当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しており、リンク先には広告が含まれることがあります。

戦隊大失格は面白い?面白くない?評価・評判など口コミまとめ

公開日: 2024年2月7日 | 最終更新日: 2024年2月18日

 

週刊少年マガジン」にて連載中の作品である「戦隊大失格」。

戦隊」というワードから正義の味方が悪の存在を倒さんとする特撮ヒーローモノを連想しがちですが、そのストーリーは一味違います。

連載当初から人気の高かった戦隊大失格ですが、2024年中にアニメ化される事が決定しておりますます期待が高まっていますね。

今回は、戦隊大失格の面白さについて考察していきましょう。

 

この記事を見て分かること
  • 戦隊大失格に対する「読者の口コミ
  • 面白い点」または「面白くない/つまらない点

 

 

 

 

戦隊大失格は面白い?

 

ネット上でも「面白い!」という意見が多数占めているこの作品ですが、一体どのようなところが面白いのでしょうか?

ここからは、読者の感想を見ながら考察していきます。

 

面白いというネット上の口コミ

 

 

 

 

 

ネット上では、主人公の立ち位置や正義と悪の描き方、ストーリーの斬新さに魅力を感じる読者が多いようでした。

ここからは、ネット上で多かった意見をもう少し深く掘り下げていこうと思います。

 

 

面白い要素① 悪役ポジションにいる人物が主人公

 

まず、なんと言っても主人公のポジションが普通の特撮ヒーローモノとは異なる点が挙げられるでしょう。

主人公はなんと地球を征服しに来た悪役、怪人の下っ端である「戦闘員D」という人物です。

きちんとした名前もなく他の戦闘員と同じような顔の戦闘員Dですが、擬態する事によって地球人に紛れ込み、ストーリーが進んでいきます。

元々悪役である戦闘員Dは正義のヒーロー、「ドラゴンキーパー」を倒そうと企みますが、彼の憎めない性格や重々しいながらもギャグ満載のストーリー展開が魅力的ですね。

 

面白い要素②一般的なヒーローアクションではない

主人公が悪役側の人物のため、ストーリーは当然一般的なヒーローモノではありません。

序盤では毎週行われるドラゴンキーパーと怪人達の戦いが実は協定が結ばれた茶番劇であり、毎回怪人側の敗北が決まっている事が語られています。

敗北ばかりの日常に嫌気がさした戦闘員Dがドラゴンキーパーを倒そうと立ち上がるというストーリー展開を見せており、地球人の中には戦闘員Dに協力する者も登場するなど目が離せません。

正義のヒーローであるドラゴンキーパー達も中々の曲者揃いであり、中にはどっちが悪役?と困惑するほどに非道なヒーローも存在する程です。

地球人は敵であると認識している戦闘員Dですが、地球人に擬態して一緒に過ごすうちに絆のような物が芽生えており、怪人の幹部と敵対する様子も描かれていてこれからますます面白くなりそうですね。

 

 

戦隊大失格は面白くない?

 

「面白い」という意見が大多数を占めている戦隊大失格ですが、中には「面白くない」という意見も見られています。

どのようなところが面白くないと言われるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

 

面白くないという評価・評判

 

ネット上では高評価が圧倒的に多い戦隊大失格ですが、大人気となった「五等分の花嫁」と同じ作者という事で期待値も高かったせいか、「面白くない」、「つまらない」といった意見もちらほら見られます。

具体的にどのようなところがそう思わせるのか、見ていきましょう。

 

つまらない要素① 主人公の思想がブレるので話が分かりづらい

 

物語の主人公、戦闘員Dは地球人になりすましてドラゴンキーパーが率いる「大戦隊だいせんたい」に潜入します。

戦闘員Dの目的は自分達の敵であるドラゴンキーパーを倒す事ですが、大戦隊に入るための試験を受けたり任務をこなすうちに周りの地球人と絆を深めていきました。

怪人の幹部と接触した際は本来味方であるはずの幹部に攻撃を仕掛けますが、その後ドラゴンキーパーの1人である「ブルーキーパー」に戦いを挑むなど何がしたいのかよくわかりません

怪人でありながら地球人の味方となりたいのか、当初の目的通りドラゴンキーパーを倒したいのか、今のところ思想がブレブレのため混乱してしまう読者もいたようですね。

 

つまらない要素② 敵と味方の区別がつかず、全体的にごちゃごちゃしたイメージ

 

前項で記載した通り戦闘員Dがイマイチ何がしたいのか分からないため、誰が味方で誰が敵なのかはっきりしません

地球人の中には戦闘員Dの正体に気付いていながら黙っているキャラもおり、結局皆何を考えているのか分からず先が読みにくい印象にあります。

さっきまでは味方として接していたキャラに急に戦いを挑んだりするため、ごちゃごちゃしていて急展開についていけないという意見も多かったようですね。

 

70%OFFで戦隊大失格を安く読む方法

 

 

ここで少しだけ、戦隊大失格を安くお得に読む方法をご紹介します。

数多くある電子書籍サービスの中から、どこよりも安く安心して利用できるサービス「ebookjapan」をピックアップしてみました↓↓

サービス名1冊あたり
(定価)
お得度
ebook
japan
165円
(550円)

70%オフ(6回)

最大3,000円引き

※1冊あたりの最安値です(定価は550円)

 

他のサービスの中でも1番おすすめなのが「ebookjapan」です。

いきなりもらえる70%OFFクーポンを使用することで、戦隊大失格が1冊あたり165円で読めます。

しかも、これが6枚ももらえるため業界最安値なのは間違いないでしょう!

 

 

\ 結論、ebookjapanがおすすめ/

60秒で無料登録

今すぐ70%OFFクーポンをもらう

※6回まで利用可能 (最大3,000円引き)

※入会費・月額利用料はかかりません

 

 

【戦隊大失格】口コミレビューまとめ

 

まとめ

面白い点

  • 主人公の立ち位置や正義と悪の描き方、ストーリーの斬新さ
  • 悪役ポジションにいる人物が主人公
  • 一般的なヒーローアクションではない

 

面白くない点

  • 期待値も高かすぎた
  • 主人公の思想がブレるので話が分かりづらい
  • 敵と味方の区別がつかず、全体的にごちゃごちゃしたイメージ

 

いかがでしたでしょうか?

特撮ヒーローモノを別の角度から描いた戦隊大失格は、その斬新なストーリーと綺麗な絵から面白いという意見が圧倒的に多いようです。

裏切り者や死者も出るなど中々重みのあるストーリーですが、序盤はギャグ漫画かと錯覚するほどに笑えるシーンが多く、とても魅力的だと感じる読者が多い印象でした。

アニメ化が待ち遠しいですね^ ^

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

★ピックアップ

その他の戦隊大失格の記事もすごく読まれています