防振り-強さランキングTOP15一覧まとめ!最強キャラは誰?

公開日: 2022年12月14日 | 最終更新日: 2022年12月14日

 

2022年より始まったアニメが人気を博し、2023年から2期が放送される【防振り】。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」というタイトル通り、主人公のメイプルは相変わらず防御特化のキャラとして成長しています。

このメイプルは作中でかなりのチートぶりを見せており、1期では「ラスボス」「歩く要塞」などの二つ名で他プレイヤーから呼ばれていました。

 

しかし、それは単にメイプルだけではありません。

他にも、彼女に近い強さを誇るキャラも多く存在します。

例えば、1期でも登場したペインやドレッドたちも、その候補者としてふさわしいでしょう。

 

では、防振りに登場するキャラでランク付けをした場合、一体誰が最強なのでしょうか?

そこで、今回は強さランキングTOP15と題して、ランク付けを行っていきたいと思います↓

この記事を見て分かること
  • 防振りの最強キャラランキングTOP15の順位
  • 各キャラの強さや能力について

 

 

\実質タダで1か月間アニメが見れる/

31日間の無料トライアルあり

今すぐU-NEXTをお試し

 

\マンガがお得に読める/

100冊すべて40%オフ

Amebaマンガのクーポンを利用する

 

\小説やラノベ好きな方向け/

70%OFFクーポンで最大12冊半額

ebookjapanのクーポンを利用する

 

 

強さランキングTOP15まとめ

 

冒頭では、防振りのキャラの強さについて触れました。

どんな登場人物が上位になっているのか、気になる人は多いはずです!

 

ちなみにですが、第1回イベントの個人戦での順位はこちらです↓↓

  • 1位「ペイン」
  • 2位「ドレッド」
  • 3位「メイプル」
  • 4位「ミィ」
  • 5位「ドラグ」
  • 6位「カスミ」
  • 7位「シン」
  • 8位「マルクス」
  • 9位「クロム」
  • 10位「ミザリー」

 

では、ここからどのように順位が変動しているのでしょうか?

 

早速ですが、誰が強いのか15位から順番に発表していきたいと思います!

ぜひ、最後までご覧下さい↓↓

 

15位:マルクス

 

15位は「マルクス」です。

マルクスは、炎帝ノ国のメンバーの1人でトラップを仕掛ける事に長けています。

通称「トラッパー・マルクス」と呼ばれ、多種多様なトラップ術があります↓↓

  • 相手の足を凍らせ身動きをとれなくする (氷属性)
  • 相手の周囲に竜巻を起こし身動きをとれなくする(風属性)
  • 相手を岩のドームで包み込み身動きをとれなくする(土属性?)
  • トラップを踏んだ者が爆破する(火属性)

など

 

このように、トラップ技術だけであれば間違いなく上位クラスです。

ただ、通常の戦闘力はあまり高くないため、この順位としました。

 

14位:クロム

 

14位は「クロム」です。

クロムは、メイプルたち「楓の木」の仲間で、職業は大盾使い

盾の扱いに長けており、もう一方の片手剣で相手と戦うという典型的な戦闘スタイルです。

この大盾を使いこなすまでに命を落とした数がかなり多く、1番無難なプレイをしています。笑

 

ただ、その途中でユニークシリーズを手に入れたことで、死しても50%の確率で蘇るという「デッド・オア・アライブ」のスキルを習得。

さらには、被ダメを受けても少しずつ回復していくという能力も得たことで、一気に硬すぎる盾使いへと変貌します。

異常枠に足を踏み入れつつありますが、戦闘には向きにくい大盾なのでこの順位としています。

 

 

13位:ミザリー

 

13位は「ミザリー」です。

ミザリーは「炎帝ノ国」のメンバー、かつギルドマスターのミィの側近として登場します。

聖女」という二つ名の通り、回復役を一身に担っています。

HPを回復するヒール関係はもちろん、毒などの状態異常を治す「アンチドーテ」のスキルも相手からすればかなり厄介です。

 

しかしミザリーは回復だけではなく、援護として「攻撃スキル」も獲得しています。

特に光属性のホーリージャベリンは、メイプルの闇属性の技に打ち勝つためこちらも強敵です。

ただ、攻防で隙がない感じはありますが、他の強者たちに比べると攻撃スキルはそれほどでもないと思います。

 

12位:カナデ

 

12位は「カナデ」です。

カナデも、メイプルのギルド「楓の木」のメンバーの1人です。

図書館のクエストで手に入れたルービックキューブ型の杖を所持していることから、かなりIQが高いことでしょう。

 

この「神界書庫」アカシックレコードは、生産系・戦闘系・その他の系統の3種類のスキルがランダムで入手可能です。

それぞれ3つずつなので「最大9個」のスキルを得られることになります。

さらに「魔導書庫」という能力によって、先んじてMPを消費して発動させたスキルを「本」としてストックをすることが可能です。

これにより、実戦の際にはMP消費なしにノータイムでスキルが発動できます。

ただデメリットとしては、1日が経ってしまうとストック期限が切れてしまい、消滅してしまうことでした。

 

しかし、その後には「技能書庫」というストック期限がなくなるスキルを手に入れたことで、一気に強キャラへおどり出ます。

12位としたのは、「得られるスキルがランダムで選べない」という運任せであることや、単にカナデがレベルアップに積極的ではないということからそうしました。

 

11位:ドラグ

 

11位は「ドラグ」です。

ドラグは、最強ギルド「集う聖剣」のメンバーの男性プレイヤー1人で、両刃大斧使いという「THE・好戦的」というキャラです。

おそらく、攻撃力(STR)や防御力(VIT)を高めに振り分けているのでしょう。

 

斧で斬りつけたりする近接戦闘が得意ですが、地面に叩きつけることでアースクェイクのような中距離攻撃方法もあります。

第1回のイベントでは5位という成績をおさめるほどの強者ではありますが、力任せの戦い一辺倒なのでこの順位としています。

 

10位:フレデリカ

 

10位は「フレデリカ」です。

フレデリカも、ギルドNo.1「集う聖剣」のメンバーです。

魔法使いの女性プレイヤーであり、1度の呪文で複数の魔法を放つことができるスキルを持っています。

 

攻撃魔法のスキルの種類も多く、多重障壁などの防御もあるのでバランスが良いです。

しかし接近戦があまり得意ではないので、サリーのような近接系は苦手なようです。

 

9位:シン

 

9位は「シン」です。

シンは「炎帝ノ国」のメンバーの1人で、短剣使いです。

崩剣のシン」という異名を持ち、通常の剣を無数に分裂させ小さい剣に変化させて相手にぶつける攻撃を得意とします。

この攻撃は複数人相手でも有利に戦うことができるので、多対一でも有利に運ぶことができます。

ただ、それでも一対一でカスミに負けたこともあって、この順位としました。

 

8位:カスミ

 

8位は「カスミ」です。

カスミは「楓の木」のメンバーの1人で、長刀を武器にしています。

落ち着いた性格から繰り出される攻撃は、間髪入れずに相手に斬り込むことが可能です。

サリーには劣るもののかなり俊敏に動けるため、第1回イベントでも6位に食い込んでいました。

 

途中からは、テイムモンスターであるハクと共闘していたこともあり、さらにその強さに磨きがかかりました。

しかし、中盤からはカスミよりも動ける強キャラの存在により、その強さもボヤけてしまいます。

 

7位:ドレッド

 

7位は「ドレッド」です。

ドレッドは「集う聖剣」のメンバーの1人で、初期から実力のあるキャラです。

第1回イベントではペインに次ぐ「2位」となり、他プレイヤーへ大きくその名が知れ渡ることになります。

 

その戦闘スタイルはサリー同様に、短剣使いの素早さ重視です。

超加速」や「神速」のスキルを持ち、スピードタイプのキャラとして敵を翻弄します。

上記のスキルから「神速」の異名を持ち、

攻撃力は余り無いのでこの順位となっています。

 

6位:ベルベット

 

6位は「ベルベット」です。

これまでのイベントで常に上位にランクインしていた「thunder storm」のギルドマスターです。

リアルでは、かなり良いところのお嬢様らしいですが、素のベルベットはかなり軽い性格をしています。

ちなみにですが、ゲーム内でもドロップした装備によってお嬢様らしい格好をしています。

 

そんなベルベットの主な攻撃方法は「」です。

広範囲に雷を落とす攻撃から、それを遠目に見たメイプルと知り合うきっかけにもなりました。

ただ、魔法以外の「格闘戦」や「状態異常」の攻撃も得意で、バランスが良いプレイヤーです。

もし、ギルド内にヒナタ以外の有能なプレイヤーが他にもいれば、もっとランクアップできるでしょう。

 

5位:サリー

 

5位は「サリー」です。

サリーはメイプルをゲームに誘った張本人で、いわゆるゲーマーです。

メイプルが防御力特化にしたことで、彼女は「AGI」(アジリティ)をメインに強化していきます。

メイプルの本格的な盾キャラと平行して、回避盾という面白い立ち位置を目指します。

これによりサリーは防御力は低いものの、素早さ特化の化け物じみたプレイヤーとして覚醒していくのでした。。

 

ドレッドと似たスタイルから、超加速やテイムモンスターの「おぼろ」の分身などスピードからの幻惑が得意です。

さらには、持ち前の反射神経から偽スキルを空想で作り出し、相手を騙すという驚異的な戦法も生み出しました。

上記の力や数多くのゲームをしている影響もあり、サリーもまたメイプルに匹敵するくらいの強キャラになります。

 

ただ、俊敏さでは現状トップレベルにありますが、防御が弱く一撃でももらったら即死する可能性があるためこの順位としています。

 

4位:ミィ

 

4位は「ミィ」です。

ミィは「炎帝ノ国」を率いるギルドマスターです。

強力かつ広範囲に放つ「炎魔法」を主な攻撃としています。

配下を束ねるカリスマ性や、その強さから団結力があるギルドとなっていきます。

 

しかし、先ほどのベルベットと同様に性格が面白いです。

ベルベットは、おしとやかにするために演じていますが、素の軽い性格が出てしまいます。

逆にミィは、カリスマ性のあるトップを演じますが、本来の性格は臆病で泣き虫というギャップがあるのです。

 

攻撃、防御、素早さ、魔法など全てにおいてバランスの良いプレイヤーですが、強いて挙げるとすれば近接戦闘には向きません。

さらに、MP切れを起こしやすくミザリーが側にいない時には、長期戦には不利です。

このように、守りの面の多少の弱さから「4位」としました。

 

3位:リリィ&ウィルバート

 

3位は「リリィ」と「ウィルバート」です。

こちらも「thunder storm」と同様に、各イベントで常に上位に位置していたギルド「ラピッドファイア」の所属です。

リリィはギルドマスターであり、ウィルバートはメンバーの1人。

なぜ2人のランクインかと言うと、タッグで戦闘するシーンが多いからです。

リリィと「サポート」&「アタック」という交互共闘することで、相手を翻弄します。

 

リリィは「召喚師」のため、自身ではなく大量の兵隊を召喚して戦闘するというスタイルです。

そして、ウィルバートとチェンジしてサポートに回る際には「バフ」を付与するスキルを発動します。

 

そして、そんなウィルバートは作中では珍しい「弓使い」です。

どんな状況であっても遠くにいる相手を的確に射抜くことができます。

ペインの次にメイプルを追い込んだ張本人であり、あの「不屈の守護者」を出させた2人目のプレイヤーです。

さらに抜群の素敵能力があるため、相手の罠を見抜いたりすることもできるのでマルクスなどは分が悪いですね。

 

そんな2人がソロで戦った場合の戦闘力の未知数さや、ウィルバートの接近戦を不得意とする理由からこの順位にしました。

 

2位:ペイン

 

2位は「ペイン」です。

ペインは、No.1ギルド「集い聖剣」を率いるギルドマスターです。

第1回イベントでもNo.1で、その後もずっとトップに君臨し続ける実力者。

誰よりも早くゲームを攻略するだけではなく、戦闘での判断力もずば抜けています。

しかもイケメンで冷静かつ優しいという非の打ち所のないキャラです。

 

最強キャラとして、第4回イベントでは「楓の木」の本陣に急襲。

そこでメンバー対抗戦を繰り広げ、集う聖剣を優勢に進めるきっかけを作りました。

特に、スキル「断罪の聖剣」は圧倒的な攻撃力を誇る一撃で、硬い防御力を誇るメイプルを追い詰め「不屈の守護者」を発動させた張本人です。

同時に、自身も同じスキルを有しています。

 

しかし、最終的には「暴虐」を発動したメイプルに負けてしまったので、この順位としています。

 

1位:メイプル

 

堂々の1位は「メイプル」です。

サリーに勧められてゲームを始めた初心者ですが、痛いのが嫌なので「防御力」にステータスポイントを極振りしました。

以降、その防御力ならではの戦闘スタイルによって「毒耐性の強化→ヒドラを捕食→ユニーク装備のドロップ→第1回イベントで3位」という、スピード感ある成長を遂げます

 

その後も、初心者だからこその常識から外れた行動や攻撃をしていくことで、様々なスキルを手に入れて強くなっていきます。

これには運営陣もお手上げ状態で、途中からはメイプルの動向を楽しむ姿勢へと切り替えさせた人物です。笑

 

強さは規格外で「毒竜ヒドラ」「悪食あくじき」「暴虐」「身捧ぐ慈愛」「機械神」などのスキルの入手や、テイムモンスターの「シロップ」との共闘などどんどんと最強の道を歩んでいくことになります。

第4回イベントでも、たった1人で「集う聖剣」を倒したようなもので、まさしく「ラスボス」という二つ名にふさわしいキャラです。

 

【痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。】最強キャラランキングまとめ

 

まとめ
  • 15位:マルクス
  • 14位:クロム
  • 13位:ミザリー
  • 12位:カナデ
  • 11位:ドラグ
  • 10位:フレデリカ
  • 9位:シン
  • 8位:カスミ
  • 7位:ドレッド
  • 6位:ベルベット
  • 5位:サリー
  • 4位:ミィ
  • 3位:リリィ&ウィルバート
  • 2位:ペイン
  • 1位:メイプル

 

以上、防振りの最強ランキングTOP15でした!

アニメや漫画の展開ではまだ登場人物は少ないですが、原作の小説ではまだ実力者たちはいます。

いずれ、そのキャラたちも登場してくると思うと楽しみです^ ^

 

 

防振り アニメ情報

 

\防振りのアニメが見れます/

見逃し・・・てしまった方や、過去エピソードをおさらい・・・・したい方も、活用して下さい^ ^

アニメのお得な情報を見る

 

 

防振り マンガ情報

 

\漫画の最新刊「6巻」が発売中/

アニメでは見れないシーンなので、続きが気になった方はご覧下さい↓↓

マンガのお得な情報を見る