新潟県燕市のお惣菜店「そらまめ」とは?こども食堂のテイクアウトについても

みなさんは「ツクツク」というサービスをご存知でしょうか?

ツクツクとは「おすそわけマーケットプレイス」というキャッチコピーの、ウェブサービスです!

「モノ・コト・ゴチソウ・オメカシ」などの幅広いジャンルの商品を取り扱っており、ショッピングモールの「オンライン版」というイメージが1番近いでしょう^ ^

 

以下、そのツクツクの説明文です↓↓

ツクツクショップは、誰でも手軽にネットショップを開いて運営することのできるウェブサービスです。

お店の繁盛に欠かせない要素を各業種ごとに用意しておりますので どんな業種、業態の方でも安心してご利用いただけます。

また他にない「おすそわけ」還元システムで、さらなる相乗効果、販促メリットを実感していただけます。

 

引用元:ツクツク 公式HP

URL : https://tsuku2.shop/#osusowake_anc

 

誰でも簡単に出店できる」という点が、魅力的ですよね!

お客様 × ショップ × ツクツク“の3者が「win-win-win」となる三方良しのシステムとなっているため、従来にはあまりなかった新サービスと言えます。

 

今回は、そんなツクツクのグルメ売り場に出店している、とある店舗・・・・・・をご紹介します。

それは「そらまめ」というショップです!

 

そらまめ、と聞くと何を思い起こしますか?

私は「」です!(当たり前ですが…笑)

なので「お豆を取り扱う専門店なのかな?」と考えていましたが、実は違いました。

実は、それまめは「お惣菜とヒレカツ」のお店なのです!

 

一体、「そらまめ」とはどんなお店なのでしょうか?

さらに、どのような商品があるのか?

非常に気になりますよね!

 

この記事では、この「そらまめ」についてご紹介をします↓↓

この記事を見て分かること
  • お惣菜とヒレカツのお店「そらまめ」の概要
  • こども食堂のテイクアウト」について
  • メニュー」をご紹介

 

新潟県燕市のお惣菜店「そらまめ」とは?

 

冒頭では、そらまめについて触れました。

上記は、ツクツクに出店している「そらまめ」の画像です!

コックに扮したそらまめのキャラクターが、フライパンやフライ返しを持っていてすごく可愛いですよね^ ^

 

そこに記載のある通り、そらまめは「手づくり」だということが分かります。

後ほどご紹介しますが、ここがそらまめの強みであり魅力です!

どんなショップなのでしょうか?

 

では早速ですが、詳しく解説します↓↓

 

お惣菜とヒレカツのお店「そらまめ」の概要

ここでは「そらまめ」についてご紹介します↓↓

店舗情報

  • ショップ名「そらまめ
  • 所在地「新潟県燕市吉田中町6-18 松竹ビル1階」(元コートラスポーツビル
  • 代表「丸山麻衣子」さん
  • 電話番号「080-4323-1344
  • メールアドレス「maiko261120@gmail.com
  • 営業時間「平日11時~16時」(店頭販売

→土日は、事前に予約があった商品の「受け渡し」のみ

→その他「燕市役所 1階売店」「道の駅 国上直売所」それぞれにて「平日12時〜17時半」の間で販売をしている

 

商品

  • 手づくりお惣菜
  • 新鮮なお野菜
  • お弁当
  • サラダ
  • オードブル
  • ローストチキン
  • ヒレカツ
  • お汁物
  • 瞬間冷凍されたフローズンフルーツ

など

 

代表・丸山さんのプロフィール

  • 新潟県」佐渡出身
  • 2児の母
  • 結婚を機に、地場さんの農産物B品を中心に取り扱う「八百屋を開業
  • 2020年に、地場の美味しい野菜が加工できるように「お惣菜のお店 そらまめ」をテナント営業開始
  • 子育てママさん」を中心に、支援ができるように応援チケットを販売開始
  • Facebook」でもそらまめの情報を発信中

 

ご活動

  • 個人・企業宛てに「配達」も行っている
  • 2021年4月から、平日毎日に「テイクアウト専用のこども食堂」を開始(ツクツクにて)

※後ほど、ご紹介します

  • かつては、ライオンズクラブの活動こども食堂での「野菜詰め放題」のイベントも開催していた

 

発信する目的

  • 子育てママさん」の手助けをしたい
  • 色んな方」に発信がしたい
  • 「支援応援」という形で、食を通して「社会に貢献」したい

→どうしても、一事業ではなかなか続けることが難しい

仕事として事業体を仕しっかり継続していく必要があるため

 

今後のビジョン

  • 連携してくれる企業と「支援を拡大」していく予定

 

以上、お惣菜とヒレカツのお店「そらまめ」についてでした。

そらまめは、店頭以外にも各場所で商品を販売しています。

 

平日に加え、時間帯も決まっているため間違えないように注意が必要です!

 

「お惣菜のお店」と言っても、それだけではなく他の商品もあります!

上記で羅列しましたが「お弁当」や「お汁物」など美味しそうですよね!

さらに「オードブル」や「ローストチキン」は「お祝い事」なんかに最適だと思います^ ^

 

気になる方は、まずツクツクに出店されている「そらまめ」のページを見てみてはいかがでしょうか?

さらに、丸山さんは個人のFacebookでも情報を発信しているので、ぜひご覧下さい^ ^

 

→「そらまめ」の販売ページこちら

→「Facebook」はこちら

→「ツクツク」についてはこちら

 

「こども食堂のテイクアウト」について

先ほどは「そらまめ」についてご紹介しました。

そこで少し触れました「こども食堂のテイクアウト」とは、どのようなサービスなのでしょうか?

 

まずは「こども食堂」についてご紹介します↓↓

「こども食堂」とは、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂です。

「地域食堂」「みんな食堂」という名称のところもありますが、地域交流拠点と子どもの貧困対策という2つの役割をもつことが多く、現在では約5,000箇所にのぼるものと推計しています。

 

子どもの時代は、あっという間に終わってしまいます。

だからこそ「いつか」ではなく今、子どもたちに栄養バランスが整った食事や様々な体験を提供するプログラム、そして何よりもあたたかいつながりを届ける必要があります。

皆様からのあたたかなご支援、ご協力を心よりお待ち申し上げております。

 

引用元:むすびえ 公式HP

URL : https://musubie.org/monthlygift/a/?gclid=CjwKCAiAn5uOBhADEiwA_pZwcKNbLhqwG5YF-2zpOZ8cx2gnE51VZ8n0PcSAGaRyWeTaDTCcgmf3zBoCOWgQAvD_BwE

 

以上、こども食堂についてでした。

簡単に言えば「食」を通じて、子供たちの成長を手助けするために設けられた場所ということです!

そのために「寄付」を募り、その金額で「料理」「保険」「こども食堂の開催」に充当させます。

全国的に広まっている素晴らしい活動です!

 

そんな「こども食堂」に、そらまめも参加しています。

先ほどもご紹介しましたが「子育てママさんを中心に、支援ができるように応援チケットを販売開始」という内容は、ここに繋がるのです!

例えば、シングルマザーの方は仕事に出た場合、子供を見ることはできません。

時間的」にも「金銭的」にも余裕のない生活を送りながら、子供を育てなければいけません。

 

そこで「こども食堂」という場所があったらどうでしょうか?

子供が1人でも行けて「無料」または「低額」で、ご飯を食べられるのです!

子育て親としては、これ以上ない嬉しいサービスですよね^ ^

 

そらまめは、このような方を手助けするために「応援チケット」(ウェブチケット)を販売しています!

種類がいくつかありますので、ご紹介します↓↓

  • 応援チケット「100円」(税込110円)(20P付与
  • 応援チケット「500円」(税込550円)(100P付与
  • 応援チケット「1,000円」(税込1,100円)(200P付与
  • 応援チケット「5,000円」(税込10,000円)(1,000P付与
  • 応援チケット「10,000円」(税込11,000円)(2,000P付与
  • 応援チケット「100,000円」(税込110,000円)(20,000P付与
  • 応援チケット「1,000,000円」(税込1,1,00,000円)(200,000P付与

 

100円~100万円までの、計7種類がありました!

購入者が「募金」という形でチケットを手にすると、そらまめが料理を提供するという流れです。

テイクアウト専用ですので、子供たちが直接引き取ることもできます。

さらに「ひとり親」「仕事終わりの親」などの、ご飯を作る時間をお手伝い・支援します。

 

そして、購入者もツクツクから「ポイントキャッシュバック」の還元を受けられます。

このポイントは「1ポイント=1円」として、ツクツクなどのマーケットプレイスで利用可能です!

購入者は、寄付・募金活動となりますし、ポイントも使えるので一石二鳥なのではないでしょうか?

 

このような子供を持つ親の方々を「ぜひ、支援したい!」という方は、応援チケットを購入してみて下さい。

親・子ともに喜んでくれそうですよね^ ^

 

→そらまめの販売ページこちら

 

 

「メニュー」をご紹介

最後に、そらまめが販売する「メニュー」についてもご紹介します。

時期によってメニューが変更することがあるため、ご了承下さい。

※2021年12月26日時点の情報です

 

オードブル

 

 

お惣菜・お弁当

 

 

お野菜(サラダ)・お惣菜・ヒレカツ・お汁物

 

 

お弁当

 

以上が、そらまめのメニューの一部でした!

どれも美味しそうで、見ていて唾液が出てきます。。

個人的に食べてみたいのは、やっぱり「お惣菜」ですかね!

ほうれん草が青々としていて、新鮮みがあり甘そうです!

 

みなさんは、どのメニューが気になりましたか?

地場の材料を使用しているため、スーパーのお惣菜と比較しても段違いだと思いますよ!

気になる方は、ぜひ食してみて下さい^ ^

 

→「そらまめ」の販売ページこちら

 

【そらまめ】についてまとめ

 

まとめ

「そらまめ」について

店舗情報

  • ショップ名「そらまめ
  • 所在地「新潟県燕市吉田中町6-18 松竹ビル1階」(元コートラスポーツビル
  • 代表「丸山麻衣子」さん
  • 電話番号「080-4323-1344
  • メールアドレス「maiko261120@gmail.com
  • 営業時間「平日11時~16時」(店頭販売

→土日は、事前に予約があった商品の「受け渡し」のみ

→その他「燕市役所 1階売店」「道の駅 国上直売所」それぞれにて「平日12時〜17時半」の間で販売をしている

 

商品

  • 手づくりお惣菜
  • 新鮮なお野菜
  • お弁当
  • サラダ
  • オードブル
  • ローストチキン
  • ヒレカツ
  • お汁物
  • 瞬間冷凍されたフローズンフルーツ

など

 

代表・丸山さんのプロフィール

  • 新潟県」佐渡出身
  • 2児の母
  • 結婚を機に、地場さんの農産物B品を中心に取り扱う「八百屋を開業
  • 2020年に、地場の美味しい野菜が加工できるように「お惣菜のお店 そらまめ」をテナント営業開始
  • 子育てママさん」を中心に、支援ができるように応援チケットを販売開始
  • Facebook」でもそらまめの情報を発信中

 

ご活動

  • 個人・企業宛てに「配達」も行っている
  • 2021年4月から、平日毎日に「テイクアウト専用のこども食堂」を開始(ツクツクにて)

※後ほど、ご紹介します

  • かつては、ライオンズクラブの活動こども食堂での「野菜詰め放題」のイベントも開催していた

 

発信する目的

  • 子育てママさん」の手助けをしたい
  • 色んな方」に発信がしたい
  • 「支援応援」という形で、食を通して「社会に貢献」したい

→どうしても、一事業ではなかなか続けることが難しい

仕事として事業体を仕しっかり継続していく必要があるため

 

今後のビジョン

  • 連携してくれる企業と「支援を拡大」していく予定

 

 

応援チケット7種類↓↓

  • 応援チケット「100円」(税込110円)(20P付与
  • 応援チケット「500円」(税込550円)(100P付与
  • 応援チケット「1,000円」(税込1,100円)(200P付与
  • 応援チケット「5,000円」(税込10,000円)(1,000P付与
  • 応援チケット「10,000円」(税込11,000円)(2,000P付与
  • 応援チケット「100,000円」(税込110,000円)(20,000P付与
  • 応援チケット「1,000,000円」(税込1,1,00,000円)(200,000P付与

 

 

そらまめの「メニュー」について

※記事内にてご紹介済みのため、ここでは割愛します

 

以上、お惣菜とヒレカツのお店「そらまめ」についてでした。

そらまめは、ただお惣菜を販売するだけではなく、「子供」や「」を支援するお店でしたね!

自らの料理を支援活動にあてるお姿が、非常に素晴らしいです!

代表を務められる丸山さんも2人のお子さんをお持ちの方なので、より子育ての大変さを知っているのでしょう。

 

応援チケットを購入される方の中には、すでにリピーターの方もいらっしゃるほどです!

その方「専用のメニュー」というのも、そらまめは作っています。

 

もし、あなたも「応援チケットの購入」もしくは「定番メニュー」などお考えであれば、1度そらまめにご相談をしてみてはいかがでしょうか?

必ず、そのご意見に寄り添ってくれることと思います^ ^

 

→「そらまめ」の販売ページこちら

→「Facebook」はこちら

→「ツクツク」についてはこちら