサルタント」に言われるがまま行動する

→「とにかくメニューを増やす」「クーポンの追加」「業務」「値引き」など

 

  • 結果、すべてうまくいかず「廃業寸前」まで追い込まれる

 

~ヤメ活開始~

  • 病気を機に、今までとは「 真逆の経営方針」に偶然切り替わる
  • さらに、独自で経営研究した余計なことを やらない「ヤメ活」の経営術にたどり着く

→ヤメ活とは、経営のやらなくていい(ムリ・ムダ・ムラ)な要素を徹底的に見直し、新たな価値を生む「断捨離 経営術

  • 大きく伸ばすことができ、月商は 70万から「1,000万」へ

→創業対比率:「利益36倍」「売上げ1,430%アップ」を達成

 

~現在のご活動~

  • ヘアカラー材「天然小麦粉カラー」を自社開発・システム単純仕組化に成功
  • 2018 年より「差別化経営」を希望する全国理美容室への「講師」や「無償コンサル」としても活動

 

→実践した多くのサロンは「新規のお客様をお断りするほど」の繁盛店に成長

→現在も「天然小麦粉カラー取り扱い」や「ヤメ活実践店舗数」が拡大中

 

以上が、大塚さんのご紹介でした。

大塚さんご自身が、”倒産寸前に追い込まれる“というご経験をされていたのですね。

そして、体調を崩され今までの業務ができなくなった時、ヤメ活が誕生します!

そこが、ターニングポイントだったのでしょう!

 

今では、髪を染める際の材料を一新し、ヘアカラー剤「天然小麦粉カラー」も開発。

従来と比較し「ダメージレス」「刺激・臭いが極限まで減少」「色持ちがかなり優れている」という特徴があります。

 

天然小麦粉カラーについては、公式HPよりその効果を引用します↓↓

ファッションカラーの様に鮮やかで、ヘナの様に優しく。。。

極めて純度の高い、日本産100%の天然粉末カラー。

おしゃれ染めはもちろん、明るい白髪染めにも少ない在庫で染まりも綺麗に対応可能。

 

明るくする必要のない部分には、カラー剤の常識、1剤(漂白アルカリ)+2剤オキシ(過酸化水素)を一切使用せず、お湯・天然化粧水(シーズフリー)のみで調合。

根元の新生毛にも、専用のアルカリ50%カット「ノンジアミンプレミアムライトナー(15種類の植物エキス+ローヤルゼリー配合)」で優しくリフトアップ。

ダメージ、刺激・臭いも極限に減少調合。もちろん天然小麦粉カラーのみでも、しっかりと白髪・色も綺麗に染まります。

従来のオキシ使用のアルカリヘアカラー剤に比べ、ダメージレスなので色持ちにも大変優れています。

 

引用元:天然小麦粉カラー 公式HP

URL : https://komugi-color.net/

 

こちらは、お客様に大変喜ばれ「人気がある」ようです!

詳細は、下記ををご覧ください。

天然小麦粉カラーの詳細はこちら

 

そして、偶然にも誕生した断捨離経営の「ヤメ活」。

先ほども記載しましたが、創業対比率「利益36倍」「売上げ1,430%アップ」は普通では考えられないほどの数字です!

ムリ・ムダ・ムラ」を徹底的に見直すことで、ここまで業績が良くなるのですね。

 

業績アップのためにしていた内容・行動が「実はいらないものだった」と、いうことでしょう。

知らず知らずの内に、これに陥っている経営者の方は多くいそうです。

 

では、この「ヤメ活」の内容について、次の項目で詳しくお話します。

確信に迫ることができると思いますので、引き続きご覧ください^ ^

 

→「ヤメ活」についてはこちら

 

「ヤメ活」について

先ほどは、大塚さんご自身のお話に触れました。

ここでは「ヤメ活」についてご紹介します↓↓

ヤメ活の概要

  • ムリ・ムダ・ムラ」をなくして利益を上げる
  • 差別化に成功している 小さな美容院・サロンの「引き算の経営

 

コンセプト

  • やらなくてもいいたくさんのムダなこと」に一所懸命になっていませんか?
  • 「経営のもっとも陥りやすい思い込みから抜け出そう!」

→「増やす=豊かになる、潤う経営」「減らす=消極的経営」ではない ✕

 

実践内容と効果

  • 複雑な作業」「残業・休日出勤(オーバーワーク)」「過剰なメニュー」をやめる

→こうすることで、「 従業員の負担と労力」が大幅に減少し「離職率0」という結果に

→「無駄な広告費」「使わない機材を削減」を見直すことで「経費削減」に繋がる

 

  • メニューやシステムを「シンプル」にする

→本当に集客したい「上位客の囲い込み」が可能となる

→経営者の精神的負担が減少し「新しいことにチャレンジ」できるようになる

 

  • コロナ禍」でも、過去最高の売上記録を出す

→このように大成功した「小さな美容院」が伝授する「シンプル経営」の正のスパイラル法

 

ターゲット

  • 実店舗を持つ経営者」の方々

美容室(全国約 25 万件。うち 20 万件以上が「小さなサロン」と推定。美容院従業員数も年々 増加している)

→理容室(全国約 12 万件)

→リラクゼーション・アロマ、ネイルなどの小さなエステサロン

 

以上が、ヤメ活の内容でした。

何気なく行なっている業務にメスを入れていくのが「ヤメ活」です!

重要なのは「それがムダかどうかを判断すること」だと感じました。

気付くことができればムダを省けますし、気付かなければ多忙になってしまいます。

 

では、具体的にはどのように「引き算経営」していくのか?

それも、大塚さんが詳しくまとめていました!

そのままの言葉の方が、ニュアンスが伝わりやすいため「一部」をさせて頂きます↓↓

※個人的に重要だと感じた部分だけ、色を付けています

 

美容室は全国で約25万件あり、完全飽和状態にもかかわらず、年間約1万件が開業。

その多くが1~3 人の「ちいさなお店(個人経営)」です。

 

しかし、実際に経営がうまくいっているのは5%未満といわれ、開業 5年以内に90%もの美容室が廃業しています。

(年間約8,000件、1日22件もの美容室が廃業

 

美容業界は華やかに開業する一方、とてつもない数のお店が1年以内で廃業しているのです。

新型コロナの影響で閉店や廃業が増えていると予測されます。

一方、開業の数は減っていないとも予測しています。

私自身もかつて廃業に直面していましたが、経営にうまくいっていないサロンのもっとも多い共通点は、「やらなくていいたくさんのムダなことを一所懸命に頑張っている」ことです。

×増やす=豊になる経営、潤う ×減らす=消極的経営(お客様が減るのでは)

 

これは経営のもっとも陥りやすい思い込みです。

 

しかし、成功しているお店ほど、“減らす経営=引き算の経営”をしています。

引き算の経営には、大きく分類し3つのプラス効果があり、全体への相乗効果が働き、確実に「利益」へと変わります。

 

①理美容室・飲食店での最大の悩み「求人」「離職率」が安定し有利に働く

複雑経営を断捨離し、シンプル経営にすることで従業員の精神的負担や労力も大幅軽減。

→ムダな作業がなくなり、結果残業等も減る。

→休日増などで労働環境もよくなり、離職率が減る

→同時に求人も安定したよい人材が集まりやすい。

→求人募集等で使わなくなった経費も還元できる

 

②経営者の精神的負担を軽減できる

時間・費用・労力・教育の負担を解消。

→「シンプルにすれば、新たな時間が生まれ作業効率が上がり、新しいことにチャレンジできる。

ムダな広告費やメニュー、使わない機材を削減。

→そのために使っていた労力・時間も大幅減。

 

③複雑な経営をやめることにより、本当に集客したい上位お客様層を囲い込むことが可能

→メニューや、システムを削るだけで、今までの広範囲集客から本当のターゲット集客へとシフト。

 

差別化へとチェンジしていき、お得意様・固定客・リピートをつくりやすい。

 

現役美容師である私の強み「現場でしかわからないノウハウ」(失敗も成功も)を、誰にも相談できない経営者の方、また経営を目指す方に惜しみなく公開し、サロン経営を成功に導きます。

 

上記が、具体的な「引き算経営」の概要でした。

かなり、落とし込まれた内容だと感じます。

引き算経営は、大塚さんの実体験に基づく方法ですので、これが信憑性にも繋がっているのでしょう!

 

特に、ご自身が経験された「美容院」や「飲食店」は、共通して似た経営方法があるのだと分かりました!

小さな店なりの戦い方がある」と教えてくれているので、伸び悩む方は実践あるのみです!

ぜひ、お試し下さい^ ^

 

→「引き算経営」の解説ページはこちら

 

noteでも発信中の無料レポート「引き算経営の法則」をご紹介

最後に、大塚さんが発信している「note」にも触れていきます!

まずは、こちらが大塚さんの発信する「引き算経営の法則」のnoteです↓↓

 

こちらのnoteでは「ヤメ活/引き算経営」について触れられています。

その中の、いくつかをご紹介します↓↓

引き算経営/ヤメ活®︎」の経営購読書がついに発刊できる準備が整いました!

この度、来年の新刊発売に先駆け、引き算経営の「法則レポート」を仕上げました。

売上やスタッフ、求人にお悩みのオーナー様も、定期的に分かりやすく誰でもすぐに実践でき結果がでる濃い内容をお届けいたします!

 

今までの経営常識は実は思い込みだった!?

●コンサルタントの言われたとおり、メニューや機材を増やしたのに売上が上がらない

●クーポンを増やし新規のお客様も増えたのに売上は落ち、忙しくなっただけに

●スタッフを家族の様に想い食事会も開催しているのに離職が多い

●現場で頑張っても頑張っても成果や結果がでない

など多くの悩みを抱え、いつの間にかやることだけが増え疲れてしまった経営者の方…

 

実は私もそうでした

しかし、経営は「やり方」を変えるだけで驚くほど結果も変わりますした!

毎月安定した売上数字、オーナー自身の自由も手に入れる事が可能です。

◉今でも現役で現場にいますが、どん底の私でもできた

◉コロナ禍でも過去最高売り上げを達成した経営新法則

 

経営の常識的と思い込んでいた「ムリ・ムダ・ムラ」を偶然にも私は放棄し、それがまさかの新たな展開、仕組みへと発展。

倒産寸前の美容室が12店舗運営まで出来た法則を、章に区切って分かりやすく解説。

そして、皆様の経営が少しでも楽になり利益が上がる情報を定期的に無料プレゼントします!

売上やスタッフ、求人にお悩みの方は是非ご登録ください

※コンサルタントではないので勧誘等も無いですのでご安心を(^^)

 

noteでは、ここまで解説してきた中身が凝縮された内容が、無料レポートとしてプレゼントされていました!

一部だけお見せしますが、このようなイメージです↓↓

 

さらに、大塚さんは来年の夏頃に「同文館出版」より新書が発売決定しています!

そちらも経営に関するノウハウが詰まっていることと思いますので、それに先駆け事前に「無料レポート」は読んでおいて損はないです!

人数限定ですが、定期購読者の募集もすでに開始されています。

気になる方は、覗いてみて下さい^ ^

 

→無料レポート「引き算経営の法則」はこちら

→noteはこちら

 

さらに、大塚さんのLINE公式アカウントもあります。

下記から友だち追加すると、お得な情報を受け取れますよ!

→公式LINEはこちら

 

【大塚誉士】さんについてまとめ

 

まとめ

大塚さんについて

プロフィール

  • 氏名「大塚 誉士おおつか たかし
  • 所在地「岐阜県
  • 職業「現役美容師

→美容室・飲食店を 12店舗運営する会社の「代表取締役

 

~独立当時~

  • 順風満帆に「28歳」で美容室を立ち上げる

→しかし、次第に経営の業績が著しく「悪化」してしまう

  • 職人に多い「経営の勉強をした事がない」「やり方もわからない」「誰にも相談できない」という典型的な 状況に陥る

 

  • 起死回生のため、「コンサルタント」に言われるがまま行動する

→「とにかくメニューを増やす」「クーポンの追加」「業務」「値引き」など

 

  • 結果、すべてうまくいかず「廃業寸前」まで追い込まれる

 

~ヤメ活開始~

  • 病気を機に、今までとは「 真逆の経営方針」に偶然切り替わる
  • さらに、独自で経営研究した余計なことを やらない「ヤメ活」の経営術にたどり着く

→ヤメ活とは、経営のやらなくていい(ムリ・ムダ・ムラ)な要素を徹底的に見直し、新たな価値を生む「断捨離 経営術」です。

  • 大きく伸ばすことができ、月商は 70万から「1,000万」へ

→創業対比率:「利益36倍」「売上げ1,430%アップ」を達成

 

~現在のご活動~

  • ヘアカラー材「天然小麦粉カラー」を自社開発・システム単純仕組化に成功
  • 2018 年より「差別化経営」を希望する全国理美容室への「講師」や「無償コンサル」としても活動

 

→実践した多くのサロンは「新規のお客様をお断りするほど」の繁盛店に成長

→現在も「天然小麦粉カラー取り扱い」や「ヤメ活実践店舗数」が拡大中

 

 

ヤメ活について

概要

  • ムリ・ムダ・ムラ」をなくして利益を上げる
  • 差別化に成功している 小さな美容院・サロンの「引き算の経営

 

コンセプト

  • やらなくてもいいたくさんのムダなこと」に一所懸命になっていませんか?
  • 「経営のもっとも陥りやすい思い込みから抜け出そう!」

→「増やす=豊かになる、潤う経営」「減らす=消極的経営」ではない ✕

 

実践内容と効果

  • 複雑な作業」「残業・休日出勤(オーバーワーク)」「過剰なメニュー」をやめる

→こうすることで、「 従業員の負担と労力」が大幅に減少し「離職率0」という結果に

→「無駄な広告費」「使わない機材を削減」を見直すことで「経費削減」に繋がる

  • メニューやシステムを「シンプル」にする

→本当に集客したい「上位客の囲い込み」が可能となる

→経営者の精神的負担が減少し「新しいことにチャレンジ」できるようになる

  • コロナ禍」でも、過去最高の売上記録を出す

→このように大成功した「小さな美容院」が伝授する「シンプル経営」の正のスパイラル法

 

ターゲット

  • 実店舗を持つ経営者」の方々

美容室(全国約 25 万件。うち 20 万件以上が「小さなサロン」と推定。美容院従業員数も年々 増加している)

→理容室(全国約 12 万件)

→リラクゼーション・アロマ、ネイルなどの小さなエステサロン

 

 

発信するnoteのご紹介

  • ヤメ活/引き算経営」に関する無料レポートをプレゼント

→人数限定で「定期購読者」を募集中

  • 小さな店を経営しながら、売上を上げるために必要なノウハウ「ムリ・ムラ・ムダ」の解説
  • 2022年夏に出版予定の「新書」の告知

 

以上、大塚さんの推奨する「ヤメ活」についてでした。

実店舗を持つ方には「目からうろこ」の内容だったと思います!

現在、経営がうまく回っていないオーナーの方々には、響いた点も多かったのではないでしょうか。

 

しかし、この記事を見るだけでは、まだ情報が少ないです。

定期購読をして、ようやくその中身の深さを知ることができます。

大塚さんはそのレポートを無料プレゼントしているので、今がチャンスです!

ただし人数制限があるため、受け取る際はお早めに^ ^

 

最後に、改めて大塚さんが発信をする各媒体をまとめておきますので、ご覧ください↓↓

→noteはこちら

→公式LINEはこちら

→Facebookはこちら

→無料レポート「引き算経営の法則」はこちら

→天然小麦粉カラーの詳細はこちら