【聲の形】なぜ西宮は石田を好きになった?硝子が将也に告白した理由を考察

この記事を読むのに必要な時間は“約 4 分”です。

 

【聲の形】の主軸は「いじめ」についての内容です。

しかし、ストーリーが進むにつれて恋愛要素も描かれます!

主人公・石田将也とヒロイン・西宮硝子の関係性は、一言では伝えきれないほどの深さがありました。

いじめ」「自殺未遂」「喧嘩」「恋愛」という、どちらかと言えばマイナスイメージの方が大きい関係でした。

しかし、その中でも成長して綺麗な関係性を確立していくのです!

 

今回は、【聲の形】の西宮硝子の恋愛心についてお話します↓↓

★この記事を見ることで、【聲の形】で自分をいじめていた将也のことを「なぜ硝子が好きになったのか」その理由が分かります!

 

【聲の形】なぜ西宮は石田を好きになった?

出典:U-NEXT 「聲の形」

 

冒頭でも触れましたが、硝子は将也にいじめられていた過去を持ちます。

それが理由で、自身が転校する結果にも繋がるほどの大きなです。

しかし、それでも硝子は将也のことが好きになります!

 

一体なぜなのでしょうか?

以下、考察します↓↓

 

小学生の時に西宮は石田からいじめを受けていて喧嘩をした過去もある

小学生の時に、将也のいる学校に硝子は転校してきます。

転校生が「聴覚障害者」だった事実にクラスメイトは驚きましたが、上手くやっていくつもりで優しく接していました。

しかし、それも長く続かず、次第に気味悪がられたり、うざいと感じられるように。。

 

それ以降、硝子は将也をリーダーとする「いじめっ子集団」にちょっかいをかけられるようになります。

ノートに悪口を書き込まれる」「頭に水をかけられる」「補聴器を破壊・紛失させられる」など、嫌がらせはヒートアップしていきました。

そんな将也に対して、硝子は1度だけ反抗し「1対1で喧嘩」をしたこともあります!

 

小学生の時の硝子の将也に対するイメージは、全く良いものではありませんでした。

 

自分をいじめていた石田が逆にいじめの対象となり気になってしまう

硝子の「いじめ問題」について、校長・担任の竹内先生が生徒たちに問い詰めるシーンがあります。

そこで、竹内は保身のために「石田ぁ、お前だろうが」と戦犯を決めつけたのです!

圧力によって「将也1人のせいだ」という認識を、周りの友達たちにも植え付けました。

 

以降、将也はこれまで一緒に遊んできた友達たちから、逆にいじめられるようになります。

そんな将也を見て、硝子は心配そうな表情を浮かべます。

将也の机にされた落書きを、必死に雑巾で消そうとする硝子の姿もありました。

 

自分をいじめていた将也に対して、同情する硝子の心優しい一面が垣間見れるシーンでした!

 

再会した時に硝子が大切にしていたノートを将也が届けてくれた

舞台は、将也が高校生になった時です。

ふと、自分の目の前に将也が現れたのです!

 

将也はくちゃくちゃになったノートを硝子に渡します。

このノートこそ、将也自身が硝子をいじめていた時に、水の中へ放り投げたものだったのです!

小学生の頃、硝子は「筆談用」という名前を付け、このノートを大切にしていました。

しかし、ついに見つからずに月日は経過していきます。

 

そんなノートを届けてくれたことで、硝子は嬉しく思います!

なぜなら、水の中に入り一生懸命探してくれた将也の様子が想像できるからです!

この行動だけで、将也が改心したことが充分伝わってきます。

 

自分のために手話を覚えてくれた将也から「友達になろう」と言われ硝子は泣くほど嬉しかった

硝子はノートを渡された時、驚きます!

それは、将也が手話を使ってノートのことを伝えてくれたからです!

ノートを探し、自分とコミュニケーションを取るために手話を覚えてくれた将也は、以前のいじめっ子とはかけ離れたものでした。

 

さらに、将也から「俺と西宮、友達になれるかな?」と手話で伝えられます。

その瞬間、硝子は目にを浮かべて喜びました!

泣くほど嬉しかったのでしょう!

 

全てを犠牲にした将也が優しくて硝子は好きになり告白したと考察

かつては、自分にひどい嫌がらせをしてきた将也でしたが、何もかも変わっていました。

転校する時にも、いじめられている将也のことが気になっていたことから、硝子は再会できただけでも一安心していたことでしょう!

 

しかし、将也はただ会いに来ただけではありませんでした。

●大切にしていたノートを渡してくれる

手話を覚えてくれていた

友達になりたいと言ってくれた

 

さらに、その後も罪悪感からなのか、殻に閉じこもり交友関係まで断絶している将也の姿も発見します。

そうして、空いている時間で自分に会いに来てくれる将也の優しさに、硝子も気付いたのです!

全てを犠牲にした将也が自分を大切にしてくれている状況に、硝子の方でも恋心が芽生えたのでしょう!

 

なので、硝子は将也のことを好きになり告白をしたのだと考察しました!

 

【聲の形】硝子の好意についてまとめ

 

まとめ

●硝子は、将也に嫌がらせなど「いじめ」を受けていた

●改めて再会した硝也は、以前のいじめっ子ではなくなり好青年へと成長していた

●全てを犠牲にして自分のために尽くしてくれる将也の優しさに触れて、硝子は好きになっていった

→そうして、硝子は将也に告白をした

 

現実世界でも闇が深い「いじめ問題」ですが、この作品を見ることで、お互いに成長していける兆しが見えました。

加害者・被害者の関係が良好になり、さらには恋愛にまで発展するという極めて稀なケースですが、このような「美しい世界もあると良いですね!

コミュニケーションは一歩間違えば、別の方向へ行くということを再認識させられる良い作品でした!

ぜひ、【聲の形】をご覧になってみて下さい^ ^

 

 

合わせて読みたい>>>>>

【聲の形】西宮の補聴器が片耳になった理由は?病院でおばあちゃんが医者に言われた内容を考察

【聲の形】ゆずるが家出した理由は喧嘩?公園でいじめられていた事と関係あるのか考察

【聲の形】石田と西宮は両想いになり付き合う?その後は結婚する未来があるのか考察

 

ABOUTこの記事をかいた人

zunpapa

ずんぱぱです! 家族4人暮らしをしています。 子どもは女の子が2人です^^ 趣味に関することをブログにしていきます! よろしくお願いします!