【シャーマンキング】タオレン(蓮)のオーバーソウルなど必殺技まとめ!

シャーマンキング】には、道蓮タオレンというキャラクターが登場します。

頭のトンガリがトレードマークの、中国のシャーマンです。

主人公の麻倉葉あさくらようライバル的存在として、切磋琢磨します。

 

登場時は、背が低いながら言うことは大きく、小生意気という印象が強かったです!

しかし、その強さは本物でワクワクさせてくれるキャラの1人でした。

 

今回は【シャーマンキング】のタオレンについてお話します↓↓

★この記事を見ることで、タオレンのオーバーソウルなど必殺技が分かります!

 

 

 

【シャーマンキング】タオレン(蓮)のオーバーソウルなど必殺技まとめ!

 

まずは、道蓮の基本データをご紹介します↓↓

●道蓮と書いて「タオレン

●中国の歴史の影で、1,800年間もの時代を暗躍をしてきた道家の御曹司

●生まれつき復讐に生きる道家の思想に囚われており、多くの人間を殺め・砕き・壊すしか知らなかった

●主人公の葉との出会いにより、人間の温かさを知っていく

●憎しみのない世界を作るために、シャーマンキングを目指すようになる

●性格は非常に意地っぱりで、短気・プライドが高い

●仲間想いな反面、素直にそれを出せないツンデレ

 

さらに、レンは身長が低いことがコンプレックスでした。

登場時は、なんと150㎝です!

お風呂を入った後に、瓶3本の牛乳を飲むことを欠かさずに行なう頑張り屋でもあります笑

 

では、そんなレンの強さをご紹介します↓↓

 

素手での戦闘「カンフー」

若手ながら、拳法の達人でもある蓮。

中国と言えば、カンフーですよね!

その腕前は、一般人であれば大人でも一蹴できるほどです。

 

シャーマンの基本技・オーバーソウル自体には打撃は効きません。

しかし、戦闘になれば相手のシャーマンを狙いカンフーを繰り出すことが多いです。

 

武将の霊・馬孫を「憑依合体」させる

 

憑依合体ひょういがったい」とは、持霊を自身に憑依させるシャーマンのオーソドックスの技です。

蓮の場合は、馬孫ばそんという鎧武者を憑依させます。

馬孫意外にも、巫馬シャーマンホースという特別に調教された馬である白鳳に憑依させることもできます。

 

憑依合体には、シンクロ率のような度合いがありますが、レンは初登場時から憑依100%になることができました。

主人公の葉との戦闘では、この技で大いに苦しめます。

 

レンのオーバーソウル第1弾で必殺技は「超ゴールデン中華斬舞」

 

まずは、レンの持霊である馬孫を実体化させるオーバーソウルを使用します。

超ゴールデン中華斬舞ちゅうかざんまい」はオーバーソウル後、武器として具現化させ放つ必殺技です!

若干、ネーミングセンスがダサい技ですが、、(小声)

見た目以上に威力を発揮しますし、馬孫の意思によって瞬時に蓮を補助したり変形もできます。

中華斬舞は連続の突き技ですが、攻撃範囲が広いのも特徴です!

 

攻撃に特化した飛行型のオーバーソウル第2弾

 

先ほどのオーバーソウルの進化版です。

馬孫が飛行タイプへと変形し、猛スピードで相手に迫ります、

さらに、レンと合体することで空中も移動可能です。

攻撃特化型のオーバーソウルですが、その分大量の巫力ふりょくを使うので燃費は悪いです。

長期戦には不向きといえます。

 

オーバーソウル第3弾「スーパー武神」

 

第2弾「馬孫の飛行タイプ」のオーバーソウルの、さらなる進化版です。

「スーパー式神」は、レンの宝雷剣ほうらいけんを媒介にして、武器の形状を替えていきます。

このオーバーソウルでは、多くの種類の武器・防具に形状を変えます。

 

道家だからこそ体現できる、中国4,000年の歴史そのものです。

この「スーパー式神」の必殺技は【刀幻境とうげんきょう】と言い、地面から数多くの武具を一瞬に出現させます。

 

相手の浮力を読む「巫門遁甲」

 

この「巫門遁甲ふもんとんこう」は、敵の巫力を読んで、防御から一気に攻撃へと転じることができます。

この技は、本来であれば「超・占事略決ちょうせんじりゃっけつ」を用いて覚えるのが普通です。

しかし蓮の場合は、葉の父・麻倉幹久みきひさの動きを見極めて独学でマスターした天才肌でもあります。

 

浄の力を使用した「巫力無効化」

 

巫力無効化ふりょくむこうか」は、「中庸」または「浄の力」と呼ばれる特性を持つ巫力を使用します。

相当な力量がある相手以外は、どれほど高威力の攻撃でも問答無用で相手の巫力を無効化できるチート級の技です。

これを覚えれば、まさに無双です!

 

作品の中で、レンは1度だけ使用しました。

 

凝縮したOSを身に纏う「甲縛式オーバーソウル武神魚翅」(ぶしんゆーつー)

 

甲縛式こうばくしきオーバーソウル武神魚翅ぶしんゆーつー」は、名前の通りオーバーソウルです。

しかし、これまでの技と1番違のは、それを「身に纏う」ということです。

オーバーソウル第3弾「スーパー武神」を防具のように身に纏い変化させていきます。

 

そして、攻め中心だった戦闘方法から一転、道教の柔軟な思想のような戦いができるようになりました。

甲縛式オーバーソウルによって、攻守ともにバランスの良い戦い方が出来るようになります。

さらに、付与能力としても操ることが可能です。

 

これは、レンの技ではありますが、本物の雷なので威力は絶大です。

相手は避けることが出来ず、もし直撃をすれば基本的には即死します。

ただ、効果が大きい反面、1つデメリットがあります。

それは、砂漠など乾燥した場所では雲を発生させることができないことです。

こうなれば、技の発動自体できません。

 

雲を媒介にした究極のオーバーソウル「スピリットオブサンダー」

 

この「スピリットオブサンダー」(S・O・T)は、最強の五代精霊の1角です。

雷そのものが具現化した「スピリットオブサンダー」は、レンと相性がすごく良いものでした。

 

レンが最終戦で使用した、雲を媒介とするオーバーソウルです。

電流・電圧・磁力・雷そのものなど、電気が関係するものならの何でも操ることができます。

作中では磁場を発生させ、ハオのフレアを防ぐことに成功していました。

 

【シャーマンキング】道蓮(タオレン)の能力まとめ 

 

まとめ

●素手での戦闘「カンフー

●武将の霊・馬孫を「憑依合体」させる

●レンのオーバーソウル第1弾で必殺技は「超ゴールデン中華斬舞ちゅうかざんまい

●攻撃に特化した飛行型の「オーバーソウル第2弾

●オーバーソウル第3弾「スーパー武神

●相手の浮力を読む「巫門遁甲ふもんとんこう

●浄の力を使用した「巫力無効化ふりょくむこうか

●凝縮したOSを身に纏う「甲縛式こうばくしきオーバーソウル武神魚翅ぶしんゆーつー

●雲を媒介にした究極のオーバーソウル「スピリットオブサンダー

 

主人公・葉のよきライバル・友人でもあり、とても強く人気を誇っている蓮。

最初は復讐のみに生きる殺人鬼のような彼ですが、葉やいろいろな人物と接していく内に人間の温かさや優しさを知っていきました。

 

新アニメでも、彼の信念・「我不迷われまよわず」=「オレは強い それがオレの不迷まよわずなんだ」と唱える蓮の活躍や成長に期待が募ります!

個人的には、声優・朴路美さんが初期のアニメより引き続いて担当されるのが本当に楽しみで仕方ありません!

蓮の魅力が最大限に発揮されますね!

余談ですが、”桃まん”が大好物の蓮は、意外と可愛くて好きです^ ^

 

 

↓タオレンのオーバーソウルが動画で見れます↓

無料でアニメをフル視聴する>>

 

↓アニメの先を知りたい方は漫画で読めます↓

安くお得に電子書籍を購入する>>