体験型ヘルププラットフォーム「Herip」(ヘリップ)とは?Facebook投稿もご紹介

みなさんは「旅行」によく行かれますか??

最近流行りの「1人旅

学生の方であれば「卒業旅行

ご結婚された夫婦は「新婚旅行

など、さまざまなシチュエーションで行くことが多いですよね^ ^

 

コロナの影響で、以前より旅行の頻度は減りました。

しかし、次第に緩和されつつあるので、旅行の需要も高まってくることが予想されています。

今まで我慢をしてきた反発によって、旅行ブームが起きる可能性もあるでしょう!

 

そんな旅行先には、どのような目的で行っているでしょうか?

通常は「美味しいものが食べたい」「綺麗な景色を見たい」など、日常では体験できないことを求めます。

しかし近年では、下記のような目的のために旅行に出かける方が存在します↓↓

その地域の方々を手助けしたい

 

これだけを聞くと「ボランティア」のようです。

しかし、それだけだと奉仕活動となるため、なかなか人数が集まりません。

そこで、手助けをするために旅行者に対して「宿泊地を用意」したり「郷土料理を振る舞ったり」することで、両者とも満足ができる新サービスが登場しました!

その新サービスとは「Heripヘリップ」です!

 

Heripは「旅行者と現地人を応援」することに特化しています。

詳しくは後ほどご紹介しますが、これによって旅行者が増えていくことでしょう!

一体どのようなサービスなのか気になりますよね^ ^

 

今回は「Herip」についてご紹介します↓↓

この記事を見て分かること
  • Heripヘリップ」のサービス概要
  • サービスの実例」や「向いている方」とは?
  • 運営会社「BUZZLPAバズルパ」や代表「真栄平まえひらさん」について
  • Facebook」の投稿をご紹介

 

体験型ヘルププラットフォーム「Herip」(ヘリップ)とは?

 

冒頭で「Herip」について触れました。

ヘリップ“という単語は初めて聞く言葉だったので、ネットで検索してみるとやっぱりありませんでした。

 

実は、このネーミングは造語です!

helpヘルプ」(助ける)  ×「tripトリップ」(旅) で「Heripヘリップ」となります!

一目で理解できますし、音の響きも覚えやすいですよね^ ^

 

そんなHeripですが、どのように旅行者を手助けするサービスなのでしょうか?

これまでにない「次世代型サービス」という印象です。

 

ここからは、Heripについて深堀りしていきます↓↓

 

「Herip」のサービス概要

まずは、Heripのサービスを解説します!

Heripについて

サービス概要

  • 体験型ヘルププラットフォーム
  • help (手助け) + trip (旅) =「Herip」
  • ヘルパー」と「ホスト」の両者が出揃うことで成り立つサービス
  • お金では買えない「価値」や「助けたい」が新体験できる
  • 困っている人」のために力を尽くし「助けてもらったお礼」におもてなしをする
  • お金では計れない「当たり前」の循環を「インターネットの力で」日本の隅々に届ける
  • まだ見ぬ人との「出会い」そしてかけがえのない「経験」がある
  • 誰かの「困りごと」とあなたの「体験」をつなぐ

 

ヘルパー

  • 旅先で技術を提供したり、ホストのお手伝いをする
  • さまざまな困りごとの中から「自分に合った募集」が見つかる
  • 気になる「募集(ホスト)にオファー」できる
  • お手伝いをする代わりに「おもてなしが受けられる

 

ホスト

  • ヘルパーにお手伝いしてもらったお礼に「おもてなし」をする
  • 困りごとを投稿して「ヘルパーを募集」する
  • 気になる「ヘルパーにオファー」できる
  • お手伝いをしてくれた「ヘルパーにおもてなし」をする

 

コンセプト

  • あなたの「」を誰かの「助け」に

→旅先で新しいつながりと体験を

→新しい旅スタイルでプライスレスな体験を

 

以上が「Herip」のサービスについてでした!

見て頂くとお分かりの通り「ヘルパーと呼ばれる旅行者」と「ホストと呼ばれる現地人」との交流の機会を作ってくれるのが「Herip」です。

これまでにない斬新なサービスだと実感しました。

「旅」を通して人手不足で困っている方にも貢献できるので、一種の「人助け」「ボランティア」のようでもあります。

さらに、ホスト側も「地域PR」「企業PR」にも繋がるので「win-win」の関係性ですよね!

 

利用するためには、まずは「専用アプリ」のインストールが必要となります。

 

参考資料:Herip 公式サイト

URL : https://www.herip.me/install/

 

 

さらに、詳しい流れは以下の通りです↓↓

(視覚的に理解ができるため、公式サイトより抜粋致します)

 

参考資料:Herip 公式サイト

URL : https://www.herip.me/

 

ご利用は、このような流れとなっています。

アプリのインストール後に登録をすれば、検索がかけられすぐにマッチングできるという内容です!

非常に分かりやすく作られているので、悩む心配もありません。

 

スマホ1台あれば完結する」という点も非常に魅力的です!

将来的には「旅行バッグを片手に、オファーをする姿が当たり前」となる時代がくるかもしれませんね!

詳細につきましては、公式サイトをご覧下さい^ ^

 

→Heripの公式サイトはこちら

→アプリのインストール画面はこちら

※2021年12月10日現在の情報です。

※最新情報は公式サイトにてご確認下さい。

 

「サービスの実例」や「向いている方」とは?

ここでは、以下の2点をピックアップします↓↓

  1. 実際にどのようなサービスがあるのか?
  2. どんな方が、Heripのサ-ビスに向いているのか?

便利なサービスであることは理解できましたが、いざ利用するとなると不安・・もあるかと思います。

どのような体験ができて、その代わりにどんなお返しをしてもらえたのか」という内容が気になりますよね!

まずは「サービスの実例」をご紹介します↓↓

 

事例①

ヘルパー

  • 滞在期間「1週間

→マリンスポーツのお手伝いをしました!

お礼に泊まるところを用意していただき宿代が節約できて、

お手伝いで喜んでもらえて嬉しかったです!

事例②

ヘルパー

  • 滞在期間「2日

→現地ならではのさとうきびの収穫をお手伝いしました。

お礼に郷土料理をごちそうになり

たくさんお話を聞くことができて現地の文化を堪能できました!

 

事例③

ホスト

  • お手伝い期間「1日

→農業体験をしたい人にオファーをしてお手伝いにきてもらいました。

収穫した野菜をお礼にプレゼントしました。

農業の良さを伝えられてよかったです。

 

このようなサービスの事例がありました。

文章だけで見ても、その光景が目に浮かびますよね!

ヘルパーとホストの要望がマッチングし「ギブアンドテイク」の関係性が作り出されるのは、素晴らしいです。

特に旅先での出来事は特別なので、一生涯忘れることのない「思い出」として残ります。

上記の事例をイメージしながら、利用にお役立て下さい^ ^

 

次に、Heripのサービスが「向いている方」に焦点を当てていきます。

ただ、やみくもに体験をしようとしても「実際に求めていた体験ができなかった」「良い出会いとはならなかった」という状態になってしまいます。

やらされた感」があると何をしても楽しくありません。

理想と現実のギャップを事前に埋め合わせることによって「現地で素晴らしい体験ができる」のです。

 

そこで、Heripの公式サイトでは、あらかじめ向いている方の条件を用意をしてくれていました!

そちらをご覧下さい↓↓

このような方にオススメ
  • 旅行先の文化」や「食生活」を知りたい
  • 新しい形の旅」を体験したい
  • 現地の人」と触れ合い「文化を体験」したい
  • この土地の「文化を継承」したい
  • 将来の移住」を考えて現地の情報を収集
  • 郷土料理」を楽しんでほしい
  • 一時的に「現地の暮らし」を体験したい
  • 農業の良さ」を体験してほしい

 

以上が、向いている方の特徴となります。

実際はこれだけではなく、旅行者によってはもっと望むものがあると思います。

しかし、旅行先で求める願望はざっくりこれぐらいでしょう!

 

衣・食・住」(染物体験・ご当地グルメ・観光地など)

スポーツ」(スキーや乗馬、マリンスポーツなど)

現地人とのふれあい」(方言・会話や農業など)

 

個人的にですが、Heripを利用する場合は上記の内容に「チャレンジしてみたい」と感じました!

日常とは違う体験をすることで、新しい価値観が得られそうです^ ^

 

さらに、Heripは「Facebook」でもサービスの情報を発信しています。

そこでも、どのような方がオススメなのか記載がありましたので、ご紹介を致します↓↓

あなたの旅を特別な体験に

農家のお手伝いや

料理のお手伝い

ダイビングのお手伝い

お掃除のお手伝い

キャンプ場のお手伝い

ガーデニングのお手伝いをして

お礼にごちそうになったり

泊めてもらったり

教えてもらったり

文化を知ることができたり

地域の人と交流ができたり

多くの体験があなたを待っています

誰かを助ける旅へ

 

引用元:Herip「Facebookページ」

URL : https://www.facebook.com/Herip-109493004903914/?ref=page_internal

 

内容が重複するところもありますが、このような内容でした。

やっぱり文章だけでも、旅行先での微笑ましい光景が目に浮かびますよね!

ヘルパーとホストどちらの立場でも、素敵な体験ができそうです^ ^

 

→HeripのFacebookページはこちら

 

 

運営会社「BUZZLPA」や代表「真栄平さん」について

ここからは、Heripを運営している会社にも触れていきます。

 

Heripの運営会社は「BUZZLPAバズルパ」という企業です。

合わせて、その代表を務められる「真栄平さん」についてもご紹介します↓↓

会社概要

  • 企業名「BUZZLPAバズルパ合同会社
  • 代表「真栄平まえひら亮人あきひと
  • 設立「2018年1月25日
  • 資本金「200万円
  • 所在地「沖縄県島尻郡南風原町字宮平342番地4
  • 事業内容

システム構築・導入 ホームページ制作業務/システム開発

 

代表「真栄平 亮人さん」の考え

  • 」が好き
  • これからの時代は、もっと「柔軟に」「自由な」働くスタイルがあってもいい
  • 世界には「色々な働き方」や、多くの「社会・文化の違い」があるため、そのギャップを面白くそれを活かした「ビジネスのアイディア」や「あり方」を考えていきたい
  • 働く人にとって、個人のライフスタイルを「もっと楽しく」できるような経験を共有させてあげたい
  • 新しさ」や「創造性」を目指し、情熱を持って全力で挑戦する

 

サービスが作られたきっかけ

  • 旅をする人も、人手不足で困っている人にも「何か役に立てることがないか」と考えてサービスが作られる
  • 体験できなかった「地域」や「コト」へのつながりを生み出したいため

→コロナ渦で人流が減って「人手不足で困っている」農家さんや事業者が多いのが現状

  • お金ではつながらない」世界

→Heripのサービスは、双方に「お金のやりとりはしない仕組み」になっている

→ビジネスライクではない「人の温かみ」が感じられる世界を作っていきたいから

 

今後の展開

  • コロナが明けたら「世界に進出」するビジョンを持つ

 

以上が、Heripの会社概要と代表・真栄平さんについてでした。

まだ新しい会社ですが、時代の流れを見据えて事業を展開する「次世代企業」という印象を持ちました。

さらに、真栄平さんの掲げる「全てお金で解決しない」というビジョンにも共感が持てます。

 

便利な世の中になったからこそ「従来の良さも一緒に失われている」状況でもあります。

Heripのようなサービスがあれば、そのメリットを活かしつつ「温かい世界」へと導いてくれるでしょう!

 

→BUZZLPA合同会社のHPはこちら

 

「Facebook」の投稿をご紹介

最後に、Facebookでの投稿内容をご紹介します。

これまで解説してきた内容と同じにはなりますが、Facebookでしか投稿されていない情報もあります!

それは、サービスの「案内動画」です!

文章・画像で見るよりも、Heripのサービスがどのようなものかイメージできるでしょう!

現在、本当はもう1本のイメージ動画もあったのですが、こちらの通り「埋め込みができない」という状況でした↓↓

こちらもサービスを知る上で、ぜひ見て頂きたい動画です!

Facebookからであれば問題なく視聴が可能ですので、気になる方はご確認下さい^ ^

 

→HeripのFacebookページはこちら

 

【Herip】についてまとめ

 

まとめ

サービス概要

  • 体験型ヘルププラットフォーム
  • help (手助け) + trip (旅) =「Herip」
  • ヘルパー」と「ホスト」の両者が出揃うことで成り立つサービス
  • お金では買えない「価値」や「助けたい」が新体験できる
  • 困っている人」のために力を尽くし「助けてもらったお礼」におもてなしをする
  • お金では計れない「当たり前」の循環を「インターネットの力で」日本の隅々に届ける
  • まだ見ぬ人との「出会い」そしてかけがえのない「経験」がある
  • 誰かの「困りごと」とあなたの「体験」をつなぐ

 

ヘルパー

  • 旅先で技術を提供したり、ホストのお手伝いをする
  • さまざまな困りごとの中から「自分に合った募集」が見つかる
  • 気になる「募集(ホスト)にオファー」できる
  • お手伝いをする代わりに「おもてなしが受けられる

 

ホスト

  • ヘルパーにお手伝いしてもらったお礼に「おもてなし」をする
  • 困りごとを投稿して「ヘルパーを募集」する
  • 気になる「ヘルパーにオファー」できる
  • お手伝いをしてくれた「ヘルパーにおもてなし」をする

 

コンセプト

  • あなたの「」を誰かの「助け」に

→旅先で新しいつながりと体験を

→新しい旅スタイルでプライスレスな体験を

 

向いている方

  • 旅行先の文化」や「食生活」を知りたい
  • 新しい形の旅」を体験したい
  • 現地の人」と触れ合い「文化を体験」したい
  • この土地の「文化を継承」したい
  • 将来の移住」を考えて現地の情報を収集
  • 郷土料理」を楽しんでほしい
  • 一時的に「現地の暮らし」を体験したい
  • 農業の良さ」を体験してほしい

 

作られたきっかけ

  • 旅をする人も、人手不足で困っている人にも「何か役に立てることがないか」と考えてサービスが作られる
  • 体験できなかった「地域」や「コト」へのつながりを生み出したいため

→コロナ渦で人流が減って「人手不足で困っている」農家さんや事業者が多いのが現状

  • お金ではつながらない」世界

→Heripのサービスは、双方に「お金のやりとりはしない仕組み」になっている

→ビジネスライクではない「人の温かみ」が感じられる世界を作っていきたいから

 

今後の展開

  • コロナが明けたら「世界に進出」するビジョンを持つ

 

運営会社の情報

  • 企業名「BUZZLPAバズルパ合同会社
  • 代表「真栄平まえひら亮人あきひと
  • 設立「2018年1月25日
  • 資本金「200万円
  • 所在地「沖縄県島尻郡南風原町字宮平342番地4
  • 事業内容

システム構築・導入 ホームページ制作業務/システム開発

 

代表・真栄平さんについて

  • 」が好き
  • これからの時代は、もっと「柔軟に」「自由な」働くスタイルがあってもいい
  • 世界には「色々な働き方」や、多くの「社会・文化の違い」があるため、そのギャップを面白くそれを活かした「ビジネスのアイディア」や「あり方」を考えていきたい
  • 働く人にとって、個人のライフスタイルを「もっと楽しく」できるような経験を共有させてあげたい
  • 新しさ」や「創造性」を目指し、情熱を持って全力で挑戦する

 

Facebookの投稿内容(動画)をご紹介

※記事内にて埋め込み済みのため、ここでは割愛します

 

以上、Heripについてでした。

突き詰めると「人と人」に関するサービスだということが分かりましたね!

コロナ後に旅行ブームが予想される中、時代にマッチしたサービスだと言えます。

 

さらに、記事内でも記載しましたが「日本国内だけではなく、世界へ」というビジョンも期待大です!

この内容であれば「海外旅行者」と「外国の人たち」との交流が持てます。

一種の「ホームステイ」のような雰囲気で、サービスが利用できることでしょう!

今後の時代の流れ、そしてHeripの事業拡大にも注目です^ ^

 

最後に、Heripに関連する情報を記載しておきます。

リンクから各サイトに飛ぶことができますので、ご活用下さい↓↓